« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月14日 (日)

8月17日 コミケ3日目

さぁコミケ3日目最終日ですよ!
明日から仕事ということは忘れて楽しまないと。

Img_0947


今日の服装はこれ!
・・・昨日の大洗では着てなかったんですけどねw
そんな感じにしていたら、いやまぁ色々とご迷惑をかけることになってしまった。
その節はありがとうございました。

さて本日も目的地である飲食島は東なので、東の待機列に並んだわけですがこれが大失敗。
東の人が多すぎて入場までにかなり時間かかりました。
西から入って東に移動したほうがはるかに早かったんですよねぇ・・・

入場してからはあちこち回って本を買うのはもちろん、ご挨拶や、大洗で買ったおみやげをお渡ししたりという感じでした。
色んな所でまぁありがたいこともありまして、また何かお返しもしないといけないなぁと思った次第です。

そんなこんなでひと通り回って会場を脱出。
一足先に出られていた偽748Rさんと合流して、後のお二方をお待ちしていましたが、結構時間がかかっていたとこもあったらしく、一旦別の場所で待ちますかと会場を後にしました。
それから車を回収してお二方と合流。

お昼とかを食べつつ四方山話などをw

Img_0949

オサレパンケーキw
十分休んでから東京駅まで送っていただき、私は新幹線に乗って大阪へ。

本を買っていただいた方、今回も色々とお世話になりました友人達、ありがとうございました。

Img_0950

戦利品
さぁ読んでいくか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月16日 なぜか大洗w

コミケ2日目ですが今日は会場へは行かずに朝早くから偽748Rさんとフレッシュひたちに乗っておりますw
水戸で乗り換えて着いたのは大洗!

Img_0931


まずはスタンプラリーの台紙をいただきに。
駅からバスに乗ってリゾートアウトレット前の駐車場に到着。
アウトレットとまいわい市場のスタンプを押してから、市場で色々と物色して・・・お、干し芋はちゃんとありますな。買わねば。
少し時間を潰して開店時間となったあんこう焼きを購入。


Img_0932

うん、あんこうw
前来た時は行列がすごくて買う気が起きなかったんですよねぇ。
おみやげも購入してから次のスタンプの場所へ。


Img_0933

マリンタワーです!
ううむ、やはり天気が・・・
ツイートとか見てると会場のほうもなかなか厳しそうな天気とのこと。
1日目が周りが雨の中、東京だけ晴れていたというコミケ晴れでしたので、今日はちと効果が薄れてますかな。
タワー内でスタンプを押して、さて次は商店街の方へ向かいます。

今回は徒歩出回っていますが、やはり自転車でまわるほうがいいですね。
雨の日だと嫌ですけどw


Img_0934


Img_0935


セントグロリアーナのお歴々を撮りつつスタンプも押して、みつ団子が~とか串かつが~と偽748Rさんを煽ってましたが、とりあえずお昼何食べましょうかというお話になりまして、ちと海側へ。
かぁちゃんの店にするかと向かっていたわけですが、その手前辺りで雨がひどくなってきてあわててコンビニで傘を調達です。

Img_0936

コンビニ横のガソリンスタンドにもガルパンw

かぁちゃんの店はそのコンビニから直ぐのとこでしたが、お店の前には長蛇の列。
うぁ・・・どうしましょう?と相談して、他のとこ探してウロウロしても同じくらい時間かかるかもということで列に並びました。
結構待ってから入店。
待ってる間にお店の前にあるメニューの写真で食べるものは決めていたので注文して席につきます。
少し待って・・・きました!


Img_0937

二色丼定食です!
生しらすがたべたかったんです!ええ、食べたかったんです!
でも、それだけだとなんなので二色丼にw
醤油と薬味をかけて早速いただきます・・・ふぉおお、う、美味い!
ツイッターで大洗の生しらす美味しそうだなぁとは思っていたのですが、これはほんとに美味しい。
あっというまに食べつくしましたw
追加で何か注文できる状況でしたらしたかもしれませんが、まぁ表にはまだ長蛇の列でしたので、とっとと撤収です。

かぁちゃんの店から次の目的地は大洗ホテル。
道なりに歩いて行ってホテルに到着。
スタンプをポンポンと押してホテルの売店で少しお土産物をと思いましたが、前に欲しかったスリッパとか見当たらなかったので今回は何も買わずに次へ。

次の目的地と言っても、目の前にあります大洗磯前神社となります。

Img_0938

やっぱり大きい鳥居ですなぁ。
坂を登って境内の方へ。
まず境内に行く途中にあります某所の碑を参詣

Img_0939

なっかちゃーん!
艦隊のアイドルですwww

別の鳥居から海の眺めは生憎の天気であまり良くなかったのが残念でした。
そして神社へお参り。

Img_0940

絵馬とかそのへんも見つつスタンプを押して神社を後にしました。
さて、下に降りたところで偽748Rさんと相談。スタンプラリー自体は8箇所中6箇所押せばOKなのですでに7箇所押しているからもう大丈夫なのですが、時間もあることだしフルコンプ狙います?と。
最後のアクアワールドに関しては結構遠いので飛ばして、残りの商店街とかお店を回りつつ駅まで帰るのもいいかなとは思ってたんですが、まぁせっかくだし行きますかとw
二人で歩いてむかったわけですが、いやー・・・自転車でもそれなりに距離があると思ったんですが、歩きだとさらにありますなw
まぁ雑談をしつつでしたし楽しくはありましたけどw

Img_0941

遊泳禁止になっていた海。

アクアワールドについて、相変わらず人の多い所を縫って通り抜けてスタンプをポンっと。

Img_0944

これで、フルコンプです!
帰りも歩くかどうかでしたが、さすがにそれは遠慮したいのでバスに乗って、アウトレットまで戻ります。
で、そこからまた歩いて残りの行きたかったお店を回ります。

Img_0942

お茶の国井屋でアッサムさん
中でお茶とかを購入しました。
ティーバッグがステキ仕様なのですw

Img_0943

月の井さんでもお酒をおみやげに。
そのついでに、冷たい甘酒でちょっと喉を潤します。
うん、美味しい。
神田明神下のお店で冷たい甘酒が頂けなかった悔しさをここでw

そこから駅の方面へ戻ります。
うーむ、偽748Rさんの嫁の肉じゃが・・・煽ったんですがねぇw


駅についてスタンプラリーを提出。
ブツwを受け取って、次の汽車がもうすぐでしたので慌てて改札を抜けてホームへいきます。
そこからは朝こちらに来た逆の順序でホテルまで戻りました。

ホテルで牛乳焼酎さんと刀氏と合流してから、さぁまた今日も飲みに行きますよ!w
どこに行くかというこでしたが、2日前に飲んだパイスミさんがとても良かったのでまた行くことにしましたw

Img_0945

ヴァイツェンで乾杯!
後は、もうぐだぐだで写真とってませんが、いやまぁ楽しかったw
ツイートでとある方々に補足されたりとかw
明日は最終日の3日目。飲食関係のサークル巡り予定なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

8月15日 C86 コミケ初日

コミケ初日!
偽748Rさんの車に乗っけて頂いて会場まで。
氏もサークル参加されているので、会場で別れてそれぞれのブースへ向かいます。
ブースについていろいろと準備をしつつ隣の方ともご挨拶をします。
まぁ準備と言っても今回2つのコピー本を20冊程度持ってきてるだけなので直ぐに終了しますけどねw

準備が終わってから次回のサークル申し込みのセットを購入しつつドリンクも確保して、色々とお世話になっている人のブースへとご挨拶に伺います。
ブースへと戻りあとは開場時間まで待機。ツイート眺めるだけじゃなくもう少し暇つぶし用の何かを持ってくればよかったかなぁ。

Img_0923

開場時間となり、まったりとですが頑張りますか!

いろんな方が購入して下さり、今回のメインであった”小径車で走るAACR”は完売いたしました。
買っていただいた皆様有難うございました。
また、ブースに来ていただいた皆様にも百万の感謝を。

途中、売り子としてきていただいた牛乳焼酎さんと交代して自転車島をひと通りぐるっと。
東の大手とかは、牛乳焼酎さんにお願いして買ってきていただいたので、すごく楽にすみました。いつもありがとうございます。

2時となり本ももう売れないだろうということで撤収。
偽748Rさんともう一人いつもコミケで御一緒しております刀氏とも合流して、会場を後にしたのですが・・・駐車場から車を出せるのが3時からというw
かと言って、今更会場内に戻る元気もなかったので、外の涼しいところでちょっとつまみ食いをしつつ休憩しておりました。

ようやく車が出せるようになったのでビッグサイトから離脱。
一旦ホテルへ戻り、今日もまた秋葉原へw
新しくなったラジオ会館の下に銀座ライオンができたので打ち上げがてら行ってみるかと計画していたのでした。
わりと早い時間から飲めるので都合も良かったんですよね。

お店に入って人数を告げると、1時間半程であれば席が用意できるとのお話でした。
ううむ、皆夕方から予約をしてるんだなぁ。
それでもいいですと伝えて席へ。


今日はお疲れ様でした!

Img_0924

東京近郊の特定の場所でしか呑めない白穂乃香

Img_0925

名物ローストビーフ
色も綺麗で味も本当に美味しいです。

Img_0926


Img_0928


Img_0929

後は食事兼おつまみw
なんだかイタリアンっぽいです。
この中では特にガーリックトーストがとてもビールに合いましたねぇ

Img_0927

2杯目のヱビスプレミアムブラック。
なんか食べて呑んでということばかりですが、これがコミケの時の楽しみともなっているのですw

偽748Rさん、牛乳焼酎さんと、自転車の話やとりとめない話をしつつ明日コミケ2日目行くかそれともどっか別の場所へ遊びに行くかという話もしまして、ちょっととある場所へ行くことにw
朝早く出ることになりますが、楽しみだー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月14日 パイレーツ・オブ・スミヨシ

2日目はゆっくりと起床。
何するかなぁと悩みつつとりあえずホテル出るかと秋葉原へ。
どうにも一雨来そうではありましたのでBROMPTONは部屋へ置いたまま出かけました。

秋葉原へ着いてまずはZINでちと買い逃していた同人誌や新刊とかを購入。
後はゆっくりと、付近の甘味処でもまわるかなぁと思っていたのですが、お盆ということで軒並みお休み。
また、雨が結構な勢いで降り始めたのでそのままホテルに戻りました。
ちょっと悔しかったのでw亀戸駅にある大判焼き屋で2つほど購入してから戻りましたけどねw
そのまま本を読みつつだらだらと。

夕方になり偽748Rさんが仕事から戻られたので一緒に飲みに出かけます!
今回亀戸の宿ということで、以前から周りのTL上で何回か出てきていましたパイレーツ・オブ・スミヨシさんへ。
いわゆるビアバーなのですが、クラフトビールとかのチョイスや、フィッシュ・アンド・チップスがとても美味しいとのことなのですよ。
お店に到着して、まずはビールの注文。

Img_0912

湘南ゴールド
うん、美味しい。
お酒に強くない私ですが、多くの種類は飲みたいという人なのでサイズは一番小さいので頼んでますw

Img_0913

ソーセージ


Img_0914

マハタのフィッシュ・アンド・チップス


Img_0915

みょうがのサラダ


Img_0916

2杯目タチバナアンバー


Img_0917

真鯛のフィッシュ・アンド・チップス


Img_0919

ソーセージについていた、ザワークラウトが酸味を抑えた好みの味だったので単品で注文


Img_0920

オニオンリング
これがもう最高に美味しかったw
ビールのおつまみにこれからいつも欲しいなと思わせるくらいでしたね。


Img_0922

アイスバイン


Img_0921

最後は、キリンのハードシードルで。


食べ物も飲み物もどれも美味しくて、しかもかなりお安い。
良いお店でした。

パイレーツ・オブ・スミヨシ
東京都江東区住吉2-25-2
[火-金]17:00-24:00(L.O.24:00)
[土]15:00-24:00(L.O.24:00)
[日]15:00-22:30(L.O.22:30)
定休日:月曜日・祝日

さて、明日はコミケ初日。
自転車関連も明日でして、サークルとしては2回目の参加となりますが、何もトラブルがないようにいきたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月13日 コミケ2日前 三浦半島ライド

さてコミケです!
今回は夏ですし自転車持っていく予定にはしてなかったんですが、2日前から休みが取れまして、それならばと横浜の某氏を誘って三浦半島ライドへ。

Img_0896

新大阪~
上も下も覆った状態で輪行です。

Img_0897

今回のお供は、まめのこ。
少し天気予報に不安があるとこなので、なんとかこの子の力で・・・

新横浜から在来線に乗り換えて、鎌倉駅まで。
鎌倉駅では観光客がどっと降りますので、自転車輪行している私は少し待ってから、改札抜けました。

到着ーとツイートをして牛乳焼酎さんと合流。
今回のライドとしては、以前から行きたかった洋食が美味しいローリエさんで昼食と摂るのと、夕方から三崎港にて行われる夜市にて港の美味しいものを頂いちゃおうという計画なのです。

まずは牛乳焼酎さんから、最近あきばっくすさんがよく行ってるというアルファベッティカフェに行こうとのことでしたけど、どうやら今日は休みとのこと。
なので、ルートを牛乳焼酎さんにお任せして、ゆったりポタリングなのです。


あ、暑い。
今回大阪から新幹線で来てますし、走る距離も短いのでジャージも何だなぁと普通のシャツで走っていたわけなのですが、まぁ日差しがw
まめのこ効果があったのか少し降るかもと言っていた天気も晴天でして、きつい日差しが注がれまくりです。
そんなわけで、途中コンビニで小休止。アイスの冷たさがおいしー。
鎌倉から逗子を抜けて、湘南国際村ヒルクライム行きますか!とか酷いことwを言われつつ、マーロウでプリンの誘惑にも耐えて走っていた訳ですが、観光客や海水浴客が多いのか道もかなり渋滞していました。
なので、もともとゆっくりと行けばいいやと思っていた予定が、若干遅れ気味?に。もう少しこの辺りの良いルートを開拓したいとことですね。
自衛隊の駐屯地あたりを過ぎるとさすがに車も少なくなって快適に走っていけました。
途中で右に逸れて住宅地を走り、右手に蕎麦屋の看板が見える交差点を右に入ったところにあるのが、洋食屋ローリエさんです。

雰囲気のある外観。
お昼どきではあったんですが、さすがにこの辺りでそれほど混むことはないだろうと思っていたら、うん、順番待ちで並ぶことに。
ううむ、みんな美味しい店を知ってるんですなぁ。地元の方にも愛されているようで、近所の方らしき人も何人かいらっしゃいました。
私達も入店。

カウンターに座りさて何を頼むかなということでメニューを見ましたけど、いろいろあって悩みます。
やはり、ここは王道を行こうとハンバーグとエビフライのセットを頼みました。
また、カウンターに並べてある一品料理とかが本当に美味しそうでして、追加で頼むかどうかを割りと真剣に悩んでたりw

