« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月14日 (火)

初詣ライド 伊勢神宮

爽やかな朝!・・・でも寒いよぉ。
この日もなかなかに起きれなくて結局出たのが7時すぎでした。
平日なので通勤ラッシュに巻き込まれると嫌だなぁと思っていたのですが、大通りに出た途端車が多い多いw
幸い横の自転車も通れる歩道が広く、舗装も良かったのでそちらを走って行きました。
少し走った時に歩道の所にキラキラと・・・ガラスだ!
回避するべく一旦止まって車道を進もうとしたのですが、そのガラスの場所まで来てようやく車の事故でガラスが散乱していたことがわかりました。
しかも、3台くらいの玉突きっぽく、車を横に動かしてないので渋滞していた理由も判明。
自転車を持ち上げて歩道を歩いて通り抜けました。
そこからは車も少なく車道をゆったりを走って行ったのですが、道路や車はいいのですがちょうど朝日に向かって走って行くので眩しいと言ったらありゃしないw
調光グラスしていても目を細めないといけないし、信号はあまり良く見えないしで難儀しました。
1時間ほど走って伊勢神宮外宮へ到着。しかしそこはそのまま通りすぎて内宮へと向かいます。
と、思ったら右へ向かうところを道なりにそのまま左方向へ行ってしまったので、右折し内宮への道へ復帰。
37号と32号の別れるところはホントわかりにくい。内宮方面という看板も見当たりませんでしたし。
ちょっとした坂道を登って駐車場への案内にそって走って内宮前に到着。


Img_0352


宇治橋駐車場の端に駐輪場がありまして、そこに停める事が出来ました。

Img_0353


Img_0354

鳥居をくぐって橋をわたるのですが、”右側通行”との案内が。なるほど。端を歩くだけではなく右側通行なんですな。
ちなみに外宮では左側通行でして、少し調べてみると手水舎の位置や正殿の位置というのが理由のようです。
もちろん、右側の端よりを歩いていきます。

Img_0355

古札納所に去年椿大神社で頂いたお守りを納めます。
そして手水舎でお清めをして先へ。手が・・・冷たいです。

Img_0356

五十鈴川の御手洗い場。元々はここで身を清めるらしいのですが・・・ま、まぁ寒いしねw
参拝路を進み案内に従ってまずはお参りを済ませます。

Img_0357_1

正宮下から。
上がって二礼二拍手一礼にてお参り。

帰路へと進み、神楽殿のところで厄祓いの申し込みをします。
厄祓いといっても特別に何かあるわけではなく、ご祈祷の申し込みとなりまして、あとはその規模(?)で納める金額が変わっていきます。
横でも私と同じ本厄のお祓いをーと言ってる男性が居たのですが、それを聞いた正面の神職の人が「48年生まれですか?それだと後厄になりますよ?」と言ったのでぎょっとしてその人を見ると、ほかからも見られていて横の神職の人から訂正されてました。
まぁ・・・正月と前日に議員のお参りがあったりして疲れてたんでしょうw

私は一番お安いご祈祷料五千円を納めて、渡されたチケット(?)を持って待機所で待機。
10分ほどで他にも申し込みをされていた6人位と一緒に神楽殿でご祈祷をしていただきました。
こういうご祈祷は実は初めてでなかなかに新鮮な体験になりましたね。

Img_0358


Img_0359


ご祈祷が終わった後は帰路を歩いて、お、甘酒。
甘酒を配られていたので、ちょっと寄り道。

Img_0361

暖かさが手の冷たさに染みる~。
しばしツイッターを眺めながら休憩して出口方面へ。

Img_0363


Img_0362

宇治橋から。
駐輪場へ戻り、さぁおはらい通りでなにか食べて帰ろうと思っていると、お猫様がw

Img_0364

にゃー。
やっと暖かくなってきた陽だまりでおくつろぎのところを少しもふらせていただきました。

自転車を押しながらおはらい通りへ。

Img_0366


Img_0368

伊勢うどん・赤福ぜんざい・天ぷら(魚のすり身揚げのほう)・干物等々いろんなお店があります。
伊勢角屋麦酒のとこでは、本気でちょっと飲んでいこうか悩む私・・・

Img_0365

とりあえず目についた、伊勢海老コロッケを!・・・いわゆるエビクリームコロッケなのですが、伊勢海老感はあまり感じられずw
おはらい通りの中心あたりにおかげ横丁がありまして、この横丁にもほんといろんなお店があります。
食べ物やおみやげ物とか目移りしまくりです。

Img_0369

自転車を置きやすい処にあった ふくすけさんで伊勢うどんを頂きます。

Img_0372


Img_0373


海老天麩羅伊勢うどん~太い!黒い!w
初めて伊勢うどんを食べましたが、うどんは太いですが柔らかくコシはありません。そしてタレも色のわりに味が濃いということではないのであっさりと食べれます。
ずるずるっと頂いて、サービスでポット提供されている熱いほうじ茶で手を暖めつつ周りを観察。

