« 2014AACR前日 小熊山ヒルクライム | トップページ | BRM607 高野山200km そして2014SR取得! »

2014年7月13日 (日)

2014AACR

AACR本番!
朝早くに起きていそいそと着替えます。
今回、ぐっすりと眠れたので体調も万全。
チェックアウトして梓水苑へ向かいます。
途中コンビニに寄って朝ごはんとかを購入。

Img_0742

その時に運試しとして艦これを・・・・お、幸運艦の瑞鶴!これは幸先が良い。

梓水苑について車から自転車を降ろして準備。
私達の車の斜め前にちゃーさん達が居たので、ご挨拶をしてからスタート位置へ。

Img_1522

私達はS組でしたので最初のスタート。
あちこち寄る予定でしたので時間の余裕ができるのがありがたい。
さて、楽しむぞー!

去年は最初から他の方々に併せて速度出してたのですが、今年は抑えめにと注意して走っていきます。
しばらく平地ですが住宅街の合間を抜けてから少しの登り。頑張らないを頑張らない~で登っていきます。
やはり去年よりも登りが楽。登りが多い所はB-antのほうがいいのかもなぁ。
登ってからはまた平地、しかも走りやすいので自然と速度が上がっていきます。
抑えなきゃいけない!と思いつつ、周りにつられて速度がw
途中、サドルバッグにつけていた瑞鶴お守りが落ちたということで一旦引き返して回収。
うう無駄な労力と時間を他の方に使わせてしまった。
それなりの速度で走って穂高エイドに到着。

Img_1524

最初のエイドなんですが、まぁ・・・食べちゃうよねーw

Img_0744

銘菓あずさと湯多里饅頭、そしてバナナw
今年 穂高エイドが新しくなって、綺麗にそして広く。
そこにレッドブルカーが来てました。・・・誰かが言ってましたが、もっと後のエイドに来てくれよとw
まぁせっかく来てるのでレッドブルをいただきに・・・って、ちがう!そっちのカロリーなしのなどいらぬわ!

Img_0745

ごくごっくと。
トイレなど済ませて、さてそろそろ再出発。

穂高エイドを出発してしばらく行った所に工事中で砂利道になっている箇所がありまして、そこは私は担いで通りました。
偽748Rさんや牛乳焼酎さんはそのまま乗っていかれてたのですが、B-antに着けてたタイヤは柔らかいのでパンクが怖かったんですよね。
穂高エイドから次の大町エイドまでは、斜度が緩くて平地のようですが実際は登っているところというのが多いので、ここで気付かずに足を使わされると中盤の登りまで持たなくなってきます。
先頭を交代しつつ速度抑え気味でペダルを回します。
だんだんと斜度がきつくなっていかにも登ってるという感じになったところで、左に曲がって国営アルプスあづみの公園内に入っていきます。
公園内のグネグネした道を走って行って大町エイドに到着。

Img_0746

去年はここ登りを登るだけでもかなり消耗してたんですが、今年は大丈夫。
ここでももちろん食べちゃいますよーー!

Img_1527

ねぎ味噌おにぎり!

Img_0747

おざんざ

Img_0748

わらび餅


やはりこのエイドのねぎ味噌おにぎりがとても美味!思わず2個目をw
復路でもこのおにぎりが残っているなら、あの登り坂を登ってもいいと思わせてくれるんですが、まぁ残ってないんですよねぇw
おざんざは、ひやむぎ?細うどん?そんな感じ。
わらび餅のプルプル食感もとても良かった。

私達が休憩しているところの前を小学生らしき子供さんが親の跡を追っかけて走って行きました。
穂高エイドで12歳の子が160kmに参加してるという話をチラッと聞いてましたので、あの子かぁと。将来有望ですなw
梅丹のところでドリンクを頂き、トイレに行って、さぁ再出発。

降り~と重力に任せて速度を出して下まで。
そこからまたゆるい斜度を登っていきます。しかし大町温泉郷エイド以降の本格的な登りに備えてここでも少し抑え気味に。

Img_1532


Img_1534

AACRの撮影ポイントに到着。
今日は薄曇りで山のほうが綺麗に見えてないのがちと残念でしたが、暑いのが苦手な私にとってはこのほうが好都合。

ただ、ここで撮影される人が多いのですが、去年と比べても今年はちょっとマナーが悪い人が多かったかなぁと。
聖人ぶる気はないんですが、一般の車とか撮影しない参加者の人の邪魔にならないようにはしないといけないですね。

