« BRM128 枚方300km 渦潮 | トップページ | 双龍さんへ行こう! 前夜祭 »

2018年4月29日 (日)

双龍さんへ行こう!計画準備

ライド記事というかブログアップするのも久々ですがっ!
双龍さんへ行こう!というgrupettoさん主催のイベントで4月6日~4月8日にかけて走ってきました。

そもそも、双龍さんとは?grupettoさんとは?という人もいらっしゃるでしょう。
大阪は京橋にあるスポーツバーがgrupettoさんでして、以前からブルベ等の自転車関係でやり取りをしつつ、美味しくて量が多くてリーズナブルな料理やお酒を出してくれるお店として通っています。
双龍さんは神奈川の相武台前にあります中華料理屋でして、こちらも美味しくて量が多くてリーズナブルというお店で、場所柄(ヤビツ峠近く)もあってか自転車乗りの方もよく通われているのです。
特に双龍さんは自転車漫画のキャラの生家としてとか、大将自身が自転車漫画にも描かれていたりで、そっち方面で興味があって関東に行った際に何度かお店にお伺いしました。
いつの間にか私も含めgrupettoさんに通う自転車乗り兼ヲタクな人がわりと多くなりましてwそうなると双龍さんにも何人か行っててツイッター等で呟くわけでして・・・某戦車アニメでの戦車型飯作成みたいなのも含めて、狭い界隈ではありますが東では双龍さん、西ではgrupettoさんと知られたお店になっております。
そんな中でgrupettoさんが以前関東行かれてイベントで双龍さんと交流を持たれたこともあったりしまして、紆余曲折を経てgrupettoさんから双龍さんまで行くライドの企画なんて面白いねというお話が出たのです!

grupettoさんにて、単純に輪行や自走で走って行くだけではなく面白いイベントとして成立させたいねと何度か飲み会という名のミーティング等もしまして、イベントグッズの作成とか道中のツイートをタグつけてまとめようとか、いろいろと案も出て4月の第2週目である4/6~4/8に開催ということで決まりました。
企画立案とかはgrupettoの店主であるカワサキさんにほぼお任せして上のような流れとなったのですが、一番肝心な双龍さんまでどういう日程でどのコースを行くかというのは参加者それぞれに任されています。
全自走でも輪行して行っても良くて、その辺りは自由なのですが、4/8の14:00~18:00に双龍さんで打ち上げというのは決まっています。
ネタ的には全自走で箱根の峠を越えて行くのが美味しいなぁと、まず4/5に予定されているgrupettoさんでの前夜祭が終わった直後の4/6 0時grupettoさんスタートで考えてみました。





サイクリングのコースを考える時、私は登るのが遅いし大嫌いなのでできるだけ平地を走ろうとするのですが、流石に双龍さんまでほとんど登りなしで自走なんて出来はしません。
名古屋付近は自転車では走りたくないということもあって、まずは大阪から伊勢を目指してルートを引きます。
大阪からだと奈良に抜ける時に少しと、奈良の山を抜けて伊勢方面に出る時に大きな山を超すことになります。時間制限のこともあって登りが嫌いだとか言ってられないので山越えでざっくり引っ張りましておおよそ11時間156kmで伊勢神宮内宮に到着。参拝後、おかげ横丁で何か補給をして鳥羽まで走り、フェリーで伊良湖まで渡り海岸線を走行して行けるところまで行って1日目終了となるのですが・・・あれ?これってかなりキツくないか。
4/8の14時に双龍さんに着こうとするなら、箱根の登りも考えると朝早くから走っても私の脚なら90kmが精々。となると沼津・三島辺りに宿を取る必要があって、2日目の走行距離を最大150kmとして考えると・・・1日目に浜松まで出てないとだめじゃん。
前に伊勢神宮初詣ライドした際に1泊して浜松まで走ってから帰ったことはありましたので、伊良湖からは平地というのはわかってるのですが、初日で230km 2500m以上となるとちょっとなぁと。もちろんブルベでそれくらいを走ったことは何度もあるのですが、ネタになるとはいえサイクリングでそんなストイックなことはしたくはない。1日目豊橋止まりにして静岡の内陸側を抜けていくルートも考えましたが、それだと道中何も面白いものがない。
頭を捻ってもなかなかいい案が出てこないけど開催の日取りは近づいてきました。途中で泊まる宿のことも考えると早めに決めないといけないなぁと考えつつ、その日もgrupettoさんで双龍さんへ行こう!のミーティングという名の飲み会に行ってたのですが、参加者をもう少し集めるために何かいい案がないかなぁというお話で、今の参加者が予定しているコースをアップしてもらうのはどうだろうという意見が出ました。それに付随してコース上の立ち寄りスポットとかの紹介もあれば、参加しようと悩んでいる人の背中を押すことになるんじゃないかということで、何人かがコースをアップしたりおおよその予定をつぶやいたりして・・・むむっ、これは意外と全自走とか東海道から箱根越えの人がいるということに気づきました。
いやいや、それだと面白くない。ここでもう東海道、箱根越えルートは私の中では消えました。
いっその事、ある人が言ってた茨城空港まで飛んで東側からいっちゃう?いや、それは埼玉や東京をつっきるの面倒・・・なら千葉の金谷から!ってそれも距離がかなりあるよ!という感じで余計に考えがまとまりませんでした。

ちょっと話は飛びますが、アニメで登場した場所とかを巡る事を聖地巡礼と言いまして、勿論自転車でそういうことをしている人も結構居ます。各有私もその手の人間ですので、あちこち行ったりはしていました。
2018年の冬アニメで”ゆるキャン△”というのが始まりまして、コレがなかなかに面白い。女子高生がゆるい(w)キャンプをしているだけといえばそうなのですが、某自転車アニメや漫画と同じくオジサンの趣味を少女達がゆるくやってるというのが何かしら琴線に触れるのでしょうかねぇ。と、まぁそのアニメの聖地というのが富士山の付近にいろいろとありまして、あれ?これ、双龍さんへ行こう!とゆるキャン△聖地巡礼兼ねたら結構良い感じになるんじゃないかなと思い至りました。



新幹線で新富士まで行き139号線を走って本栖湖-河口湖か山中湖、そこから道志みちで双龍さんまで・・・ふむ、これだと十分2日で行ける。身延沿線から回り込むなら一旦甲府行ってから、ほったらかし温泉とかもいいな、と考えた所で、ぼっち!高ボッチ高原!とピーンと閃きまして、諏訪-甲府-山中湖ー双龍さんというコースを考えつきました。以前AACR(アルプスあづみのセンチュリーライド)に参加した際、前々日に塩尻から高ボッチ高原まで登ったことがありまして、電車での乗り継ぎとか到着時間とかも大体把握できてたので割と安直に考えてたのですが、塩尻から甲府まで行く時間+高ボッチ高原ヒルクライムとなるとちょっと時間が足りない。
高ボッチ高原と諏訪湖周りで遊んでから輪行で甲府というのもサイクリングとしてはちょっとなんだかなぁということもありまして、閃いた高ボッチ高原をいきなり破棄w塩尻から甲府までをグルメ観光ライドで練り直しました。




一旦上記のコースで計画してから、地元だった友人や、つきみねこさん(@tukimineco)に道路状況とか観光スポット・グルメスポットもお聞きしてブラッシュアップしつつ開催の日が近づいてきたのです。

|

« BRM128 枚方300km 渦潮 | トップページ | 双龍さんへ行こう! 前夜祭 »

自転車」カテゴリの記事

食べて飲んで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/66664048

この記事へのトラックバック一覧です: 双龍さんへ行こう!計画準備:

« BRM128 枚方300km 渦潮 | トップページ | 双龍さんへ行こう! 前夜祭 »