« 10月14日 渋峠 | トップページ | BRM1026 京都400km »

2013年10月20日 (日)

ポタナビ(SGX-CN700) クレードル・アタッチメント交換

ポタナビを発売日に買ってからおおよそ1年半ですが、ロードとBROMPTONにクレードル2つ装着し使っていて、東舞鶴に行った時からガタガタ道を走った時や強い衝撃があった時とかに、すぐに外れるようになってしまっていました。
幸いずっとストラップで落ちないようにすることを習慣づけていたので、落ちてなくなったり壊れたりというのは避けられたんですが、本体側のアタッチメントの爪が経年劣化で削れて引っ掛かりが弱くなっていたためアタッチメントを交換するしか治す方法がありません。
やっちゃばフェスの時にヨドバシで聞いてみると、現在はポタナビの新型SGX-SN710用のアタッチメントとクレードルが形が全く違うようになっていて、クレードルもつい先日オプションで発売されるようになったばかりで、ヨドバシにはありませんでした。
もちろん、クレードルだけでなくアタッチメントはオプションで発売すらされていません。
大阪に戻ってからパイオニアに問い合わせてみると、まずSGX-CN700に710用のアタッチメントは問題なく取り付けることができますとのこと。
新しいアタッチメントとクレードルは無償交換していただけるとのことでした。
クレードルは2つあると伝えると、2つとも無償交換していただけるとのこと。おお!有償になると思ってたから素直に嬉しかったです。
念のため本体も送ってくださいとの事だったので、本体とクレードルをパイオニアの修理センターへ送りました。
で、今日それが帰ってきまして、本体は何も問題無いとのこと。
私の申告通りアタッチメントの経年劣化なので無償交換しましたと。

Img_1242


Img_1245


昔のアタッチメントとクレードルと比べると、しっかり固定できて経年劣化なんかで削れて外れるというのがないような構造に変わってますね。
今度の京都400kmブルベまでに何とか出来てよかった。

|

« 10月14日 渋峠 | トップページ | BRM1026 京都400km »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/58417047

この記事へのトラックバック一覧です: ポタナビ(SGX-CN700) クレードル・アタッチメント交換:

« 10月14日 渋峠 | トップページ | BRM1026 京都400km »