« BRM505福井600km 前編 | トップページ | BRM505福井600km 後編 そして今年もSRが! »

2015年5月16日 (土)

BRM505福井600km 中編

次は丹後半島へ向かいます。
舞鶴市街を抜けて由良川に出た所で北向きに進路を変えるのですが、ここで強烈な向かい風が!
海岸線に出るまではずっとこの方向へ進むので・・・いやあああ、向かい風は脚が削られるだけなんですよねぇ。

軽くしてペダルを回していきますが辛い(´;ω;`)
なんとか由良の鉄橋が見えてきたので、後もう少しで方向が変わる!と気分を変えて漕ぎ漕ぎ。

ようやく向かい風から開放されて西向きに進んでいますが・・・まぁすぐにまた北向きの海岸線になるんですけどね。
海岸線を走っていってる途中で「ちょっとあそこで止まって下さいー」と右側に見えるドライブインへ。
「自販機で補給です?」「ええ自販機が目的です(にやり」

Img_1899

うどん・ラーメン自販機ー!
有名な富士電機のやつではないですが、現役で動いているのです。
私の地元といいますか田舎が丹後半島なので、ここも学生の頃とか来たものでした。
昔っから変わりないw

Img_1900

もちろんハンバーガーのも有りますよ!
舞鶴で軽くご飯を済ませている状況だったらここでうどんを食べてたんですが、あまり時間の余裕もないですしねw
写真だけとってすぐに出発ー

海岸線は崖が壁になってるせいかそれほど向かい風もひどくなくはしっていけました。
由良と宮津の境である栗田峠を越して、降りーー!
降ったところが宮津となります。
宮津市街ではおもしろいところが1箇所。細長い大判焼きみたいなものの中身がカレーのカレー焼きというのがありまして、学生の頃はほんとによく食べたのですが、現在は開店自体が不定期という事で時間があったら少し寄ろうかと思ったんですが、時間がないので素通りして天橋立へといそぎます。
・・・って、何だこの渋滞は!!
GWとはいえ天橋立にこんなに観光客が来るだなんて・・・ははっまさかまさかと思ったんですが、どうやら渋滞はそこまで続いている模様。
え~・・・こんなとこ見に来たって何もないよ?
脇の歩道へと逃げて渋滞を回避しつつ走っていきます。

文殊堂前の入口の辺りは人が多くて自転車乗ってられないので押して通過。
その通過するときちょうど橋が回転するタイミングとなりました。

Img_2131

おー。久々に見たけど、これも観光資源になってるんだなぁ・・・。
写真をパチリととってから、ななしきさんのトイレを待って出発。ここでトイレ行っておいたのが正解だった・・・
天橋立の中は松林で下が土道となっていますが一応自転車でも走れます。
観光客をかわしつつ走っていって・・・えっと・・・あれ?長くない?
逆向きではありますが一昨年の京都400kmで通ってたんですけど、夜中で人が居なくて早く通り過ぎることができたから短く感じたんですかね。
ようやく対岸の日置について舗装された道を走っていきます。うん、やはり走りやすいw
ここからPC3までは平地なのですが、やはり向かい風がぁああ。
由良の時よりましではありますが辛い。夕暮れ時で少し涼しくなってきたのがまだ良かった。
海岸線を走っているうちに遠くに見えてきたPC3あたりの建物。
見えると元気が出る・・・わけではなく、まだあれだけあるのかと意欲がだだ下がりw

Img_1901

それでもなんとか走ってPC3到着!
PC3はコンビニとか道の駅ではなく、丹後半島あたりで一大勢力を誇っているスーパーのにしがき。
そう!普通のスーパーなのでトイレもゴミ箱もありませんw
私もそのことを忘れてペットボトルのドリンクを買ってしまいましたが、サドルバッグが大型のものなのでそれに突っ込んで行きました。
そして伊根の公衆トイレまで我慢してトイレを済ませて登りへ。
この辺りのコースは一昨年の京都400kmの逆回りとなっていましてPC4の城崎温泉も過ぎた余部鉄橋までは一度は走ったコースなのです。
地元ということ、一度走ったことがあるということでわかってはいたのですが・・・本格的な登りを含めたアップダウンが辛い。