さて、撮影をして再出発
少し先の大町エネルギー博物館のところを右折してからの川沿いを登って行くところがなかなかに辛い。ずっと登りで長いんですよねぇ、この辺。
そこを登り切ったら次の大町温泉郷エイド手前まで高速ダウンヒル。
ここで偽748Rさんが一気にスピードアップ。牛乳焼酎さんに続いて私も遅れないようついていきます。
ただこの降りは大町温泉郷の観光バスも結構通るのでそれに気をつけつつ走っていきます。

Img_0749

大町温泉郷エイド到着。

Img_1535


Img_0750

今年もここは地元のお母さんたちが漬けた漬物バイキングとなっていて塩分補給としてもとても良いんですよね。
そして、慣れた人は大町エイドのおにぎりをここまで、持ってきて漬物と一緒にいただくという・・・くっ来年は私もそうしよう。
漬物もどれもとても美味しいですし、ここで一番嬉しかったのがレモンのはちみつ漬け。いや、運動した後だとほんとにねぇw

Img_1536

アンマリーレのお兄さんにもご挨拶。
もちろんドーナツもいただきますよーw
今年も去年と同じくパリ・ブレストはお店の方で提供とのことですので、エイドから少し進んだところでお店のある方へ曲がります。

Img_0752

ありゃ、今年は自転車がいっぱい・・・去年はもっと少なかったのになぁ。
自転車をラックにかけてお店の中へ
あー・・・ちと3人で掛ける席がないか、と思ってると奥に座っておられたAACRの参加者の方が椅子を1つカウンターに持ってきてくれました。
カウンターに座ってパリ・ブレストとコーヒーを注文。パリ・ブレストは危ないところでしたがまだ残ってました。
アイスコーヒーにしたかったんですが少々時間がかかるとのことでホットコーヒーに。
そして私の左に座って居られたのが、南鎌倉高校女子自転車部を描いておられる松本先生。もちろん面識はなかったんですがジャージとかでw

Img_0751

パリ・ブレスト
うん、今年も美味しい。

そうしているとまたサイクリストたちがぞろぞろと到着。奥のテーブルが空いていたりしたので、座れる人数でしたが・・・パリ・ブレスト完売!
うん、私達の時でも危なかったものなぁ、売り切れちゃうよね。来た方々は面識はないんですがツイッターではフォローをしたりしている方々でして、自転車だけではなくヲタ方面でもわかってられる方々でしたので、外では「なのは完売!」というような声もw
なんとなく優越感に浸りながらパリ・ブレストとコーヒーを頂いてお店を出ました。

Konditorei Anne Marille
長野県大町市平2811-11
9:00~18:00
定休日 火・水

お店を出てコースに復帰。
少し降って街中を抜けてから本格的な登りとなっていきます。
この街中を抜けるまでが信号で止められたりして結構混雑するんですよね。
車も結構横を走りますので危ないですし。ですが、その車とかを気にしないのか横から追い越しをバンバンかけてくる人も多い。
結果2列3列になって信号で止まっていたりすることがあるので、もう少しこの辺りは参加者一人ひとりが気をつけないといけない所ではあります。

さぁ本格的な登りの始まり。まぁ急ぐ必要もないのでゆっくりと登っていきます。
ふひぃ、ふひぃ・・・やっと降り~っと思ったらまたすぐに登り。登った後のアップダウンの連続はは辛い。

Img_1539

美麻エイド到着。

Img_0754

蕎麦薄焼きー
ちょっとお洒落に言うなら、蕎麦のガレットかな。素朴な味に癒やされます。
AACR最高地点の手前にあるエイドですので、ここで水分・塩分もしっかりと取ります。
休憩は短めにして出発。

じわりじわりと登って、さぁ長い降りだ!ここは高速ダウンヒルの場所、50kmオーバーで駆け下りていきます。
しばらく降ってからまた登りに。去年一番苦しかったあの旧道の登りへと向かいます。
大通りから右の脇道に逸れて少し行ったところで、グッと斜度がきつくなります。

Dsc00046_2

私の登っている姿を偽748Rさんが撮っていてくださったw
B-antでもきつい。ぐっぐっと力入れて踏みますが持ち上がらない。
それでもじわりじわりと前に進んで何とか登り切ったー!