しばらく待っているときました! ※店内で写真撮影は禁止なので写真はなしです。
おぉ!美味しそう。そして大きいし多いw早速頂きます!
うん、間違いない味。ハンバーグの柔らかさとジューシーさもとてもいいし、エビフライの揚がり方もとてもいい。
夢中で食べて行きました。

Img_0898

ローリエ
神奈川県横須賀市長井3丁目45-2
11:30~15:30(L.O14:30)
17:00~21:30(L.O20:00)
定休日:木曜、第2・第4金曜


牛乳焼酎さんも「多かったねぇ」と、ちょっとお腹が苦しいとのことw
食べ始めたのが遅かったのもあって、三崎港でのよる市までにお腹すくのだろうかとちと不安にw
まぁ、走ってればカロリー消費するから!と再出発。
とはいってもローリエから三崎港までは距離はそんなにないので、時間潰すため三崎口駅から東に逸れて海岸線を東回りに走ることも考えていました。
ですが、三崎口駅前あたりの長いアップダウンと上り、そして燦々と降り注ぐ日差しに私が暑さで参ってしまいまして、三崎口駅からの下り途中にあるデニーズで時間まで休憩することに。

Img_0900

かき氷!
いやぁ、空調の効いた店内でいただく冷たいものが美味しい。
そんなツイートとかをしていると、近くに住んでいる友人の一人でぃあねさんがお店まで来てくれました。
交えていろいろ雑談とかしていると、いい時間になったのでお店を出ました。
でぃあねさんとはここで別れて、牛乳焼酎さんと三崎港へと。
ここから三崎港まではずっと下りですので重力に任せて、あっという間に到着。

Img_0902

よる市~
さぁ、美味しいものが食べ・・・うぅ、ろーりえさんで膨らんだお腹がw
とりあえず見て回りますかといろいろと。


Img_0903

くろば亭さんのマグロリブステーキ


Img_0904

三浦メロンのメロンジュース


Img_0905

インド飯とな?ほうほう


Img_0906

タンドリー串


他にも商店街のお店が出している屋台で、三崎港名物のマグロを使ったいろんな料理がありましたが、私も牛乳焼酎さんもお腹が空いていない状態でして・・・
牛乳焼酎さんの帰りの時間もありましたので、早々に撤収をしました。
最後に一つだけと思って三崎港での市場にあったマグロジェラートは、帰りに寄ったらもう閉まっていたのが残念でした

三崎口駅まで戻って牛乳焼酎さんとはお別れ。
いろいろと走り足りないライドで申し訳なかった。今度はもうちょっと強度を上げたのを計画しようとw
私は電車で今回のお宿がある東京の亀戸まで輪行をして直通で浅草橋まで行き、そこからは自走でホテルまで。
こういう利便性をとっても輪行の手間がないBROMPTONだからこそ。やはり旅のお供としては最適なんですよね。
夜遅くにホテルで合流予定でした偽748Rさんが到着。
ご飯を食べてないとのことでしたので、ようやくお腹も少し空いた私も一緒に、以前亀戸あたりに住んでいた友人のお薦めであるハッスルラーメンホンマへ。

Img_0907

ビール!


Img_0908

おつまみ


Img_0909

そしてハッスルラーメン(みそ)


ハッスルラーメンホンマ亀戸本店
東京都江東区亀戸4-35-16 シャローム亀戸 1F
朝11:00~翌4:00まで

亀戸周辺は夜遅くでも開いている食べ物屋が多くて、結構いいですね。
さて、明日はどうしよう?天気も悪そうだから自転車でどこか行くのもなんだしなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 7日 (日)

8月4日 日間賀島 乙姫

ホテルでゆっくりと休んだ翌朝朝早く、窓から外を見ると天気予報では雨であったけど、なんか降らなさそうな感じ。
よし!じゃあやっぱり行くか!

いそいそと用意をしてホテルを出て向かうは鳥羽。
とりあえずは初詣の時と同じルートで伊勢神宮方面へ。
朝早いのと平日というのもあるのか道路は空いていて、割と快適に走って行けます。
前日のブルベの影響は残っておらず40kmばかりの道を2時間くらいで到着。

Img_0874

ここからフェリーに乗って知多半島に渡るわけなんですが、フェリーの受付時間がまだ始まっておらず、自転車を脇において待っていると、同じように自転車で着ていたお爺さんに声をかけられました。
その人はもうほんとに長旅スタイルで聞くと富山あたりから出雲大社に行って山超えて瀬戸内海に出て四国に渡り、そこから紀伊半島へ出て山を越して鳥羽まで来たということでした。
すげぇ、結構な歳のはずなのにそんだけの距離走ってきてるとは。いろいろと面白いお話をお伺いしつつこちらも話して盛り上がってました。
フェリーの受付開始ということで切符を買いに2階へ行き、ひと通りおみやげを見てからフェリーに搭乗。

Img_0875

写してなかったですが、ブルベの時もお供でした、まめてる。
1時間程で伊良湖に到着。

ここでフェリーの乗り換え~

Img_0876

伊良湖から師崎行きのフェリーの切符を買って乗り場まで移動です。
自転車というかカーフェリーじゃなければ通し切符とかあって楽に安く行けるんですけどねw
※8月末あたりに聞いたところによりますと、この路線が廃止になるようで・・・ううむ、今度からは伊良湖から大回りで行かないとだめになるのかぁ。
40分程で師崎に到着。
ここでまたフェリーを乗り換えまして向かうは日間賀島!
なぜ日間賀島かといいますと、この週の水曜日の夜(2日後)に孤独のグルメで行くお店があるからなのです!

フェリーの時間まで少しあったのでフェリー乗り場横にありましたお店で少し気になったものを。

Img_0879

Img_0877

師崎ラーメン!
このへんの名物である大アサリがのったらーめんでして、味はあっさりとしていますがいいお出汁が出てて美味しいです。
食べてる間に良い時間になったので乗り場へ。もうすでにフェリーが到着していたので乗り込みます。
日間賀島は10分程度で到着。

Img_0881

カーフェリーは北港に着きますので、そこから西港のあたりまで少し走っていきます。
到着はしましたがまだ開店しておりませんので近くに自転車を停めて、横にありましたお土産物屋でいろいろと見ていました。
開店時間になったので入店。
目の前の海岸で海水浴をしていた人たちもどっと入ってきます。

Img_0885

お一人様(笑の私は隅の席でメニューをみつつ、ゴローちゃんの頼んだであろう、たこ飯としらすのてんぷらを注文。
しかし今日はたこ飯はありましたが、しらすの天ぷらはないとのこと。
ちょっと残念でしたがかわりにかき揚げを注文しました。
待っている時に店内にあったいけすを覗くと新鮮でおおぶりな魚が泳いでいます。
席に戻って、刺し身単品も追加で注文しちゃいましたw

Img_0884

たこ飯


Img_0886

かき揚げ(この日は海老・烏賊・蛸)


Img_0887

刺し身(この日は鯛・ハマチ)

まずはたこ飯を~おお、これもち米だ。
蛸が美味しいのはもう当然として、もち米との食感がとてもいい。もち米だからこそ上にかかっているごま塩がまた嬉しい。
そして、副菜としてあった岩のりが!
これがほんと美味しくて、これだけでごはん1杯食べれちゃうくらいでした。