Img_0371

上にも書きましたがいろんなお店があり、おかげ座という伊勢参りの資料館もあります。
ここでちょっと失敗したなぁと。駐輪場に自転車停めたままこっちへ来て、もっと食べたり色んなとこ回ればよかった。
この時でもそうすればよかったんですが、ちょいと面倒になっててw
横丁を含め一周りしたので、さぁ撤収しますk・・・あ、赤福本店が行こうかな、っていやいや帰りますよ。
最近自転車に乗ってるけど食べ過ぎと言われていますからね。

内宮から外宮方面にへ戻り外宮に立ち寄るかどうか悩みつつ、そのまま近鉄宇治山田駅へ。

Img_0374

近鉄特急に乗ったりする時は良く聞く名前の駅ですね。
輪行準備をして切符を購入。幸いすぐ来る特急の一番後ろの指定席がとれたのでそのまま難波まで。
そこから御堂筋で家の近くまで戻って帰宅。
今年は無事故で家まで帰ることが出来ましたw
今年一年いい年にしたいものです。

今回の走行データ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

初詣ライド 大阪~伊勢 1日目

年末の冬コミから戻って1月2日から仕事であったため、今年しょっぱなの高松400kmや京都200kmは出れずじまいでした。
その代休として休みになった6,7日で初詣に行ってきました。

去年は同じ三重県にある湯の山温泉へBromptonで行き、その途中で椿大神社にて初詣をしました。
椿大神社の別宮に椿岸神社という天之鈿女命へお参りするのが主目的(なぜかというと境界線上のホライゾン的に)でありましたし、湯の山温泉の宿はとても良かったのでそこは満足だったんですが、温泉に泊まって四日市駅に向かう途中ちょっとこけて怪我をしてしまいました。
御神籤はそれなりだったのにいきなり運が無いなぁとか、松坂で肉を食べて帰りたかったのに!とかいうのがありまして、今年の初詣はそれのリベンジも含んだものにしたかったし、今年本厄というので厄祓いも兼ねて去年遷宮した伊勢神宮へ行くことにしました。

とはいっても、ただ行くのはあまり楽しくないので3月2日に実施されるブルベ大阪200km安濃津のコースを試走して津まで行き、松坂で一泊。翌日に伊勢神宮へお参りという計画にしました。

当日は朝早くに起きて行くつもりが・・・オフトゥンから抜け出れなくて結局家を出たのが6時30分くらい。通勤の渋滞に巻き込まれないように走ってブルベのコースの四條畷に到着。
実際のスタートは大阪城のあたりですが、四條畷から津までのコースを走ります。
四條畷からだとすぐに登りが。清滝峠にさしかかっていきます。
さすがにまだ走り始めなので踏む力もあってそんな苦にせず登っていけました。峠の上にあった公園っぽいところで少し休憩して更に東へ。

Img_0323_1


下り基調ではありますが、微妙なアップダウンが続きます。またトラックの抜け道になっているらしく、結構大きなトラックが横を走って行ってまたそれが幅寄せやギリギリを抜けていこうとするので怖い。
ブルベ本番の時は休日なので車少ないといいんですけどねぇ。

Img_0324

木津方面へぬけて木津川を渡ります。

Img_0325

渡ったところにあった自転車屋。
渡った後は川沿の大和街道を走っていき、平坦路が段々とアップダウンを含みつつ上り基調になっていきます。

Img_0327


Img_0328

上野の町あたりになってからは去年の京都ブルベでは何度も走った伊賀街道に合流し更に東へ。
ここでもう少し時間とって町並みとかお店回っても良かったかなと。ブルベの時は先を急いでゆっくりは出来ませんしね。
登り基調ではありますが斜度はそんなに無いですし、田舎道なのでゆったりと楽に走っていけます。
ただちょっと思い込みがあったのが、津に行くまでにもう一つ結構な上りがあったはずということでした。
このブルベコース上野から東に行った上阿波が最高地点なのですが標高としては500も無く、しかも微妙な斜度の上りを走っていくだけなので、いつの間にか最高地点まで行って下りに入ってました。
上野のあたりでは周りが全て山に囲まれていますし、ここから抜けるためには登らないと!と覚悟していたのが拍子抜け。
降った先が津市街。さすがに街中は車が多くて、しかも結構な向かい風が吹いてスピードが上がりません。
ここまでくれば急ぐ必要もなしとゆっくりとブルベコースの折り返し地点へ。


Img_0329

うーみー!

Img_0330


贄崎灯台。ちっちゃいので遠くからだとわからないですw

さて、試走はここまで。ブルベ本番ではここから折り返して元のコースを四條畷の峠手前まで走ることになります。
コースとしてはかなり楽な部類になるかと。登りは少ないし斜度のキツイ処は最初の清滝峠くらいですし。

到着したのが14:00少し前でしたので、津ぎょうざを食べにお店に行くにはちょっと微妙かなと、軽く食べるかとカレー焼きのさかえやさんへ。
カレー焼きとはなんぞ?という方も多いでしょうが、要は大判焼き(回転焼き)を細長くして中にあんこの代わりにカレー餡をいれたものです。
私の田舎、通っていた高校のある京都の宮津に同じものがあって、あんこやクリームはもちろんカレー焼きもよく食べたものでした。


少し戻って、お店へ。
数人焼き上がり待ちがいらっしゃいまして、私も並んでカレー焼きを注文。
しかし・・・前の人達どなたも大量に購入していきますね。10本以上は当たり前!みたいな感じでした。
そんな中私はカレー焼き1本のみ・・・い、いや、友達がいないわけじゃないんだよ!ないんだよ!
ほら!ほら!自転車乗りの格好してるからわかるよね!
そんな風に心のなかで訴えながら出来上がったカレー焼きを持ってお店の外へ。


Img_0331

できたては熱い!美味しい!
中のカレー餡がなかなかの美味でした。

Img_0332

さかえや
三重県津市羽所町535
[月~金] 11:00~19:00 [土] 11:00~18:00
定休日:日曜日


さて、じゃあ今日のお宿、松坂へ向かいます。
津から松坂までは15kmもないくらいで、ゆっくり行って十分時間が余ります。
しまなみ海道の時のように脚がどうにかなってるわけではないですし、適度な速度で走って・・・うん、着いた。
いや、というかですね。何も特筆することがなかったんですよ!
普通に国道と県道を走って車も予想してた多さでしたし、舗装がすごく良いとかすごく悪いとか、坂が多いとかもなかったですし。
迷うようなこともなかったですしねぇ・・・。
ホテルの玄関横に駐輪場がありそこは屋根も合って地球ロックもしやすく、そして表からは見えにくいので盗まれにくいいい場所でした。
松坂ブルベの時もこのホテルにしようかな。

チェックインしてとりあえず、シャワーを浴びて着替え。
その後は荷物の整理と充電と・・・あ、そだ洗濯もしないと!
なんだかんだとばたばたしていたら、晩御飯にはいい時間に。
松坂といえば当然松坂肉を食べたい。そうなるとネイチャージモンもお薦めの和田金・牛銀の名前がまずあがります。
が!そこですき焼きとか食べようと思うと、二人以上からというお話になりまして・・・。
もう少しカジュアルな洋食屋牛銀という手もあるんですが、あいにくとこの日月曜日は定休日。
後は三松かなぁと探していると”回転焼き肉”の文字が。
はて?と思って見てみると、回転寿司のような感じで肉がレーンを流れてくるという。
一升びんというお店で松坂に数店舗構えている結構有名ところのようです。出している肉も悪くはなく、松坂肉も流れてくるとのことでこの御店に決めました。
ホテルからはすぐ近くで、寒いところをそんなに歩かずにすんだのは良かったw
お店に入り、回転焼き肉をと言って案内していただきました。
炭火に火をつけていただき、初めてだというとシステムのご説明と飲み物とご飯については個別に店員を注文してくださいとのこと。
レーンはお客さんの所にボタンを押すと皿が取れるところが6秒間開くようになっていて、長時間置いて乾いた肉が流れてくるとかはありません。

Img_0340


Img_0345

とりあえずビールとご飯(大)を頼んで、流れてくる肉を物色。
炭火と網の具合を見つつ良さ気な肉を選んでー

Img_0336


お肉ー!(ハラミとツラミ)

Img_0335

ビールとご飯も当然!

Img_0338

ご飯に載っけてーー・・・美味い!

Img_0337

松坂肉レバー 松坂肉ホルモン

Img_0339

サーロイン

Img_0341

松坂肉バラ

Img_0346

松坂肉特選

Img_0348


Img_0349

松坂肉ランプ
これは分厚く柔らかく、美味しかったぁ・・・・

肉とご飯とビールを堪能致しました。
これだけ食べて5450円です。

Img_0333

一升びん 宮町店
三重県松阪市宮町字堂ノ後144-5
■一般席■
[月~金]
11:00~15:00(L.O.14:30)
16:30~22:30(L.O.22:00)
[土・日・祝]
11:00~22:30(L.O.22:00)

■回転席■
[月~金]
17:30~21:30(L.O.21:00)
[土・日・祝]
12:00~15:00(L.O.14:30)
16:30~21:30(L.O.21:00)

ホテルに戻ってお風呂に入り、そして部屋に備え付けの結構上のクラスのマッサージ器でマッサージを。
あ”~いい気分~幸せです。

今回の走行データ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »