« 10月1日 ぜかましちゃんに会いに舞鶴鎮守府へ | トップページ | 10月13日 やっちゃばフェス »

2013年10月17日 (木)

10月12日 ヤビツ峠

10月13日に開催されたやっちゃばフェスに行くついでにちょっと関東の峠を登ってきましたよ。
本当はやっちゃばフェスは3連休の中日なので、前後の日にまた東京にBrompton持って行って食べ歩きでもするかなぁと思っていたんですが、8月に家から自走で淡路一周270kmや10月1日の舞鶴行きで登り坂に負け続けた自分の苦手意識を克服するため、また京都400kmの準備的な事もあって気合入れるかと今回はロードを輪行で持ち込んできたわけです。
さてどこを登るかということでは、関西方面から新幹線を使ってアクセスのいい場所で有名どころとなるのはやはりヤビツ峠。
まずはヤビツ峠を足をつかずに登ることを目標にしました。

12日の朝早くに新大阪まで自走して輪行。新横浜から横浜線、小田急線と乗り継いで伊勢原の駅に到着です。
表ヤビツを登り裏ヤビツを降ってきた先が伊勢原でしたのでここに荷物をおいて身軽になっていこうとしたのですが、改札出たところでコインロッカーを探しても・・・無い。
駅員に尋ねると改札内にしかありませんとのことで、入れていただきコインロッカーへ荷物をまとめて収納。
今回はフロントバッグもフロントキャリアごと外して持ってきてないので、財布やら携帯は腰のウェストバッグへ。
ちょっと手間取りつつ輪行解除してさぁ行くぞとまずは表ヤビツの登り口、名古木へ向かいます。
伊勢原から名古木の途中のコンビニで食べ物や飲み物を補給して準備万端と思っていたのですが・・・名古木の少しまで伊勢原方面からは長い坂が。
うう、こんなところで脚使いたくないのにーと思いつつ登って行きました。
トンネルを抜けて降りたところが名古木。

Img_0061


そこには信号待ちで止まっているローディたちが何人かみえます。
その方たちが行くのを待って私もヒルクライム開始(11:11)。
ろんぐらいだぁすのツーリングガイドにも載ってるように、走り始めてすぐに斜度がきつくなる。しかし今回は重たいフロントバッグも装備も無いおかげかそれほど苦にならずに登っていけました。
ここはすぐにまた斜度が緩くなって楽になりましたが、後ろから何人のものローディに抜かれつつゆっくりと走っていきます。
そして、ヤビツに登るときの最後の補給場所であり、ここから信号が無いためタイム計測もここからやる人が多いというコンビニ ヤマザキデイリーストアが見えてきました。
私もどうするかなと思いましたが、ちょうど信号が青に変わったので、このまま止まらずに通過。
ここを過ぎると一番の難関蓑毛に差し掛かってくるとのことなので気を引き締めて登って行くと蓑毛マス釣り場の看板が見えました。
あれ?ここ蓑毛?確かにさっきちょっと斜度がきつかったけどなぁ、いやでもしかしまっすぐで斜度がひどいというとこではなかったしと思いつつもうしばらく走ると、道の真中に鳥居が合って道が左右に分かれているというおもしろい場所にさしかかりました。
今回は足をつかずに登るのが目的でしたので登っている時1箇所以外写真は撮ってないんですが、なかなか面白いと思っていると、斜度が急にぐんときつくなりそして前を見るとまっすぐに伸びた激坂。
ここか!ここなのか!とトルクをかけひき足を意識しつつゆっくりとですが登っていきます。
個人的につづら折りの曲がった時のまだ坂が続くんだという絶望感より、こういう終りが見えるところのほうがいいと思ってたんですが、うん、辛いね。
なんとか斜度が緩くなるとこまで上り、ふぅと一息ついたところで左にゆるく曲がった先に見えるまっすぐに伸びた斜度が明らかにきつくなった登り坂。あ、あはははは、まだあるのね。
速度は10km/hを割って9,8,7とドンドン落ちていき、心拍はずっと180を越してほぼ190に近い。足をつきたい、休みたいという思いをなんとか振り切って登って行きました。
あとで見ると、この左に曲がってからのほうが距離としては長かったんですねぇ。コンクリートの丸い溝がある所に差し掛かってようやく、ちょっとゆるくなった?と感じましたが、いやいや、まだまだきついよ!この模様があるところって斜度がきついからだよ!と心のなかでツッコミをw
そこもすぎるとようやく、だらだらと登れる斜度に。しかし、その頃にはもう脚がw速度はゆるいまま7,8km/hしか出せません。
ただ、木陰の中は涼しく一番の難所はクリアしたという気持ちからだいぶ楽にはなりました。
私を追い抜いて軽やかに登る人や上から降りてくる人と挨拶を交わしながら、淡々と登っていると右側に「浅間神社」の文字。
うぉ!浅間様が見てる!浅間神社前だけでもダンシングでかっこ良く登るということができたらよかったんですが、さすがにねぇw
そして展望台へ