かき揚げは分厚いのにザクザクっとした食感と、具の蛸・烏賊・海老がとても美味しい。
店員さんに言われたかけた塩がまた素材の味をぐっと引き上げてます。

刺し身はなんといっても鮮度がとてもいいのが解ります。
鯛も下手にへにょっとした身ではなく、こりこりっとした部分もあってとても美味しい。

食べているときは、きっとバックにゴローちゃんが食べている時のラストスパートの曲がずっと鳴っている感じだったと思いますw
海の幸を堪能しました。

Img_0882

乙姫
愛知県知多郡南知多町日間賀島西港
11:30~14:00

会計時には「孤独のグルメで~」と言いますと「あらまぁ、こんな遠いところまで。よくお店がわかりましたねぇ」とw
これから何人かはそういう人が来ると思います!
さて食事が終わったのはいいんですが、帰りのフェリーの時間までかなりありまして・・・昼間はフェリーの数は少ないんですが、カーフェーリーはもっと少ないw
ということで島を一周してくることにしました。

西港から東港へ方面へと走っていきます。
東港も賑わっていて、島内の案内があったのでちと拝見

Img_0890

ほうほう・・・ん?鯖大師?
これはいってみないとw

Img_0891

鯖大師へ到着。
最初、弘法大師が鯖を持って修行してたところ~うんたらかんたら という説明だけだったので、鯖持つ修行ってなんだよ!と思ったんですがw古い街道筋の要所である坂や峠に僧がサバを手にもつ像を祭って〈鯖大師〉と呼び、弘法大師が旅僧の姿でサバ1匹を請うたのに,商人または馬子が荷物のサバを与えなかったために罰せられたという伝説を伝えている、とかなんとか。
しかし、なんで鯖?足の早い鯖を?と不思議になりますね。

また海岸線を走って途中で、乙姫入る前に買った饅頭を少し。

Img_0889

買った時には出来立てて、まだ暖かかったので一つは食べておくべきかなと思い、海を見つつ波止のベンチでいただきます。
島の名物である多幸(蛸)と福(河豚)をかたどった饅頭は、優しい味でした。

で、ぐるっと島を一周したわけですが、うん、一周6kmだからすぐ終わるよねw
なので、また乙姫のある西港に戻って、Cafe Barでしばしゆったりと。

Img_0888


かき氷とかアイスコーヒーをいただきつつ時間まで休ませていただきました。

フェリー乗り場まで行くと、すでにフェリーが到着していたので乗り込み。
工事用の大きいトラックが多いのでちと気を使いますね。

師崎港まで戻って、さぁ、大阪へ戻るために名鉄の河和駅を目指します。
海岸線の道を走っていくだけなのですが、意外とアップダウンが多くてw
それでも車が少なくて走りやすかった道でとても気持ちが良かったです。

河和駅に着いて輪行準備。
名古屋での乗り換えもあるので、しっかりと固定します。

しかし荷物のほとんどを右肩に担ぐことになるので・・・おーもーいー。
電車に乗り込み、ほっと一息。
名古屋で新幹線に乗り換えて大阪の自宅まで帰りました。

Img_0894

饅頭と同じ所で買ったおみやげのせんべい。
知多半島というとえびせんべいというイメージですが、これはたこせんべい。
これも、すごく美味しいです。

3日間十分遊んだ!楽しかったぁ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年9月 6日 (土)

8月3日 BRM802 松坂300km 一人打ち上げ

ホテルへ行き、シャワーを浴びて着替えと洗濯。
その後、夕食に~


松坂に来たならば!

Img_0868

そう!お一人様の味方、回転焼き肉なのです!
今年の初詣の時と同じ一升びんさんへまた行ってきましたw

ビールはちょっと飲む気分じゃなかったので食べることに集中


Img_0869

松阪牛ミスジ


Img_0871

松阪牛特選


Img_0872

松阪牛カルビ


Img_0873

テール


Img_0870

オン・ザ・ライス!

お肉堪能いたしました。
肉も美味しいし、コスパもいいし、大阪にもできないかなぁ。


一升びん 宮町店
三重県松阪市宮町字堂ノ後144-5
■一般席■
[月~金]
11:00~15:00(L.O.14:30)
16:30~22:30(L.O.22:00)
[土・日・祝]
11:00~22:30(L.O.22:00)

■回転席■
[月~金]
17:30~21:30(L.O.21:00)
[土・日・祝]
12:00~15:00(L.O.14:30)
16:30~21:30(L.O.21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月2日 BRM802 松坂300km

6月末に白馬・木崎湖600kmをDNFしてからは、暑いし走りにいってませんでしたが、今年オダックス近畿で各距離でブルベのバッヂを作られていて、300kmは今年最初の鎌倉で取っていたものですから持ってなかったのもあって獲りに行ってきました。
そもそも白馬木崎湖600kmはこれのための予行演習だったのさ!


コースとしては中盤の行者還トンネルあたりの1000m超の山岳がとても厳しそう。
また季節的によるスタートとはいえ暑さが・・・少し前にオダックス近畿の今野さんが試走されていた時は夜でも30℃はあったようですし。

当日夕方に近鉄特急で難波から松坂まで。松坂到着直前に特急のトイレで着替えて直ぐに走り出せる格好に。
松坂駅で降りて改札出たところのコインロッカー前で輪行解除。
周りには何人かのブルベ参加者もおられたので、改札のところにいた子供が「また自転車や! なに?なにがあるん?」と大騒ぎでしたw
うん・・・恥ずかしいから余り騒がないでw

Img_0861

今回もリベレイトデザインのサドルバッグに着替えとか詰めてきてまして、うん、さすがに容量大きいバッグは便利です。
ただ着替えとかに関しては松坂駅のコインロッカーに預けてしまうので、走っている時にはだいぶ軽くしますけどw

この日は近畿全般雨予報でして、しかも結構強い雨がということでした。
松坂までの特急乗っている時も雨が降ったり止んだり。所々ではかなり強い雨でもあったので、到着時雲はすごく黒かったですがまだ降りだしてもいなかったですし、ずっとこのままでーと思っていました。
受付い開始時間に今野さんが改札前辺りに来られて、受付はあちらでやりますと、改札出て右側にある交番の裏側のほうを指示されたのでそこまで移動。

Img_0862

受付をしてもらいブリーフィング待ち。
近くでちょっとしたお祭りでもあるのか、浴衣姿のお姉さんたちが時々通りかかります。
まぁサイクルリング姿の男達が結構集まってるので、ここでも遠巻きに視線がw

ブリーフィングが始まりコース等の変更はないですが、やはり途中の伊勢から吉野あたりまでの区間は雨、しかも結構な豪雨区間になるだろうとのお話でした。
ううむ・・・また雨ブルベか。木崎湖600kmの時の嫌な思い出がよぎります。
今回はポタナビと新しく買ったGARMINのetrex30を持ってきていて、少なくともetrex30は防水という意味では安心できるのでコースナビは問題無いと思いたい。

チェックが始まりスタート。
雨は少しだけ降りましたが走行には全く問題のないレベル。
しかし、この最初からいきなりリアディレイラーが変速できないというトラブルが!
しばらくはそのままで走って信号待ちのタイミングでディレイラーを触りますが状況が変わらず。
一旦止まって見てみることに。
幸い輪行解除にはめたスプロケの位置が悪かったみたいで、すぐに復帰出来ました。
一旦止まったおかげでトレインから外れて、いい感じに一人旅。
月は出てないですが比較的低めの気温が気持ちいい夜の道を走っていきます。

