« 6月30日 金久右衛門 ゴチうさ コラボらーめん | トップページ | 8月3日 BRM802 松坂300km 一人打ち上げ »

2014年9月 6日 (土)

8月2日 BRM802 松坂300km

6月末に白馬・木崎湖600kmをDNFしてからは、暑いし走りにいってませんでしたが、今年オダックス近畿で各距離でブルベのバッヂを作られていて、300kmは今年最初の鎌倉で取っていたものですから持ってなかったのもあって獲りに行ってきました。
そもそも白馬木崎湖600kmはこれのための予行演習だったのさ!


コースとしては中盤の行者還トンネルあたりの1000m超の山岳がとても厳しそう。
また季節的によるスタートとはいえ暑さが・・・少し前にオダックス近畿の今野さんが試走されていた時は夜でも30℃はあったようですし。

当日夕方に近鉄特急で難波から松坂まで。松坂到着直前に特急のトイレで着替えて直ぐに走り出せる格好に。
松坂駅で降りて改札出たところのコインロッカー前で輪行解除。
周りには何人かのブルベ参加者もおられたので、改札のところにいた子供が「また自転車や! なに?なにがあるん?」と大騒ぎでしたw
うん・・・恥ずかしいから余り騒がないでw

Img_0861

今回もリベレイトデザインのサドルバッグに着替えとか詰めてきてまして、うん、さすがに容量大きいバッグは便利です。
ただ着替えとかに関しては松坂駅のコインロッカーに預けてしまうので、走っている時にはだいぶ軽くしますけどw

この日は近畿全般雨予報でして、しかも結構強い雨がということでした。
松坂までの特急乗っている時も雨が降ったり止んだり。所々ではかなり強い雨でもあったので、到着時雲はすごく黒かったですがまだ降りだしてもいなかったですし、ずっとこのままでーと思っていました。
受付い開始時間に今野さんが改札前辺りに来られて、受付はあちらでやりますと、改札出て右側にある交番の裏側のほうを指示されたのでそこまで移動。

Img_0862

受付をしてもらいブリーフィング待ち。
近くでちょっとしたお祭りでもあるのか、浴衣姿のお姉さんたちが時々通りかかります。
まぁサイクルリング姿の男達が結構集まってるので、ここでも遠巻きに視線がw

ブリーフィングが始まりコース等の変更はないですが、やはり途中の伊勢から吉野あたりまでの区間は雨、しかも結構な豪雨区間になるだろうとのお話でした。
ううむ・・・また雨ブルベか。木崎湖600kmの時の嫌な思い出がよぎります。
今回はポタナビと新しく買ったGARMINのetrex30を持ってきていて、少なくともetrex30は防水という意味では安心できるのでコースナビは問題無いと思いたい。

チェックが始まりスタート。
雨は少しだけ降りましたが走行には全く問題のないレベル。
しかし、この最初からいきなりリアディレイラーが変速できないというトラブルが!
しばらくはそのままで走って信号待ちのタイミングでディレイラーを触りますが状況が変わらず。
一旦止まって見てみることに。
幸い輪行解除にはめたスプロケの位置が悪かったみたいで、すぐに復帰出来ました。
一旦止まったおかげでトレインから外れて、いい感じに一人旅。
月は出てないですが比較的低めの気温が気持ちいい夜の道を走っていきます。

木崎湖600kmの時のような焦りも全くなく、行者還トンネルの峠手前までは頑張らない走行で十分にいけるという考えがあったんで、24km/h程度で走ってたんですが、どうにも心拍が高めで落ちてこない。
むぅ、向かい風でもないし、しばらく自転車乗ってなかったのがまずかったか。心拍を安定させるためにもう少し速度を落として走っていきます。
PC1まではホンの少し登りつつ最後に降るというコースで、特に苦しいところもなく快適に走ることが出来ました。

PC1サークルK大紀町錦店到着
ボトルは2つ装備で来ていたので1本分のドリンクとおにぎりを補給、あと干し梅を買ってPC1を出発。
海岸線を走ってるはずで、波の音も聞こえるんですが何も見えなーいw
PC1でてしばらく走ったところから、雨が降り始めてきました。
スタート時から雨用のカバーは準備していましたし、今回はキューシートも湿気が入らないようにジップロックに入れてフロントバッグの上に。
今回は降ってきた時点でレインジャケットをはおります。
だんだんと雨が強くなってきましたが、対策自体はちゃんと出来ていたのでわりと気分よく走ってたのですが、ポタナビだけがちょっと不安。
前の修理でほぼ新品同様になって、防水といういみでも問題なくIPX5の性能を発揮してくれるだろうと見込んでたんですが、前のことがあるのでビニール掛けたほうがいいかなぁと思っていると、一瞬画面が真っ白に明滅した感じに。
一瞬のことだったのでその時は余りきにしてなかったんですが、走っていると下からの光が時々そんなふうに明滅してる感じに・・・。
慌ててポタナビの電源を切って鞄の中に入れました。
etrex30は全く問題なく、今までのポタナビのナビよりはよっぽどいい感じにコースナビしてくれるので、なんとかなるでしょう。

90kmあたりの尾鷲から山岳に突入。
序盤中ボス矢ノ川峠と大股トンネルにかかります。
雨もずっと降り続いていて斜度も時間もかなり長く感じました。
ルートラボのコース見ても行者還に比べるとそんな大したこと無いんですけどねぇ、この時はホント死にそうにw
登り切っても降りというわけではないですが、下り気味の道をPC2まで。
この辺りで雨はまだ結構降っていたんですが、長いトンネルが幾つか続いてあったので、雨宿りと涼しい気温でずいぶんと助かりました。

Img_0863

PC2サークルK熊野いさと店到着。時間的余裕が1時間30分。
雨とか峠とかの要因があったわりにはなんとか余裕ができてた。
ここにはスタッフの方が来られていて、報告のみの通過チェックをされていました。
私も後ろのほうだったと思ってたんですが、まだ後ろに結構いるとのこと。ここからの登りを考えるとクローズギリギリだと多分感想できないだろうなぁ。
ちょっと疲れていたので長めの休憩と、此処から先の山岳の険しさや補給箇所の問題もあったので多めの補給をして準備。
ライトの電池交換も済ませて再出発。

アップダウンをこなしつつ山道を走っていきます。
一人で明かりのない山道を走るのは、やはり怖いものがありますね。横の茂みとかががさって音立てたりするとびくっとw

空も明るくなり始めた155km越した辺りからぐっと斜度もきつくなり、さぁ本ボスの登場です。
しばらくはなんとか乗って走っていたんですが、そのうちにペダルを回せなくなり・・・足を着いて少し休憩。
一旦足を着くとそこからは、まぁ休み休みで押したりしつつ上がっていきまして、斜度がましになったあたりからはじりじりと乗っていけるようになりました。
この辺りのトンネルは内壁がなんというか鍾乳洞っぽい岩肌がむき出しな感じでして、ちょっと興味深かったです。
ひたすら斜度がきつくないように道幅を使いつつ、まだ・・・まだあるのか、あの角を曲がったら頂上になってくれないかなという甘い夢を見て、曲がった先で絶望するということを何度も繰り返して、ようやく行者還トンネルに到着!

Img_0864

ふぇえええええ、もうこねぇよこんなところ!!!
また、行者還トンネルの中がすごく怖いw
空も明るくなってるのに絶対ココ何かが出ると確信できるようなトンネル内を通って、降りだー---!
距離も半分過ぎてボスの行者還も攻略した、ひゃっはー!と、いけるならよかったんですけど、ここの下りではグレーチングの罠がありまして、ところどころひっくり返っているところがあるらしく、そこにはまるとパンク必須なのです。
なので、グレーチングのたびにスピード落として気をつけて渡って行くことをしないといけなかったので、ダウンヒルの快適感はなかったですw
まぁそうはいっても下りというだけで楽。体力も少し回復させつつPC3に向けて降りていきます。
下りの終わりの方では雨も降っておらずに道も乾きぎみの状態でしたので快適に走って行けてました。

Img_0865

PC3 ローソン大淀下渕店到着!
時間も1時間20分程度の余裕。
ちょっとここで温かいものを食べたくて、定番のカレーヌードルをw
ドリンクも2本分補給していきます。
この先雨は降らなさそうだったのでここでレインジャケットも脱いでサドルバッグの中に。
靴下とグローブも変える事ができたらもっと快適なんだけどなぁ。
後、念のためetrex30の電池も交換。公称25時間持つとのことですがずっとバックライト点灯させっぱなしでしたしね。
色々と準備を済ませて再出発。
もうこの辺でこのブルベは貰ったと確信してかなり気分よく走り始めたのですが・・・

PC3からPC4までは一山越しますが斜度自体は大したことなく走っていけるはずだったんですけど、この区間のアップダウンに体力削られまくりでして、中盤以降の疲れた体にはかなり堪えました。

Img_0866

PC4道の駅御杖到着。
このPCは道の駅でして、地元の野菜とか漬物、佃煮。または工芸品を売ってるんですが・・・うんブルベの途中にそれはいらないw
ブリーフィングの時にも今野さんが笑いつつなにか買って下さいと言っておられたんですが、買うものがなぁw
結局佃煮と珈琲を買ってレシート貰いました。
PC3からのアップダウンで大分疲れはしましたが、もう後は小さい峠が2つ程度。余裕が1時間しかないけどまぁなんとかなるよねーとゆるゆるとスタート。

晴れてきた空はお昼を回って強い日差しが照りつけるようになり、ここからはドリンク補給を頻繁にしないといけなくなってきました。
ひぃひぃと登りも攻略しつつだんだん近づいてくるゴール。
最後の峠を越してからは降りの区間も、ゴールまでの平地もペダルは軽く回っていきます。
まぁまたか!と言われそうですが、ほぼ30km以上で走ってたw

Img_0867

ゴール!18時間40分で走り切りました。
会館の一室が受付となっていたので中に入っていきますが、靴が・・・濡れた靴下と靴がどうしても脱ぎにくいw
そんなこんなで受付してもらって、松坂300km完走です!

もちろん300kmのバッヂも頂いて、「これでバッヂが揃うんですよ。あ、1000kmは走ってないんですけどねwそういえば・・・600kmのバッヂは?」と聞くと、うん、まぁどうなってるんでしょうねぇw
3月に走ったのにまだ届いてないです。まぁ今年はいろいろとブルベが連続していたので秋以降に届くはず~

とにかく!これで2014オダックス近畿200km~600kmのバッヂがそろったぜ!

|

« 6月30日 金久右衛門 ゴチうさ コラボらーめん | トップページ | 8月3日 BRM802 松坂300km 一人打ち上げ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/60270612

この記事へのトラックバック一覧です: 8月2日 BRM802 松坂300km:

« 6月30日 金久右衛門 ゴチうさ コラボらーめん | トップページ | 8月3日 BRM802 松坂300km 一人打ち上げ »