« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月27日 (金)

丸亀~高松 うどんライド

朝早く起きて、お風呂が開く時間に合わせて大浴場まで。
まだ外は暗いですがお風呂入っている間に段々と明るくなっていい景色が見えてくるのがとても好きです。
確か横手美智子さんだったか何かの雑誌の連載コラムで、そんなこと書かれてたんですよね。
一度やってからや結構やみつきに。
泊まったホテル 今治湯ノ浦ハイツの大浴場からの展望もすごく良くて、ホテル前の海、瀬戸内海の島々が見えていい景色でした。
湯船に浸かってゆっくりと明るくなってくる外の景色を楽しつつ、脚をマッサージw
今日は攣ったりしないといいなぁ。

Img_1429

外の景色
部屋へ戻り、ご飯を食べたらすぐに出れる準備をして朝食へ。
ささっと食べてチェックアウト。
急いでたのは今日の予定が、うどんライドだからなのです!
ホテルの朝食はなしにして、朝からうどんということにしても良かったのですが、それもなんだかなということで朝食食べて列車の時刻に間に合うように急いで駅まで。
ホテルから最寄りの駅は伊予桜井駅。ここから伊予西条まで鈍行で行き、そこから丸亀まで特急という予定にしてました。
駅で切符を買おうと思っていたら伊予桜井駅は無人駅でして、うーむこれならもうちょっとゆっくり出来たな。
10分ほど待って来た列車に乗り込みました。
ここでもCCPの輪行カバーがお役立ち。JR四国は輪行規則が厳しくなったという話が割と早く出てたところでしたので、上下ともに出ないようにカバーを掛けて乗り込みました。
乗務員の方からも特に何言われずに、そのまま乗れましたよ!
さて、列車の中で切符と特急券を買って丸亀まで。

なんか子供とか多いなぁと思ってたんですが、丸亀駅に到着してホーム降りてなっとく。アンパンマンのラッピング電車だったんですね。

Img_1430


Img_1431


Img_1432


Img_1433

改札を出て、さぁ出発!


Img_1434


さぁ、うどん!うどん!と、まずは東方面へ。
目指すはかみ家製麺所。釜揚げがおいしいと評判のようです。
お客さんは10時過ぎのこの時間帯はあまりおられないのか少なく、お店に入ってすぐに注文出来ました。

Img_0292

ぶっかけ(小)です。
いや、釜あげちゃうんかい!というツッコミが聞こえそうですが、いやまぁこの後何件も行きますしね。少なそうなものをと思いまして。
麺は讃岐のイメージにしては柔らかめ?まぁ温かいのを頼んだので冷水で締めてない分柔らかいのかもしれません。
ですが、美味しい。ずるずるっとあっという間になくなりましたw

Img_1437

かみ家製麺所
香川県丸亀市土器町東7-804 タクマビル1階
07:00~17:00(麺無くなり次第、終了)
定休日:火曜日


さて、次は更に東へ少し走ります。

Img_1436

その途中で見つけた自転車屋さん。
おお、パールイズミの文字が。なかなかに面白そうな自転車屋さんです。
まぁ、それは置いておいてw目的地のおか泉へ。

Img_0293_2

おろしぶっかけ(冷)
今度は冷で。ここは讃岐らしいいいコシの麺でして、喉越しも良くて、うんうんこういうのだよと。
もちろんつゆも美味しくて、1軒目から時間経ってないのにあっという間に完食~。
私はあっさりめに行きたかったので、ぶっかけおろしを頼みましたが、本来であればここはひや天おろしを頼むのがいいかと。
器からはみ出るくらいの海老天がのったうどんは、目にも舌にも満足できるのではないかと思います。
お店から出ると、お昼近づいてきたせいか入店してから一気に人が増えて表にも10人位並んでいました。
結構有名店ですからねぇ。できるだけ時間を外してくるのがいいのかもですね。

Img_1435

おか泉
香川県綾歌郡宇多津町浜八番丁129-10
平日 11時~20時(LO)
土日祝 10時15分~20時(LO)
定休日:月・火


次は一旦西へ戻ります。
距離も4km程度離れているので、いい感じの腹ごなしになるかなっと。

Img_0294


途中から河原の自転車道を走っていきます。
もう少し舗装がいいとありがたいですねw

Img_1440

遠くに見えるのが丸亀城。
時間が余ったら行こうかな。

河原に沿ってずっと南へ走り、曲がって少ししたところにあるお店、よしやです。
お店の中は結構お客さんが居て、少し並んでから注文。

Img_0295

温玉ぶっかけと、うどん玉子コロッケ
このねじれたうどんとお出汁がすごく美味しい!
途中で温玉をちょっと崩して~と黄身の絡まったところがまたたまらないです。
うどん玉子コロッケがどんなものかなと、恐る恐る食べてみたのですが、いわゆる玉子コロッケに細かく切ったうどんが入っていました。
いや、あり!これありですよ!食感とかなんか良い感じなのです。もちろん玉子コロッケとしての完成度もなかなかに高い。

Img_1445

純手打ちうどん よしや
香川県丸亀市飯野町東二343-1
7:00~15:00
定休日:火曜日


よしやの前にあるコンビニで飲み物補給してから、また河原まで戻って南下。
中村うどんへと向かったのですが、お店の前の状況を見て撤退。
駐車場は満車、お店の前には20人くらい人が並んでいたのでさすがにちょっとなぁと。

なので次のお店へ。
4km程度と少し離れていますが、今年のブルベでお世話になったぽてとさん達が、数日前に行われたうどんライドでも立ち寄られる予定でしたお店なので期待が高まります。
お店の前につくと、うわ、ここも結構並んでいる。さすが人気店だなぁと。
しかし、並ぶことを覚悟していたので自転車を停めて最後尾に。
待っていると意外とすいすいと前に進んでお店の中まで。
さて何にするかと、前の人達の注文を聞きつつ悩んで

Img_0297

はい、かけうどん(小)と天ぷらです。
ここにきて初めての天ぷらですよ。
テーブルにある生姜を擦ってずるっと。
あ、美味しい。ネットで調べた時に結構批判的な意見が書かれていたのですが、いやいや美味しいです。
ただ強いコシを求めているとちょっとはしごを外された感じがするかもしれませんが、うどん自体の美味しさとお出汁の美味しさはさすがの人気店かと。
天ぷらもさくっと揚がった海老天が美味しい。

Img_0298

お店を出るとさらに列が伸びてる!まだあのタイミングで入れててよかったなあ。

さて、次はどうするかなぁと。予定では西に行ったところにある、長田うどんの長田in香の香と大釜うどんを攻略することにしてましたが、脚とか時間よりも先に胃袋がw
しかしこのまま丸亀まで戻って列車で高松に行っても時間が余るので自走で高松まで行くことにしました。

高松まで行くには11号線を走っていけばいいんですが、途中に登りとトンネルがあるので迂回して坂出港から33号線で向かうことに決めました。
結構車通りが多いので、なかなかに走りにくいです。
途中曲がるとこを間違えて、なんだかわけのわからない所にw
少し走って予定の道へ戻りましたが、途中小さいけどもキツイ登りがあったりでちと体力削られました。
坂出あたりを走っている時に、にわか雨が振り出しあわてて屋根のあるところへ避難。
少し待っていると雲が流れて晴れてきたので再度走り始めます。

33号線は車が少ない方なので割と走りやすい。
まぁ急いでもなにもないのでゆっくりと楽しみながら田舎道を走っていきます。
しばらく走ってまたちょっと雲行きが怪しくなってきたところで、近くにたしか有名なうどん店があったな事を思い出してポタナビで検索。
走る道路脇のお店でそんなに距離なかったので、そこで少し休憩することにしました。

自転車を停めてお店の中に入り注文。

Img_0299

しょうゆ(小)ととり天をチョイス。
生醤油を3回まわしかけて~
ここの生醤油は結構薄くて、注意書きにもかけ過ぎに注意と散々書かれてましたw
食べてみると、うん!美味しい!
しばらく走った後だったからなのか、すごく美味しく感じました。
そしてとり天もぱくりと。おお、柔らかい!そして美味しい!
そういえば今日はうどんは食べてたけど、肉分はとってなかったなぁと思い返してました。

外の様子を見つつ食べて、明るくなってきたのでお店を出ました。

Img_1447

うどん一福
香川県高松市国分寺町新居169-1
[月~木] 10:00~14:00
[土・日・祝] 10:00~15:00(麺切れ次第終了)
定休日:金曜日

33号線をひたすらに走って途中コンビニへ入って補給とトイレ。
ずっとしょっぱいものを食べてたせいか無性に甘いモノを食べたくなって、コンビニスイーツを購入。

Img_0300

ふむ・・・なかなかに美味しい。
普段はコンビニで買物なんてしませんから、意外と味わう機会はこういうロングライドの補給の時だけなんですよね。

もう大分高松まで近づいてきていて、足も今日は問題なくペダルを漕げてます。
街中へ入り信号で何度も止められますが、時間的に早く着きすぎているので余裕を持ってフェリー乗り場の方へと走りました。

Img_0301

フェリー乗り場!・・・って、あれ?ジャンボフェリー乗り場はどこだろう?
地図を見て確認・・・ああ!まだ東に結構行かないといけないんだ!
港が大きすぎて縮尺があっていませんでした。

一度フェリー乗り場に行ってから最後のうどん店へ行こうと思っていたのですが、行って返ってしてると時間が無くなりそうだったので先にうどん店へ。

お店の中に入ると狭い店に大勢の人が。
おばちゃんがちゃきちゃきさばいていきます。
私も並んで注文。
隻について少し待っていると、おばちゃんに呼ばれました。

Img_0302

釜バター(小)
うどんが熱いうちによく混ぜて・・・頂きます!
ああ・・・なるほど、確かにカルボナーラだw
玉子とバターと胡椒でまさにそんな味に。
味が濃いからと思っていたのですが意外とするする入ってあっという間に完食。
閉店時間が近づいてきてるためかお客さんは更に増える一方なので、さっさと出ることにしました。


うどんバカ一代
香川県高松市多賀町1-6-7
6:00~18:00

さぁ、後はもうフェリーの時間までゆっくりとするだけ。
ここまで来て事故るのも嫌ですし、ことさら注意してフェリー乗り場へ向かいます。

のりば到着。
入り口のおっちゃんに聞いて待合室まで乗っていき、前で折りたたんで中に持ち込みました。
フェリーの時間まで2時間の余裕があり、椅子に座ってボーっとしてました。
それからは切符を購入してフェリーに乗り込み神戸港まで。ほとんど寝ているような状態で、記憶が曖昧ですw

19時30分出て、0時過ぎに神戸港到着。外は結構寒そうでしたので念のため持ってきていたウィンドブレーカーを上に着込んで、さあ自宅まで走るぞ!
三宮から自宅までは何度も走っていますが、夜、しかも深夜となると今回が初めてで結構面白かったです。
三宮を抜けてからは車もそれほど多くはありませんでしたし、割と快適に走ることが出来ました。
家まで2時間半と見ていたのですが、実際はそれよりももう少し早く到着し、片付けとかは後にして着替えてすぐに就寝。

2日間ずいぶんと遊んだーーー!!!

今回の走行データ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しまなみ海道 尾道 ~ 今治

しまなみ海道と言っても実際には各島の海岸線にあるサイクリングロードとかを走り、島と島をつないでいる橋のところだけしまなみ海道を自転車で渡ることになります。

Img_0261_2

今治までの距離が書いてあります。
道路には自転車が走りやすいように青い線が余分に引いてあり、地元の方の運転も自転車に幅寄せとか邪魔にしたりしないで走ってくれて良い感じ。
風も北風なので追い風となって走りやすかったです。心配していた雨も曇り空ではありますが降りそうになく、気温も走っているとちょうどいい感じでした。
快調に飛ばして橋のところまで。
さて、ここからどうあがるんだ?と道路脇の案内に従って橋の下をくぐって東側を少し回ったところで入り口がありました。

Img_1366


Img_1367

ふむふむ。橋はずいぶんと上にあるため、そこを走るためにはもちろん登って行かないといけない訳でして、うう結構きつい。

Img_1368

登ってから橋が段々と近づいてきて、そこから見る島と海の景色はやはり格別です。

Img_1370


Img_1371


因島大橋は車が走っている道路の下側にある道を走ります。

Img_0264

写真で見るとなんか檻に入っている感じがしちゃいますがw
走っている時は上を車が通るたびに揺れて吊り橋っぽい感覚に。結構怖いんですよこれが。

Img_0267

向島側からだと橋の最後の所に料金所が有りまして、因島大橋の通行料は50円。
しまなみ海道を自転車で渡る際には、このように50円や100円等の通行料がかかりますので、小銭用意するのが面倒な方は予め回数券を買っておくと便利かもしれません。

さて、また下道に降りて今度も西側の海岸線を走っていきます。
基本島の道は平坦路を走るので、坂が嫌いな私としてはいいコースですねw

Img_1372


Img_1373


途中の風景をぱちりと。
うーん、曇り空ですしあまり綺麗じゃないなぁ。
港とフェリー乗り場を過ぎて少しした辺りで、快調にペダルを漕いでいた脚が攣り始めました。
まだ20kmも走っていないのになぜに!?と不思議だったんですが、尾道で急な階段を登り降りしたりとかしたのが影響したのかなぁと。
自販機でスポーツドリンクを買って少し休んでから、また走り始めました。
しかし、休んでもすこしするとまた激痛が。ふくらはぎがグニグニと痙攣して動く感じがわかるくらいですし、一度は筋肉が硬くなったまましばらく動かせないような痛みも出てきました。
さすがにまずいと思ったので、また少し長めの休憩。でもこの後の予定を考えるとあまり時間も潰せないので、ある程度でだましだまし走って行きました。