木崎湖600kmの時のような焦りも全くなく、行者還トンネルの峠手前までは頑張らない走行で十分にいけるという考えがあったんで、24km/h程度で走ってたんですが、どうにも心拍が高めで落ちてこない。
むぅ、向かい風でもないし、しばらく自転車乗ってなかったのがまずかったか。心拍を安定させるためにもう少し速度を落として走っていきます。
PC1まではホンの少し登りつつ最後に降るというコースで、特に苦しいところもなく快適に走ることが出来ました。

PC1サークルK大紀町錦店到着
ボトルは2つ装備で来ていたので1本分のドリンクとおにぎりを補給、あと干し梅を買ってPC1を出発。
海岸線を走ってるはずで、波の音も聞こえるんですが何も見えなーいw
PC1でてしばらく走ったところから、雨が降り始めてきました。
スタート時から雨用のカバーは準備していましたし、今回はキューシートも湿気が入らないようにジップロックに入れてフロントバッグの上に。
今回は降ってきた時点でレインジャケットをはおります。
だんだんと雨が強くなってきましたが、対策自体はちゃんと出来ていたのでわりと気分よく走ってたのですが、ポタナビだけがちょっと不安。
前の修理でほぼ新品同様になって、防水といういみでも問題なくIPX5の性能を発揮してくれるだろうと見込んでたんですが、前のことがあるのでビニール掛けたほうがいいかなぁと思っていると、一瞬画面が真っ白に明滅した感じに。
一瞬のことだったのでその時は余りきにしてなかったんですが、走っていると下からの光が時々そんなふうに明滅してる感じに・・・。
慌ててポタナビの電源を切って鞄の中に入れました。
etrex30は全く問題なく、今までのポタナビのナビよりはよっぽどいい感じにコースナビしてくれるので、なんとかなるでしょう。

90kmあたりの尾鷲から山岳に突入。
序盤中ボス矢ノ川峠と大股トンネルにかかります。
雨もずっと降り続いていて斜度も時間もかなり長く感じました。
ルートラボのコース見ても行者還に比べるとそんな大したこと無いんですけどねぇ、この時はホント死にそうにw
登り切っても降りというわけではないですが、下り気味の道をPC2まで。
この辺りで雨はまだ結構降っていたんですが、長いトンネルが幾つか続いてあったので、雨宿りと涼しい気温でずいぶんと助かりました。

Img_0863

PC2サークルK熊野いさと店到着。時間的余裕が1時間30分。
雨とか峠とかの要因があったわりにはなんとか余裕ができてた。
ここにはスタッフの方が来られていて、報告のみの通過チェックをされていました。
私も後ろのほうだったと思ってたんですが、まだ後ろに結構いるとのこと。ここからの登りを考えるとクローズギリギリだと多分感想できないだろうなぁ。
ちょっと疲れていたので長めの休憩と、此処から先の山岳の険しさや補給箇所の問題もあったので多めの補給をして準備。
ライトの電池交換も済ませて再出発。

アップダウンをこなしつつ山道を走っていきます。
一人で明かりのない山道を走るのは、やはり怖いものがありますね。横の茂みとかががさって音立てたりするとびくっとw

空も明るくなり始めた155km越した辺りからぐっと斜度もきつくなり、さぁ本ボスの登場です。
しばらくはなんとか乗って走っていたんですが、そのうちにペダルを回せなくなり・・・足を着いて少し休憩。
一旦足を着くとそこからは、まぁ休み休みで押したりしつつ上がっていきまして、斜度がましになったあたりからはじりじりと乗っていけるようになりました。
この辺りのトンネルは内壁がなんというか鍾乳洞っぽい岩肌がむき出しな感じでして、ちょっと興味深かったです。
ひたすら斜度がきつくないように道幅を使いつつ、まだ・・・まだあるのか、あの角を曲がったら頂上になってくれないかなという甘い夢を見て、曲がった先で絶望するということを何度も繰り返して、ようやく行者還トンネルに到着!

Img_0864

ふぇえええええ、もうこねぇよこんなところ!!!
また、行者還トンネルの中がすごく怖いw
空も明るくなってるのに絶対ココ何かが出ると確信できるようなトンネル内を通って、降りだー---!
距離も半分過ぎてボスの行者還も攻略した、ひゃっはー!と、いけるならよかったんですけど、ここの下りではグレーチングの罠がありまして、ところどころひっくり返っているところがあるらしく、そこにはまるとパンク必須なのです。
なので、グレーチングのたびにスピード落として気をつけて渡って行くことをしないといけなかったので、ダウンヒルの快適感はなかったですw
まぁそうはいっても下りというだけで楽。体力も少し回復させつつPC3に向けて降りていきます。
下りの終わりの方では雨も降っておらずに道も乾きぎみの状態でしたので快適に走って行けてました。

Img_0865

PC3 ローソン大淀下渕店到着!
時間も1時間20分程度の余裕。
ちょっとここで温かいものを食べたくて、定番のカレーヌードルをw
ドリンクも2本分補給していきます。
この先雨は降らなさそうだったのでここでレインジャケットも脱いでサドルバッグの中に。
靴下とグローブも変える事ができたらもっと快適なんだけどなぁ。
後、念のためetrex30の電池も交換。公称25時間持つとのことですがずっとバックライト点灯させっぱなしでしたしね。
色々と準備を済ませて再出発。
もうこの辺でこのブルベは貰ったと確信してかなり気分よく走り始めたのですが・・・

PC3からPC4までは一山越しますが斜度自体は大したことなく走っていけるはずだったんですけど、この区間のアップダウンに体力削られまくりでして、中盤以降の疲れた体にはかなり堪えました。

Img_0866

PC4道の駅御杖到着。
このPCは道の駅でして、地元の野菜とか漬物、佃煮。または工芸品を売ってるんですが・・・うんブルベの途中にそれはいらないw
ブリーフィングの時にも今野さんが笑いつつなにか買って下さいと言っておられたんですが、買うものがなぁw
結局佃煮と珈琲を買ってレシート貰いました。
PC3からのアップダウンで大分疲れはしましたが、もう後は小さい峠が2つ程度。余裕が1時間しかないけどまぁなんとかなるよねーとゆるゆるとスタート。

晴れてきた空はお昼を回って強い日差しが照りつけるようになり、ここからはドリンク補給を頻繁にしないといけなくなってきました。
ひぃひぃと登りも攻略しつつだんだん近づいてくるゴール。
最後の峠を越してからは降りの区間も、ゴールまでの平地もペダルは軽く回っていきます。
まぁまたか!と言われそうですが、ほぼ30km以上で走ってたw

Img_0867

ゴール!18時間40分で走り切りました。
会館の一室が受付となっていたので中に入っていきますが、靴が・・・濡れた靴下と靴がどうしても脱ぎにくいw
そんなこんなで受付してもらって、松坂300km完走です!