登り切ったところで休憩と少し写真撮影。
後でこの時の写真を見たら、とても人様にお見せできる体型で写ってなかったので封印wほんとね・・腹がね・・・ね

しばらく休憩して降っていき、途中で写真撮影。

Img_1545


うーん、やっぱり雲かかってて綺麗に映りませんな。
ここから白馬エイドまでは距離もそんなにないのですが、白馬エイド手前に寄りたかったジェラート屋 花彩さんがありまして寄ろうと思ってたんですが・・・なんだあの人の列は。
アンマリーレの時にも人が多いとは思いましたが、ちとあれは・・・結局寄らずにエイドへ。
エイド前の坂をひぃひぃ言いながら登って白馬エイド到着。

Img_1548


Img_0756

ここでは、赤米のおにぎりと豚汁が振る舞われます。
豚汁のしょっぱさがとてもいいんですよねぇw
バナナも頂いて白馬ジャンプ上の写真もぱちりと。

Img_1547

白馬エイドが折り返しとなりまして、これからの後半は全体的に下り基調で登りの箇所も少ないので快速で走って行けます。
特に今回は雲がかかっていてそれほど暑くならなかったのと、飲み物もエイドの水ではなくポカリとかの電解質系を摂っていましたし、塩分も干し梅とかで十二分に補給。
体の調子的にも、時間的にも、ここからゴールまで食べ物屋に色々寄る予定にしても問題なさそうです。

長めの休憩を摂り、再出発。
白馬からしばらく走ったところで、青木湖・木崎湖方面へ。
青木湖手前の登りさえ過ぎてしまえば、あとはほぼ平地です。
今回その登りがそれほど気にならない程度で登ることができて、去年の苦しさはなんだったんだろうという感じでした。
信号を渡って降っていった所に、美味しいラーメン屋のゼーブリック。
駐車場を見ると結構人が入っているようで、他の二人と相談して昼食は縁川商店で摂ることにしてゼーブリックはパス。
緩く降っていく道なので速度出していけます。
途中、水だけですが補給できる小さいエイドが有りますが、そこには寄らずに縁川商店へ急ぎます。
このエイドに寄らなかったことが、縁川商店での出来事の明暗を分けました。

Img_0757

縁川商店に着くと、結構な人。ラックはいっぱいだったので自転車を隅に立てかけてからお店に入り、数人並んでいた後ろに並んで風紋蕎麦と梅ソーダを注文。
偽748Rと牛乳焼酎さんもそれぞれ蕎麦と頼まれてました。

Img_0759

梅ソーダ

Img_1549

風紋蕎麦
うん、どちらも美味しい!
縁川商店はほんとはコンビニなんですけどねwここの蕎麦がほんとに侮れない。
蕎麦自体もつゆもほんと美味しいんですよ。

で、私達が着いてからも続々と人が縁川エイドwに来てまして、私達がそば食べてる時にはすでに行列が外にまで伸びていってました。
この時間帯、店員さんがもお客さんを捌ききれなくて、見かねたお客さんがレジとか客をさばいていたというw

私達がお店を出た時には、こんな感じに。


Img_1550


Img_0761

最後尾札が欲しいねとw

しばらくはこんな感じだったらしく、後で縁川商店さんに来た人は早々に諦めて横の洋食屋に行かれた人もいて、そこがなかなかに良いお店だったとのこと。
普段だったら縁川商店さんだけに寄るから行きませんし、たしかにめっけ物だったかもですね。

さて縁川商店を出て少し走った後、一旦横断歩道をわたって折り返して左折。
大通りの脇にある細い道を走っていきます。
そのすぐ先で、参加者に声をかけてられる人達が。どうやらグレーチングの金属部分が変に曲がって折り重なっていて、そこが尖っていて危ないとのこと。
その人は底でどうやらパンクとかされたみたいで、私もぎりぎり避ける事が出来ましたが危なかった。
木崎湖の横を走って、木崎湖入り口交差点を直進して市道?を走っていきます。
車は国道の方を走りますし、下り基調の平坦で風もなく、この辺りはすごく走りやすいんですよね。
そうなると・・・まぁ速度出ても仕方ないよね~w
体の調子も良かったですし、次の目的地 かぼちゃ山農場へ向けて30~40kmくらいで走っていきます。


他の参加者も抜きつつあっという間に到着。
うん、気持ちよかったw
お二人からは、ミニベロロードに牽かれているロードという構図が傍から見るとおかしいですよwというお話もありましたが、いやまぁ世間にはママチャリでロード惹く人もいますからw
結構暑くなってきてたのもあって、ここでは当然ソフトクリーム!

Img_0762

フレッシュ果肉入りいちごソフト
冷たい!甘い!昨日も食べてますがやっぱり美味しい!

