漫画

2014年8月12日 (火)

C86 金曜日西お45bで出します。

また告知が遅くw
まぁ本の出来上がりがねぇ・・・

Ws000001


Ws000002


上の2つを出します。
AACR本が200円、グルメ本が100円となってます。
まぁ、ここに見に来る人なんて少ないでしょうが、一応告知まで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

百合男子 1巻 (IDコミックス 百合姫コミックス) 著:倉田 嘘

百合男子
それだけ聞くと何のことだと思うかもしれませんが、百合好きな男のことです。
百合の世界に男はいらない!だが、見たい!感じたい!百合の世界を!という
主人公が百合を求めて妄想し、熱く語り(他社の作品であっても)、そして
泥沼にはまっていくwというお話です。
この本の紹介をネットで見たときに思い出したのが、「白鷺このはにその気はない」でして
この小説の主人公もまさに業深き百合男子。主人公が白鷺このはに告白されるも、白鷺このはと
仲の良い女の友達がいて、端から見るとまさに百合ん百合んだったので、告白を断ってしまうと
いう出だしのお話でした。
こっちは、そんなにもてたりはしませんが、妄想力や各話に一つはある名言など非常に面白く
これからも楽しみに読みたい作品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

O/A (4) (角川コミックス・エース) 著:渡会 けいじ

今回は全体的にゆたかがテンション落ち気味でして、ちょいシリアスめですね。
そして、新キャラ投入。表紙の娘さんですが・・・あー これは何か言われてもしょうがないんではないかなぁw
ただ、そんなのをあえて気にしないというか、空気を読まないはるみと絡むと生きてくるというかうまくはまりますね。
あの娘との船でのやりとりとか、新キャラの先輩がゆたかと折り合いが悪かった姉だったりとか、そしてその姉の結婚をまったく知らされてなかったゆたかが・・・ううむ次巻も波乱ですかね。

O/A (4) (角川コミックス・エース 216-7)
渡会 けいじ
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-07-01)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔法少女プリティ☆ベル(4) (ブレイドコミックス) 著:KAKERU

本編というか前巻からの続きの部分は、あー・・・あの娘達が関係してますかなるほど、で。
そんなのよりも今回のメインは

          パンツじゃないから恥ずかしくないもん!

・・・ストパンの娘たちが言うなら、そりゃ良かったでしょうがねぇwwwwww
せめてイタカさんに言わせてみたいのですね。とにかくあのむさい男達が気持ち悪いとか、なんかいろいろはみ出してるとか、いろいろダメなやつがハァハァして勃ててたりとかw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月28日 (火)

咲-Saki-(8) (ヤングガンガンコミックス) 著:小林 立

前半は強化合宿での各キャラたちの触れ合いだのやりとりが。特に我らが竹井さんのたらしぶりがw
各部員に対する想いも、そしてインターハイに向けての布石も。うむ、さすがです!
そしてインターハイが始まり、全国から猛者どもが。先鋒のタコス娘も気合充分で、このまま突っ走れ!といったとこですが、巨乳巫女がなんだか不気味なw
まぁ、そこらは置いといて、この8巻、でてくる娘が、もう痴女と言わんばかりの服装だったり、”はいてない”だったりw
特に国広一は・・・もう裸でいいじゃないw

咲-Saki-(8) (ヤングガンガンコミックス)
小林 立
スクウェア・エニックス (2011-06-25)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好いとっと!?(1) (ファミ通クリアコミックス) 著:かがみ ふみを

都会から田舎に引っ越した男の子と田舎の女の子の恋愛コメディ・・・かなw
何と言っても、田舎の女の子の方言やいろんなコトに対する反応がかわいく、そして田舎ならではの文化に驚く男の子が見所です。
方言と言ってもタイトルから想像されるとおり九州のほうの方言でして、まったく言ってるることが解らないw
解りやすい関西弁と比べると、もう、ねw
ただ、そういう解らない方言の長台詞を読むのが煩わしい方にはちょっとお薦めは出来ないです。
微エロなシーンもあるし、女の子達のぽちゃ具合もなかなかなんですけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パーツのぱ 4 (電撃コミックス EX) 著:藤堂 あきと

前巻の最後で2階に運び込まれていた機材等は・・・なるほど社長の仕業ですか。
こんぱその2階でサンドイッチショップ「こんぱん」。・・・社長、だめじゃんw
作中の描写であった創作サンドイッチ以外は美味しいんだけどなぁというのもありますが、真面目に返すと、サンドイッチとかのファーストフード的なものが目立たない2皆にあっても、そりゃ売れませんぜ。
さて、その他のこんぱその日々はいつも通り。まぁ手木崎君の活躍が今回少ないかなとはおもいますが、あーこう言うことがあるのかとちょっと裏側を覗いた感は相変わらず素晴らしい。新しいパーツとか、手ごわそうな物ほどわくわくしていじっちゃいますものねぇw
そして、店長の娘菜瀬美が出番増えましたね・・・やはりロリキャラの店ものは人気になるということでしょうかw

パーツのぱ 4 (電撃コミックス EX 130-4)
藤堂 あきと
アスキー・メディアワークス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

純潔ロマンス (マジキューコミックス) 著:むっちりむうにい

これ、チャンピオンREDだったんだw
いわゆる百合百合でエロな短編がいくつか。
うーん・・・この人最近百合漫画ばっかりな気がwww
その中でもメイド喫茶でのお話で、メガネのしっかり者お姉さんメイドが可愛いロリ巨乳に魅了されて、エロいことを・・・というのが個人的なお気に入りです。
エロさも、そしてこの人特有の落のつけ方も見事な作品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

神のみぞ知るセカイ 13 (少年サンデーコミックス) 著:若木 民喜

アニメも好調な神のみぞ知るセカイ。
マンガの方は前巻でかのんの爆弾告白から旧悪魔復活を企む結社による襲撃での引きで急展開を迎え、各ヒロイン攻略ではなく女神候補を探してを攻略する流れに。
うむ、ギャルゲーたるもの各個別ルート攻略が完了したらハーレムルートまたはトゥルーエンドですよね!
内心は焦りながらも、冷製で落ち着いた感じでやることをやっていく桂馬。うむ、やはり彼は神だ。
過去に攻略した娘たちの中から女神候補を探して・・・あーなつかしい面々も登場します。
その中でも個人的には歩美が一番かわええなぁ。元気系の正統派ヒロインが、かのんとの噂に嫉妬したり強がったりとまた違った魅力がでてきます。
そして、倒れているカノンの代わりをエルシィが務めているので、桂馬の相棒としてハクアが。
なるほど・・・ここ最近、あちこちの記事でハクアが可愛いとの話でしたが・・・うむ、これはたまらない。
本当、よくここまでうまく描けるなぁと思います。
5人の女神候補攻略がどうなるのか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年6月16日 (木)

乙嫁語り(3) (ビームコミックス) 著:森 薫

第二の乙嫁ということで、薄幸の未亡人(しかも5人夫が)タラスさんの登場ですよ!
スミスが旅立て案内人を待っていた場所で起きた事件で知り合ったタラス。
その後のスミス視点から見たこの文化としての女性の生き方、そしてタラス本人の
魅力というのがこの巻の魅力でして・・・いやーこの結末というかこれは、なんとも
せつない。
タラスが本当に魅力的ですが、スミス自身の仕事というか研究を考えるとそりゃあ
二の足踏みますよ。でも、そこをどうにかして、こうやっていこうかと思った矢先に
ああいう事に。
しかも、カルルクとかがその地域の文化として、あれは仕方ない、当然ですよと
あっさりと言われて・・・この肩透かしというか梯子を外された感じというのは
なんともなぁ・・・。

乙嫁語り(3) (ビームコミックス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