もちろん300kmのバッヂも頂いて、「これでバッヂが揃うんですよ。あ、1000kmは走ってないんですけどねwそういえば・・・600kmのバッヂは?」と聞くと、うん、まぁどうなってるんでしょうねぇw
3月に走ったのにまだ届いてないです。まぁ今年はいろいろとブルベが連続していたので秋以降に届くはず~

とにかく!これで2014オダックス近畿200km~600kmのバッヂがそろったぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月30日 金久右衛門 ゴチうさ コラボらーめん

前日に木崎湖から帰ってきたわけですが、本来600km走るつもりだったので後一日取っていた休日。
300kmしか走ってないし前日はちゃーさんに車で送っていただいたので疲れもない。
何しようかと思っていたのですが、宅麺とのコラボでゴチうさのキャラをイメージしたラーメンを関東・関西の店舗でやってたのですが、それがもうすぐ終わりということでしたので行ってきました
ただこのネタは、少し前に行こうとして行く途中で売り切れとなってその日は断念したので、わりと朝早くに出てお店に並んできました。
お店の前まで着くと、すでに行列が!
どっちが最後尾かなと思っていると、店員さんがあちらが最後尾になりますと整理券を渡してくれました。
22番目・・・後8人か。開店1時間ほど前なんだけどなぁw
私の後にも次々と来られて・・・あれ?これ30人越してるんじゃ?
でもまたストップかかってないし大丈夫なのかなぁ。


開店時間前に先行でこちらの限定麺の列は入店していきまして、私が入店する前にはもう完売となりました。

Img_0816

この後少ししてから私も入店。

Img_0817

こころ♪ぴょんぴょん♪
大阪の金久右衛門さん謹製、ゴチうさコラボラーメンです!
このお店のはリゼちゃんの担当となっておりまして、彼女のイメージカラーである紫の花と麺、拳銃の形をしたコーヒーゼリーが目を引きます。
いや、正直ですね、他のお店のココア麺といいあまり味は期待していなかったんですよ。
しかし一口食べて美味しい!と。
少し前にらぁ祭りでラーメン屋が本気で作った冷やしラーメンはすごく美味しいというのを理解したつもりではあったんですが、味にも妥協はしていない金久右衛門さんに脱帽です。
上に乗っかっている野菜もちゃんとスープの味とすごくあってて美味しかったんです。

あっという間に完食してお店を出て、ちとパシャリと。
うん、ほんとこころぴょんぴょんでしたw

Img_0818


金久右衛門 本店
大阪府大阪市東成区深江北3-2-8
月曜~金曜:11:00~15:00
土曜: 11:00~16:00
定休日:日曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 3日 (水)

BRM628 白馬木崎湖600km その後

あーさー!

バンガローから出てとりあえずいつものを

Img_0805

ここに・・・帰ってきた

今日は雲は少しありますがしかし晴れています。
うう、昨日この天気であったなら・・・
さて、ちゃーさんはと探しますと、サイクルラックのところで自転車の整備中。
他のDNFされた方達とかの自転車を拭いたり、潤滑油挿したりと。私のもやっていただいたようでして、ほんとあれもこれもありがとうございます。


少しいろいろとお話をして、残っておられたスタッフのかたにも挨拶をして、さて木崎湖を出発。
私は無理を言って乗せて頂いているだけなので、もちろん、ちゃーさんの予定に合わせますよーということは伝えていたので、まず黒部ダムへと。

私が思っていたより木崎湖キャンプ場から近いとこにありましたw
駐車場へついてトローリーバス乗り場へ。
うぉ、さすがに日曜日は観光客いっぱいだなぁ
座れなかったですがそんなに時間がかかるわけでなし、ちゃーさんと乗り込んで発車を待ちます。
乗り込んで直ぐに発車となって車内で流れるアナウンスのVTRを見つつ、登っていくトローリーバスから見える内部の通路のあちこちを観察。
変人窟のたびさんが、行かれてた時の写真でも見たようなとw

15分ほどで黒部ダムへついて、まずは階段を上がって上まで登っていくのですが、これがまたキツイ!

Img_0806

段数も斜度もそんなに酷いわけではないんですが、標高のせいか途中のところで息切れがw
少し休んでからまた登りました。


Img_1561


黒部ダム!
いやーでかい。
思った以上に迫力あります。
上の展望から階段を降りてダムの方まで歩いて行くコースとなっています。

Img_1563

地ビールの文字にふらふら~っとw


Img_1567


Img_1568


Img_1572


Img_1578


Img_1579


Img_1581


放水しているとこの真上から。

うん、めったに見られないものが見れたし、すごく楽しかった。
途中に合ったおみやげ物とか売ってるとこのダムカレーTシャツ。1サイズ大きのがあればなぁ・・・買っていたのにw
さて、またトローリーバスで下まで。
車に戻りお昼どうしましょうかねぇと相談しつつ縁川商店へ。
ちゃーさんともどもおみやげを物色しつつ、しばらく談笑しておりました。

Img_0809


Img_0810

数日前に入荷していた、まめてるの縁川商店バージョンを購入。
これで私も #まめてるつれてる ができるぜ!

お昼はちゃーさんが以前から昭和軒でかつ丼をまた食べに行きたいとも仰っておられてたんですが、ちょっと私が我儘を言いましてステーキGu~さんへ。

Gu~へ向かっている時、雨が土砂降りに。どうにも天気が不安定のようです。
お店に着きまして入店~

メニューをひと通り見て、ステーキ+ハンバーグ300gのセットを注文。
スープやごはんはセルフということなので、いそいそとw
しばらくして・・・きました!

Img_0811

ステーキ+ハンバーグ300gのセット & まめてるつれてる
早速頂きます。
ふぉ!美味しい!肉も柔らかい!肉にわさび結構いいなぁ等々ほんと美味しかったです。

ただ残念なことにGu~さんが8月末で閉店ということになったようです。
いいお店だったんですがほんとうに残念。まぁ結果的にはこの時に行けて良かったです。


さてお昼を食べて再度大町方面へ。
なにやらちゃーさんがぜひ買いたいおお菓子があるとのこと。

そのお店の近くの駐車場へ停めてお店の中へ。
店長さん?とももう顔見知りっぽく・・・いやほんとに顔広いなぁ。
で、そのお菓子とは

Img_0813

これです。
どこかで見たことあるなーという方、それ多分正解です。
雷鳥の里という銘菓を作っているところと同じメーカーが出しているお菓子で、中のクリームが雷鳥の里とは違ってココアクリームとなっています。
ですがこのお菓子、雷鳥の里があまりに好調のためそっちに回していたラインを廃止とのことで、もう5月に廃盤になったとのことです。
ここの店長さんは今年分くらいのストックはかき集めたけど、残念だよねと仰っておられました。


さていよいよ木崎湖周辺ともお別れ、大阪へ向けて帰りますよーと安曇野ICへ。
ツイッターでツイートをチェックしつつ、ちゃーさんと雑談。

高速に乗ってすぐの梓川SAにてお土産を買われるとのことでちょっと寄り道。
私もなにか買おうかと思っていたのですが、うーん、ピンとくるものがないw
再び車で大阪方面に。


と、思ってたんですけどw

Img_0814

ジャラテリア チャオでジェラート~
しかも今日はダブルの値段でトリプルが食べられるスペシャルデーです!
チョイスはアスパラ、キウイ、カマンベールです!
うん、ここのジェラートは何食べても美味しいなぁ。

しばらくだべってから、今度は本当にw大阪へ向けて帰りますよー

Img_0815

夕方に滋賀の草津SAにあるココイチで鹿カレー!
いずれは滋賀のココイチFCでとは思っておりましたが、まさかこのタイミングとはw

帰りの道中いろいろと雑談をしていて、あっという間に大阪でした。
今回本当にちゃーさんにはお世話になりました。しかも最後の最後で大ポカをやらかしてしまいましたし申し訳なかったー。

ブルベ2回めのDNFとなりましたが、まぁ目的?は果たせたしいろいろ楽しいことが多かったので良かった。
しかし、ポタナビ・・・この後Pioneerに修理だしたら部品がほぼ総とっかえとなって18,000円もかかってしまったorz
まぁこれで新品同然となったと考えたら・・・まぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

BRM628 白馬・木崎湖600km

今年のSRも取ったし季節的に暑くなってきて梅雨で雨も降るし、私にとってはそろそろ自転車はシーズンオフに突入だったのですが、近畿はわりと空梅雨で走りに行けたのに行けなかったというのと「あの場所へ帰りたい・・・」という思いが強くなったのでちとBRM628白馬・木崎湖600kmへ遠征してきました。
あ、いえ、ただ木崎湖行きたかっただけだろ!とかいうわけではないですよ、ええ。8月にあるよるスタートブルベの練習としてもですねぇ・・・

夕方に新大阪から東京へ向けて出発。
600kmの装備なので荷物がいっぱいで重いー
品川で降りて輪行解除しスタート位置の二子玉川へ向かいます。
今回の装備ではポタナビの他に、新しくiPhoneでのナビツール及びANT+の受信器を使ってサイコン代わりにしました。
iPhoneの防水カバー及びクレードルもいい感じでスタート位置まで問題なくナビ完了。
近くのコンビニでドリンクと補給食を購入して受付の場所へ。
受付開始まで30分程度余裕がありましたが2人ほど来られてました。
朝の6時スタートではなく、0時スタートではお知りあいのすぽさんとかbaruさんが参加されるはずだったのですが、まだ見当たりませんでした。
挨拶をして私は側の街灯下でいろいろと荷物の詰替えとかをw
受付から中間の木崎湖キャンプ場までドロップバッグする予定でしたので荷物のより分けは慎重にしませんと、要るものが遥か先にいってしまいますw
また今回のためにサドルバッグを防水かつ大容量のREVELATE DESIGNSのTerrapinを買って準備もしていました。
受付が始まったようなので受付場所の小屋前に自転車を停めたところで、大粒の雨が!
うぁー降ってきた。もう少し遅い予定だったのにぃ。結構な雨なので受付も小屋の中で行うとのことで避難です。
参加受付、ドロップバッグも預けて・・・まだ外は雨が。自転車のバッグやサドルには防水カバーしてきてるけど濡れるのはほんと嫌だなぁ。

ブリーフィングも小屋の中で行い、コース説明諸注意等メモメモ。
試走時のスタッフの苦労というかリタイア率高いなぁ。今回も雨だし完走どころか木崎湖まで到着するのさえ厳しいかも。
走る前から色々と不安ですがまぁなんとかなるかと、チェックを受けてスタートです。
スタートした時には雨は止んでいて、前の人につづいて走っていきます。
このスタートあたりのコース、キューシートでも詳しく書いてないしGPSデータも提供されていないという感じでわからなかったので、見失わないように速度合わせて着いていきます。
本当は頑張らない走法で行かないとダメなんですけどねぇ・・・
しばらく走ってコースが確定したあたりで速度を落として1人旅。うむ、孤独のブルベの始まりですw
雨はずっと降り続けてますが深夜なので車が少なく走りやすい。
PC1まではずっと平地なので時間的な余裕を作って到着。
雨で食欲はないんですが最低限の補給を済ませて手早く再スタート

雨が直ぐ止むか、小雨が降ったり止んだりという予測でジャージのみで走ってたので、もうこの辺で濡れたジャージが張り付くのが気持ち悪い。
ちょっとした動作にも負荷がかかる感じで、暑くても最初からレインジャケット着ておくべきだったかと少し後悔してました。
自転車自体もこの頃はまだ快調で、平地主体の道はどうしても速度が出がち。
頑張らない走法をと思っても、逆に高野山の時のようなPC3あたりで登りの時間を読み間違えるとちと厄介なことになるかもしれないと、走る速度を上げていきました。
雨は強くなったり弱くなったりを繰り返しつつ止む気配はないですが、深夜のため車が少ないことは走りやすかったです。

今回の為に用意していたiPhoneのナビツールがようやく安定し始めて、ポタナビより大きい画面は雨の中でも視認しやすかったですが、ANT+の受信コネクタ自体にナイロンの袋をかぶせていたらそこに水がたまって水没しつつw
そのコネクタのところから充電もしつつ走っていたので、まずいまずいと慌てて排水用の穴を開けました。
本来なら水かぶらせないことが目的だったんですが・・・ううむ、まずい。

少しずつ夜が明けてきて明るくなってくると、視界が少しマシになってきました。
そうこうしているうちにPC2到着。
ここで時間的な余裕が1時間30分程できてまして、少し余裕が出てきました。

雨でお腹も余り空いてはないですが食べ物を押し込んで、水分は・・・正直汗もかいてないし、余りきれいな話ではないんですが、雨が口に入ってきてるのでボトルの中身も減ってないです。
しかしミネラルと塩分補給はしないといけないので飴を舐めつつ再出発。
PC2から少しずつ登ってPC3から本格的な登りなので、時間的な余裕ができた分、少し速度をゆるめて脚を回復させるようにしました。
ところどころで雨が少し止んでいたこともありこの区間は比較的楽に走っていけました。
PC3が下仁田辺りでしたので、下仁田ネギの面白そうな食べ物ないかなーなどと考えてもいましたし、世界遺産で名が知れた富岡製糸場が走ってる道から見えないかなともw
まぁ富岡製糸場は、町中に入った辺りで信号に停められて少し焦っていたところにあったようだったし走っている道からは少し離れていたので、見てないんですけどねw

PC3に到着!速度落としはしましたが2時間程度の余裕になってました。
ここから本格的な登りが始まるので、カロリー補給を考えて温かい肉系のものを食べて、甘い鞄に入れてと。
ドリンクもようやくここで交換。ボトル2本分を入替えます。
ポタナビの充電もここで開始。・・・まぁこの時すでに酷いことになるのは確定していたのです。

PC3を出て走り始めて少しすると、ポタナビからエラーが出て「内部の温度が高くなっているため充電できません」と電源が切れました。この現象自体は去年の夏、あの猛暑だった時に淡路島へ走りに行って初めてなった現象でして、その時は気温も直射日光にさらされたのもあって仕方ないと思ったのですが、この時はそんな気温でもないし雨で直射日光も差してないのになんで?と思って、一旦充電ケーブル抜いて電源を入れてまた走り始めました。
そしてまた同じメッセージで電源OFF。なぜだ!と思いつつも時間の余裕もあってとりあえずポタナビは電池切れまでは使おうと一旦そのままでで走ることに。まぁポタナビがダメになってもiPhoneあるし、PC4までのほとんどは登りとかで一本道だしとこの時は楽観してました。
雨は霧雨っぽい状態で視界とかには影響なかったんですが、上がり始めた気温と高い湿度に登りでの体温上昇が合わさって、不快指数マックス!
登りといっても少しの間はそれほどきつくはなかったんですが、旧道辺りからはもう辛いこと辛いこと。それでもじわりじわりと登って行き、トンネル内ではブリーフィング時にも注意が合ったように歩道に逃げて車からのプレッシャーとか危険から回避して登って行きました。
きつくなって少ししたところでポタナビがちとダメっぽくなったので一旦電源を切って鞄の中に入れて冷却?をすることに。これでコースナビはiPhone一つとなったわけですが、実はiPhoneの純電も先程書いたようにコネクタ部分の浸水もあってで今ひとつ芳しくない。
うう、少しの間でも乾いてくれるような所があればなぁと若干焦りつつ、長く辛い登りを攻略していきます。
やっと頂点のトンネルが見えたー!と、登り切ってあとは重力に任せつつ降っていきます。長いトンネルも雨と気温の影響が少ないからとても快適!
トンネルを抜けてからは、雨も降ってなくて道路も乾き気味で快適に走れるようになりました。登りでのロスを取り返すべくペダルと回します。
また、これ幸いとポタナビを鞄から取り出して、風に当てつつ冷却と乾燥をさせてから電源を入れると、おお!問題なく起動。充電ケーブルを挿して少し様子を見てみましたが充電もちゃんと出来ているようです。

しばらく、すごく気持ちよく走っていましたがPC4手前あたりで、またポタナビが高温のため充電できないということで沈黙。
iPhoneのナビソフトにはウェイポイントが表示されなかったし走行距離が曖昧な状態だったのでまずいと思いつつPCっぽいコンビニを注視しつつ走って行って・・・見つけた!

PC4に到着。
時間的な余裕は1時間30分ありますが、正直この時点で体はかなり満身創痍になってました。
出発してからほぼ10時間は降り続いていた雨に気力がごっそりと持って行かれていまして、自転車も油がきれたのかシフトチェンジしたときとかにチェーンから少し音がし始めていましたし。
とりあえず、天気が良いうちに体制を立て直すべく消費していた補給物資の調達と休憩をして、ポタナビがなんとか復活しないか色々試してみます。
しかし、電源を入れても液晶が真っ白の状態で何も映りません。ボタン操作自体は効いているようなんですが、もう使いものにならない状態となっていました。
ポタナビ用にととっておいた2個目のモバイルバッテリーをiPhone用に回してとりあえずコースのナビはできるようにして、後はキューシートだよりになるかなぁと。

20分ほど時間を消費して再出発。
もう雨は降らないでーとの願いが届いたのかPC5まではまさに快走路となりました。
おおぅ、さすが夏まちの聖地!うぅ、このブルベが終わったら買ってなかった柑菜ちゃんのジャージ購入します!
ほぼ30Km/hオーバーで巡航して、ずぶ濡れだったジャージやレーパンも快適な状態へと戻って食欲も出てきました。
このままだったらもしかしたら行けるんじゃね?キューシートだけだと不安だけど、これもまたブルベさ!・・・・などと考えていたんですよねぇw

すっかり気分が良くなってPC5へ到着
えー・・・ですが、もう木崎湖でリタイアするぅ
いやまぁiPhoneの充電がですねぇ・・・。モバイルバッテリーをだましだまし使えばいけるかなと思ったんですが、やはりだめで消費が激しすぎまして。
そうなるとコースアウトの確率が私の場合ぐんと上がって、夜の峠でどこかわからなくなった時点でもうブルベどころじゃなくなるのがどうしても、ね。

DNFする事を決めて少し気分が楽になったんですが、とりあえずドロップバッグの受け取りも含めて木崎湖までは行かないといけない。
木崎湖までおおよそ65km。鬼無里から嶺方峠を通って白馬に抜けて行くわけですが、計算ではおおよそあと4時間・・・iPhone持つかなぁ。
とりあえず白馬まで抜けてしまえば、後は見知った道を木崎湖までは行ける!と、気分を上げてPC5を出発。

うぁー・・・登りがずっと続くぅ。
なまじ小諸から善光寺までが快走路だったので、いきなり登りがずっとというのが辛い。
しかも途中から雨が降り始めてきました。
今度は降り始めた時から、トンネルでレインジャケットを着込んで雨に対処。これが少し後で良かったことに。

降ったり止んだりする雨と登り基調のアップダウンが体力削りまくって、平地だーとか降りだーと思っても、ちっとも前に進まない感じでした。
鬼無里あたりも走る時期と天候さえ良ければ本当にいい感じなんでしょうが、そんなことを思う余裕すらなくて、ただひたすらにペダルと回します。
サイコン代わりのポタナビもiPhoneもすでに走行距離はあてにならない感じで、嶺方峠はまだなのぉ!と心のなかで叫べつつ走って行きました。
嶺方峠手前の辺りで雨が酷くなって、さすがにこの辺りの標高だと気温も低いのか若干寒くなってきます。
休憩を何度かはさみつつ登って行って・・・あ、このトンネルの抜けたとこの形覚えがある!
嶺方峠だ!・・・でも、靄というか雨でなんにも見えませんw
うぁあああん、と泣きながら降っていきました。

降りといってもそれほど楽な感じではなかったですが、降りきった所が白馬の交差点。
5月のAACR以来ではありましたが、なんとなく「帰ってきた・・・」という感じで、ペダルを回す脚も軽くなります。

PC6に到着。
ここでiPhoneがバッテリ不足のため沈黙。
まぁここからなら木崎湖までは、問題なく行けるさ!よく持ってくれたとiPhoneを労って鞄に押し込みます。

DNFすることは決めてますが、一応飲み物を買ってPC6を出発。
濡れて破れかけのキューシートを何とか解読しつつ走っていきます。
途中、佐野坂って、あれ?どこだっけ?と迷いかけましたが、青木湖手前の交差点で国道渡る所ということで、ああ、あそこならと。
佐野坂を降りてからは、AACRでも通っている見知った道!しかも快走路。ゼーブリックにも寄れたんですがさすがにずぶ濡れというのがねぇ・・・それと早く着替えたり休みたいということもあって木崎湖へ急ぎます。
体はつかれていて雨も降ってるのにペダルは軽く回っておそらく40km/h近くは出てたんじゃないですかねぇ。
海ノ口キャンプ場の看板のところでキャンプ場方面へ曲がり、木崎湖畔を通って・・・木崎湖キャンプ場へ到着!!!

キャンプ場入口のすぐ脇でスタッフの方がテントでBBQしつつチェックをされていましたw
とりあえずラックに自転車を掛けて、チェックを・・・「ここでDNFします!」「え?、ここで?」とw
そして、この時に木崎湖へ来られていたちゃーさんと挨拶。DNFするなら大阪まで送りましょうか?と仰って頂けたのでお言葉に甘えます。
まぁこのブルベの時に木崎湖へ行くよというお話は聞いていたのですけど、ほんと、お世話になっちゃいました。感謝です。
帰るのはとりあえず明日ということで、ちゃーさんの車に自転車を積み込ませてもらいます。
ドロップバッグも受け取って色々片付けをとしているところに、ちゃーさんが待っておられたお知り合いの方が到着。
スタートから道中時々一緒になって、PC4、PC5で少しお話もさせていた方で、ロングライダースにも寄稿されていた、ほっぷさんでした。
少しご挨拶をさせていただき、ほっぷさんのいろんな準備や片付けを待ってからお風呂へ!

なにげにゆ~ぷる木崎湖は初めての訪問でした。
しかしまぁ、雨でずぶ濡れで疲れた体にはもう温かいお風呂がたまりませんでしたよw
”富より健康”の松田牛乳も頂いて、木崎湖キャンプ場へ戻りました。

戻ってからスタッフのかたに確認して、仮眠用のバンガローへ。DNF時に朝まで寝ててもいいですかとか料金とかももちろん確認。
バンガローへ案内して頂いてから靴下とかを履き替えたり充電の準備をしたりして、少し落ち着きました。
外の雨は私が到着してからもずっとひどい状態で、バンガローの周りももう水たまり状態になってました。
少しツイートをしてから私も電気を消して就寝。


少ししてからスタート6時組が続々と到着して、仮眠をとられていきました。
雨の状態は変わりないし2時間も寝てないのに、この後まだ300kmも走るのかぁ・・・皆タフだなと。

さて、私は朝までゆっくりしていよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »