« BRM201鎌倉300km 前日 | トップページ | らぁ祭2014  麺や しき  中華そば無限 »

2014年2月12日 (水)

BRM201鎌倉300km

ブルベ本番。
なんだかんだ言って今年初めてのブルベであり、去年の10月からブルベは走ってないので緊張気味。
4時30分に起きていそいそと用意して、宿を静かに出発。
途中のコンビニで朝食と補給食・ドリンクを購入してスタート位置の鎌倉駅へ。
寒いのは寒いけどまだ温かい方なのでシューズカバーとかは置いてきが問題なさそうだ。

鎌倉駅につくとすでに数人集まっていて私と偽748Rも受付を済ませてしばし待機。

Img_0478

お供の赤城さんにあやかって補給をうまくできれば300km位は問題なく走れるはず。
ぞくぞくと参加者が集まってきて、ブリーフィングの開始。
AJ神奈川のブリーフィングはなかなかに和気あいあいとして面白い。
コースの変更はなしだけども200kmの時と同様に最初から飛ばすと伊豆高原から辛いですよとのことなので、心に留めて車検を受けてさぁスタート!

鎌倉から江ノ島方面へ夜が明けていく海岸線を横目に走って行く・・・走って・・走って・・・速いよ!みんな速い!
横風とか向かい風を心配をしていたのがばからしくなるくらい風は障害にならずに、少し追い風気味ということもあって皆平坦路をスピード上げて走っていきます。
私達ももちろんその流れに乗ってトレインの後ろに着いたり先頭で走ったり。偽748Rさんのペースが心配でしたが問題無いとのことでそのままの速度でPC1へ向かいます。
早川口の交差点前にあるセブンイレブンで一旦トイレ休憩。トレインが長くなっていたのと、PC1で人が多くてトイレに行けないことを考えて早めのトイレタイムにしました。
ペース速いねーと偽748Rさんと言いながら再出発。っと、左に曲がらないといけないところを直進してしまった。慌てて戻ります。
海岸線に出て少しアップダウンとトンネルをクリアしてPC1到着。
8時に到着なので47.6kmをおおよそ2時間で走ってきた計算になります。うわぁ速い。ペース少し落とさないとなぁ。
手早く補給を済ませてPC1を出発。出て少しの間は抑え気味に走れてましたが、走りやすい道というのと風の後押しも受けて結局スピードが乗ります。
この状況なら抑えずに乗っかったほうがいいかなとスピードを上げて走って行きました。
熱海東海岸町の交差点からトンネル回避とかのためにちょっと頻繁に曲がったり合流したりしつつアップダウンというか細い登りが体力を削っていきます。
しかし、朝日の登った海岸線の美しさはとてもいい。こういうとこを走れるからブルベはなかなかにやめられないです。

網代の交差点を左に曲がって少し行ったところにある和菓子屋さん。
キューシートにもお菓子屋があるということにが書いてあり、事前にちょっと調べてみると老舗でなかなかに良いお店のよう。
ペース速いし休憩の時間くらいあるさと寄ることにしました。数人のブルベ参加者も店内で和菓子を食べられてて、私は干し柿と黄身餡の福寿柿といちご大福を注文。店内で温かいお茶と一緒にいただくことにしました。
ただ福寿柿はこの時間帯はまだ冷凍のままらしく、後で食べることにしていちご大福だけを頂きました。


Img_0481

美味しい!この季節のいちごなのに十分な甘さがあってまた適度な酸味もあんこと合ってます。
ううむ、いいなぁ。どら焼きも買っておくんだったかとw
偽748Rさんも同じものを頼まれて一緒に頂いていました。

Img_0482

菓子舗間瀬 本店
熱海市網代400-1
8:00~18:00
木曜定休

温かいお茶にも癒やされて、さぁ気合を入れて走っていきます。
しかしアップダウンの連続がいやぁきつい。斜度がキツイとか登りが長いとかはないんですが、こういうのも体力と気力を奪っていきます。
登りの合間合間に見える海や海岸線はとても綺麗で目を楽しませてくれるんですが、しだいにそれを楽しむ元気もなくなっていきますw

県道109号に入りしばらく走ったところに、コース引っ張ってて絶対ここは酷い登りだ!と思ってたところがあったんですが、予想通り酷い。
私はゆっくりとしか登れないので偽748Rさんには先行してもらいました。・・・って、あの人なんであんなに軽々と登れるんだ・・・こんなの絶対おかしいよ!
と、若干思考が変なことになりつつなんとか登り切りました。
登った後は下りー!とばかり足を休めつつ下っていった先のPC2到着。

Img_0483


日も差してだいぶ暖かくというか暑くなってきたのでここでウィンドブレーカーを脱ぎます。
PC2には11時5分到着。この時点で1時間40分ほどの余裕ができていました。天気も悪くないしコースもすごくキツイというのもあまりない。まぁこのままいけば余裕だなぁと思っていたのですがここからがいろいろとw
ブルベに慣れているはずの私のほうが、暑くなってきてからの水分補給やトイレのために何度か走るのを止めさせてしまっていて、そこそこのタイムロス。

Img_0484


アップダウンはあるんですが景色はいいところが多い。
しかし疲れのためかコースミスとかも・・・うう張り切って任せとけよ!みたいな事を言ってこの体たらくとは、偽748Rさんに申し訳ない。
この辺りから道端にごろごろと柑橘系の果物が落ちてるw踏むと面倒だし避けるのも大変でした。
そしてPC3手前の下田辺りからは向かい風に。ここまで風に邪魔されてなかった分かなりきつく感じました。
その影響か少しハンガーノック気味に。まだアンパンとか鞄の中に有りましたし、伊豆急下田の道の駅で金目鯛バーガーを食べればよかったんですが、そこら辺スポーンと抜けてしまってPC3へ着くことしか考えてませんでした。
まだか・・・まだか・・・とヘロヘロになりながらやっとのことでPC3到着。

Img_0485


それまでの速度とは打って変わってPC2からPC3からの50kmに3時間もかかってしましました。
PC3からは折り返しで同じ道を戻るので今度は追い風になる!というのがわかっているのでだいぶ気分が楽に。
で、PC3のコンビニはサンクス。ということはこのときキャンペーンをやっていたガルパンの食べ物もゲットして名刺ももらう!と気合れたんですが、残念ながらティラミスがなくて結局ここでは揃えませんでした。せっかくのネタがぁとちょっとがっかりw
その分、ちょっと多めに食べてエネルギーを再充填して残り半分さぁ頑張るぞ!

PC3で少し長めに休憩をとったり補給を多めにしたり、なんといっても追い風に戻ったことで折り返してからは順調に戻っていけました。
途中で金目鯛バーガーのことを思い出して寄ろうかどうか考えたんですが、PC3でとった補給でお腹は空いていなかったのでそのまま走ることにしました。
PC4はPC2だったローソン伊豆高原店なのでそこまではきた道をそのまま戻っていくだけ。アップダウンというか登りでは相変わらずのろのろとした走りでしたが、キツイところとかわかってる分割と気が楽に走れました。

PC2あたりからよく抜きつ抜かれつしていた初音ミクジャージの方ともこの辺りでよく会ってまるで顔なじみな感じにw
登りで結構体力を持って行かれてたので途中途中で休憩をはさみながら走っていると、いつの間にか抜かれてたりするんですよねぇ。
正直ココらへんの記憶があまりなくてw疲れて何も考えずに走ってたんでしょうねぇ。
そんなこんなでPC4に到着。

Img_0486

ここで2時間ちょっとの余裕。まだ明るいうちにこの辺りにこれてて良かった。暗い道のアップダウンは結構気力が削がれますしね。
ここではコーラとローソンのプレミアムスイーツを補給。甘いものを食べて気分を上げていきます。
そろそろライト点灯だねと早めに点灯させてさぁ出発。

国道135号から県道109号へ走る道が変わり、少し先に一番の難所が待ってます。
ただ復路の方なのでそんなに苦労はしないだろうとは思いましたが、その登りのとこまで来るとやはりちょっと辛い。
まだ先はあるしと偽748Rに相談して下りになるまで押して歩くことにしました。
ちょっと足を休めつつゆっくりと押して・・・下りだ!
一番の難所を抜けたという事が気持ちを楽にさせて足も軽くなります。
国道135号に再合流してひたすら暗い海岸線を走っていきます。
勾配図を見ながらあといくつアップダウンがあるとかカウントしたりして、ひたすらに前へ前へ。
往路では回避していたトンネルも復路は走っていきますが、ここでも真ん中に車止めとかがあるのでもう怖くて怖くて。
特にトンネルだと車側も回避しにくいですしこっちは後ろから煽られてる感じになるのでできるだけ通りたくはないですね。

PC5がナビで見えてきた辺りで偽748Rさんがパンクとのこと。まだ走れそうだったのでPC5まで走ると言って少し行ったところでやはり空気が抜けてだめっぽい。
少し手前のところで溝でタイヤを打った感触はあったそうで、おそらくスネークバイト状態かなとのことでチューブ交換作業に。
私個人はずっとチューブレスでパンク知らずでは有りましたので、実はこれはいい機会とばかりに作業を見てました。
最初タイヤが硬いためか少々手こずってられましたが、タイヤが落ちてからはパパっとチューブ交換とエアーを入れて復帰。
実質20分程度のロスで済みました。後のチェックは先のPC5でするとのことでさっと走ってPC5到着。

頭もあまり回ってなかったのか写真を撮り忘れるし、ツイッターではPC5なのに「PC4到着!」とか書いちゃうし・・・。

パンク修理はありましたがまだ2時間の余裕。
先に補給何かを済ませて、さすがに気温が低くなってきたので少し防寒具を足しました。
偽748Rさんの自転車のチェックも終わり特に問題無いとのことでさぁ出発。
先程2時間の余裕と書きましたが、この辞典で私は何を勘違いしてたのか4時間の余裕と思い込んでました。
此処から先は往路では高速区間であったし時間にも”かなり”余裕があるから、ちょっと記録狙ってみるかなーと、偽748Rさんにちょっと速度出しますよーと言ってスピードを上げて走って行きました。
時間の読み間違えもそうだし、偽748Rさんの体調も考えずに突っ走ったことは、素直に反省しないといけないことです。

風も邪魔をしなくて平地で、車もそんなにいないとなれば、楽に走れるんですがあと60km。もう少しだ!という気持ちから足はだいぶ軽く回っていました。
偽748Rさんもなんだかんだとずっとこの速度にも着いてきて、いや初めてのブルベで300kmですごい、すごいと。
町中に入って信号に止められることも多かったですが、何度かはすっと青信号が続いて速度出したまま走っていけました。

しかし大磯を過ぎて平塚の橋を渡る前辺りで、胃のあたりにハンガーノックの前兆。信号で停まった時にフロントバッグに残していた唐揚げ棒をぱくつきますがちと遅くて、ペースが維持できなくなりました。
この頃にはすでに時間を読み間違えてたのがわかっていたので、もういいかとペースを落として走って行きました。
長い海岸線を走ってやっと江ノ島まで戻ってきて、ああ、本当に後もうちょっとだという気分に。
鎌倉の宿前あたりに来た時には、宿まで戻って休みたい!という気持ちでしたが我慢して逗子方面へ。
ゴールは逗子駅なのですが135号線をそのまま走るので上りとトンネルを越さないといけません。
ここにきて、それは辛い!鎌倉まで戻ってきたことでいったん緊張の糸が切れて走る気を起こすのにだいぶ苦労しました。
渚橋の交差点を左に曲がり逗子駅へ。

ゴールのマクドナルドが見えた時には、もう、もう、ただ疲れたー!という気持ちでいっぱいでした。

マクドナルドに入って何かを食べる元気はなかったのでコーラだけを貰って3Fのゴール受付へ。
ブルベカードとレシートを渡してチェックしてもらいます。このチェックの時はいつも不安ですね。もし違ってたらとかレシートなくしてたらとか。
チェックが終わり「はい。17時間30分でゴールですね」と言われてやっとほっと一息つけました。

偽748Rさんも無事チェックが終わり同じ17時間30分でのブルベ300km完走。
これまた同じコーラを飲みながらしばらくだべり、宿へ戻りました。
逗子から宿まではまたトンネル越したり登ったりは嫌だったので、別の道の海岸側から宿まで。
宿に戻ると今日泊まりの方がまだラウンジにおられて賑やかでしたので「無事完走しましたー」と宿の方と少し話して部屋へ。
偽748Rさんと宿の方がちょっと話して、本来ならダメなんですが部屋でビールで祝杯を上げました。

とりあえず今年最初のブルベで300km完走!
ですが、なんかいろいろと偽748Rさんには申し訳ないことをしたブルベになっちゃいました。辛いだけだったという風に思われるとダメだったのに反省せねばですね。

走行データ

|

« BRM201鎌倉300km 前日 | トップページ | らぁ祭2014  麺や しき  中華そば無限 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

どうもお疲れ様でした。
実際の所辛いだけだったという事は無くて、余裕かまして楽しめるほどのスキルがまだ足りなかったというのがホンネですw
ってか、本当に辛いだけなら次の作戦なんて立てないし。

・ペース配分と補給は計画的に
・休憩時間を得るためには、それなりの速さは必要

という事を強く実感してので、ここらは次に生かしたいです。
私の次のブルベもご一緒させて頂く事になりそうなので、またよろしくお願いします。
お手柔らかによろしくww

投稿: 偽748R | 2014年2月12日 (水) 22時31分

どもどもお疲れ様でした。
そのペース配分とか補給のタイミングとかを、経験者の私がちゃんと配慮しないといけなかったんですけどね。それができてなかったのがどうにも。
次は600kmですし私も走ったことがない距離なので、体の調子とかいろいろ思ったことは言ってくださいね。

投稿: Nere | 2014年2月12日 (水) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/59120659

この記事へのトラックバック一覧です: BRM201鎌倉300km:

« BRM201鎌倉300km 前日 | トップページ | らぁ祭2014  麺や しき  中華そば無限 »