ななしきさんに前で引いていただきながらひぃひぃと走っていきます。

Img_1902

夕暮れとなった丹後半島の海岸線、経ヶ岬辺りの風景は綺麗ではあったんですが、辛くて写真とか撮る余裕がaあまり無いですw
それと段々と気温が低くなってきました。涼しいくらいであればよかったんですが完全に日が落ちた頃にはウィンドブレーカーを着ても寒い!という状態に。
登っているときはいいんですが、下りとなるととたんに寒さが身にしみます。

Img_1903

PC4に到着!
城崎温泉にあるコンビニなので、浴衣姿のかっぽー共がいちゃいちゃいちゃいちゃ・・・・うがあああああ!!こっちは寒くて女性用ストッキングを履くかどうするか真剣に悩んでるんじゃあああ!
私の他にも寒さに耐えかねたのか店員にレインスーツの在処を聞いている参加者が居ましたが・・・すでに前の参加者が買って行ってもうポンチョタイプのしかありませんでした。
とりあえず私もまだ何とか耐えられるとそのまま出発。
仮眠場所まで辿り着けば・・・なんとか、なんとか。そこまではアップダウンの連続なのでとりあえず体もそれほど冷えないだろうと思ってたんですが・・・ダメでしたー!
あいかわらず登りは鈍足の 私を待っていただきながら、臨時の休憩予定であったコンビニで時間をかけていただいたななしきさんにはほんと申し訳ない。
そこでレインコートと、温かい食べ物で少し持ち直しました。
しかし・・・レインコート寒くはないが中は蒸れ蒸れでびちょ濡れ状態になりますね。
香住からの余部鉄橋のまでは確かトンネル付きのそこそこの上りがあったと記憶していて、あぁ・・・やっぱり。ちょっとここで心を折られて少し休憩して登りました。
余部鉄橋以降も登っては降りの繰り返して・・・あぁ辛い、眠い、帰りたい。ずっとこんな事考えてましたねw

真夜中になる頃、鳥取の文字が見えて、ああやっと・・・仮眠場所に近づいてきたと少し持ち直しましたが、いろいろな時間の遅れを取り戻すかのようにななしきさんが加速!
えぇええ、ちょ、待って、待ってと私も追いかけますが、いや、うん・・・無理。
とりあえずそれなりに遅れないようについていくだけで精一杯でした。
PC5の直前は平地かと思っていたら斜度は緩いですが、ずっと登り・・・ああぁん何時まで登らせるんだよ!ごらぁ!
なんとか登り切って、目標の時計まで到着。

Img_2132

Img_2133

ここで自転車と時計、時計のアップを撮りました。
これが通過の証明となります。
さて、後は仮眠場所まで行って休もう!と気力を振り絞りますが、念の為に寄ったレシート取得のコンビニまでの道のりとか仮眠場所までが遠い遠いw
まだつかないのーーーーと心のなかで泣いてました。

荷物受取り予定のコンビニまで着いて荷物を受け取り!
そしてすぐそばの仮眠場所、ネットカフェドロシー鳥取店さんへ急ぎます。

ちょうと私達が入ろうとした時に、中から自転車を持って出てこられたブルベ参加者がいらっしゃいまして、私達もお店の中へ自転車を持ち込ませていただくことに。
もうこの時には私の意識は朦朧としてていろいろとななしきさんに助けて頂いてw、とりあえず荷物の入替え、シャワー、着替えと済ませて、30分程仮眠しました。

かゆ・・・うま

|

« BRM505福井600km 前編 | トップページ | BRM505福井600km 後編 そして今年もSRが! »

自転車」カテゴリの記事

食べて飲んで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/61598842

この記事へのトラックバック一覧です: BRM505福井600km 中編:

« BRM505福井600km 前編 | トップページ | BRM505福井600km 後編 そして今年もSRが! »