« BRM319高松400km後 | トップページ | AR日本橋Fleche2016 前日 金沢ー富山ライド »

2016年4月 3日 (日)

BRM320高知300km

さて、ナビに従い走って行きましてスタート位置に到着

Img_3483

ブリーフィング待ってる間にチェーンオイル塗ったり、ドリンクをボトルに詰めたりといろいろと準備を済ませます。
スタート位置の気温は若干低めで、走っているうちにちょうどいい感じになりそうではありますが、郊外に出た途端寒いとかいうこともありえますのでグローブは冬用を着用しました。
空には綺麗な月。ナイトライドではいい気分で走れそうです。

ブリーフィングが始まり、特筆することがなく終了しましたが、その後にイベントがw
まぁ、なんといいますか・・・個人的には認めてあげてーというほうにしました。

そしてチェックをして、スタートです!
しばらくは街中を走ることもありどうしても団子状態となってしまうのですが、農道辺りに出たところでむにん君先頭の長いトレインとなっちゃいまして、しかも結構な向かい風。
むぅ、こいつはいかんと、ちょっとした登りのところで、私を待ってもらうような形で後ろへと下がりました。
そこからはいつものがんばらないペースで2人旅となりまして、風はなかなかに辛い感じになりそうですが、まぁゆっくりペースで走れば問題なさそうです。

登りを2つ程こなして海岸線をずっと走って行くのですが、月明かりに照らされた海が綺麗・・・なんてことはなく、うっすらと見える程度。
むにん君と馬鹿話や、あれが食べたいこれが食べたいとか喋りつつ走っていて400kmの時のように眠くもないのですが、非常に退屈では有りますw
電光掲示板にちらりと気になる情報も表示されてましたが、そんな状況ではあったので実にたんたんと走って行ってPC1へ到着。

Img_3484

途中、コンビニや公衆トイレに寄ったりして時間を使ったわりには、ある程度の余裕ができていて、順調順調とうなづきつつ、少し多めに炭水化物を摂りました。
そして、はにべあさんや、がんちょさんがDNSの中、出走されていたTZRさんと遭遇。何やらお腹の具合が悪いとのことで、ほぼ撤退を検討しつつ少し長めに休憩を入れるとのことでした。
PC1からPC2までは撤退するにも簡単に撤退できないところでして、寒さも明け方にかけてぐっと冷え込んでくる区間となります。
また先程の気になる情報というのが、高知県の東側に強風注意報がでていまして、風向きは今まで走ってきたところから察するに向かい風。これはちょっと頑張らないといけない状況になるかなと覚悟完了して出発します。

思ったよりも向かい風がキツイということもなく、またたんたんと走っていってると、後ろからTZRさんが「元気になってきたー!」と、駆け抜けていかれましたw
先程のもう撤退する事決定しましたよ的な姿は微塵もなく、赤いテールライトがあっという間に小さく消えていきましたw
まぁ私達はマイペース、マイペースと・・・「パンクです」 おっとっと。むぅ、2日連続パンクとはまたなんとも。とりあえず、明るい街灯の下まで行こうと少し遠くに見える街灯を目指します。そこまでチューブが持てばいいんだけど・・・
とりあえず街灯の下まで到着しボンベで充填しますが、なにか抜けてるいるのでチューブのチェックをするとのこと。。
ふふふ、こんな事もあろうかと私もチューブの予備を持ってきてるし、Co2ボンベも手持ち3本持ち込んできてるので、何かあっても交換はすぐできるのさ!
チューブをチェックしていたむにん君が原因を見つけたらしく、どうやら小さな金属片が中に入り込んでいて、スローパンクな状況になった模様。
もう私の予備チューブに変えて行きますかと、交換したわけですが・・・ここで重大な事が判明しました。
今回むにん君の後ろのホイールは自転車屋からの借り物でして、そのリムハイトが・・・私は通常の高さのチューブしか持っていなかったため、空気を充填しようにも上手く入らない状況となってしまいました。
ある程度までは入れることはできるのですが、そこからはなんとも。
到底これでは最後まで走れない状況となってしまい、むにん君はここでDNFとなりました。

現状の状態でもゆっくりなら走れるので、それで最寄りの駅まで向かうとのことで、私はここで別れて先へと進みます。
1時間あった余裕がこの時点で30分弱になっていまして、別れて1人になった途端、向かい風がきつくなってきた気がします。

Img_3486

夜明けー
いやこんなことしてないで、とっとと走れよというお話ではあるのですが、やっぱりこういう光景は撮りたくなりますw
少し頑張って走ってPC2へ到着。

Img_3488

なんとか30分の貯金へと戻しました。
温かいものとカロリーが欲しかったのでパスタを食べたりしてますと、TZRさんが到着。
「あれー?いつの間に後ろにw」などと、少しお話をしてから私は出発しました。

PC2を出て少ししたらこの高知300kmでの登り区間へと入ります。
まぁ登りと言っても大したことはないので、ここもたんたんと、たんt・・・向かい風がきっついわぁあ!!!
それでもまだ登ってる時はそれほど風は感じないのですが、合間の平地や少しの斜度の下りや登りなどはとても楽ができるという感じにはならなくなりました。
2つ目の峠を越して、後は下りと平地でフォトコントロールへ到着かなぁとおもいきや、岬へと続く海岸線に近づく毎に向かい風が強く吹きます。
吹いてくる方向が四方八方から吹き付ける感じで、走る方向を変えてもずっと向かい風のような感じ。
また海岸線に差し掛かったところで、急斜度の細かいアップダウンという、とてつもない嫌がらせ区間w
海岸線を曲がるたび、登りを超えるたび、まだかー、まだ着かないのー!!と泣き言ばかりとなりました。

Img_3491

ようやくフォトコントロールのかもだ岬へ到着。
自転車の写真を撮って、スタッフのかたと少しお話をしました。
午前中は写真の場所も風が強すぎて写真が撮れない状況だったそうで、カードにチェックをして通過となっていたとのことでした。
この時の風より酷かったって・・・うあぁ

少々暑くなってきたので、ここでようやく上着を脱ぎました。

Img_3493

くにゃふとビールジャージ!
ほとんど人に見られない状況になってからだったので、ちょいと寂しいw
また、上着を着てると暑いのですが脱ぐと寒い。風がかなり冷たいというのがよくわかりました。

国道までの折り返しは、岬まで向かい風だったんだから追い風になるかなーとちょっと期待したんですが・・・ええ、無駄無駄無駄無駄とばかりに、風が吹き付けてきますw
途中またTZRさんとすれ違いまして、同じように風に苦労されているようでした。

国道55号線まで復帰して後はひたすらそれを走っていくのですが、相変わらずの向かい風と車通りが結構多いためストレスがたまります。
徳島で徳島ラーメン食べたい!と思っていたのですが速度は全然上がらず時間の余裕ができない。またPC3のある徳島に近づくにつれ信号でのストップも加わり、頑張らないという事を言っていられる状況ではなくなったので、なんとか速度を22km/h程度で維持しつつ走って行きました。

Img_3494

PC3到着!
PCで休んでいる人、後から到着してきた人もみんな憔悴しています。
残りは70km。時間の余裕は40分。プリンとアイスをイートインで食べ、パンとおにぎりをフロントバッグに詰め込んで手早くリスタートします。
徳島からは走る方向が西向きに変わるため、向かい風が収まってくれると良いなぁと思ったのですが、まぁ、そんなに甘い訳ありませんよね(´;ω;`)

PC3まで頑張った影響か足も回らなくなってきていて、じっと我慢の走りが続きます。
讃岐という文字があちこちに見えるようになってきて、ようやく向かい風が弱くなってきて少し楽になりました。
20km/hも普通に出るようになって、これでなんとか完走は問題ないかなーと思ったところで、ちょっとお腹が空いてきましてw
そこは讃岐ということで、うどんー!うどんー!と思ってるところに道の駅の文字。
ここはぜったいうどんがある!と道の駅津田の松原へと寄ったのですが・・・そこのうどん店は15時にて閉店。
うぁあああんと、バッグの中に残っていたおにぎりを食べてリスタート。
残っていた2つの小さな峠を越して、讃岐牟礼の標識を見て、あぁ、やっと帰ってきたと。

車通りが多いですが流れに乗りつつゴールを目指します。
疲れた頭でボーッと走っていたのですが、そこで横目に見えたお店に、自転車を停めました。

Img_3496

ほほぅ・・・いいドールですね。
中々にセンスあるお店ですw 某お方のためにここは写真取らねばとパチリと一枚。

ゴールまで3km程度になった辺りで、いきなりeTrexが変な感じになり残り距離がどんどん増えていきます。
あれ?コース間違えた!?と確認しますが、問題はない・・・とりあえず後から来た参加者の後ろにくっついていきますw

途中から正常に戻って、残り距離もドンドンと少なくなり・・・

Img_3497

ゴール!
19時間32分で完走です!
ビンズとメダルを頂きます。実はこの時に400kmのメダルもらう方にチェック入れてなかった!と気付きましたw

受付のとこに居られた、がんちょさんに挨拶をして、風が酷かったー等々話しました。
TZRさんがヘタすると時間オーバーかもというお話でしたが、私が建物から出て少ししたら入ってこられて、無事完走しておられました。

さて、むにん君に連絡を取ると、すでにフェリーに乗り込んで帰路の途中とのことなので、私も予定を変更して電車にて大阪へ向かいます。
・・・・・・が、ここでドロップバッグを受け取るのを忘れていまして、慌てて戻ったんですがすでにスタッフのかたは撤収されていて、どうしようかと思っていると、ちょうど駐車場から出られる所だったらしくて届けていただけましたw
疲れているとほんと頭が回りませんね。
そこから高松駅に向かい、輪行でマリンライナーと新幹線(みずほ)と乗り継いで大阪まで戻りました。


今回初めての連続ブルベでしたが、まぁやっぱりペース作りが一番のキモかと。
がんばらない走法で400kmを走っていたからこそ、後半の300kmもなんとか完走できるだけの足が残っていました。
600kmと違って途中で風呂入って十分な睡眠時間がとれるのでそこで焦らなかったのも勝因の一つかと思います。
ただ、ガンスや徳島ラーメンが食べられなかったのは残念。
これはなんとか5/1の徳島600kmでリベンジせねば。

|

« BRM319高松400km後 | トップページ | AR日本橋Fleche2016 前日 金沢ー富山ライド »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/63435502

この記事へのトラックバック一覧です: BRM320高知300km:

« BRM319高松400km後 | トップページ | AR日本橋Fleche2016 前日 金沢ー富山ライド »