富士見ファンタジア文庫

2011年6月23日 (木)

響空のエレメントバレット1 (富士見ファンタジア文庫) 著:尼野 ゆたか

何か解らない化物と戦っている部隊と、そこに関わってくる元気娘。
よくある話ではありますし、キャラ配置と価格キャラの性格とかも、まぁありきたり。
そして、ウザイくらいのキャラ付けとか、恋愛感情アピールと鈍感な男のかわしとか・・・
正直ここまでやられるとあまり面白いとは感じないです。
これからの展開とかも、正規軍とかも関わってきたりして、いろいろと暗躍してる幹部とかいるんだろうなぁとか先が読めます。
もう少しテコ入れが必要かと。

響空のエレメントバレット1 (富士見ファンタジア文庫)
尼野 ゆたか
富士見書房 (2011-06-18)
売り上げランキング: 4416

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀の河のガーディアン3 (富士見ファンタジア文庫) 著:三浦 良

前回の事件の解決として決定した大会議。色々と妨害工作やら陰謀がある中、皇女ラリエナとセーヤは会議に参加することになる。
皇帝と皇女、そして母と義娘のラリエナの複雑な立場と心情がわかる巻ですね。後半は色々と吹っ切れてたようですがw
そして、セーヤと瓜二つの娘。敵側として色々暗躍しそうですが、セーヤとの関係とか気になるところです。

銀の河のガーディアン3 (富士見ファンタジア文庫)
三浦 良
富士見書房 (2011-06-18)
売り上げランキング: 4853

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

調停少女サファイア1 (富士見ファンタジア文庫) 著:瀬尾 つかさ

ファンタジー世界で異種族間等の調停物はいくつかありますが、その中でもうまくまとめている作品になるのではないかと。
そういう作品でもあり、ほぼ1巻完結の作りなのでしかたがないのですが、説明台詞がまぁ非常に多い。
そういうのがあまり好きではない方だと、ちょっと面白くは感じないでしょう。
主人公の”竜の調停者”サファイアと”竜”であるエオン。この二人の関係やそれぞれの想いに対する姿勢はよく書けています。
特にサファイアのダメ人間な日常と、調停している時やシリアスなときの冷静で冷徹な考えとのギャップが個人的には好きですね。
続きは・・・あまり期待は出来ないかなとは思いますが、この1巻だけ終わっていても全く不自然ではないのでとりあえず読んでみるのでもお薦めです。

調停少女サファイア1 (富士見ファンタジア文庫)
瀬尾 つかさ
富士見書房 (2011-06-18)
売り上げランキング: 1455

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年5月30日 (月)

ヘルカム!2 地獄を嫌いになってね、おにーちゃん? (富士見ファンタジア文庫) 著:八奈川 景晶

地獄側も、天国側も増援として1人ずつくるわけですが、地獄側は那由多が好きな
百合ですし、天国側は戦闘狂の古風な娘で・・・中盤、義貴を取り合う関係に
なったりと。
そんな事もありますが、那由多と義貴が恋愛感情ではない信頼関係を築いていて
そのへんがこういい感じに書かれているので、へんなハーレム小説にはなっていな
くて読みやすいです。
まぁ・・・なんだ。とりあえず、おっぱいの勝利ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月24日 (火)

カナクのキセキ2 (富士見ファンタジア文庫) 著:上総 朋大

1巻で完結してるような話だったんですが、2巻が出るということで、気になって
ました。
神官になったカナク達の話と、影砲師のとこに嫁いでいくレベッカの話が交互に
展開され、そしてその話が最後には・・・1巻とは似たようではあるけど別な構成で
楽しませてくれます。
そして、絶妙に話が絡んだまま次の3巻へ続いていくわけでして、正直あまりおも
しろさ期待をしてなかった分楽しみです。
ああいう話をデビュー作で書いた大賞受賞者が同じような話しか書けず、別な話を
書いても大した作品にならないままからねぇ・・・。
そんな人にならず、3巻か続いても4巻でバシッと締めてまた別のいい作品を出してほしいですね。

カナクのキセキ2 (富士見ファンタジア文庫)
上総 朋大
富士見書房 (2011-05-20)
売り上げランキング: 494

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest I (富士見ファンタジア文庫) 著:あざの 耕平

この4巻と次の5巻は、長編と途中からドラゴンマガジンに連載していた短編を
載せています。ですからタイトルが”&”になっているわけでして。
長編はタイトル通り、あの娘が再登場です。うん、やっぱりあの娘は楽しいですね。
春虎の言葉や態度に対する反応がもうとにかく可愛い。夏目の秘密がばれそうに
なっても構いたくなりますよ、これは。
まぁ・・・バレたときにはやっぱり大変になっちゃいますがw
そして、短編の”土御門無双”な夏目の暴走っぷりも楽しいです。ドラマガ連載を
した場合、大概キャラが崩れて今一つになるので、そこら辺ちょっと抑えめにして
欲しいものですが、春虎の式神コンに限っては長編でも短編でも魅力的に書けてて
愛らしさがとても良く・・・ううむ、そりゃああの3年生も見つめて堪能しますのう。
次の5巻でどうなるかはわかりませんが、1巻から3巻までのような緊迫感がある
状態に今のところなってないので、こういう平和な日常での彼らを見れるのはやはり
おもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

白夢 放課後の霧使い 瀬尾つかさ 富士見ファンタジア文庫

新刊出るの長かったですねぇ。後書きでも書かれてましたが、新シリーズ書いては没ってた
らしく、複雑すぎるという理由というのが、まぁなんとも。前シリーズも少し凝ってまし
たし、設定とかを複雑化しすぎるという陥りやすい罠ですね。
で、少し緩く簡単にしたのがこの作品。なるほど。読みやすいです。
その地域だけに発生する不思議な霧を操るということですが、この辺も本来ならもっと
設定を書きたかったんでしょうがばっさり削ってますね。
その分、これはこういうものだと深く考えずに読み進めます。出てくるキャラも魅力在り
ますし、吉野さんと桜子のおっぱい!おっぱい!おっp・・・いえ、まあそういうもの
がいいですね、ええ。
最後でああいう引きで終わるとは。ううむ、続きが読みたいですね。

白夢 放課後の霧使い (富士見ファンタジア文庫)

著:瀬尾 つかさ
参考価格:¥672
価格:¥672
OFF : ()

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

花守の竜の叙情詩 淡路帆希 富士見ファンタジア文庫

紅牙のルビーウルフとは別にデビュー前に構想されていたお話だそうでして、1巻完結
ということでは、出来は良いと思います。
ファンタジー小説では、ありふれた戦争した国の王女と敵国の王子ですが、話のもって
行き方や終わり方なんかは好きです。まぁ、最後は・・・ねぇ?
なかなか新シリーズがでないようですが、がんばっていただきたいです。

花守の竜の叙情詩 (富士見ファンタジア文庫)

著:淡路 帆希
参考価格:¥672
価格:¥672
OFF : ()

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

ソード・ワールド2.0 剣をつぐもの1 北沢慶 富士見ファンタジア文庫

ソードワールドノベル。これだけで結構わくわくしてきます。
ソードワールドという世界を題材に富士見書房がいくつもの物語を出してきました。
それは、まだファンタジー小説が外国の翻訳版が主流で日本産のファンタジー世界や
小説がほとんどない頃で、初めて接したファンタジー世界がSWだったという人も
多いと思います。
私も高校生の頃から親しみTRPGしても20年以上という長きにわたり楽しんでき
ました。
でも、このSW2.0はそこから世界観から何からリニューアルして、新たな一歩を
刻もうとしてます。
ルールブックはもうでてますが、TRPGを知らない人におもしろさをわかってもら
うのにはやはり、リプレイや小説だと思います。
私もソードワールドにはまったきっかけはへっぽこ冒険者シリーズというリプレイから
でした。
リプレイももう何冊か出て、そして、この小説も出ました。
冒険者がいる世界、そして何か大きな陰謀が渦巻いてそうな気配、若き希望を持った
冒険者が旅立つとき・・・ううむ、やはりファンタジー小説はこうでなくては。
SW2.0もそして、この「剣をつぐもの」シリーズのこれからを期待します。

ソード・ワールド2.0 剣をつぐもの1 (富士見ファンタジア文庫)

著:北沢 慶
参考価格:¥693
価格:¥693
OFF : ()

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

これはゾンビですか?2 そう、私は死を呼ぶもの 木村心一 富士見ファンタジア文庫

基本 この本はイラスト買いでしたので、内容に期待をしてはいけないんですが、1巻が
それなりにおもしろかったのか、結構売れているようでして2巻がでてしまいました。
まぁ軽く読むにはいいかと。
おっぱいにたいする主人公のこだわりには、共感すべきとこもありますし。
今巻の最後は、ちょっと大変なところで引きになってますので3巻を楽しみにできるかと。

これはゾンビですか?2 そう、私は死を呼ぶもの (富士見ファンタジア文庫)

著:木村 心一
参考価格:¥609
価格:¥609
OFF : ()

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