Img_0763

こちらは牛乳焼酎さんが頼まれたいちごパフェ。
これも・・・いいなぁ。今度行った時にはこっちを頼もう。


かぼちゃ山農場
長野県北安曇郡松川村西原3363-80
10:00~16:00
定休日:水曜日

さてソフトクームで体を冷却した後、ドリンクも補給して再出発。
次の目的地は・・・北アルプス牧場でまたもやソフトークリームをw

しばらくはまた30kmくらいで走っていきますが、北アルプス牧場手前に登り坂が・・・うう、ここにきてこの登りはつ~ら~い~
ヘロヘロの状態で北アルプス牧場に到着。

自転車を置いて入り口へ回ると、げっまたすごい行列。
しかもこの暑さの中お店の中に人が多いのがまた・・・なんとも。
しかし並ばないとありつけないので、おとなしくなんで順番を待ちます。
フルーツのトッピングも出来ますが、その場合はコーンではなくカップとのことなので、普通のソフトクームをコーンで注文しました。
ちとピンぼけですが

Img_0767


うまーい!体に染みるぅ。
直前の坂や並んで待ったのも、この美味しさが増す要素になってますね。

後もう少し坂を登ったところが、最初のエイドだった穂高エイドとなりますが、この復路では寄らずにゴールへ向かいます。
残り20km程度で時間的な余裕は十分。
去年苦労した向かい風と微妙な登りになっている区間は、今年は風もさほどなく走っていけました。

そして坂を降ってゴールまで3kmくらいのところで、思いっきりスパート。
偽748Rさんも牛乳焼酎さんも速度上げて私の前を走っていきます。


ゴール!!
AACR2014 10時間15分で完走です!

Img_1551

Img_0768

完走後は完走証もらって、おめで鯛焼きもらってとw
もちろん今年も3人で写真を撮りました。

Dsc00080_2

さて、とりあえず飲み物ーと自販機の方にいったのですが・・・あるのは缶コーヒーだけ。後は全部売り切れでした。
そして今年もベプしネクストしかコーラがない!どういうことだ!カロリーが欲しいんだよこっちは!
少し落ち着いたら、ツイッターでやりとりさせて頂いてる方へご挨拶と思ってたんですが、暑さと喉の渇き、そして汗を流したいという気持ちが強かったので、もう撤収してお風呂に行きますか!と自転車を車に積み込んで撤収。
すぐ近くのコンビニでアイスとコーラを堪能いたしましたw

そして、昨日泊まった温泉旅館へ。
日帰り温泉で汗を流します。このロングライドの後のお風呂がたまらないんですよねぇ・・・。

お風呂の後は松本まで戻って、私は一旦今日のホテルへチェックインと荷物を置きに。
お二人には荷物運びまで手伝って頂いて感謝です。
ホテルの近くでさぁ打ち上げはどこにしますかということですが、私以外のお二人は今日車で変えられるのでアルコールはなしなのですが、それでいいお店もなかったので居酒屋へ。
軽く打ち上げということで私はチューハイ、お二人はノンアルコールビールにて乾杯です!

Img_0769


AACRお疲れ様でした!

今回のAACRは、ミニベロロードのB-antで走ると決めたのがB-antを買ってすぐの頃。
フレーム以外ほぼ総とっかえして、走れるミニベロロードにしたわけですが、期待以上の走りが出来ました。
前日の小熊山ヒルクライムでも、足は一度着きましたがほぼ休みなく登っていけましたし、予想以上にいい感じに仕上がりました。
AACR本番は去年のような日差しの強い天候にはならなかった事、暑さ対策としての長袖のインナーや、電解質のドリンク、干し梅とかも功を奏して最後まできっちりと走ることが出来ました。
途中に寄りたかったお店も一部はあきらめましたが、ほぼ寄ることが出来ましたしいいイベントとなりました。

去年も痛ジャージの方々は多くて、いわゆる木崎湖クラスタといわれる聖地巡礼者の方がおねてぃジャージを着て走られて、なんかチームジャージっぽくなってたわけですが、今年はそれがろんぐらいだぁすジャージにw
本当に着ている人多かったですねぇ。まぁ私もなんですけどw
アンマリーレのパリ・ブレスト売り切れ、花彩のジェラートの行列、縁川商店の行列なんかも、ロングライダースやろんぐらいだぁすに関わってられる方がこのAACRが好きな人が多くて、ツーリングガイドとかで紹介したりしてるので行く人が多かったんだと思います。
来年はさらに人が多くなっていそうだなぁ・・・

今回のデータ

|

« 2014AACR前日 小熊山ヒルクライム | トップページ | BRM607 高野山200km そして2014SR取得! »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/59975201

この記事へのトラックバック一覧です: 2014AACR:

« 2014AACR前日 小熊山ヒルクライム | トップページ | BRM607 高野山200km そして2014SR取得! »