生口橋の下をくぐって少し行った所に、橋への入り口がありますがスルーして走っていきます。
実はこの先に自転車祈祷をしてくれる大山神社(大三島にある大山祇神社ではないので注意)という神社がありまして、そこで祈祷をしていただいてお守りも買っていこうと考えていたのでした。

Img_1381

大山神社へ到着!
おおw受付のところにもサイクルスタンドがあるよw
早速自転車を停めて受付で「自転車の祈祷をお願いしたいんですが」と伝えると、ちょっと困った顔。
なんでも新色が全員で払っていて3時半(1時間半後)にならないと戻らないとのこと。
年末の3連休で大安というのが重なったのが原因で大量の祈祷依頼が来たのだそうでして、さすがに1時間半も待ってられないので今回は断念して社殿を見せていただいてからお守りを買うだけにしました。


Img_1374


Img_1379


Img_1380

こちらが、自転車用の社殿


Img_1375


Img_1376


Img_1377


Img_1378

ここで自転車の祈祷が行われます。今度は絶対予約してから行こう。
案内をしてくれたおねーさんといろいろとお話をしながら、お守りを幾つか購入しました。
友人はもちろん、年末のコミケで少し配ろうかと思ってます。

Img_0289

買ったお守りはこんな感じ。
普通のお守りのようなものから、自転車柄であったり、ヘルメットにつけるためのもあったりでどれもいいなぁと思うお守りです。
逆にこちらが気を使うくらい謝ってくれたおねーさんにお礼を言って次の場所へ。


Img_1382


来た道を戻って先程の生口橋の入り口からまた登っていきます。

Img_1383


Img_1384

ここも展望がいいですね。
今度は車道の横にある広い歩道兼自転車道を走っていきます。

Img_0269

因島大橋渡っているときよりもやはり見晴らしがいいですね。

Img_0270


Img_0271

天気が良ければもう少し海が綺麗だったかなぁ。

下道降りて西側へ。
ぐるっと回りこむ感じで海岸線を走っていきます。
そして、見えてきたお店。

Img_1389

ドルチェ本店です。

Img_1388

ここにもちゃんと自転車を停めるとこがありますよ!
お店の中へ入りさて何にしようかとショーケースを覗き込みます

Img_1392


Img_1390


Img_1391

どれにするか本当に悩みます。
おすすめのデコみかんと伯方の塩がいいかなぁ・・・よし!「デコみかんとはれひめのダブルで!」

Img_0272

デコみかんとはれひめ。
いや、どんだけ柑橘系食べたかったんだよとw
出来上がったのを見てもどっちがどっちだかわかりませんw(一応コーンが刺さってるのがデコみかん)

デコみかんはいかにもオレンジという感じで甘くて美味しい。はれひめの方はあっさり目の味なのですが、爽やかで暑い時に食べるならこちらのほうがいいかも。
どちらも美味しくあっという間になくなってしまいました。
ジェラートの他にも美味しそうなものがありますので、何度か訪問したいお店です。

ドルチェ本店
広島県尾道市瀬戸田町林20-8
10:00~日没

甘いモノ食べて回復!・・・となれば良かったんですが、相変わらず脚が断続的に痙攣してなかなかスピードが上がりません。

Img_1395


Img_1397

天気もあまり良いわけでないから、すごく寂しい景色にしか見えないです。
そんなこんなで多々羅大橋入り口へ到着。

Img_1399

さて、と気合入れて登っていきます。

Img_0275


登り途中にあるはっさく?畑
しまなみ海道の島々では、大体どこかで八朔とか蜜柑、そしてこの辺は国産レモン発祥の地とからしく、八朔とかの他にレモンがありました。

Img_1402


Img_1404


レモンが鈴生り。
先程のドルチェでも瀬戸田レモンというのがあったし、今度はそれも食べてみるか。

Img_1405

多々羅大橋の料金所。ここの通行料は100円でして小銭の用意がめんどいから回数券がいいですなぁ。
料金を払って橋を渡ります。


Img_0276


Img_0277

うーみー。
橋のところから下を見ると結構高くて怖いんですが、写真ではあまり良くわかりませんねw
橋を降りたら大三島。


Img_1407


降りて行く途中で、海自のヘリを発見。
はて・・・?これは、本物かいな?とちら見しつつ降りてい行きました。

大三島には、大漁という魚が美味しいお店と大山祇神社(先ほどの大山神社とは別です)があります。
時間があるなら寄るんですが、さすがに島の中央まで行って帰ってくる時間は取れません。
島で泊まって2日間かけてしまなみ海道走るならそういうコースもいいかも。
今回は先を急ぐために317号線を走っていきます。
東側を海岸線に沿うようなコースでして、舗装もよく走っていると気持ちいい。
時間を確認しつつ、ちょっとだけ寄り道。

Img_1409


レモンに関係した雑貨とか、食べ物なんかを販売されているLimoneさんです。
しまなみ海道のお店調べている時にどなたかのブログで拝見したお店でして、そこで売っているジャムがとても美味しそうでした。
お店に入り商品を見ていると、店長さんが温かいレモネード?みたいなものをサービスしてくれました。
これがまた美味しい。
また店内には猫が何匹かいて、商品とかにはイタズラをせずおとなしい猫達でした。
ひと通りみて、お目当てのジャム 生キャラメルレモン苺MIXとレジのとこにPOPがあったレモンリキュールアイスモナカを購入。
ジャムは前日に再入荷したばかりで、ちょうどタイミングが良かったみたい。しばらく品切れだったんですよとのこと。
で、そのジャムをトーストする前に塗って焼くと、キャラメルの部分が溶けて、それがまた美味しいとの言うことを仰ってました。
後日、そのとおりにしてみると、うん、ほんとうに美味しい!味自体は、いうなればミルキーをジャムにしたような感じ。
そして苺とレモンの香りと味がまたとても良くて、買って数日なのにほとんどない状態ですw
アイスモナカも中のアイスがレモンたっぷりという感じでとても美味しかったです。

Img_0279

Limone
愛媛県今治市上浦町瀬戸2342
11:00~17:00
不定休

美味しいものを食べて少し元気になったのか、ここから橋までの登りはきつくはありましたが、問題なく昇ることが出来ました。


Img_1410


Img_1411

大三島橋。
今度は道路の右側に広い自転車道がありこちらを走ります。

Img_1412


Img_1413

夕焼け。
季節と天気が良ければ、ホント感動する景色になったことでしょう。

Img_1414

橋を降りてすぐの所に、結構大きな造船所があります。
呉とかならイメージしやすかったんですが、瀬戸内海の島々にもそれなりの大きさの造船所が点在しているみたいですね。
港を右に見て走っていきます。

しばらく走り、次の橋が近くなってくると道路の右手にあるのが伯方SCパーク。
ここには伯方の塩ソフトクリームがありましてぜひ食べたかったんですが、先ほどの夕焼けの景色も見てわかるようにだいぶ日も落ちてきてて、先を急ぎたかったのと寒さがw
さすがに走ってないと少し肌寒く感じるようになってきたので、ここはスルー。

Img_1415

さて、伯方・大島大橋へ

Img_1416

海岸線とともに~

Img_1418

ぐるっと回りこんで、今度も右側を通行。


Img_1420


Img_1422

橋の上からだと、もう少し夕焼けの風景が楽しめますね。

Img_1424

橋を降りたところでぱちり。
さぁ、今治まで最後の島 大島を駆け抜けていきますよ!
左に海を見て走って行くのですが、さすがこの辺りの海といいますか、目にはっきりと見えるくらい流れが早い。
そりゃあこんな処泳いでいる魚は美味しいだろうなぁ。来島鯛・・・食べたいです。
県道49号から国道317号へ入りしばらく行ったところにあります宮窪青果フレッシュマートというスーパーの所に、時間と曜日さえ合えば、鯛カツバーガーというの食べれます。
Ties-tiesという車での移動販売で販売されていまして、この日はさすがに時間的にもういらっしゃいませんでした。
しかし、ぜひ食べたい逸品ではあるかなと。

317号をひたすら進みバラ公園の看板があったところで右へ。
最短距離としては317号を走るのがいいのですが、このバラ公園でアイスが食べれるという情報がありまして、外回りコースで次の橋まで行くことにしました。
が、実際に行ってみるともう閉まっていて食べれませんでした。ん~でもお店の様子からこれ冬は閉まってるんじゃないかなと思うくらいの閑散です。
仕方ないので先を急ぎますが、さすがにもうライト付けないとちょっと危ない。フロント・リア友に点灯して走っていきます。
サイクリングコースの外回りコースはあまり舗装がよくありませんでしたが、なんとか最後の来島海峡大橋入口まで到着。

Img_1426


Img_1428

ここに向かう途中から思ってましたが、いや、なんともでかい。
入り口から橋までの距離も結構あります。
橋自体の長さも島を一つ経由するくらいで、通行料も今治までだと200円。
またここにきて向かい風と微妙な登りが長く続いで、橋を通過するのにかなり時間を取られました。
やっと対岸まで着いて降ったところで、18時。
ホテルには19時に到着にしていたので、もしかしたら十円寿司に寄れるかも!と思っていたのですが、ホテルのある場所をあまり確認せずにいたのが災いしました。
今治だから近いと思っていたホテルは湯ノ浦温泉にありまして、実際の距離はここからまだ15km程。街に入ると信号とかで大体15km/hですから、到着ギリギリじゃないか!と慌ててホテルへの道を急ぎます。
気持ちは焦りますが車とか人に注意しつつひたすら走りホテル到着!
自転車を折り畳んでチェックインしたのがちょうど19時となりました。

チェックインしてすぐに夕食。

Img_0282

まずはビールー!!! うっまーい!
鍋と釜飯に火を着けていただき、できあがるまで刺し身や焼き物をつまみつつビールを。
最後のホテルまでの15kmが効いたのか、ふくらはぎが断続的に攣っていましたがビール飲んでると気にならなくなってきましたね!w

れんこんのポン酢和えが意外と美味しく、ポン酢以外にも何か調味料足してるはずなんですがそれが今ひとつ判断つかなかったのが悔しい。
南蛮漬けと唐揚げはどちらも美味しく、また丁寧な処理されてまして南蛮漬けはちゃんと骨まで柔らかかったです。

Img_0283

ブリと大根の焼き物

Img_0286

茶碗蒸し

Img_0287

蕪のポタージュ仕立て

Img_0285

皮はぎ鍋

Img_0284


鯛釜飯

Img_0288

デザート


どれも美味しくて満足でした。
部屋に戻り早速温泉の大浴場へ!
私が行った時には他の方は1人だけで、ゆっくりと入ることが出来ました。
ホテル自体が高台にあるので大浴場から望める海側の景色はとても良い感じと予想は出来ましたが、まぁ夜なので真っ暗w
朝風呂にまた入りにくることを固く誓いました。
ゆっくりとお湯に浸かりつつ、足のマッサージ。ふくらはぎの痙攣はすでに収まっていましたが無理やり動かしていたせいか鈍い痛みはありました。
明日もそれなりに走ることを考えるとちゃんとほぐしておかないと怖いなぁと丁寧にマッサージをしておきました。

部屋に戻ってからは機器の充電準備やツイッターで呟いたりしてから就寝。
朝までぐっすりでした。

走行データ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年12月25日 (水)

尾道 かみちゅ!聖地巡礼

今年ももう終わりに近づいてきました。
ブルベ参加やアルプスあづみのセンチュリーライド参加もしたり、木崎湖・鎌倉~江ノ島聖地巡礼、ヤビツ峠や渋峠登ったりとなんだかんだいって充実していた1年だったかなと。
しかし、西日本の自転車乗りであるならば1度は走っておかないといけない、しまなみ海道をまだ走っていませんでした。
できれば今年やっておきたいと思って3連休で行くことにしました。

今回の相棒はBrompton。
輪行の規制が厳しくなったJRの対策としてCPPの輪行カバーを準備して出発です。

Img_0243

前のバージョンだと下は全体が開いてて、上はサドル付近だけが穴が開いてましたが、新しいのは上も全体が開いてる感じに。
このままだとJRの規制に引っかかってしまいますが、上下ともにもう一枚生地が重ねられていて、その部分をぱっと裏返せば

Img_0244_2


Img_0245


はい、この通りにカバーできます。
上下ともに同じようにできますので、上だけ閉じて転がし輪行しつつ改札を通る、または電車にのる前に下もカバーをして、楽に、簡単に輪行が出来ます。
いわゆるスク水生地wなので結構伸びまして、私の大きなサドルバックを付けたままでも問題なく全体が覆えます。
これは、ほんとうに便利でいいですね。

さて新幹線に乗って福山まで行き、福山からは在来線で尾道へ。

Img_1289


Img_1290_2


Img_1291


Img_1292

さすが、しまなみ海道の入り口といいますか駅には自転車が飾られていました。


Img_1294


さて、改札を出てBromptonを戻して早速、尾道散策へ。
あれ?しまなみ海道じゃないの?と思った方、ふふふせっかく尾道という場所に来たのに聖地巡礼しないでいくわけ無いじゃないですか!
尾道は、かみちゅ!の舞台となった場所でして、普通に観光してもとても風情のある場所になんですよ。
もちろん、美味しい物もいっぱいです。
まずは、主人公ゆりえ様たちが通っている学校のモデルとなった場所へ。

Img_1299

正門

Img_1300

裏門


Img_1301


OPの1カット「だまって俺について来い!」が張り付いていたところ。

休みであったとはいえ、小学校を撮影している怪しいおじさんには変わりないので、さっと作業を済ませて上の展望台の方へ。


上りの階段がきつい!角度も段数も、本当にきついよぉ!