Img_1222


Img_1223


ふふふ、ここまで登ってきたぞー!!!
写真を撮るために止まりはしましたが、足をつかずに上る目標があったのですぐさま出発。
頂上はまだ?まだ?という気持ちと、もう足ついちゃえよ、暑いし休めばいいよという甘い誘惑に抗いながら登って行って、頂上の少し手前で降りてきた人に「あともうちょっとだよ!頑張って!」と声をかけられたのがとても嬉しかった。
その声に元気をもらって・・・着いたーーーー!!!


Img_1224

時間は12時27分。おおよそ1時間25分かかりました。
遅くてもヤビツ峠という有名な峠を登ったのと目標の足をつかずに登るというのを達成できた。
これでもうちょっと登り坂が登れるようになったらいいなぁ。

さて、飲み物の補給やツイッターで呟いたり他の方に返答したりして休憩していると、近くに住んでる牛乳焼酎さんから連絡が。
来るなら言ってくれれば一緒に登ったのにと言われつつ、ちょっと合流しましょうかと裏ヤビツを下ったところのラーメン屋ZUND-BARで待ち合わせの約束を。
さてもうあとは下り。裏ヤビツから宮ヶ瀬を通っていくルートなのですが、そのまま下って行くと待ち合わせには少し早いかもしれないと思ったので、頂上から少し下ったところにある名水喫茶に立ち寄ることに。
さすがヤビツ峠にあるお店で自転車止めもありまして、自転車を止めて中に入りとりあえずアイスコーヒーをと思っていたのですが、横の人が食べてたナポリタンが美味しそうでして・・・朝からパン1個とおにぎり1個くらいしか食べてなかったし思わず「アイスコーヒーと・・・・ナポリタン!」と注文w
このあとラーメンを食べることもわかってたんですが、まぁ・・・仕方ないよね!
しばらく待っていると来ました!

Img_1225

ナポリタ~ン! 名水で淹れたアイスコーヒー
アイスコーヒーは暑かったのもありましたが、すごく美味しい。ナポリタンは普通の喫茶店で食べる懐かしい味といえばそうですが妙に美味しいんですよねぇ、これが。
あっという間にどちらもなくなり、少し休んでからお店を出ました。
さて、下るか!と走りだそうとしたところでGPSが信号を取れずに変な位置を表示。えぇええ勘弁してよと、ぽたなびの再起動を何回してから走り始めました。
確かに名水喫茶のとこはdocomoの電波も入らないとこでしたし、ちと気をつけないといけないですね。
下り自体は道の舗装が悪いところに気をつければ楽に走れるんですが、車が多いのもちょっと難点。車とあと登りの自転車・バイクに気をつけて降りて行きました。

Img_0067


Img_0068

宮ヶ瀬ダム!
風も通って景色も良くて・・・気持よく走れました。
さてドンドンと下り、そろそろラーメン屋だなぁと思っていると「ねれさん!」との声。道路の右側に牛乳焼酎さんが居ました。
自転車も先日新しくなったS-WORKSの赤と白の車体で目立ってます・・・なんで気づかなかったんだろう私w

合流してとりあえずZUND-BARへ向かいます。
ZUND-BARにつくと、ズラッと並んだ人。車で来てる人も自転車で来てる人も多くて、どうしようかと思いましたがせっかくなので名前を書いて待ちました。

Img_0069

その間、牛乳焼酎さんといろいろと自転車談義から近況から話をしてて退屈はせず、名前を呼ばれて店内に入るのも早かった気がします。
さて何を頼むか。やはりがっつりいっておきたいところだけども先ほど食べたナポリタンも気になる。
で、炙りチャーシューの醤油淡麗に。

Img_0070

ほほう、金属の器ですか。
スープも麺も美味しいですが、やはり炙りチャーシューの旨さが際立ってました。
玉子の硬さ加減も良くて、アクセスそんなに良くないとこなのにこれだけお客さんが多いのも納得ですね。
あっという間に完食。
本当はもう少しゆっくりしたいところだったんですが、表にはまだ並んでい人が多かったのですぐに出ました。
ううむ、ソフトクリームは今度行った時にはぜひ食べよう。

そこから伊勢原の駅までは、牛乳焼酎さんに先導してもらって向かいます。
抜け道へそれるとき「そこからちょっと登りがあるんで」とさっとダンシングを始めたと思ったら一気に置いて行かれました。
はえーーーww速いよママン!と必死に追いかけようにも脚がついてこないw
少し行った先で待っていただいてましたw
車の少ない道を選んで伊勢原の駅まで。

Img_0071

駅についてから並んでぱちりと。
喋りつつちょっと手伝っていただきながらも輪行準備をしてお別れしました。
荷物をコインロッカーから回収して、まずは本厚木まで行ってそこからロマンスカーで新宿まで。指定席の一番後ろが撮れたので自転車はそこにおいて安心安心。
・・・で、終わればよかったんですが予約を取っていたホテルへチェックインの時間の電話をした際に私の勘違いで予約が取れてなかったことが判明。
そこから偽748Rさんにかなり助けていただきなんとか亀戸のホテルが2泊とれました。
あの時の次々とホテルの空きがなくなっていく状況はホント怖かったw

ホテルにチェックインしてから一旦汗を流して、そこからちと外へ。

Img_0073

ビール!!!

Img_0074

餃子!

Img_0075

タンメン!

関西にはないというか王将の天下であるため馴染みがなさすぎる日高屋さんでささやかな祝杯です。
ビールがねぇ・・ほんとに美味しくてねぇ・・・まさにビールクズw
餃子は王将のほうが上かなぁ、ラーメンは日高屋のほうがいいと思うな。
その後はホテル帰ってすぐに就寝でした。

走行データ
途中までケイデンスが取れてなかった!

|

« 10月1日 ぜかましちゃんに会いに舞鶴鎮守府へ | トップページ | 10月13日 やっちゃばフェス »

自転車」カテゴリの記事

食べて飲んで」カテゴリの記事

コメント

瞬間的に頑張るよりコンスタントに距離を走れる
方が凄いです。もっと走れるようにならないと
ダメですね。

投稿: 牛乳焼酎 | 2013年10月17日 (木) 22時04分

いやいや平地をロングライドするのは、そちらも問題なく出来るとは思いますですよ

投稿: Nere | 2013年10月19日 (土) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/58403845

この記事へのトラックバック一覧です: 10月12日 ヤビツ峠:

« 10月1日 ぜかましちゃんに会いに舞鶴鎮守府へ | トップページ | 10月13日 やっちゃばフェス »