« | トップページ | 11月2日 隠岐諸島 知夫里島ライド »

2014年11月10日 (月)

11月1日 大山・蒜山ライド

夏が終わって涼しくなってきた頃に、むにん君がオーダーした新しい自転車とロングライド行きたいねーと話していて、時期的に偽748Rさんのかなり遅い夏休みwと重なりそうでしたので、こうなったら偽748Rさんも巻き込んでしまおうとお誘いした所、いいねと快諾を頂いた大山蒜山・隠岐ライドに行ってきました。
コースの選定から宿の手配等々すべて偽748Rにお任せしてしまった上に、現地までの車も出して頂いてほんと偽748Rさんに感謝です。

まずは大山蒜山ライドの前日の夜に大阪から大山の麓へ。関金温泉の国民宿舎へ宿泊して明日に備えます。
闇金じゃないよ!関金だよ!
お風呂あがりに食べたアイスと牛乳がとてもうまうまでしたw

天気予報では雨。昼間少し止むようですが降雨は避けられない模様で、ううむ、こんなときにも私のシャーマン体質がががが
朝起きて外を見ると一応雨は気にならない程度の様。急いで着替えて準備をします。


Img_1735

まずは近くのローソンにて朝食及び、補給物資を調達。今回のコース上コンビニがない箇所が大部分なので、ちゃんと考えて調達しないといけません。
走る方面をぱしゃり!

Img_1214

ふふふ・・・いい感じだぜ!
って、山の上!最初に上る犬挟峠(いぬばさりとうげ)のあたりに分厚い雲がかかっています。
直上にかかっている雲もかなりまずい感じw
前日は雨がひどそうだったらドライブに切り替えて三徳山三佛寺に修行にでも行くかっ!と言っていたのですが、この時の3人はヤバイヤバイといいつつも誰一人として自転車で行くのやめようと言い出しませんでした。
というか、ヤル気満々でしたねw

コンビニを出て大通りを犬挟峠方面へ。もちろん行くのは旧道です!
美作街道の田舎道をゆったりと走っているはずなのに、目の前の山の光景が「大丈夫か?本当に大丈夫か?」とずっと警告してくる感じで、うん・・・楽しくなってきますね!

峠にさしかかり本格的な登りになります。

Img_1736

登っているところのむにん君。
乗りながらの撮影はやはり難しいですね。
じわじわと登って行ってる時にやはり雨がぱらぱらと降り始めました。とりあえずは問題のないレベルだったのでそのまま登坂継続。

Img_1739

ふぅ・・・結構登ったなぁ。
スタートからだとおおよそ8kmで400m程登りまして平均5%なのですが、いやぁなまってる足にはとても辛い。
しかも体重がここのところのビール呑みで79kgにもなっていて、ほんとに・・・ほんとに・・・
休憩も兼ねて写真を何枚か撮ってツイートもしますが、そんなに時間に余裕もないので頂上目指して再度登坂開始。
犬挟峠はまだ紅葉というほど色づいてはいませんでしたがそれでも道の端には落ち葉が結構積もってまして、滑らないように気をつけて走らないといけないです。

Img_1746

登頂!
はひーはひぃ。
やはり峠は登った時の達成感がありますね!・・・今日のライドではまだまだ登らないといけなくてさきのことを思うととても暗い気分にw

Img_1743

行き先はこんな感じ!ううむ、できるだけ降られたくないなぁと思っているうちに雨が強くなりました。
きゃー!ととりあえず雨宿りできそうな所へ!と先を急いだのですが、まぁこんなところでそんな都合のいい場所なんてありませんw
ですが、しばらくすると雨は小康状態になったので、ほっと一息。
ここからしばらくは下り基調の平地が続きます。

Img_1755_2


Img_1760

お二人は軽快に飛ばしていかれますが、私は先程の犬挟峠で脚を使いすぎたのかスピードが乗らず、また、断続的に強くなる雨でなんとも調子が。
まぁそれでも蒜山の景色自体は紅葉も色づいていて綺麗でした。これで晴れてさえいてくれれば、蒜山とかももっと綺麗に見えてて良かったんですけど。

Img_1764

しばらく走って最初の休憩場所 ヒルゼン高原センタージョイフルパークへ到着。
ちょっと雨に降られて体が冷えてたので暖かいものが欲しいなと、雨宿りも兼ねて喫茶店?へ。

Img_1217

蒜山ジャージー牛乳を使ったカフェオレと、マフィンです。
カフェオレの暖かさが身にしみる~
しばしの休憩を雑談しながら楽しみました。

外を見ると雨は小康状態で、そろそろいきますかーとお店を出て自転車の準備。
近くに停めてあった高そうな車に乗ってられる奥様?が話しかけてこられて、大阪から来てるんですよー等々少しお話をしました。
うーんバイクとか車の人は多いけど自転車で周る人は少ないんですかねぇ。今回のライド中も一組の人しかみかけませんでしたし。

出発する前にウィンドブレーカーからレインジャケットに着替えたんですが、まぁこれが・・・大誤算。
何が気に入らなかったのか、雨がざーっと降り始めてきました。
ここから本格的な中盤登りでもあり大山蒜山スカイラインから鬼女台という大山蒜山を見るには一番の展望台へ向けて登っていくんですが、雨は強くなるばかり。
私自身はレインジャケットに着替えて正解!ということではあったんですが、走る天候ではなくなったのがとても残念。雨で景色を楽しむ余裕もなくひたすらペダルを漕いでました。
しかし、またここでも両氏からだいぶ遅れての登坂。ぐぬぬ・・・なんとも。

ひぃひぃと登って行ってやっと鬼女台へ到着~

Img_1765

蒜山です!

Img_1767

大山です!

いやぁあああ ガスってて見えないよぉおおおおw
いやほんと、これはないw
この辺りから来年また同じ時期にリベンジに来たいねという思いが強くなってきてました。

しばし休憩し先へ。
大山環状道路へ入り降りへ。
雨はまた小康状態でしたが、ここの下りの九十九折がまぁ怖い怖い。
見た目スピードが余り出てない感じに思えるのですが実際は結構出ていて、九十九折の急カーブの濡れた路面、しかも濡れ落ち葉つきという滑ってくれとか谷へ落ちてくれと言わんばかりの状態になっていました。
最初のコーナーで少し滑ったので私は慎重に降りていったのですが、むにん君が後ろから車に煽られていたのもあったのかものすごい勢いで降りて行きました。
偽748Rさんとよくあの速度で降りられるものだと、途中事故ってないか心配だったのですが、問題なかったようで下りの最後のほうで追いつきました。

Img_1769

少し明るくなってきてるかな。
ちょっと気分も持ち直してまた登り~

Img_1779


Img_1780


Img_1781


Img_1784


Img_1787

途中紅葉が綺麗だった所が何箇所かあったのでぱしゃりと。
降りに入った三ノ沢から一の沢のところはちょっと濡れた路面がとても怖かったですね。あそこで速度出したりブレーキかけたりしてたら滑ってそのまま沢の下へ落ちそうでしたw

Img_1800

桝水高原の駐車場あたりからの大山~
うん、これはこれで味が・・ある?

Img_1804

気のいいおじさんに3人揃った写真を撮っていただきました。

Img_1802

Img_1805

写真を何枚か撮って、もう少し走った先の大山遊牧場へ!
ここでお昼なのです!

Img_1221

私と偽748Rさんが頼んだたんぽぽオムライス
ふんわり卵と大山の牛乳を使ったクリームソースが美味しい!

Img_1222

むにん君が頼んだミルクうどん。
ミルクうどん!?とネタにと思ったらしいが、これが結構美味しいとのこと。
出汁とミルクの味ということですが・・・ううむ美味しいのか、ふむん

しばし休憩してからお店を出ました。

Img_1809

遊牧場からの大山
まぁ当然ながら雲かかってますなw

Img_1802_2

宍道湖方面~

お腹もいっぱいになって、これからの天気がわりといい感じになりそうだったので気分よく出発!
といきたいところでしたが、遊牧場からコースに復帰するまでの登りがつらいつらいw
お二人に何とか置いていかれないように必死でした。


一旦降りになってから右へ折り返すように登っていく箇所があるのですが、そこでむにん君がひゃっはーとそのまま降っていきました。
呼び止めたのですが、風切音で聞こえてない様子で・・・私と偽748Rさんは折り返しのところで待ってると少しして戻ってきましたが、ここ結構な上り坂でして・・・かなり脚を消耗したようですw

Img_1817_3

スキー場の脇をかすめるように登って行って、少し降りた箇所でぱしゃりと

Img_1822


ようやく綺麗に山が見える感じの写真が取れましたw

Img_1823

いい感じのゆるい降りをスピード上げて走っていきます。

Img_1225

小さい峠ですが一息坂峠攻略!

またゆるい上りに差し掛かった辺りで、いい感じの景色が

Img_1834


Img_1837

Img_1838

Img_1842

隠岐の島の出身で今回のコースを考えていただいた偽748Rもノーマークだったというここは船上山というところで、昔、大山火山の活動によって噴出した溶岩流が長い間の浸食によって削られ、特異な山容を形成したらしいです。
その形が船底に似ているから船上山とのこと。

付近の滝とかでも写真を何枚か撮りました。

Img_1840

そして写真を撮るお二人w

Img_1844

Img_1846

この横には船上山ダムがありまして、そこから望む船上山の景色もとてもいいものでした。

Img_1847

船上山を過ぎると残す峠は2つ

ここからが・・・私にとってはかなり辛い状況に。
大山環状道路を道なりに右に曲がって山に入る所でいきなりきつい斜度が!13%はある坂がなけなしの体力を削っていきます。
それでも少し走ると斜度が緩くなったのでなんとか走って登頂!

Img_1848

ふひぃふひぃ・・・つ、疲れたぁ。
しかし、残す峠はあと一つ!なんとか頑張らねばと、降りは重力に任せて降りて最後の地蔵峠に向かうところで失速。
かなりゆるい上りだったんですが、向かい風や、後しばらく前からドリンクが切れてたをなんとかなると放っておいたのがまずかったのか大分二人から遅れました。
途中二人が待っている少し手前で自販機があったので一旦ドリンク補給。
とりあえず自分のペースで走ることにしてゆっくりと行くことにしました。

だんだん斜度がきつくなってきて、登っている時はほんと辛かったw
登っている最中に顔が全く上げられないくらいでした。
お二人にも待っていただきながら何とか登頂!

Img_1228

やったー!これで後は降りだー!!!

Img_1849

ひゃっはーと3人でスピード上げて、スタートした宿を目指します。
この最後のあたりはまさに快走路という感じでいや楽しかったw
そして、宿にゴール!
宿の前が結構な上り坂で、最後の最後でこれかっ!とw

もうちょっと早く着いていれば、宿の温泉に入ってから、本日の宿へ向かう予定でしたがちと時間的な懸念があったのでそのまま自転車を車に積んで本日の宿へ向かいます。

いやー車は楽ちんw
しかし、宿へ向かう途中今日走ったコースを一部走るのですが、うん・・・よく走ったなぁとw
朝もやで何も見えなかった鬼女台にも寄りましたが、さらにガスってて視界が悪すぎw

Img_1851

今日の宿へ到着~
チェックインして食事の時間までくつろぎます。
このペンションは、食事がとても美味しそうでして楽しみです。
そんなこんなで食事の時間となりまして

Img_1230

びーるー!!!!
うっまぁあああい。うん走った後のビールは格別。しかもその行程が辛ければ辛いほど余計に身にしみます。
そして食事

Img_1229

Img_1231

Img_1234

Img_1235

うん、どれもこれも本当に美味しい。
特に感動したのがサラダのドレッシングで、私はドレッシングは中華風とか和風なのしかだめですが、ここの玉ねぎとかごまのドレッシングはどちらもとても美味しくて売ってあったら買って帰りたかった!
肉も魚も、文句なしに美味しいです。
まぁそんなですからお酒も進みまして、自家製の果実酒やワインなんかも飲みました。

部屋に帰って酔っ払っているため、飲み物を大量に消費しつつベッドへ寝転がります。
まだ9時にもなっていないのにもう寝る体制にw
でもまぁうだうだと色んなコト話しながら適当な時間に就寝~
明日は隠岐の島へ渡ってのサイクリング
これまた楽しみだ。

|

« | トップページ | 11月2日 隠岐諸島 知夫里島ライド »

自転車」カテゴリの記事

コメント

ペンションの晩御飯はおいしかったですね!
次の機会があれば朝ごはんも食べてみたい

投稿: むにん | 2014年11月11日 (火) 17時30分

ほんとに!
あそこの朝ごはんの自家製パンとやらが食べてみたいですなぁ

投稿: Nere | 2014年11月12日 (水) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/60626906

この記事へのトラックバック一覧です: 11月1日 大山・蒜山ライド:

« | トップページ | 11月2日 隠岐諸島 知夫里島ライド »