« BRM207伊豆高原300km 前日 | トップページ | 関西らぁ祭2015 大阪ラリー »

2015年4月22日 (水)

BRM207伊豆高原300km

翌朝まだ暗い中をスタート地点へ向けて走ります。
さすがに寒い!でも天気予報は概ね晴れですし、1度は走ったことのあるコースが大半なのでなんとかなるさ~

Img_1564

スタート地点に到着し、ブルベカードに名前とか住所をカキカキ。
このへんオダックス近畿とは違って新鮮ですね。
ブリーフィングまでの時間待機なのですが・・・うん、寒いよw
今回の装備はアンダーにゴールドウィン、パールイズミのウィンタージャージにモンベルのウィンドブレーカーで、私の手持ち装備の中では一番寒さに強いものですが、さすがに動いてないとw
他の参加者の方々と少しお話ししてますと、去年の白馬・木崎湖600kmでスタートや木崎湖のバンガローでご一緒した方がいらっしゃいました!
「またなんで今回大阪から?」と不思議そうに言われてしまいましたけどw ですよねーw わざわざ大阪から300kmに参加だもの。
「鎌倉から熱海辺り去年走って楽しかったので~」と笑ってごまかしました。

ブリーフィングと車検を済ませるとスタートです。
AJたまがわさんではウェーブスタートという、10分程度ずつ時間をずらしてのスタートとなります。
エントリー自体が早かったのか私は一番最初のスタート時間。CLOSEの時間変に誤解しないで済みそうでありがたい。

まずは川沿いを進み1号線を目指します。
朝早い時間なので車も少なく走りやすいですが、信号で結構引っかかります。帰りに時間が無いときは気をつけないと。
一旦1号線の下を潜ってからクルッと回って多摩川大橋を渡ります。
しばらく1号線を走るのですが、道の状態はいいけどちと信号で引っかかる回数が多いなぁと。まぁまだ序盤ですし間に合わないという感じではないのですが、ううむ。
高島町のところで一号線から新横浜線通りへ曲がるのですが、ここが試走レポでもブリーフィングでも仰られていた注意ポイントでして、左折レーンにいたまま左に曲がるとコースアウトとなります。
なので、少し右によってそのまま直進して高架を越えてから左の新横浜線通りへ入ります。

16号線を横須賀方面は走りまして、この辺りから少しアップダウンが出てきます。
途中で逗子方面へ向かい、やっと見覚えのあるような道になってきましたw
人の動く時間にもなってきたのか車も多くて、信号でも止められるのでちとペースダウン。
逗子の辺りからコースの近くにいいパン屋さんが何店舗かあるのでチェックはしてたのですが、時間の焦りもあってそのままPC1へ。

Img_1565

PC1到着!
手早く補給をしてさっと出発~
高島町辺りからPC1まで一緒に走っていた方とも同じくらいに出発になったのですが、ここからは一気にスピードを上げられてあっという間に見えなくなりました。
うぅ・・・速くなりたい。
海側に出てからPC2まではほぼ平地。鎌倉辺りから大磯までは高速巡航できる道となりますので、ここで時間と距離を稼ぎたいところです。
・・・が、うう、ちと向かい風がぁ。

Img_2048

江ノ島ー!
天気も良くてここは写真撮らねばとw
しばし休憩してから再出発します。
ここから大磯までは風も防風林で防がれますので、本当に高速巡航区間となるので、踏んでいきますよー!
大磯手前の側道入る所で少し迷いかけましたが、後ろから追い抜いていかれた方たちが側道入ったので追いかけるように走っていきます。
さぁPC2まで突っ走るぜ!と思ったのもつかの間、ここから車の渋滞がひどくなりまして、特に小田原付近は車の横をすり抜けるのさえ一苦労でしたので、結構な区間歩道を走りました。
なんとか車道を走れるようになって少し行くとPC2が見えました。

Img_1566

PC2!渋滞でもっと時間を潰したと思ったんですが90分の余裕ができていました。
ほっと一息ついてドリンクや羊羹、そして種抜き梅干しの補給を。
PC2~PC3、折り返してのPC4までがこのブルベのアップダウン区間となりますので、準備を怠らないようにですね。

PC2から海岸線のアップダウンが始まり、往路ではトンネルを通過せずに旧道に逸れるところが何箇所か出てきます。
これも去年の鎌倉300kmと同じ所でして、1度でも走ってると安心感が違いますね。
しかしまぁ・・・車が多い(;´Д`)
小田原のあたりの渋滞といいなにかイベントあったんかいなと思いつつ、えっちらおっちら登っていきます。

Img_1567

ちょっと一休み。
登っている時に後ろから車が来るのはやっぱりストレスになりますね。
良い景色に癒やされて再出発です!
所々道路脇の側溝から湯気が出ている熱海の風景を過ぎて網代でとあるお店に寄ることに。

Img_1568

御菓子処の間瀬菓子舗です。
前にここで頂いたいちご大福がとっても美味しかったのです・・・・が、私が到着した時には既に売り切れorz
おおぅ・・・でも、美味しそうだったレモンケーキを購入して途中の補給食に。
またアップダウンが始まって嫌になりつつ走り、伊東を過ぎたところでこのコースで最も急で嫌な登りにさしかかります。
去年からもさらに登りが苦手になっている私にとってはほんとに、ほんとに嫌なところでして、それでもゆっくりと登って行って頂上に!
記憶ではここからほぼ下りでPC3までだったと思って、わーい下りと喜んで飛ばしたんですが・・・あ、あれ?まだ登りがあるよ?
ここまでのアップダウンと、今の登りで脚が削られ、登りが最後と勘違いして気力も削られた私にとってはPC3までの登りがとても長く感じました。


PC3に到着しレシートを受け取っておおよそ2時間の余裕。
ギリギリですが狙っていたお店でお昼食べれそうだったので急いで入店します。
券売機でお目当ての物を買ってカウンターに置いてから席に座って一休み。
ブツが来るまでGPSナビの電池交換やアイフォンの充電等ひと通りやることを済ませていきました。

Img_1569

カエルバーガー きたー!!!
このお店【かえる屋】と言いまして、カエルの雑貨・バリ雑貨や伊豆のおみやげとか、ガラス彫刻体験・陶芸体験なんかもやっているドライブインです。
足湯なんかもあるので、ブルベの時間があるならきっと癒され空間になりますw
カエルへのこだわりがとても強くてお店の外観とかにもカエルがw
そこのカフェで出しているのが、カエルバーガーです。
カエルの顔を模したハンバーガーで、そのインパクトだけというわけではありません!
ちゃんとしたレベルの高いバーガーとなっています。
肉とソースもとても美味しい。
色々と失った体にドリンクバーとかからも補給wしつつしばし休みました。
頼んだのは普通のですが、実はこれを大きく上回る量のカエルバーガー32Gというのもあるみたいですw

かえる屋
静岡県伊東市八幡野1135-1
10:00~18:00
カフェ
10:00~15:00

30分ほど休んでから出発。
ちゃんとしたカロリーを摂って急速をしたおかげかわりとくるくるとペダルを回せていけます。
このコースで90分余裕がある状態で折り返しているので気分も軽くなったんでしょう。
すれ違う参加者たちに挨拶をしつつ、今度は反対側からのアップダウン攻略です。

何度も引き合いに出しますが、去年の鎌倉300kmの時は折り返してからのこのアップダウンの時に途中結構休息を入れていました。
そこで時間を潰していたのもあったので、できるだけ休息を入れないように走っていこうと思っていて、実際上にも書いたように脚も回ったので良かったんですが・・・ここでまさかの雨。
今回のこのブルベでは雨予報は一切なかったのに、ちょっと雲が怪しいなと思った途端、ざぁああと降り始めてきました。

なんでや!!
今年最初の200kmでも降水確率低かったのに雨降るし、自宅までの帰りで土砂降りになるしで・・・うぅ、このシャーマン体質ほんとと何とかしたい。

フロントバッグのカバーだけはしっかりと着けて走って行きます。
幸いそれほどの区間は降られることはなかったのですが、気力と・・・寒さが。
行きに間瀬で買ったレモンケーキとかをぱくつきながらPC4を目指しました。

熱海の側溝から湯気が見えてきた時に、あ、ようやくここまで帰ってきたとなんかホッとしましたね。
PC4手前の登りのとこで去年は偽748Rさんがパンクしたなぁと思い出しつつ登って行きました。

Img_1570

PC4到着!
陽も落ちてだいぶ寒くなったので、ネックウォーマーとかアンダーグローブとかを装着。
ここからは大きな峠とかはないですし江ノ島まではまた平地の高速巡航区間となります。
まぁでも、雨で路面濡れてもいますし別に記録狙ってるわけでもないので、フツーに、フツーに。
小田原の辺りで朝のような渋滞になるかもと不安になりましたが、全くそんなことはなく快適に走っていけました。
今回は一人での参加ですし夜の道を孤独に走る、まさに孤独のブルベな状況を楽しみつつ。
江ノ島までは確かに楽なんですが、ずっと平地でもあるのでやはり飽きがきて、まだかーまだかーとGPSに表示している距離が減っていくことだけを祈って走る状況に。
途中スピードをぐっと上げてみたりもしたんですが、ん~面白くないw
それでもペダルを回していれば前に進むわけでやっと江ノ島の近くに来たと思ったら路面がかなり濡れてる。
雨また降ってくる?、うそーん。そんな気分だったので江ノ島から山越えで大船方面に行かないといけない所を、そのまま直進して鎌倉方面に行きそうになって、後ろにいた参加者に呼び止めてもらったりw
見知らぬお方、その節はありがとうございました。
コースに復帰はしましたが250kmを走ってきたところで、結構きつい登りはまさに地獄!
もう踏めないよぉおおと泣きつつアップダウンを攻略していきました。
モノレールの下を走る辺りでやっとアップダウンも終わり、後もう少しでPC5というこでなけなしの気力を振り絞ってペダルを回します。

Img_1571

PC5!
ふぅ・・・疲れた。
江ノ島で助けていただいた方とかに御礼を言ったり、追いぬかれたと思った人があとから来たりで挨拶したりと、最後のカロリー補給しつつ体の調子を整えます。
ここからゴールまでは40km弱。
雨も何とか降られそうになさそうだし時間的にも2時間30分ほどあるから間違いなく完走できる。
ゴールまでの区間でなにか美味しいもの食べてもいいかなぁとも思ったんですが、そんなことより早く帰って着替えたいし寝たいw
ということで、さっさとゴールまで向かうことにしました。

繁華街を通るので夜遅くても人が結構いっぱいいます。
まぁ得てしてそういう人たちはマナーが悪いし、信号も多くて結構引っかかるしで中々巡航速度が上がりませんが、ゆっくりでいいよ、ゆっくりでと言い聞かせて走っていきます。
多摩川大橋を渡って、やっと帰ってきたという気分になってペダルを回す脚も軽くなります。
信号待ちにイライラしつつゴールへ!

Img_1572

到着!
17時間13分で完走です。
チェックを受けていると、奥にbaruさんが!
少し挨拶をしましたが、ゆっくりしすぎたと仰られていまして・・・えー、私より後に出発してかなり早くゴールしてるのに。
いやはやさすがです。

チェック後はさっさとホテルへ戻ります。
しかしまぁ、ホテルまでの10km程度がほんと長いw
疲れた体に鞭打ってホテルに到着。
自転車を屋根のある奥において、部屋に戻ってシャワー浴びて着替えて・・・寝ようかと思ったんですが小腹がすきました。
帰ってくる途中のホテルのそばに刀削麺のお店があって、まだやってそうだったので行くことに!ですが、行った時にはもう閉店していました。
だが一旦らーめん腹になったお腹をなだめるために付近のラーメン屋を検索してそこへw
夜遅いのに外に何人か並んでいる状態で、私も後ろに並んで待機。
幸いすぐにお客さんが捌けたので店内に入ってチャーシュー麺を注文。

Img_1573

きたわーーー
もう夢中でかっこみます。
見た目からもっと濃い豚骨だと思ったんですが、味は意外とマイルド。
なるほど・・・だから周りの皆濃い味で頼むわけだ。
まぁブルベで弱った胃にはこれ具合がちょうどいいのさ。


らーめん 㐂輪
〒211-0004 神奈川県川崎市中原区新丸子東1-788
【平日】11:30〜15:30/17:00〜翌1:00
【土・日・祝日】11:30〜15:30/17:00〜翌1:00
【定休】水曜日


ラーメン食べた後はホテルに戻ってすぐに就寝。
翌朝までぐっすりでした。

翌日雨が降り出す前に朝早くにホテルを出て新横浜駅へ。
手早く輪行準備をしてちょっとお腹を満たしに丸亀製麺にw

Img_1574

ダブルカツカレーうどん
朝からwwwと自分でツッコミながらも、あっという間に完食。
体がカロリー求めてたのですかねぇ。
新幹線の時間になったので乗り込んで新大阪まで。車内ではまぁねてましたねw
家に帰って片付けをしてからもう一眠りしました。

今回、時間的に言えばずいぶんと余った結果となったので、もっと遊んでおけば良かったかなと。
走り終わってからずいぶんと消耗もしてましたし、ゆっくり走って楽しんで完走するブルベができたのになぁ。

|

« BRM207伊豆高原300km 前日 | トップページ | 関西らぁ祭2015 大阪ラリー »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/61475239

この記事へのトラックバック一覧です: BRM207伊豆高原300km:

« BRM207伊豆高原300km 前日 | トップページ | 関西らぁ祭2015 大阪ラリー »