« 2014年11月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年1月31日 (土)

叡山電鉄 幸腹グラフティコラボ  ~ 貴船神社

前日浜松まで走ってて、遊んだーと言っておきながら、翌日またいそいそとw

で、でも今回はBROMPTONで輪行だからね!

Img_1533

京都河原町まで輪行して、そこから出町柳まで走ります。
叡山電鉄の出町柳駅で少し用事を済ませてから、もう少し走ってお店に到着。
中はお客さんで結構埋まってましたがカウンターに座れました。
注文して暫し待つこと・・・キタ!

Img_1535

トンカツ処おくださんのジャンボロースカツ!
近くだとハイライトでチキンカツというこれまたボリュームあるお店もあるのですが、今日ははこちらで。

Img_1536

うむ!分厚い!
丁寧に上げられたカツはサクサクで、また柔らかい肉からの脂がたまらない!
パクパクと食べていったのですが・・・歳のせいか揚げ物を沢山食べるのはだんだんきつくなってきていて、ごはん少なめで頼んでおいてよかったーw

とんかつ処おくだ
京都府京都市左京区田中里ノ前町55
11:30~14:00
17:00~22:00
定休日:火曜日


さて次の場所へ。
北に向けて走っていきます。
目的の場所は叡山電鉄の修学院駅!

修学院駅の販売所で目的のブツをゲットして、BROMPTONを畳んで電車で鞍馬まで移動になります。
何をしているかといいますと・・・

Img_1534

Img_1537

叡山電鉄ときららのコラボで、幸腹グラフティの特別入場券販売をやっているのです!
ラッピング電車も運が良ければ乗りたい・・・と思っていたのですが、次の電車は普通のでした。

さて、電車で鞍馬まで登って、まずは特別入場券をゲット!

Img_1538

これで3つ全て揃いました。
前にゴチうさの入場券を買いに来た時には、ここにパンとかバゲットのフレンチトーストを売っていたのですが今日は何もなくて残念。

Img_1539

写真とかを撮っていると駅員の方が話しかけてこられて、しばし自転車談義を。
bd-1を持っておられるらしく、それで結構あちこち走られているとのことでした。

ここからはBROMPTONで降っていくという話をしますと「転けないように気をつけてね」と暖かい言葉をいただき、出発。
貴船口まで降ってそこから右へ。貴船神社までのヒルクライムです!
斜度がキツイわけでもないのですが、思っていたより長い。汗をかきつつ神社まで到着!

Img_1540


一昨日、伊勢神宮まで初詣に行ったのに何の用事が?と思われるかもしれませんが、とあるものを購入しにきたのです。
とりあえずお参りをしてから、横の販売所で購入。

Img_1542

二輪お守り!
少し前にとある方が買いに行かれていたのもあって、いいなぁと思っていたのです。
そして、おみくじも。

Img_1541

貴船神社のおみくじは、お金を納めてから好きな一枚を引いて、それを横にある水場に浮かべると、文字が浮き出てくるというものです。
小吉ということで悪くはないはずなんですが・・・それぞれの運に書いてあることを読むとなんかすごく悪いことばかりな気がする(´・ω・`)
水場の横にある所でおみくじを結んで、縁起の悪いことが起こらないようにと。

さて、気を取り直して街へと戻ります。
とはいっても、もう重力に任せて降っていくだけなのでw
道なりに降っていくと大体上賀茂神社と下賀茂神社の中間辺り?に出るのでそこからは、河川敷の道をゆっくりと河原町方面へと走っていきます。

通勤ラッシュの時間までには、電車に乗りたいのであまり時間はないのですが、それでもせっかく京都に来たのでちょっと寄り道。

四条河原町を少し南に行ったところの入り組んだ場所にある弥次喜多さんへ。

Img_1543

粟しるこです!
関東の方だと、ぜんざいじゃないか!と思われるでしょうけど、関西だとつぶあんのものがぜんざい、こしあんのものがしることなっておりますので、これはしるこなんですね。
あぁ・・暖かい。
餡の甘さも、なめらかな舌触りも。粟のほくほくさもとても良い。美味しいです。
しばし体を温めてからお店を出ました。


弥次喜多
京都府京都市下京区四条河原町下ル三筋目東入ル北市之町240-2
11:30~19:00(L.O.18:30)
定休日:火曜日


さて、これでもう帰っても良かったんですが、ちょっとおみやげも欲しいなと思って、また市役所の辺りまで戻って、末廣の鯖寿司を買ってから帰りました。

Img_1546

でかいw
皿に乗り切りませんでした。

Img_1547

うん、身も分厚い。
末廣の鯖寿司はあまり酢を効かせてないので、万人受けする味ではないかと。
もちろん、この寒い時期の鯖は脂ものっていてとても美味しいです。

末廣
京都府京都市中京区寺町二条上ル要法寺前町711
11:00~19:00
定休日:月曜日


なんだかんだと1日遊んでしまったw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お祓い・・・そして、げんこつハンバーグ!

続きを書くのが遅れてしまいました。

Img_1522

晴天!
ホテルで朝食を摂ってから内宮へ向かいます。
平日の通勤時間帯でしたので少し車が多めでしたが、20分ほどで内宮へ到着。
中に入ってお祓いの受付をして、人も少なくてすぐに終わりました。
今年もちっちゃい巫女さんを見れましたよ(*´∀`*)
お守りとかは昨日のうちに買っていたので、そのままでてお祓い横丁で何かお腹に入れていくかと思ったのですが、9時くらいだとまだ開いてるお店が少ない。
赤福は開いてたんですが、さすがに昨日食べたばかりであまり食指が動かないので、もう出発することにしました。

本日は伊勢神宮から鳥羽へといきフェリーに乗って伊良湖へ。伊良湖から浜松まで走って新幹線で大阪まで帰る予定です。
鳥羽へは車の少ない道を走りたかったので丘超えをしてフェリー乗り場を目指したのですが、これが意外とアップダウンがきつい。
昨日の疲れが残っているのもあったかもしれませんが、結構時間をかけてフェリー乗り場へ到着。

Img_1523


次のフェリーまでは50分ほど時間があり、まだ乗船もできないので切符売り場横の喫茶店で、モーニング代わりのトーストとコーヒーを頂きました。
しばしそこでゆっくりしていると乗船時間になったので移動。
もちろん自転車はそのまま乗せて行きます。
鳥羽から伊良湖までは大体1時間弱。温かい所で椅子に座ってると眠た・・・く・・・・zzz

・・・はっ!
少しばかりうとうとしているうちに、伊良湖まではもうすぐのところまで来ていました。
iPhoneとかを充電していたので、それを片付けつつ接岸を待ちます。
ドライバーへの案内があったので私も下に降りて自転車の所へ。さすがに下は少し寒い。
接岸してまずは車を行かせて一番後に出て行きました。

伊良湖からは太平洋を右に海岸線沿いを走っていきます。

Img_1525


うん!絶景!
サイクリングロードへと入って信号がないのはいいんですが、あまり舗装が・・・しかも緑が豊富wで木のトンネルみたいなところもあったりw

Img_1526

恋路ヶ浜でぱしゃり!
ふっ・・・恋か。あれは何年も前のこt(ry

風はあるのですが、周りの木とかで防がれて特に障害にはならずに走れまして、天気もいいし、いやー絶好のサイクリング日和!
・・・中年のおっさんが一人寂しく自転車で走ってるだけだとか言うな!w
サイクリングロードから42号線へ復帰してしばらく走っていたのですが、お昼を食べるところが・・・見当たらないw
渥美半島は”どんぶり街道”というものをやっていて、それぞれ地域の特色を活かした丼を提供してくれるお店が点在してるのですが、この辺りは火曜日定休のところが多いようでお昼を過ぎているのに昼食にありつけてませんでした。
それでも、道の駅はさすがに開いていて、あかばねロコステーションにて昼食を!

Img_1527

あかばねロコステーションのどんぶり ロコステ丼です!
甘辛い肉と玉ねぎ、その下にしらすも乗っていて、見た目以上にボリュームが有ります。
うん、美味しい美味しい。

食事を済ませて、自販機でドリンク補給もして再出発。
42号線をひたすら走って行くのですが、なんだかんだ言ってアップダウンがずっと続いて、しかも若干登りつつなのでわりとキツイ。昨日の疲れがまだ脚に残っているからなのか巡航速度もそれほど上げられませんでしたが、まぁ今日はそれほど急ぐわけでもないので~と焦らずに風景でも楽しみなが・・・ううむ、楽しむような風景はないなw
それでも車は少なくてストレスが少なく走れるので楽しんではいました。

浜松まで後20km程度のところで14時過ぎ。
ここから下った後はまっ平らwの1号線と257号線を走るだけなので、浜松を19:30に出る新幹線で帰る予定にしてましたが、さすがにそれだと時間が余る計算に。
なので1時間ほど早い新幹線に変更して帰ることにしました。
1号線入ってからの車と信号の多さに若干の不安はありましたがまぁなんとかなるさとw
1号線は確かに信号と車が多いのですが道自体がすごく走りやすくて、速度が落ちることもなく走っていけました。

Img_1529


遠くに小さくみえてるのが弁天島!
実際に目で見てる風景と見え方が違ってくるなぁ。

篠原で1号線に別れを告げて257号線を浜松駅方面へ。
あぁもうそろそろ走るのが終わりだなぁと思うと、ちょっと残念な気もしてきましたが、それでもペダルを漕ぐ脚は止まらず後もうちょっとで浜松駅までというところまできました。
うん、時間も十分あるし・・・あの店に行くぞう!
今回浜松まで走ってきたのはあるお店に行くためwいずれは大阪から直接360km走って来たいと思っているところなのです!
で、駅付近にあるはずのお店の場所馬で行くと・・・あれ?へい・・・てん?な、なんだってーーーー!!!
閉店というか移転で場所がずいぶん遠くに。
チェーン店ですのであわてて他の店舗を探しましたが、どれもそこそこ離れている・・・あ~新幹線の時間に間に合うかなぁ。
とりあえず一番近い店舗に向かうことにしました。

余裕があったはずなのに、こういう時はほんと焦りますよね。
信号で止められるたびに、いらいらしてくる自分にどうにも・・・
あとどれくらいだろうかと、何回かスマホで位置を確認しつつ走って、幸いさほど時間かからずに到着したので、自転車をロックしてお店へ!
注文してしばしまっていると・・・きたー!!!!


Img_1530


これ!これを食べに来た!
浜松あたりの静岡に複数店舗展開してる、げんこつハンバーグの炭焼きレストランさわやか
看板メニューのげんこつハンバーグです!
関東からだとまだ箱根を越して食べに来ることが出来る距離なんですが、さすがに大阪からだとねぇw
以前友人が浜松に勤めていた頃、一度食べに来たことがありまして、その時も美味しかったという記憶はあったんですが、改めて

美味しい!!

と。
写真では周りはちゃんと焼けているのですが、基本、さわやかのハンバーグは中が赤いままです。
でも牛肉100%のハンバーグは問題なく食べれますし、自分で焼き加減も調節できますし、オニオンソースは美味しいし・・・これでごはんおかわり自由で最高なんですけどねw
あっという間に食べきっちゃいまして、お店をでて駅へ向かうことに。

店舗から駅まではそうかからずに走っていけましたが、夕方で車とか多いし信号で止められるしで若干のストレスが。
駅についてからは手早く輪行準備。

Img_1531


新幹線の時間まで駅構内のスタバでゆっくりとコーヒー飲みながら待っていました。
新幹線の中ではすぐに意識が落ちてほぼ寝てる状態にw

やー遊んだ遊んだw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月23日 (金)

2015年初詣 伊勢神宮へ

去年本厄でいっそのことと思って伊勢神宮へ厄祓いと初詣に行きました。
幸い大きな事故や失敗もなく1年過ごせた事もあり、今年も後厄ということですし、また伊勢神宮まで行くか!と行ってきました。

コースとしては自宅から枚方を通って京田辺まで抜けて、木津川沿いを伊賀上野まで。
伊賀上野からは南へ進み、名張から山越えして伊勢に抜ける180kmとなりました。
ブルベで通ったコースを組み合わせただけといえばそうなんですけどねw
やっぱり走ったことがあるコースというのは安心感がありますし、ちと雪とかの心配もあったので安全にと。

当日4時に起きてまだ暗い所を走っていきます。さすがにこの時間帯の気温は低くて寒い。
おまけに雨がパラパラと・・・ええぇぇえ やめてよぉおお。幸いそんなに降られずに済みましたが行き先が不安です。
それ以外は車も少ないし距離は伸びますができるだけ平地のコースにしてましたので楽に走っていけました。

木津川沿いを西へ走って行く頃には明るくなってきて、抜け道として使うトラックがかなり多くなってきました。
時々横すれすれを走られるので怖い。うーん、山側を選んだほうが良かったかなぁ。
まぁそれでも途中からは少なくなったので、なんとか気分も持ち直して伊賀上野まで到着。

一旦どこかで朝ごはん休憩とるかと思っていたのですが、いい場所を探して名張街道を南へ走っているうちにもう桔梗が丘駅付近に。
事前に調べてた時にお昼は道の駅御杖近くのピザか、名張-桔梗が丘間のパン屋か焼き肉を食べるのが良い感じではあったんですが、ほとんどのお店の定休日が月曜日ということで、結局休みではないパン屋のラムズベーカリーさんでパンを買う事も考えていたので少し早かったですがお店へ。

Img_1506

店構えはなんというかアメリカンっぽい?
中に入ると定番の惣菜パンも、ハードパン、甘いパンも揃っていました。特にカレーパンが美味しそうだったんですが、これから本格的な登りがあることを考えると今回は断念。
エビカツパンと、ドーナツ、クリームパンにしました。

ラムズベーカリー
三重県名張市鴻之台1番町50
9:00~19:00
定休日:水曜日

ラムズベーカリーからは368号線をずっと登っていくのですが、最初の登りが結構辛い!
一旦斜度が緩くなるトンネルを抜けたところに比奈知ダムの展望所がありまして、そこで昼食としました。

Img_1507


Img_1508

天気は良かったので景色も良くて、パンもことさら美味しく感じました。
ううむ、3つじゃ足りなかったかなぁ。
しばし休憩して、さぁまた登り再開です。
とはいっても、ここからはそれほど斜度がきついわけでもないので、ゆっくりと楽に上っていきました。

Img_1509

今回の最高地点が道の駅御杖(みつえ)。ここは去年の8月に走った松坂300kmでアップダウンに苦しめられて、へろへろになって到着したPCでした。
あの時、レシート取るためにPCで買うものがないよぉって困ったんだよなぁと懐かしくw
ドリンクを補給して再出発です。

一旦降りで伊勢奥津辺りまで重力に任せて降りた後、再び登り。
ここから櫃坂峠のピークまではアップダウンも結構あり体力がかなり削られました。
一体何時になったら頂上につくんだー!!!!とぼやきながら登ってましたねぇw

Img_1510

櫃坂の分岐へ到着。
ここからはもう下りと平地。
距離もおおよそ50kmということで3時30分くらいにはホテルに到着できそうという計算になりました。
そうなると、今日はホテル到着してからお祓い横丁で飲み食いするだけと思っていたのですが、もしかしたら内宮でのお祓いも今日中に済ませられるかもという考えも浮かんできました。
長い下りを一気に降りて川沿いの平坦路を風もなかったのでそれなりの速度で駆けて行きます。時折京都400kmブルベで見覚えのある風景に懐かしく思いながらペダルを回しました。
田舎道をストレス無く走るのは本当に気持ちがいい。これだからやめられないですね自転車は。

頑張ったかいがあってホテルには3時15分に到着。
ホテルの駐輪場へしっかりとロックして停めてからチェックイン!
シャワーを浴びてからすぐさま伊勢神宮内宮へ向かいます。
電車とかバスを使うのが一般的ですが、時間が惜しかったのでタクシーでw

Img_1512

大体10分くらいで内宮へ到着!
順路に沿って去年のお守りとかの返還と、お参りをして、お祓いとかお守りを販売しているところに行くと、本日のお祓いの受付はもう終了していました。
ちょっと残念でしたが、元々明日の予定で考えていたので、お守りだけ買ってお祓い横丁へ!


Img_1513

去年来た時にもっと食べたり飲んだりしたかったのですが、自転車で来ていたということもあって、ちと差し障りがありましたので今回はホテルへ自転車を置いて来たのです!

Img_1514

まずは豚捨のコロッケ!
さくさく、ほっこりで美味しい!

Img_1515

そして去年も食べたふくすけの伊勢うどん。
今回はシンプルな伊勢うどんにしました。
相変わらずぼやけた味と食感ではあるんですが、くせにはなりますねw

Img_1516

そして、今回の本命w伊勢角屋麦酒!
限定の神楽麦酒と・・・

Img_1517

カキフライー!!!
ヒャッハー!!!うーまーいーぞーおおお!

うむ、麦酒とカキフライは最高の組み合わせだ!

この辺りで少しお腹も落ち着いたのですが、そろそろ辺りのお店が店仕舞いを始めているよう。
おっとこいつはいけねぇと次のお店へ。

「おかげさま」というお酒を伊勢神宮へ献上している伊勢萬さんか、赤福のぜんざいか・・・よし、赤福へ!


Img_1518


ぎりぎり最後のお客となることができました。
あぁ、甘い。温かい。
餅もいい感じに焼けていて、あずきをたっぷり絡めては食べていました。


赤福を出るともう辺りのお店は全て閉まっているので、とりあえずタクシーでホテルまで戻りました。

・・・ですが、やっぱり飲み食いが足りない!ということで、近くの居酒屋に。
事前にチェックをしていた、とばっ子さんへ行きました。
このお店、元々評判も良かったのですが、吉田類さんの酒場放浪記で紹介されてからはさらに人が多く来るようになったとのことで、席が開いてるかどうか不安だったんですが、まだ時間的に早かったのか問題なく座れました。
冷の地酒と、刺身盛り合わせ、それに串かつのとばっ子盛りを注文。

Img_1519

お酒ー!

Img_1520

お刺身盛り合わせ
左上から蛸、はまち、サーモン
アコヤ貝、鮪、烏賊、ホタテ
この中ではアコヤ貝は初めて食べたのですが、コリコリした食感がすごく良くておいしかったですねぇ。
そして、元々頼もうと思っていた烏賊が絶品でした。

Img_1521


串かつ とばっ子盛り
海鮮と野菜の串かつなんですが、うん、どれもこれも美味しい。
海鮮物が美味しいとほんといいですね。

ちびちびとお酒を飲みつつ、串かつを食べてたのですが、この頃にはだいぶ人も増えて店内が大変なことに。
カウンターに座っていたので目の前でお母さんたちが、いろいろと捌きつつ注文を処理されていたのもあって、そろそろ帰るかとお勘定を。

とばっ子
三重県伊勢市宮後2-24-17
17:00~22:30
定休日:日曜日

いい気分でホテルに戻ってから、電池の充電とかいろいろやって就寝~
明日はお祓いをしに行くぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月11日 BRM111京都200km

2015年ブルベシーズンの始まり!
今年はPBP開催年ということも有り、どこの団体も春先までのブルベ開催数が多いです。
例年通りw年末のコミケ参加のため年始は仕事の当番なので今年も高松400kmには参加できませんでしたが、11日開催の京都200kmに参加してきました。
普段であれば伏見あたりのホテルに前泊するのですが、3連休ということもありホテルがそれなりに早く埋まったので、もう今回は自宅から自走するかと決めました。
ちょっと天気自体も心配でしたし、ホテルのキャンセル料もバカにならないですしねぇ。

当日はほぼ晴れ予報。コースでも最初の宇治辺りの峠が凍結の可能性がということでしたのが、まぁそこさえ過ぎれは問題ないだろうという話ですが・・・いやいやいや、今野さんのコースがそんな簡単なはずがないw
そして、色々とツイッターでのお知り合いの方々も参加されるということもあり、出走前は個人的にかなり盛り上がってました。

前日早めに就寝し4時前に出発。スタートの久御山まではおおよそ34km、2時間の計算で走って行きました。
しかしまぁ、自宅を出てから寒い寒いw
GOLDWINのアンダーウエアにパールイズミの極寒用ジャージとモンベルのウィンドブレーカー、ネックウォーマーや手足共に2重の装備をしてましたが、とにかく寒い。
もっと寒い時期に走ったこともあったのに、年々寒さに弱くなってきてる気がします。

足を使わずゆっくりのペースで向かっていましたが、少し時間が余りそうだったので途中のコンビニに避難。
24時間営業のファミレスとか牛丼屋で、なにかお腹に入れていくのもいいかなと思ったんですが、さすがにそこまですると体が重くなりそうでw
しばらくして良い時間になったので再びスタート場所まで向かいます。

私が到着した時にはすでに多くの人がいらっしゃいました。
カマノ隊長、ななしきさん、朱麻さん、七津屋さん等のそうそうたるメンバーも到着されているようで、皆さんにご挨拶したいが・・・周りが真っ暗で自転車すら確認できないw
とりあえず受付を済ましましたが、ブルベカードがまだついていないとのこと。
あ・・・今野さん昨日ちょっとトラブってそうだったし、大丈夫かなぁ。

少しづつ周りが明るくなってきましたが、ブリーフィング開始の時刻は過ぎてそろそろスタート前の車検やらないといけない時間というくらいに今野さんが到着。
もう時間がないとのことでぱぱっとそのばでブリーフィングが開始され、とりあえずコースの変更等はなかったので一安心。道路凍結の心配も有りましたが天気についての注意等はなかったので、今回のブルベはとりあえず問題なく走れそうかなと。

ブリーフィングが終わると直ぐに車検でスタートとなりました。
今回の装備ではサイコンをCATEYEのCC-RD500Bにしてブルベ初投入。スマホで信号受信やGPSのログ取りができるのですが、なんといってもスマホの電池をバカ食いするので長距離で使うのは余りおすすめできないw
そして年末にサドルを今までのBROOKS革サドルからBROOKSのカンビウムC15へと交換、そしてバーテープもfi'zi:kのものに変えて、雨とや雪への耐久性を上げました。
これが吉と出るか凶と出るか・・・まぁ200kmだしなんとかなるでしょう。

いつもの京都コースであれば南側へ走るのですが、今回は北へ。すぐに東へ向きを変え宇治の炭山の峠を目指します。
この峠が今回の凍結ポイント&最大斜度18%という最初の関門となります。
走る前は元気があるうちに登りが出てきてくれてまだましだね、と言っていたのですが、実際に登り始めると息も絶え絶え、すぐに登れなくなって押す羽目になりました。
幸い距離自体は短かったので1度目のピーク辺りまで押して降りー!
2つ目のピークはなんとか登れる斜度でジリジリとではありましたが登りきって第一の峠攻略。ここからはしばらく平地でPC1までの時間的余裕もまぁそれなりに計算ができて気分的には楽になりました。
そして、瀬田川沿いを数人のトレインで走っていったのですが、このトレイン・・・速いぞ。
いや、まぁ、速い人からするとそれほどではなかったんでしょうが、ただでさえ平地も並足程度しかない私がさらに年末に走ってない鈍った状態だったので、あっという間にちぎられましたw
うん、いやいいんだ。マイペース、マイペースと心を落ち着けて行こう。

瀬田川沿いを走っていくと、PC1までにクイズポイントがありまして、石山寺の門にある像に関するクイズでした。
私がポイントに到着すると結構な人がまだいまして皆余裕があるなぁと。私はさっと像を確認して、選択肢の2番で小指が欠けているのを確認して手早くスタート。
遅い私に休んでいる暇などないということもありますが、最初にも書きました罠がPC2あたりに仕掛けてあるだろうと思っていたため、できるだけ時間の余裕が欲しかったのです。

瀬田川沿い北上していき、途中数人とトレイン状態になったりまた離れたりしながらPC1の坂本へ。
今回PC2が安土の信長の館なのですが、PC1は信長を討った光秀の領地。なかなかに情緒あるコースとなっています。
PC1到着し大体30分程度の余裕。おおよそ50kmで30分の余裕ができているなら、いつもの京都コースのペースでいけている感じ。
でもちょっと時間が惜しかったのでツイートとかはせずに、手早く肉まんとドリンクを補給し出発しました。

もう少し琵琶湖沿いを走って、琵琶湖大橋を渡ります。
橋からの琵琶湖の景色とか、下っていってる時の道の景色とかとても良かったんですが、あいにく今回はデジカメを持ってきておりませんで、スマホ使うのは時間がなぁとそのまま走っていったのです。
渡りきった所で左折。
ここには、少し前にテナントがはいっておらず廃墟一歩手前と言われたピエリ守山がありまして、去年の年末近くに大幅リニューアルをして大復活!という話でしたが・・・ちらりと横目で見ただけなのですが、まぁ普通?のショッピングモールくらいには復活してるのではないかなぁと。
左手に琵琶湖を見る感じで湖沿いを走っていきます。私が参加した京都コースでは反対向きに走ってることばかりだったので中々に新鮮。
この辺りは天気も良くて追い風にも乗って速度をあげていきましたが、これから向かうことになる南側の空は何やら怪しい気配。雪か雨か・・・来るかな。

西の湖の農道に曲がる辺りで向かい風に!反対側からのコースの時に追い風ですごく速く走ることができた高速路というイメージがあったのですが、向かい風だとさすがにきつい。
また、この道走った最後の記憶というのがブルベ初参加の京都200kmで大雪の中をDNFした地でしたので、ちょっと印象が悪くなりつつありますねw
向かい風を遮る場所がない開けた場所ですので、前に中々進まない。うわぁ・・・こんなところで足を削られるなんてなぁ。
やっとのことで南へ方向がかわりましたが、ううむ、あまり変わりなさそうな気がする・・・
突き当りの道路を渡って、歩道へ。歩道・自転車道を進んでPC2信長の館へと行くのですが、この道がまた木の根で割れて盛り上がってたり、途中道に覆いかぶさるように木が横に倒れていたりと怖い怖い。途中この道で・・・いいんだよなぁ?と不安になってきました。
前に同じブルベの参加者もいらっしゃったので着いていって、二人で悩みつつ信長の館に到着!・・・あれ?スタッフがいませんよ?
って、あっちか!信長の館から少し離れたところにある安土文芸の郷レストラン前にスタッフがいらっしゃいました。

Img_1498


チェックをしていただいてからツイートを確認すると、カマノ隊長は直前に到着されていたようで、周りにいっしゃるかな?と思ったのですがよくわからないw
私も到着ツイートをして直ぐに出発。
出て直ぐの分かれ道で間違われた方がいらっしゃったので、声をかけてから左の登りへ。
少し登りが続いて、また割といい感じの斜度wでへろへろに。しかし、ここからが地獄の始まりでした。
PC3の信楽へ向けておおよそ南南西へと進んでいくのですが、ずっと向かい風。しかも結構な風速でして20km/hはおろか15km/hだすのがせいぜいの時も多々ありました。
ずっと漕いでいても速度でない状況ですし、PC2がコンビニではなかったので途中の自動販売機や、トイレも含めて寄ったコンビニでドリンク等を補給しつつでしたので時間が・・・
おまけに途中所々で雨が降ってきました。ウィンドブレーカーで少しは防げるとはいえ、この雨で体が冷えたのが後々体に響いてきます。
このPC3の少し手前に今回のボスであるアセボ峠がありまして、余計に焦りが・・・1時間の余裕にしておきたいけど、これは無理っぽいなぁ。
やはり罠が仕掛けてあったw序盤少しでも頑張っておいてよかった。
アセボ峠を何とか登り切って、ダウンヒルー!普段なら足を休めますが今回は少し漕ぎつつ速度を稼ぎます。
降りてからはゆるい斜度の登りをPC3まで向かい風に抗いながら走って・・・到着!

Img_1499

ウィンドブレーカーも、ネックウォーマーも着けているのですが寒い。
暖かいお茶も補給して時間もないので手早くリスタート
国道307号をしばらく走り、そこから県道5号へと入ります。
去年・一昨年の京都コースでは反対周りでこの辺りから信楽の山岳へと入っていくので、大体のコースを把握しており、ゆるい登りを登ってからの20kmの降りで時間の余裕を取り戻そうと考えました。
相変わらず南西方面へは向かい風が吹いているのですが、ワインディングロードになっているため山の斜面で、風が止む時を狙って速度を上げて走って行きます。
車通りも少なく舗装は割といいので風がないときは速度をそれなりに出せました。
いつもの和束のチェックポイントは今回はないのでwそのまま通りすぎて木津川まで出て橋を渡ります。
途中、信号で停まった時にキューシートがページの終わりに行ったため裏返していると、後ろに黒いスタイリッシュな方達が。
挨拶をした所で信号が変わったので「先に行ってくださいねー」と言って行っていただいたのですが、この方が朱麻さんだったようで、後で惜しかったとw
その後でも何度か追いついたりもしてたんですけどねw

そこから少し登りつつ奈良へと向かった所のならやま大通りから県道751号へのループを降りる所でチョット悩みましたが、少しのロスで復帰。
小さいですがアップダウンが続く道を走っていきます。
この頃には大分向かい風も収まりつつありましたが、時折降ってきた雨に体が冷えました。

Img_1500


PC4に到着!もう辺りは暗くなっていてライトを着けて走行しています。
なんとかここで1時間の余裕にまで戻せました。
しかし無理が祟ったのか、少し足がプルプルとしてる・・・まぁもう無理をせずとも間に合う予定なのでゆっくりと行くかと、甘いモノを補給して最後のフィニッシュへ向かいます。
奈良からフィニッシュまでは、アップダウンを繰り返しつつ登っていく感じですが、全体的に見れば緩い斜度ですので、疲れた体でも問題なく走っていけました。
途中、何人の方々とトレインを組みそうにはなったのですが、アップダウンでの登りで私は置いてきぼりw
降りで近いところまで追いつくのですが、また登りで引き離されるという感じでほぼ一人旅の状態に。まぁ、いつものことなんですけどねぇw
でも年々登りに弱くなっている気がする・・・

生駒の峠を過ぎると、若干のアップダウンはありますがもう降りと平地のみ。速度を上げて行くと先ほどのアップダウンとところでちぎれたトレインの方々がいらっしゃったので、後ろにつかせてもらいました。
街中に入っているので信号停止も含めゆっくりとしたペースでフィニッシュまでトレイン組んだまま走って行きました。

ゴール!
12時間30分で完走です。
今年初めのブルベでもあり、1ヶ月以上まともに乗っていなかった、年末(コミケ)・年始の暴飲暴食ということも考えれば・・・まぁまぁではないかなと。

ゴール受付はまた少し離れた場所ですので、そこまで移動して受付へ。
受付の部屋では今野さんが嬉しそうな顔をしながら「いやぁ皆さんいい顔で帰ってこられて。楽しんで頂いてるようですね」と。
辛かったよ!絶対罠しかけてあると思ったから序盤それなりに走ってたから良かったものの、いつもの酷いブルベだったよ!
でも「いやいや、向かい風がとかなんていつものことですから、雨とか雪・道の凍結がないブルベで全然大したことなかったですよ」と返した私もまぁ・・・慣らされてるのかなw
そういう酷い部分をネタにし楽しんでいるのを自分でわかってますからねぇw

Img_1501

今年のオダ近ビンズです。
青い色がかっこいい。距離別とか、完走した人のみとかそういうのがなくなってだれでも買えるようになりましたが、やっぱり走りきってこその購入に価値がありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年4月 »