Img_1307


Img_1306


Img_1303

写真では見えませんが、奥に人形があってすごく怖いw

展望台からOPの1カットにある学校の屋上が撮影できるようだったんですが、木とかが邪魔で無理でした。
あきらめて降りて行く途中で、下の景色とかをぱちりと。

Img_1313


Img_1304


Img_1305


そして、階段はこんな感じw

Img_1311


駅前の駐輪場に止めていた自転車を回収して、まずは朝ごはんかなーと、近所の美味しいパン屋さんパン屋航路さんへ!
しかし階段を登るのが大変でぼけていたのか、重要なガウディ邸を撮影せずにいました。しかしこの時は気づかずにそのままw

Img_1317

と、その前にDVDジャケットの場所。

Img_1318_2

パン屋航路さんです。
系統としてはイタリア系パン屋さん。
フォカッチャとか少しハードなパンが中心でして、どれもこれも美味しそう!お客さんもひっきりなしに訪れます。
いくつかパンを選んで支払をしている時に「後5分でカレーパンが出来上がりまーす!」との声。
うう、どうしよう・・・できたてのカレーパン 食べたい!!!
店員さんも悩んだのがわかったのか「どうします?」と聞いてくれましたが、後の時間のことがあったので断念してお店を出ました。

パン屋航路
広島県尾道市土堂1-3-31
7:00~売り切れまで
定休日:木曜日・金曜日


パン屋航路さんのパンを持って目指すは【ベンチのある突堤】。

Img_1319

ここで、いただきまーす!

Img_1321

うん!美味しい!これはマンゴーのチャバッティーナ。
パリっとした外の皮とふんわりの中。そしてマンゴーの甘くてしっとりした感触がまたいい!
他にもスパイシーなウィンナーパンと紅茶メロンパン買ってましたがどれもこれも美味しくて、あっという間に完食。
ベンチに座りながらで、景色もいいし良い朝食でしたw

お次は尾道の東側方面、神社やゆりえ様邸あたりをめざします。

Img_1322

尾道には複数渡船がありまして、ここは尾道渡船。
なんか、いいですよねぇ。素朴な感じで。
そこから東へと走りロープウェイの麓駅そばにあるのが艮(うしとら)神社です。

Img_0256

ここにはサイクルスタンドが有りまして、さすがしまなみ海道のスタート地点とw
自転車を置いて境内へ。

Img_1332

社殿はアニメ内でゆりえ様を担ぎあげた神社w来福神社の社殿モデルとなっています。
境内には大きなクスノキがあり、クスノキ群として県天然記念物となっているようです。


Img_1328


Img_1329


お参りをしてから次の場所へ。・・・またもや、まねき猫や招き猫美術館撮り忘れてるし。
気を取り直して次の場所はすぐ近くの神社で御袖天満宮です。

Img_1336


Img_1339


Img_1340


Img_1342


Img_1341


ああ、キャラが座っている情景そのままだ。
手水場とか三枝の家とかも。お参りしてしばし懐かしんでました。

神社からさらに東へと進み

Img_1345

線路脇の道路を走り

Img_1346

結構な斜度に慄き

Img_1347

ああ、私もゆりえ様を後ろに乗せて走りたい!と妄想し!

Img_1348

来ました!ゆりえ様邸。
とはいっても、ここは一般の方の家ですので写真を撮ってすぐに撤収です。
聖地巡礼は地元の人に迷惑をかけないことが重要ですからね!

いい時間になってきたので商店街まで戻ってお昼ごはんに。
尾道ラーメンを食べたいなら名店の朱華園があるのですが、それだとちょっと面白くないかなと、もうひとつの有名店みやちさんへ。
しかし、最初は見つけられずうろうろとするはめになったのですが、迷っている時に見つけた場所が

Img_1352


はい、あの小さな祠ですね。
そこから細い路地を抜ける途中にある小さなお店が、みやちさんです。

Img_1353


まだ少し早い時間だったためか、そんなに混んでなかったのが良かったです。
愛想のいいおばちゃんに名物の天ぷら中華と稲荷ずしを注文。

Img_0258

きた!
要は中華そばに天ぷらを入れたものなんですが、中華そばのスープがあっさりとしたものなので、うどんや蕎麦と同じように天ぷらととても合います。
めん処と書いてあるだけあって、きっと他のも美味しいと確信できます。
稲荷ずしも名物と言われるだけあってとても美味しい。
そして美味しいだけではなくどこかほっとする味であり、切り盛りされているご夫婦の人柄がそのまま出た感じです。

Img_1354


めん処みやち
広島県尾道市土堂1-6-22
11:00~18:30
定休日:木曜日

さてお次はデザートを!
ワンモワハウスさんでクレープにしようかと思っていたのですが、少し前に、ろんぐらいだぁす!の編集をされているいしこうさんがはっさく大福が食べたいとツイートされていたを思い出して少し東へ戻って昇福亭さんへ。
道から線路を渡って、階段を結構登っていかないといけないのですが、この時はすぐに自転車で走れる道があるだろうと思ってBromptonを持って上がっていきました。
まぁこれが大失敗w重いし、結局お店までは階段をずっと上らないといけないし、上に登っても自転車で降りる道が無しで。
お店前に自転車を置いて、一息ついてからお店の中へ。
通りからすぐの所に売り場はあるのですが、この時の時間帯は玄関にて販売されているということで、横の入口から入って玄関で声をかけます。
愛想のいいおばちゃんが出てこられて、はっさく大福をと伝えると、2種類あることや白あんのほうが本来のはっさく大福ということとか教えていただきました。
せっかくなので白あんとこしあん2つ購入。

Img_1355

昇福亭
広島県尾道市東土堂町11-24
10:00~17:00(L.O)

フェリー待ちながら食べることにして、またBROMPTON抱えて階段をおりますw
向島に渡るフェリーは福本汽船さんのフェリーで行くわけですが、行く途中でも少々寄り道。


Img_1350

みやちさんから近い ゆ~ゆ~。尾道のおみやげを買うならここがいいかも。

Img_1357

クレープや尾道バーガーが美味しい ワンモワハウス

Img_1358

パン屋航路そばの路地入ったところにあるチャイハウスドラゴン
このチャイハウスドラゴンさんはチャイとか紅茶をテイクアウトできるお店さんなんですが、看板に大きく”チャイダー”と有りまして・・・当然気になりますよね?
チャイ屋さんですからチャイとサイダー混ぜたものか!?と思ったんですが、お茶とサイダーを混ぜたものでしたw
はっさく大福と一緒にいただくために普通のチャイと、チャイダーも買いましてチャイダーは家に帰ってから頂いたのですが、ちゃんとお茶の味にサイダーの炭酸の爽やかさがあってなかなかに侮れない飲み物でした。
チャイを買ってフェリー乗り場へ行くと、ちょうど対岸からフェリーが近づいて来ていました。
慌ててのりばの写真とを撮ってからフェリーに乗るために桟橋へ。

Img_1359


Img_1360


結構車も含めて、付近の交通う手段として使われていますね。

Img_1361

Img_1363

フェリーで対岸の向島へ渡ってからゆっくりと、はっさく大福を頂きました。
はっさくの酸味と餡の甘さがとても合って、いちご大福よりこっちのほうが美味しいのではないかと思うくらいです。
個人的な好みは白あんの方ですかねぇ。大阪は箕面のかむろといういちご大福が美味しいお店が白あんでして、それが好みだったからなのかもしれません。

Img_1364


向島側の切符売り場の人はおばちゃんではなくおっちゃんでしたが、ゆりえ様の登校風景そのままでしたw
さぁ、しまなみ海道を走るぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月)

冬コミ(C85) 出ちゃいます

まぁ知り合いしか来ないからと、告知も何もしてなかったんですが、この時期になってカタログを見ると、なんとまぁエクストリーム自転車愛好会さんの横、自転車関係の先頭ブースじゃないですか!
ええぇえ・・・なんで私みたいな10部も売れたらいいほうサークルがこんなことにw
とりあえず、1周間前ですが告知だけでもしておこうと。
きっと横のブースはお客さんが多いでしょうが、うちは暇しているので、ついでにでも寄っていただければと。

Img_1464

今年私が走ったブルベとオダックス近畿主催のブルベの事を書いた関西BRM2013(¥200)とAACR・木崎湖周辺古めをちょっとだけまとめたアルプスあづみのセンチュリーライド&木崎湖周辺グルメ(¥100)となっております。
よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »