コバルト文庫

2007年4月 4日 (水)

ねじまき博士とガラスの時計 樹川さとみ コバルト文庫

博士とリーの話もこれで完結。
リーの家族が見つかったり、アレの正体が暴かれたり、爺さんが
戻ってきたりと、なんか一気にいろんな事が解決しましたねぇ。
中盤 いろいろばたばたと揉めましたが、最後は大団円。
ん~、さっぱりしているリーと、あの博士の態度がなんともw

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ダナーク魔法村はしあわせ日和 ひみつの魔女集会 響野夏菜 コバルト文庫

魔女達の秘密の集会・・・・・・まぁ隠されると暴きたくなるもの
ですが、それにしても小先生がなんとも情けなく。
慕われてはいるようですが、どうなんですかねぇ、これだけ問題を
起こして、あの母親がいる娘とお付き合いが続いていけるのやら。
森に出かけてからの展開がちょっと急すぎな気もして、解決方法も
ずいぶんとあっさりだなぁとは思いました。
ビーの秘密もなんかあるみたいですしねぇ、その伏線をいつぐら
いに、明らかにするかですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月30日 (金)

マリア様がみてる あなたを探しに 今野緒雪 コバルト文庫

前巻、衝撃のラストの続きからでして、本当、待ち遠しかった。
表紙も祐巳と瞳子が並んだ絵で良いですな。
そして、勝者とのデートのお話がメインとなるのですが、ううむぅ
三者三様といいますか、紅白黄と万遍なくデートの模様が書かれ
ていまして、なんと言いますか、由乃さんの言葉を借りるなら
「イチャイチャとかイチャイチャとかイチャイチャとかイチャ
イチャとかしなさいよ!」
と言いたいw
まぁそのへんは次巻からに期待しましょう。
上のような事を言っていた由乃さんは由乃さんで、少し塞いでい
た感じだったのが、奈々のあの言葉に浮かれまくっているようで
して、こっちはこっちで甘いなw
デートのほうは、なんかいい友達という感じで遊べたようで、これ
はこれで、そんなに友達が多いほうでもない由乃さんにはいいので
はないかと。
紅黄共に、卒業間近のお姉さま達の出番は少なかったですが、
存在感はやはりあります。あのマリア像の前で挨拶を交わす紅姉妹
のシーンはなんかいいですね。
志摩子さんについては、これは現2年生ズの立ち位置、仕切って
引っ張って行く由乃さん、親しみやすい祐巳、美人で憧れであり
近寄りがたい感じの志摩子さんという構図である以上下級生には
ああ思われていてもまぁ納得ではありますね。このへんは乃梨子
が聞いたらまぁ凄く異論を吐かれそうですけどw
さて、こうして妹問題も片付き、次は令、祥子の卒業へと流れて
行くわけでして。
マリア様が見てるというのは祐巳と祥子あっての話という感じが
しますので、卒業後どうなるんでしょうねぇ。そこで話をやめて
しまうのか、祐巳の卒業までやるのか。
ここまできてしまうとどうしても気になってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年3月28日 (水)

占者に捧げる恋物語 野梨原花南 コバルト文庫

タイトルも同じような感じでしたし、前のドリーの話の続きかな
と思ってたんですが、違いましたねぇ。
まぁ、魔王とスマート、特にスマートが今回大活躍です。
そして今回のヒロイン役、カリカも最初後ろ向きな性格でどうか
なと思いましたがスマートとか周りの勢いに引きづられるかのよ
うにどんどん野梨原さんの書く女の子らしい、前向きでいい意味
で変な娘に代わっていきます。
そして、カリカが助けようとしたスーチャは・・・・・・ああ
変な性格というか、言動が妖しすぎ!そりゃ国王も、怒るわw
その国王と結婚したユウレルダヤも中盤からどんどんなんかかわ
いい女性に見えてきますし・・・・・・あー、お熱いですな。
これシリーズ化らしいですね。他の世界の魔王にお気に入りの刻
印をされてしまったスマートと、対決する覚悟をする魔王。
ううむ、おもしろそうだ。これからも期待ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

マリア様がみてる―クリスクロス 今野緒雪 コバルト文庫

瞳子 陥落! っていうサブタイトルでも良さげではありますがw
ずっと、引っ張ってきたせいか、瞳子のことに対する文章量は
あまりないです。メインはバレンタイン行事での各キャラの描写
になってますので、祐巳と瞳子の甘いやり取りとか見たいなら次
の巻が出るまで読むのは待ったほうがいいかもですね。また焦ら
されること請け合いですw
バレンタイン行事の話としては、前半のゆっくりとした流れから
白姉妹のこっ恥ずかしいくらいのやりとりにあてられて、黄姉妹
の通じ合いっぷりというか、令の間の悪さというかに苦笑し、
紅姉妹のなんとも言えない絆といいますか、お姉さまの読みと
余裕の態度に完敗といったとこです。
1年組の友情とかは前巻に、良いのがあったので今回はそれほど
衝撃的なというのはない気がします。その分、祥子と瞳子のやり
とりとか、その辺が目立っちゃいますね。
卒業のときとか、去年の黄姉妹のような事になったりしてw
とりあえず、次の巻で本当に瞳子の件は落ち着きそうですし、そ
れよりも、3年組の卒業とかそのへんが迫ってますので、そこを
いい出来で書いて欲しいです。
マリみては、やっぱり祐巳と祥子の姉妹話だと思ってますので、
そのお姉さまたる祥子の卒業でどんな風になるやら楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

ダナーク魔法村はしあわせ日和 都から来た警察署長 響野夏菜 コバルト文庫

なるほど・・・まぁ割とありがちな話ではありますね。
あの署長を狙ってこれからもいろいろくるんでしょうかねぇ。
最終的に、兄代わりだったと言っていたあの人がというのがある
んでしょうけど、正直それまでおもしろい話を続けていけるのか
不安かもですね。
東京S黄尾シリーズ以前ではシリアスな話。東京S黄尾であの
ぶっとんだ話を書かれていた人が、これではどういう方向に持
っていくのか。設定とキャラだけ考えると東京S黄尾のような
のにはなりにくいかなと思うので、次巻どうなりますやら。

027231240000

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月 9日 (木)

王子に捧げる竜退治 野梨原花南 コバルト文庫

主人公の貧乏貴族の娘ドリーがなんともいじらしくも格好良いで
すね。
同作者人気のシリーズだった”ちょー”シリーズからも、スマー
トやら魔王やらがでてきてますし、ちょっとにやりとするやり取
りも合ったりで楽しめます。
物語の全体的な雰囲気といいますか流れがその”ちょー”シリー
ズの後半にあった獣耳の娘が冒険する巻があるのですが、それと
似通った感じもします。あれも、こういう風に不幸な娘さんがい
ろんな人と出会って、いろんな事を経験し、成長していく話なの
で、好きでした。
ただ、それはいいんですが、恋愛部分に関しては、ちょいとねぇ。
前半の王子に対する反発がある分、成長したドリーがあっさりと
許してくっつくのもなんだかなぁと。

027231220000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

マリア様がみてる 大きな扉小さな鍵 今野緒雪 コバルト文庫

久々に、おもしろかったと言えますでしょうか。
ずっと引っ張ってきた瞳子問題ですが、この巻でいままで振り回
されてきた感のある裕巳が落ち着いて余裕ある感じになってます。
裕巳がそういう感じですから由乃さんのあの言動・行動が悪目立
ちしますね。

そして、この巻は裕巳視点がなく、全て周りのキャラの視点から
なってます。それが今回ぴたりとはまりました。去年の裕巳達が
感じていた事や、姉達に対する想い、友達に対する想いなんかを
そのまま投影したような、乃梨子視点での流れがとても面白くて
、また祥子の裕巳に対する態度も去年の容子様もこんな感じなの
かなと思えてしまいます。
そして瞳子の秘密が!ということで、レイニーブルーの時もそう
でしたが、この娘さん、タイミングが悪いと言うか変に気を回し
すぎな性格と行動でどうにも、身動き取れないようになっていき
ますね。
そして、裕巳との帰り道から最後の乃梨子登場で盛り上がる下級
生達の友情に、さてさて次巻で決着付きますかね。

027135950000

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ねじまき博士と謎のゴースト 樹川さとみ コバルト文庫

短編集っぽい流れでいくつかのエピソードが書かれています。
そのなかでも、エスメラルダが家に滞在している時の話が好きで
すね。なんといってもリーがかわいい。そしてそれを見た博士の
態度が・・・・博士のほうが子供ですなぁw
さて、これからどんな風に話を進めるのか、ですね。日記のよう
にただつらつらと毎日の話にしていくのか、リーの親探しとかを
はさんでいくのか。楽しみです。

027136000000

| | コメント (0) | トラックバック (2)