« 11月1日 大山・蒜山ライド | トップページ | 11月3日 西ノ島・中ノ島ポタ・・・? »

2014年11月15日 (土)

11月2日 隠岐諸島 知夫里島ライド

朝早く起きて外を見ると今にも雨が振りそうな感じな曇り空。隠岐の島のほうは晴れているといいなぁと思いつつ着替えて準備。
チェックアウトして隠岐の島へ渡るフェリー乗り場まで出発。
いつもなら私がお腹を空かしている状況だったりするんですが、今回はむにん君がそんな感じでよく走り、よく食べるというwですので途中朝ごはんと言いつつ結構がっつりいきたいということで吉野家へ。
肉分を補給して横のコンビニで補給物資を調達後、フェリー乗り場へ。隠岐の島ではコンビニで補給物資を調達というのが難しいため多めに購入しました。

荷物を準備し車から自転車を下ろします。今回は大型のサドルバッグであるリベレイトデザインのテラピンを装備してきてるので2日分の着替えや電子機器なんかも入れていきますがまだまだ余裕がある感じ。宿泊込みのロングライドにはこれがやっぱりいいです。
フェリーに乗り込み、自転車をかかり人の方に預けて客室へ。
窓際のあたりへ座りあとはゆっくりと出航をまち・・・あ、レーパンに履き替えないと。
人が増える前にトイレでレーパンに履き替えます。

むにん君が買ってきてたポテチをつまみながら雑談をしてますと、フェリーが動き始めて出航のようです。
出航時には空の雲もなくなり、晴れ間が見えていて隠岐の島での天気もこうだったらいいなぁと話していたのですが、沖にでてからはだんだんと天気が悪くなって隠岐の島まで半分というところで雨も風もかなり強くなりました。
窓に雨が叩きつけられて、風の影響で波も高いのかフェリーも揺れ揺れに。2時間の航路ですし今まで大きなフェリーでは酔ったこともなかったんですが、さすがに軽く酔った感じなりました。
横になっていればまだましかなと思ったんですが、寝転がると余計に揺れが感じられてひどい状態になりかけたので壁にもたれて早く過ぎ去ってーと祈っていましたw
しばらくするとだいぶましになって、隠岐の島が見えてくる頃には雨も上がったので、少し外へでて写真をパシャリと。

Img_1852

陸地だー!w
いや、ほんとこの時は、まじめに気分が悪くなってたので、外のベンチでしばし気晴らしをしていたんですよ。

Img_1239

隠岐の島の知夫里島へ到着!
やっぱり自転車をそのまま載せられるフェリーは楽でいい。
とりあえず今日の宿へ向かいます。

Img_1854

港からすぐのループ橋。
これがまた結構な斜度でして、昨日の疲れが足の残ってて辛かったのですが、この後のゆるふわライドという名のヒルクライムに比べると・・・甘かった。

Img_1861

「あそこを登ったら宿ですよー」 うわん、登りは辛いのほぉ

Img_1863

Img_1864

Img_1865

登りは辛いですが、宿までの島の風景は普段はなかなか見れない分物珍しく興味がつきません。
なんとか登り切って宿へ到着。
とりあえずチェックインして部屋へ荷物を置いていきます。
天気もだんだんと晴れ間が増えて、良くなってきてる感じ。
今日のライドは楽しくなるなぁと考えていましたw
昼食をこの宿でとってから出発の予定としていまして、昼食へ。

Img_1243

サザエ天丼です!
実はもっとサザエ少ないとか思ってたのですが、大きい身がごろごろっと入っていて食べごたえも美味しさも大満足です。
昼食後さっそく、知夫里島ライドへ!

来た道を少し戻って、島を反時計回りに回っていきます。

Img_1244

河井の湧水
なぜたぬき?と不思議に思ってしまいますが、干ばつの時も枯れたことのない湧き水だそうで、この周りにはいろんな地蔵尊が何体もありました。
私達が着いた時にも、おじさんが湧き水を汲みに来られてて地元の方の生活にも根付いている場所なんでしょうねぇ。
せっかくだからボトルに入れて行きたいところでしたが、あいにくボトルにはフルにドリンクを詰めたばかりでして、ちょっと残念?

Img_1867

Img_1869

Img_1871

写真を撮りつつ走って行くとだんだんと斜度がきついところが出てきて、また道も細くなってきます。

Img_1881

変なトーテムポールっぽいものがあるw
少々曇りがちですが、昨日の事を思えば雨さえ降らなければ万事OK!という気分で楽しいライド・・・だったのですw

Img_1883_5

Img_1888

Img_1889

「あそこまで行きますよー」とのことですが・・・え、まだだいぶ登りますよ?
宿から見た時も高い場所にあるなとは思ってたのですが、そこそこ登った感じなのにまだ、あそこまで・・・ここらから徐々に不穏な空気にw

そして、途中道が牛が通れないように横に深い溝が何本が通してある場所を過ぎてから、道のあちこちに牛の糞が!
登りで斜度がそれなりにあるところで糞を避けつつ走るのはとても辛いw
途中からはもうある程度は仕方ないと思うようにはなりましたが、まぁなかなかねぇ・・・
そして、道中一番きついところに差し掛かって、私では乗って登るのは厳しかったので押して歩きました。
後で聞くとその辺りは斜度が17%くらいあったそうで、あー、うん、それは無理w

Img_1893

Img_1894

Img_1895

Img_1897

道はそんなでしたが、辺りの風景はほんといい景色で、止まっては写真を撮ってました。
山肌に沿って走っていたのがいつの間にか開けた風景に変わって、そろそろ頂上近くになってきたところでちょっと力を入れて登っていきます。

Img_1900

Img_1903

Img_1904

Img_1909

Img_1912

いかにもそのまま丘を削りましたという感じの所。
この赤い感じの土がこの島がどうやって出来たのかというのがわかりやすいですね。

Img_1916

さぁ、後もう一息!
柵に囲まれた道を登っていきますが、ここがまたキツイ!

Img_1922

Img_1246

Img_1925

アカハゲ山登頂!
いやー・・・疲れたw

Img_1927

最後の登りは上から見るとこんな感じ。
景色的にはいいんだけど登るには辛いw

Img_1933

Img_1936

Img_1938

山頂の展望台から見る島の風景は自転車で登ってきたということもあってか、なんともいえないくらい360度良い風景!
しばし休憩して次の目的地”赤壁”へ。

Img_1942

案内の看板にも赤壁(REDCLIF)と書いてあるしw
私と偽748Rさんはこの辺の写真とかを撮ってたんですが、むにん君は一足先に降っていったようで、「あれ?むにん君こっちの赤壁のほうへ行ったよね?」「いや・・・多分あっちへそのまま降っていったと思う」と・・・。
とりあえずその降っていった先も赤壁方面と書いてある案内に従えば合流できるからということで、私達は違う道へ。
その道は降りの風景がとても良くて、何度も止まっては写真をぱちりと。

Img_1944

Img_1945

Img_1948

Zではすんでないですが、こういうのはなかなか見れないかなー


ある程度降りた所の分かれ道でむにん君と連絡をとってみると、やはりかなり先に行っていたようで戻りますとのこと。
じゃあゆっくり待ちますかねーと止まっていると

Img_1952

牛に囲まれた!
いや、おとなしい牛なんですけどね。こう周りを多数の牛に囲まれるとなかなかに怖いw
そうこうしているうちに、むにん君が到着。どうやらここまで戻ってくる過程でかなりの登りがあったみたいで、足をまた使ったーとw
牛の囲みを突破して赤壁方面へ降りていきます。

Img_1954

赤壁の登り口へ到着。
ここからは歩きで。

Img_1956

Img_1960

赤壁!
おお、赤い!
そして、写真には撮ってませんが、崖のと心に手すりとかもないので、なかなかに怖いwまた風が強いのがねぇ。

Img_1961

ちょっとわかりづらいですが、真ん中の上辺りになんか煙みたいなのが見えるでしょうか。
実はこれ、下に落ちているはずの小さな滝の水が風に煽られて上に上がってきてるんですよ。
最初何かわからなかったんですが、いやー 絶景と合わせてなかなかに良い体験でした。


自転車のところへ戻って、後は宿まで。
一旦先ほどむにん君を待っていた場所まで戻ってからは降りー!
・・・そこそこの斜度もあるし距離もある。そりゃあむにん君も戻ってくるの大変だったろうなぁ。
その途中、偽748Rさんがの自転車がスローパンクとのこと。
なんとか宿まで持たせるとのことで、できるだけ急ぎつつ衝撃のないようなコースどりを。
赤ハゲやま登頂くらいから強くなっていた風が宿へ戻る頃には台風並みに強くなっていて、また宿への最後の登りがこれまたきつくてヘロヘロになって宿へ到着。

偽748Rさんのパンク修理に少しお付き合いをして部屋へ撤収。
ご飯までまだ時間があったので、お風呂へ。
貸切状態のお風呂にゆっくりと浸かり、今日の疲れをとりました。
そして食事!

Img_1257

Img_1258

Img_1260

新鮮な海鮮を使った食事はどれも美味!
走った後の、いいお風呂といい食事・・・あぁ、ホント幸せ。
食事後は部屋でゆっくりとしながらいろんな雑談をして過ごしていました。
うう、こんな幸せな時間も後1日。
明日も目一杯楽しもう!

|

« 11月1日 大山・蒜山ライド | トップページ | 11月3日 西ノ島・中ノ島ポタ・・・? »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/60658224

この記事へのトラックバック一覧です: 11月2日 隠岐諸島 知夫里島ライド:

« 11月1日 大山・蒜山ライド | トップページ | 11月3日 西ノ島・中ノ島ポタ・・・? »