« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月29日 (火)

劇場版まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語

平日でしたが休みをとっていたので、ブルク7の席の空き具合を見てみると、夕方くらいのは良い席が残ってる!これは行くしかしかない!ということで見に行ってきました。

Img_0127


Img_0128


Img_0129


Img_0130


Img_0131_2


今回も小さいですが色紙をいただけました。

さて・・・感想です。
先生wwwwなんて残念な人なんだ。
変身シーン!えっと、えっとセーラームーン? リーダーは金髪ですしねw
戦闘シーン!ガン=カタwwwwそしてジョン=ウー映画かよ!!
まさかの新?ヒロイン!ちょっと邪神ぽいですけどw
             ・
             ・
             ・
             ・
             ・
あ~・・・ふむふむ。なるほど。
ほむらちゃーん!!!!!!

あかん、ED聞いてると、ちょっと泣けてくる。


という内容です。
この映画見た後、もう一度まどか☆マギカ本編または昨年の劇場版前後を観たくなります。
色々考察することはありますが、個人的にはきっと出すであろうこの映画のノベライズ読んでからかなぁ。
きっとそっちのほうが色々と感情的なところも見えるでしょうから。

まだ観ていない方にはぜひ観ていただきたい!!絶対!後悔しないと思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRM1026 京都400km

先に言っておきます!BRM1026京都400km完走しました!!!
前回の紀伊半島600kmを台風が近づいてきたからDNSしたけど、結局大したことなくて十分走れたということからなんとか悔しい気持ちを晴らしたかったし、今年最後のブルベを来年につなげるためにもぜひとも走りたかった。
まぁ過程の部分ではいろいろ課題がでまくって反省しきりなブルベでしたが、結果としては満足かな。


前の週から規模の大きい台風27号が週中辺りに来るという予報があり、またすぐ前の週に来た台風で伊豆大島とかに大きな被害が出ていたので、そもそも走れるのか?という不安でいっぱいでした。
月曜日くらいになると週中予定だったのが週末あたりに上陸という話とともに台風28号も来る、そして台風が分裂したり、さらに北に低気圧があったりとかもうわけがわからない状態にw
木曜日辺りでやっと台風27号が日本の下側を通って近畿地方にはあまり影響がない、28号も影響があるとしても関東方面だけという状況となって一安心でした。
しかし、ブルベ前日は雨予想。当日も降水量は少なそうですが確実に何処かで降ると思われるということで雨装備は必須ということなので、今回初めてモンベルのゴアテックスサイクルレインジャケットを導入です。
まぁ・・・高くて上着しか手を出せてないんですが。
前日は雨雲レーダーを見つつ2時くらいに一時的に雨が止みそうだったので、準備をして雨がやんだところで近くの阪急の駅まで移動。
そこから輪行で嵐山まで。乗り換えの時に階段を乗り降りしないといけなかったのが、微妙に辛かったですw

嵐山について輪行を解いて走り始めようとした時に偶然にも雨がやんだ状態でさっとホテルまで移動です。
ホテルの前辺りから降り始めましたが、なんとかあまり濡れずにホテルイン。ホテルの奥の駐輪場に安全に置かせていただきこれで自転車も一安心で休めます。
部屋で少し荷造りをしてから晩ご飯と次の日の補給食とかを仕入れに出たんですが、晩ご飯を食べてる時にボトルを忘れたことに気づいて、慌てて京都の自転車屋では有名なきゅうべぇさんへ嵐山電鉄に乗って向かいました。

Img_0116

なんとかボトルを購入して、ホテルへ戻る途中のドラッグストアでアミノバイタルとかブドウ糖とかを購入。
ホテルに戻ってからは風呂に入って早くに休みました。


さて当日、8時出発ではありますが早めに出て7時には嵐山駅に到着。
7時スタートの人達のブリーフィングや車検が始まってて、ぞくぞくと出発されてました。

Img_0117

スタートまで余計な荷物をコインロッカーに預けたりトイレ行ったりとして、受付とブリーフィングへ。
コース自体の変更はなく、というかもしかしたら通行止めになってるかもとかいう状況w
ま~なんとか大丈夫でしょうということで、車検も済ませてスタート待ち。
ツイッターで少しやりとりをさせて頂いてた、ぽてとさんも走られるはずだったので乗られている自転車を探していてそれらしき人はいたんですが・・・小心者の私は声をかけるまでに至らずw
そんなこんなで、さてスタート!空模様は怪しいけど雨は降っておらず、最初の峠を越える時の心配が一つ減りました。

10月1日に綾部、西舞鶴のコースまでを試走がてら走った経験があったので、どこらへんでどんな坂が来るかはわかっていたので、激坂区間は押して歩きました。
その横を軽快に走られていく人ばかりで不安になりましたが、今の自分にとって個々と足使ってもいいことはないとわかっていたので我慢です。
保津峡からの長い上りと途中の激坂区間も同様に押して歩くほうがいい時は押してあるき、ダウンヒルでは足を休めて重力に任せたまま降りて行きました。
そして、最初の通過チェック ローソン京丹波升谷店へ到着。前の通過者が買っていったのかおにぎりとか手頃なパンはなく、飲み物と肉まんを購入して手早く補給後出発。この先何があるかわからない以上ゆっくりしてる暇などないのです。
ここからPC1の福知山までは少しのアップダウンはありますが基本下り。ボーナス区間です。
ダウンヒルの防寒も兼ねてきていたレインジャケットを暑くなってきたんで脱いだんですが、脱いだ途端に降りだす雨w
慌てて来て再度走りだすとまた止んで、少し様子を見てまた降らなくなったと思ってん脱ぐと降り出す始末・・・いいよ!じゃあずっと着てやろうじゃないか!
少しジッパーを下げて空気入れるとだいぶマシだからそれで走って行きました。


Img_0120


そしてPC1のローソン福知山篠尾新町店へ到着。
この時点で1時間の余裕が出来ていました。
ここではおにぎりと温かいお茶を購入。
PC1では結構な人が休憩をしてまして、その中にはあのチーム亀太郎の方々が。
「いやー今回はグルペって決めてるから、色々食べるよ~」という余裕の発言。その中のお二人は綾部あたりから福知山まで前をずっと走ってられた方でして、私が出る少し前にPC1を出発されてました。
福知山からは峠を超えつつ日本海側を目指します。その前に皿そばで有名な出石を通るコースでして、ブリーフィングでも今野さんが京都400kmなら出石そばと蟹は食べないと!と、キューシートにも書いてあるくらい強調されてますw
先ほどのチーム亀太郎の方々も、先行して食べててと言われてどっか入られたんでしょうかね。その出石の少し前で前に出たのでわからないんですが。
ですがこのあたりから、台風の置き土産的な強烈な北風が、西に向いた出石の前辺りからはいい天気になりまして道路も乾いて軽快に走って行けたんですが、また北に向きを変えると途端に速度が落ちます。
そんな状況でしたので出石のとこでそばを食べるかどうか悩んだんですが、さすがにまだ100kmも走ってないし1時間程度の余裕ではその気分にならなくて、食べるのは香住の蟹と決めて先を急ぎました。
そして豊岡を通過。元々京都の北側出身の私にとって豊岡まで京都市から自転車で来たっていうだけで、ほんと遠くまで来たなぁと感じてました。
また長くはないですが峠を越して・・・日本海へでたーー!!向かい風がひどいーーーーwww


Img_0121


少し内陸側へ戻りトンネルを通ってまた海側へ出た香住海岸あたりでパチリ。
多分この時にとっておかないと帰りには、暗くて撮れないと思ったんですが、まぁ正解でしたね。
かに料理とかの看板があちこちに出て、そのお店の前に止めてある自転車数台を羨ましく横目で見ながら、PC2道の駅あまるべへ急ぎます。
トンネルと登りを過ぎて降って・・・着いたああああ!

Img_0122

売店が18:00までなので、急いで買い物。
といってもなにか特徴的なものがいいなぁと思ってると、目に入った黒豆アイスと黒豆モナカ。

Img_0123

黒豆モナカを買って自転車まで戻り、黒豆モナカーとツイートすると、「ねれいどさん?」との声。
ん?と思ってみると、スタート時点でぽてとさんじゃないかと思っていた方で私もすかさず「ぽてとさん?」とw
横でツイートしてたのですぐわかったそうで、ちょこっと話してました。
ただ、この時雨が強くなってきまして、屋根がある場所まで避難。
一応2時間の余裕ができてたので、雨がやまないかなと少し待っていましたがなかなかやまず、他の方々も道の駅の中で休憩してられました。
この時、有名な餘部鉄橋の写真でもとっておこうと思ったんですが、もう暗くて全く見えませんw
あー・・・早く雨やんでーー!!!と祈ってると、他の方は雨装備を着込んだり装備を付け直したりで雨の中走っていく準備を着々と進めていかれてました。
「まぁこういうことしてると、雨止むんだけどねーwww」という話をして少しするとほんとに雨が止みましたw

それを見て私も出発。
路面は濡れたままでしたが、雨は止んでいてレインジャケットの上だけで問題なく走れました。
辺りはもう日も落ちて真っ暗。本格的なナイトライドの開始です。
PC2道の駅あまるべは170km地点。そこからは折り返しで一旦佐津まで戻り、日本海側を通って丹後半島方面へとなります。
海側からの強烈な風、そして暗闇の繰り返されるアップダウンに時々ぱらついてくる雨という気力が削られる区間となり、香住の蟹をなんていう余裕はどこにもなくw
特に城崎温泉あたりからの雨には辟易。雨で濡れて気温も下がって寒くなるし、時々トンネルとか商店の軒先で雨宿りをしつつ走って行きました。
いろいろと体力的にも回復したかったので2つ持ってきてたアミノバイタルを1個使用。
久美浜まで出たときは、やっぱりこのへんまでは丹後半島という地元っぽい意識があったのでちょっと気分が楽に。

Img_0124

久美浜湾を手早く抜けてPC3ローソン網野へ到着!
ここでもまたぽてとさんと、すれ違いw私が先に出てそのうち抜かれたり、雨宿りしたりとかで前に出たり後になったりしてるようです。
おにぎりとドリンク。そして眠気対策&カロリー補給としてコーラを。肉まんを食べつつコーラを飲み干します。
それと、一応ライトの電池も交換。色々手こずっていたためか時間の余裕はできず2時間弱の余裕。ライト点灯から5時間程度ということで、これから先の適度な交換ポイントがないのでここで交換です。
網野からは丹後半島。経ヶ岬のクイズポイント、伊根、天橋立、宮津という、18年くらい居た地元という感じのとこを走るわけで・・・気分が楽なとこも、丹後半島のアップダウン、特に伊根あたりのきつい登りは知っているので若干重苦しく・・・。
真っ暗な中を走って行くのは、初めてではないですがこの辺りから斜度がよくわからなくなってきて、時々下りだーー!と思ってると若干の上りだったとかあったり、北風で荒れた海から波が道路まで飛んでくる時があったり。クロモリの私にとって塩水は天敵!やめてーーー!!と車が来ないのをいいコトに真ん中へ寄って走って行きました。
時々見えるきれいな半月の月。これが風も少なくて綺麗に晴れた夜空ならもう少し良かったんでしょうが、そんなのを楽しむ余裕もなく、アップダウンでドリンクの消費が激しくてドリンク補給のために自動販売機のとこで止まってることが多くタイムロスもだいぶあったのではないかと。
また、この辺りではあまりブルベ参加者にも会わなくて、民家も街頭もない、車もこない。はっきりいって怖かったですw
それでもえっちらおっちらと走ってクイズポイントの、トンネルに到着。ここを抜けた先にあるトンネル脇の文字を確認ということで、確認してブルベカードに書き書き。
さぁ、経ヶ岬まで来たなら後は南方向に走るから、追い風になるぜ!と、走り始めたのはいいんですが・・・うん、ここに来ての登りはキツイよ・・・。
なんども降りて押して歩きます。
そのうちになんか、ライトが急に暗くなってきました。はて、さっき電池交換したのにと思ったんですが確認する余裕がなかったので、予備ライトを点灯。頭のライトも常時点灯に切り替えて走っていきました。
何度もアップダウンを繰り返し、まだ見覚えのあるとこは出てこないな・・・おかしいな、まだかな?まだかな?と走っていくうちに、長江という地名が!
ここからは本当に見知った道。もう特筆する登りはなく一気に宮津まで行けるはず!とペダルを回していきます。
日置海岸、府中、天橋立の中砂利道を通って文殊堂まで出たら、宮津高校に自転車で通っていた道で宮津まで。
ああ、あの頃安物だったけどロードでダブルレバーの乗って走ってたなぁ・・・ポジションとかその辺なんも考えなかったけど経験は無駄になってない!
24時間営業のマクド前で何台もの自転車を確認して、ああ、みんな仮眠摂ってるのかぁ・・・うう鈍足の私はそんな余裕ないですとパスして栗田峠へ。
そして由良の海岸線を走って由良駅が見えたときはちょっと泣きそうになってました。
駅の近くのミニストップが見えたので、甘いもの!ソフトクリーム!!!と思って入ったんですが、この時間帯はソフトクリームやってないとのこと。くっ、なんということ!ミニストップがソフトクリーム売らないでどうするんだよ!と思いつつでかいプリンを買って食べました。
先に寄られていたスタートから何度か会っているブルベ参加者の人とちょっとお話して、由良と次のPC4の場所西舞鶴が意外と近いということを話して再出発です。
この辺りは登りもなく風も影響がなく・・・ただ道路の舗装が悪いことだけが問題w
いや、舞鶴付近はほんと舗装が悪いんです。なんとかしてほしいものですねあれは。

Img_0125

そして最後のPC、PC4ファミリーマート舞鶴円満寺店へ到着。
やはり途中から追い風になったのが功を奏したのか2時間ちょっとの余裕と思いの他走れていたみたいです。
ここでメインライトの電池を再度交換。そうすると明るく点灯したので、事前に充電した電池を間違えたのか何かだったのか。
ぽてとさんが後から到着され、マクドで仮眠してたとのこと。それで28kmを1時間で走っちゃいましたと・・・速いw
そら私仮眠全く取らずに来ても追いつかれるはずだよ!w
肉まんとカフェインとカロリー補給のためミルクティを補給して出発。
しかし、出発してしばらくすると右膝の裏側外の腱が猛烈に痛み始めました。
ちょっとペダルがこげないくらいになったので、コンビニで休憩。とっておいたアミノバイタルを補給し、少しのマッサージ。そして記載はしてませんでしたが道中適度にとっていたブドウ糖を多めに摂取。
しばらくして少し痛みが和らいだので再び走り始めます。
しかし、痛みのため上がらないスピード、ちょっと上り坂でも押して歩くしかない状況に追い込まれます。
辺りはだんだんと明るくなってきて、ブルベの制限時間のことがちらついてきます。
ちょっとポジションを直してあまり痛くない位置でペダルを回してなんとか平地と降りでは、そこそこのスピードを出せるようになりました。
でもこのあたりを走ってる間は足の痛みも、まだ残り50kmはあるということも随分と重くのしかかって、完走できないんじゃないか?ここまで来て?DNFは・・・ダメダメ!という事ばかり考えてました。


6:26に最後の通過チェック到着。
ここでもまたぽてとさんとw
いやー見知った人がいるというだけでなんかすごく楽になります。今回それで結構気分的に助けられてるんですよね。ほんとうに感謝です。
ここでも先に私が出発。もう足の状況からして時間敵余裕はないと判断してできるだけ前に進むことだけを考えていました。
そうして、だんだんとゴールまで近づくんですが・・・ええ、スタートから最初の峠が2つあるんです。
復路から見ると1つ目の峠は、登りが斜度はそんなにきつくないんですが距離が長い登りとなって、できればここは走って登りたいと思ってたんですが、やはり無理でした。
ほとんどを押して登って斜度がきつくて悪路のダウンヒル。もちろんスピードなんてあまり出せません。
それでも何とか降って、2つ目。ここは斜度はきついけど距離はそんなにないはず!と思ったんですが、登ってみると意外とある・・・それでも一歩一歩進んで行き、最後の降りだーーーー!!!!
もうここからゴールまでは、登りも距離もない!時間は1時間の余裕。
ここに来てやっと完走できるという確信が持てて、気分がむちゃくちゃ楽に。
観光客の方や人力車を、余裕を持ってよけつつ走って行って


Img_0126


ゴール!!!!!
ゴールのミニストップでオレンジーナを買って祝杯です!

ブルベカードに時間を記載して、メダルもちゃんともらうようにして提出。
「はい、OKです。」の言葉が聞こえた時、少し泣きそうになりました。
26時間9分。2時間の余裕があったPC4から考えると大幅に時間を食いつぶしてのゴール。
膝が傷んだ、後半の登りを押して歩くしかなった、そんな自分の至らなさが浮き彫りになったブルベでした。
しかし!それでも400kmブルベを走りきったということは自分にとってはいい経験になったと思います。
来年に向けて対策を練ることもできますしね。


今回の走行データ1 走行データ2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

ポタナビ(SGX-CN700) クレードル・アタッチメント交換

ポタナビを発売日に買ってからおおよそ1年半ですが、ロードとBROMPTONにクレードル2つ装着し使っていて、東舞鶴に行った時からガタガタ道を走った時や強い衝撃があった時とかに、すぐに外れるようになってしまっていました。
幸いずっとストラップで落ちないようにすることを習慣づけていたので、落ちてなくなったり壊れたりというのは避けられたんですが、本体側のアタッチメントの爪が経年劣化で削れて引っ掛かりが弱くなっていたためアタッチメントを交換するしか治す方法がありません。
やっちゃばフェスの時にヨドバシで聞いてみると、現在はポタナビの新型SGX-SN710用のアタッチメントとクレードルが形が全く違うようになっていて、クレードルもつい先日オプションで発売されるようになったばかりで、ヨドバシにはありませんでした。
もちろん、クレードルだけでなくアタッチメントはオプションで発売すらされていません。
大阪に戻ってからパイオニアに問い合わせてみると、まずSGX-CN700に710用のアタッチメントは問題なく取り付けることができますとのこと。
新しいアタッチメントとクレードルは無償交換していただけるとのことでした。
クレードルは2つあると伝えると、2つとも無償交換していただけるとのこと。おお!有償になると思ってたから素直に嬉しかったです。
念のため本体も送ってくださいとの事だったので、本体とクレードルをパイオニアの修理センターへ送りました。
で、今日それが帰ってきまして、本体は何も問題無いとのこと。
私の申告通りアタッチメントの経年劣化なので無償交換しましたと。

Img_1242


Img_1245


昔のアタッチメントとクレードルと比べると、しっかり固定できて経年劣化なんかで削れて外れるというのがないような構造に変わってますね。
今度の京都400kmブルベまでに何とか出来てよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

10月14日 渋峠

朝早くに起き出してホテルを出て亀戸から電車を乗り継いで上野から高崎線に。
前日までの格好と同じ半袖で行ってたんですが、電車の中でさえも寒い!
途中でウィンドブレーカーを羽織りました。
そして高崎到着。
ここからは吾妻線への乗り継ぎもあって別の路線へ乗り換えなのですが、出発の時間まで30分ほどあったのでちょっと腹ごしらえ。

Img_0078

駅そばー
寒いなか温かいそばが身に沁みます。

列車が来たので乗り込んで、そのまま長野原草津口まで。
この列車では暖房が効かせてありましたので、だんだん眠く・・・うつらうつらしてる間に到着です。

改札はSUICAは使えないので駅員さんのとやりとりして現金で支払。
駅の外で自転車組み立てていると、トイレに寄られてた青い自転車の方が駅から出てこられて、挨拶を交わしながらチョットお話を。

Img_0079

組み立てが終わって、飲み物を補給したところでぱちり。
端っこの方には女性のローディーがいらっしゃいました。

さて、出発!と思ったんですがポタナビのGPSがまたおかしな事に。
GPSの信号がうまく取れないため、地図は12日に電源を切った伊勢原の位置を表示したまま。
しばらく待ってみたんですが、全く改善されなかったのでiPhoneでグーグルマップをみて道を確認して出発します。


ウィンドブレーカーは脱いでアームウォーマーを付けて走っていたんですが、10時くらいにでも随分と涼しい。
走っているとちょうどいい感じではあるんですが、やっぱ標高とか違うからなんですかねぇ。
日本ロマンチック街道と呼ばれている道をわりと快調に登って行って、六合(くに)のコープ前を通りすぎて暮坂峠からの合流箇所である交差点のところでやっとポタナビのGPSが復活。
事前に用意していたコースがわからない状態は怖かったので良かった。
安心したところでまた登って行って、道の駅六合に到着。

Img_0081

おみやげ物とか食事とか出来るので時間が取れるなら色々見てみるのも面白いかも。

Img_0082

花まめソフトクリーム!
うん!美味しい!
ちょっとオーバーヒート気味だった体を良いかんじに冷却です。
さて、私の脚ではそんなに時間に余裕が無いので、直ぐに出発です。
少し行った先の405号線との分かれ道あたりからロマンチック街道もぐっと斜度がきつくなってきます。
遅くても足をつかないようにとゆっくりと登って行きました。

Img_0083

登り切ってから下りの途中、少し開けたところでぱちりと。
ああ、こういう景色見ると標高高いところ登ってる感じがしてきます。
そのまま下って行くと草津市街へ。
最初に見えたセブンイレブンで補給です。しかし店内にはあまりいいものが売ってない・・・結局おにぎりとフィナンシェ一つとポカリを買って外へ。
手早く食べてフィナンシェは途中用に置いておいてさて出発。
この辺りから道路工事の片側車線化されてたりとか、草津温泉へのバスや車ですごく走りにくかったです。

Img_0084

市街を少し抜けたろころの滝。
温泉のせいか湯煙が凄かったです。
市街をぬけるとスキー場から白根山への道へ。
スキー場のあたりは斜度も緩く道幅も広くて舗装も綺麗だったんですが、すぐに斜度が上がって辛い登り坂にw
えっちらおっちら登っていって、今まで木々や山肌で見えなかったところが少し開けたなと思ったら、なんとなく見覚えがある光景。

Img_0085

ああ、ろんぐらいだぁすツーリングガイドで渋峠のイラストだと思うと、なんだか嬉しくなってつかれていた体に少しだけ力が戻ってきました。

Img_0086

白根火山ロープウェイ駅に到着。

Img_0089


Img_0087


Img_0088

いい天気!いい景色!いい気温!
嬉しくなってきますね。
飲み物の補給をするために駅の方へ行くと、バス停の所に殺生河原の文字。
あれ?もしかしてもう通り過ぎたかなと思いましたが、さすがに通ってきた光景にそういうとこはなかったので、もう少し先かなと補給してすぐに出発するとすぐに見えました。

Img_0090


硫黄臭いw
あまりとまっちゃいけないんですけどねぇ。
写真を撮りつつ休み休み登っていきます。

Img_0091


Img_0092


Img_0093


Img_0094


Img_0095


Img_0096

あー、だいぶ登ってきたなぁ。
この辺りから、もうだいぶ押して歩くことが多くなりました。斜度きつくなるともうねw
景色はすごく良くて気分もいいんですが、疲れはどうしてもねぇ。そんなこんなしてると予定していた時間よりも結構過ぎていってます。

Img_0097

白根山到着。
このレストハウスあたりの道は車ですごく混雑してまして、2、300mは押して歩かないとなかなか登れませんでした。
トイレを済まして再出発。
もう少し行ったところで一旦下りに入り、そしてまた登り。
この辺りからは曲がり角のたびに展望スポットが有る感じで、車を降りて景色を見られている人も多かったです。そこを自転車で走っていると時々「頑張ってね」という声をかけていただいて・・・うん、その前だけは頑張ったよw
少し行った曲がり角で斜度がきつくなったら降りて押しましたけどねw
そんな感じを繰り返して、斜度が緩くなったら少し乗っていたんですがナビのルートを見るとそろそろ日本国道最高点の箇所。もうあとちょっとで登りが終わりだという気分が脚を軽くします。

Img_1231


着いたーーーー!!!
うぉおおおお!! ほんとに来たよ! 登れたよ!
心のなかでは大騒ぎでした。

Img_0100


Img_1230


で、実は今回ヤビツで着ていた普通のジャージがこの日までに洗濯できなくって、このジャージで登ってました。

Img_0099

パンツァー・フォー!!!
amisportsさんのあんこうチームジャージ。
山なのに、聖地でもないんですが、まぁ・・・許してくださいw

写真を撮ってツイッターで呟いてから、さぁダウンヒル!
この時14:30でして湯田中駅に16:00には到着しておきたかったのであまり時間が残ってません。

Img_0102

まぁそれでも、渋峠ホテルでインディくんとちょっと戯れてから降りて行きました。
さすがにダウンヒルの時は、寒くてウィンドブレーカーがないともうダメでしたね。
降りて行っている途中の景色も良くて、道が広くて直線がわりと長いので斜度がそんなにきつくないと思って油断しているとスピード見てあわててブレーキをかけるということがしばしば。
もう少しで紅葉も見頃かなという感じでしたのでもったいなかったんですけどねぇ。


Img_1237


Img_1235


Img_1240


Img_0104

だーっと降りて行って、湯田中駅に到着。
15:30位に着いていたので、もしかしたら足湯の時間取れるかなと思ったんですが、輪行準備に手間取ってそんな時間取れませんでした。
駅に到着した電車に先に乗り込んで、ゆっくりとツイート。そのときモンハンの曲が鳴っていたのでなんで!?と思ったんですが、3rdの温泉時にコラボしてたとこだったんですねぇ。
ううむ、やはりこのへんで泊まって行きたかったなぁ。
さて、そこからは途中特急に乗り換えて長野まで。長野からはワイドビューしなの、名古屋から新幹線というルートで帰宅しました。
ワイドビューしなのがかなり混雑して人熱れで酔いそうだったのがちょっとなんだかなぁ。
新大阪からは自走で家まで帰ったんですが家の近くの登り坂を登るのが辛い辛いw
帰ってからは、お風呂に入って就寝~。

今回東京行くついでにとヤビツ峠と渋峠を登りまして、登っている時は辛いしなんでこんなことやってるんだろうという気持ちですが、終わって帰ったあとは叉行きたいなという思いが出てくるw
やっぱり楽しいんでしょうねぇ。
翌日、台風の影響で夕方から積雪・凍結のため渋峠が通行止めになったとのこと。まぁその次の日には解除されてましたが、天気が良い時に走れて本当に良かった。

今回の走行データ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月13日 やっちゃばフェス

さて今回の東京行きのメインの目的 やっちゃばフェスの日です。
自転車を始めてほぼ同じくらいにツイッターも始めたのですが、その頃からツイッターでのお知り合いというのが本当に増えました。
元々コミケとかには偽748Rさんや牛乳焼酎さんとかと一緒に行ってたんですが、自転車を始める前と後では明らかに同人誌を買う量違ってまして、それまではなんだかんだ言ってアニメやゲームの同人誌というものだけだからとあまり調べもせず特定の人だけの本を買ったりしてたのが、自転車関連と、また私のブログを見ている方はよく知っていらっしゃると思うんですが、食べることも大好きな私は自転車でどこか行っては何か食べてカロリー的に黒字になって帰ってくることばかりという感じの人なので、食べ物関係の同人誌が意外とあると知ってからはまたそれも購入するようになって本当に買う量が増えいくばかりです。
そうこうしているうちに、同じように自転車も乗って美味しい食べ物を食べに行くということが好きな方やそういう同人誌を書かれている方とも交流させていただいて、ある時秋に自転車と食べ物のフリーマーケット やっちゃばフェスというのをやりますよーと聞いたので、もうこれは参加するしかない!と。
まぁ、サークル側で出せる技量があればいいんですがさすがにそんなのはないので、参加者として楽しませていただこうと。

一般参加者は9時から列形成のことでしたので、8時くらいから近くの喫茶店で朝食がてらコーヒー飲んでゆっくりとしてから9時前に会場前に到着。
その時にはもう3人並んでおられて、私もそこに並んでツイッターとかで暇をつぶしつつ待っていました。
そんなこんなしているうちに、サークルの人達も入場のために前を通られて・・・ああ見知った方々がw
少ししてから列形成の場所移動がありました。ソッチのほうが座りやすかったので助かった。
後ろには次第に列が伸びていって通りすがるいかにもそれっぽい自転車乗り人や、またもや見知った方々が。
そんなこんなしているうちに、開場時間近くなって建物内に移動。
階段上がったところに待機していたので会場の様子が見えてたんですが予想よりも狭くて、ううむ、すばやく買い物済まさねば混雑しそうだ。
開場してまずはロングライダース3.75を購入。
そこからは一旦離脱して、はにべあさんや、すぽさん、ponさんとかにちょっとだけご挨拶。
azamiさんのとこや石谷さんとこの本を買って、混雑してきたので会場から一旦出て一緒に来ていた牛乳焼酎さんと会場が空くまでK-BOOKSへ行って別の買い物をしてました。
少しして帰ってくると、会場もわりと空いていたので、またはにべあさんとかとちょこっと話をしていました。
石谷さんとこでもBROMPTON談義でちょっと盛り上がったりで楽しい時間が過ごせました。
で、はにべあさんとことponさんとこにおみやげを忘れないうちに渡してからまたぐるっと一回り。
おみやげは今回は京都の若菜屋の栗菓子です。
一般の人にとっては栗菓子で有名なお店なんですが、往年のエロゲーマーにとってはまた別の意味で有名かもw秋桜の空にの栗が大好きなキャラが若菜といいましてね、まぁそのへんでちょっと話題になった時もありました。
後まだ買ってなかったものを買い足して、会場を後にしました。

そこからは偽748Rさんとも合流して、お昼ごはんに。
先日カキフライが始まった富貴さんで、ロースカツ定食にカキフライ2個つけて・・・美味しいぃ!
久々に堪能いたしました。
やっちゃばの影響というのでもないでしょうが、なんか今日はお客さんが多いらしくお母さんたちも大変そうでした。カキフライの注文通ってなかったりしたんですが、なんというかあのお店というかお母さんたちのほんわかした雰囲気にまぁいいよいいよ待つよっていう気分になりますよね。

さて、そこからはちょっとヨドバシやらzinやらをうろうろして、プロントで休憩して自転車談義を。
夕方からはちょっと移動して・・・ほんとは以前から行きたかった明治屋2ndさんへ向かったのですが、休みを確認してなかったのがまずかった、お店の前まで行ってから休みというのが判明して、一旦御茶ノ水まで戻って駅前でお店を物色・・・御茶ノ水ビアホールというところがなんとなく良さげだったのでそこに決めて飲み会開始。
偶然はいったお店に割りには、白穂乃香があったり、輸入ビールも豊富だったりで良いお店でちょっとテンション上げつつ、色んな話で盛り上がってお酒飲んで美味しいもの食べてと楽しい時間でした。
結構いい時間になったので解散。
私はその総武線で宿のある亀戸に。
ホテル戻ってからは購入したものとか送っていい荷物を梱包して送り、次の日の準備をして就寝。
さぁ・・・明日は頑張るぞぉ


やっちゃばフェスで購入したもの


Img_1241


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

10月12日 ヤビツ峠

10月13日に開催されたやっちゃばフェスに行くついでにちょっと関東の峠を登ってきましたよ。
本当はやっちゃばフェスは3連休の中日なので、前後の日にまた東京にBrompton持って行って食べ歩きでもするかなぁと思っていたんですが、8月に家から自走で淡路一周270kmや10月1日の舞鶴行きで登り坂に負け続けた自分の苦手意識を克服するため、また京都400kmの準備的な事もあって気合入れるかと今回はロードを輪行で持ち込んできたわけです。
さてどこを登るかということでは、関西方面から新幹線を使ってアクセスのいい場所で有名どころとなるのはやはりヤビツ峠。
まずはヤビツ峠を足をつかずに登ることを目標にしました。

12日の朝早くに新大阪まで自走して輪行。新横浜から横浜線、小田急線と乗り継いで伊勢原の駅に到着です。
表ヤビツを登り裏ヤビツを降ってきた先が伊勢原でしたのでここに荷物をおいて身軽になっていこうとしたのですが、改札出たところでコインロッカーを探しても・・・無い。
駅員に尋ねると改札内にしかありませんとのことで、入れていただきコインロッカーへ荷物をまとめて収納。
今回はフロントバッグもフロントキャリアごと外して持ってきてないので、財布やら携帯は腰のウェストバッグへ。
ちょっと手間取りつつ輪行解除してさぁ行くぞとまずは表ヤビツの登り口、名古木へ向かいます。
伊勢原から名古木の途中のコンビニで食べ物や飲み物を補給して準備万端と思っていたのですが・・・名古木の少しまで伊勢原方面からは長い坂が。
うう、こんなところで脚使いたくないのにーと思いつつ登って行きました。
トンネルを抜けて降りたところが名古木。

Img_0061


そこには信号待ちで止まっているローディたちが何人かみえます。
その方たちが行くのを待って私もヒルクライム開始(11:11)。
ろんぐらいだぁすのツーリングガイドにも載ってるように、走り始めてすぐに斜度がきつくなる。しかし今回は重たいフロントバッグも装備も無いおかげかそれほど苦にならずに登っていけました。
ここはすぐにまた斜度が緩くなって楽になりましたが、後ろから何人のものローディに抜かれつつゆっくりと走っていきます。
そして、ヤビツに登るときの最後の補給場所であり、ここから信号が無いためタイム計測もここからやる人が多いというコンビニ ヤマザキデイリーストアが見えてきました。
私もどうするかなと思いましたが、ちょうど信号が青に変わったので、このまま止まらずに通過。
ここを過ぎると一番の難関蓑毛に差し掛かってくるとのことなので気を引き締めて登って行くと蓑毛マス釣り場の看板が見えました。
あれ?ここ蓑毛?確かにさっきちょっと斜度がきつかったけどなぁ、いやでもしかしまっすぐで斜度がひどいというとこではなかったしと思いつつもうしばらく走ると、道の真中に鳥居が合って道が左右に分かれているというおもしろい場所にさしかかりました。
今回は足をつかずに登るのが目的でしたので登っている時1箇所以外写真は撮ってないんですが、なかなか面白いと思っていると、斜度が急にぐんときつくなりそして前を見るとまっすぐに伸びた激坂。
ここか!ここなのか!とトルクをかけひき足を意識しつつゆっくりとですが登っていきます。
個人的につづら折りの曲がった時のまだ坂が続くんだという絶望感より、こういう終りが見えるところのほうがいいと思ってたんですが、うん、辛いね。
なんとか斜度が緩くなるとこまで上り、ふぅと一息ついたところで左にゆるく曲がった先に見えるまっすぐに伸びた斜度が明らかにきつくなった登り坂。あ、あはははは、まだあるのね。
速度は10km/hを割って9,8,7とドンドン落ちていき、心拍はずっと180を越してほぼ190に近い。足をつきたい、休みたいという思いをなんとか振り切って登って行きました。
あとで見ると、この左に曲がってからのほうが距離としては長かったんですねぇ。コンクリートの丸い溝がある所に差し掛かってようやく、ちょっとゆるくなった?と感じましたが、いやいや、まだまだきついよ!この模様があるところって斜度がきついからだよ!と心のなかでツッコミをw
そこもすぎるとようやく、だらだらと登れる斜度に。しかし、その頃にはもう脚がw速度はゆるいまま7,8km/hしか出せません。
ただ、木陰の中は涼しく一番の難所はクリアしたという気持ちからだいぶ楽にはなりました。
私を追い抜いて軽やかに登る人や上から降りてくる人と挨拶を交わしながら、淡々と登っていると右側に「浅間神社」の文字。
うぉ!浅間様が見てる!浅間神社前だけでもダンシングでかっこ良く登るということができたらよかったんですが、さすがにねぇw
そして展望台へ

Img_1222


Img_1223


ふふふ、ここまで登ってきたぞー!!!
写真を撮るために止まりはしましたが、足をつかずに上る目標があったのですぐさま出発。
頂上はまだ?まだ?という気持ちと、もう足ついちゃえよ、暑いし休めばいいよという甘い誘惑に抗いながら登って行って、頂上の少し手前で降りてきた人に「あともうちょっとだよ!頑張って!」と声をかけられたのがとても嬉しかった。
その声に元気をもらって・・・着いたーーーー!!!


Img_1224

時間は12時27分。おおよそ1時間25分かかりました。
遅くてもヤビツ峠という有名な峠を登ったのと目標の足をつかずに登るというのを達成できた。
これでもうちょっと登り坂が登れるようになったらいいなぁ。

さて、飲み物の補給やツイッターで呟いたり他の方に返答したりして休憩していると、近くに住んでる牛乳焼酎さんから連絡が。
来るなら言ってくれれば一緒に登ったのにと言われつつ、ちょっと合流しましょうかと裏ヤビツを下ったところのラーメン屋ZUND-BARで待ち合わせの約束を。
さてもうあとは下り。裏ヤビツから宮ヶ瀬を通っていくルートなのですが、そのまま下って行くと待ち合わせには少し早いかもしれないと思ったので、頂上から少し下ったところにある名水喫茶に立ち寄ることに。
さすがヤビツ峠にあるお店で自転車止めもありまして、自転車を止めて中に入りとりあえずアイスコーヒーをと思っていたのですが、横の人が食べてたナポリタンが美味しそうでして・・・朝からパン1個とおにぎり1個くらいしか食べてなかったし思わず「アイスコーヒーと・・・・ナポリタン!」と注文w
このあとラーメンを食べることもわかってたんですが、まぁ・・・仕方ないよね!
しばらく待っていると来ました!

Img_1225

ナポリタ~ン! 名水で淹れたアイスコーヒー
アイスコーヒーは暑かったのもありましたが、すごく美味しい。ナポリタンは普通の喫茶店で食べる懐かしい味といえばそうですが妙に美味しいんですよねぇ、これが。
あっという間にどちらもなくなり、少し休んでからお店を出ました。
さて、下るか!と走りだそうとしたところでGPSが信号を取れずに変な位置を表示。えぇええ勘弁してよと、ぽたなびの再起動を何回してから走り始めました。
確かに名水喫茶のとこはdocomoの電波も入らないとこでしたし、ちと気をつけないといけないですね。
下り自体は道の舗装が悪いところに気をつければ楽に走れるんですが、車が多いのもちょっと難点。車とあと登りの自転車・バイクに気をつけて降りて行きました。

Img_0067


Img_0068

宮ヶ瀬ダム!
風も通って景色も良くて・・・気持よく走れました。
さてドンドンと下り、そろそろラーメン屋だなぁと思っていると「ねれさん!」との声。道路の右側に牛乳焼酎さんが居ました。
自転車も先日新しくなったS-WORKSの赤と白の車体で目立ってます・・・なんで気づかなかったんだろう私w

合流してとりあえずZUND-BARへ向かいます。
ZUND-BARにつくと、ズラッと並んだ人。車で来てる人も自転車で来てる人も多くて、どうしようかと思いましたがせっかくなので名前を書いて待ちました。

Img_0069

その間、牛乳焼酎さんといろいろと自転車談義から近況から話をしてて退屈はせず、名前を呼ばれて店内に入るのも早かった気がします。
さて何を頼むか。やはりがっつりいっておきたいところだけども先ほど食べたナポリタンも気になる。
で、炙りチャーシューの醤油淡麗に。

Img_0070

ほほう、金属の器ですか。
スープも麺も美味しいですが、やはり炙りチャーシューの旨さが際立ってました。
玉子の硬さ加減も良くて、アクセスそんなに良くないとこなのにこれだけお客さんが多いのも納得ですね。
あっという間に完食。
本当はもう少しゆっくりしたいところだったんですが、表にはまだ並んでい人が多かったのですぐに出ました。
ううむ、ソフトクリームは今度行った時にはぜひ食べよう。

そこから伊勢原の駅までは、牛乳焼酎さんに先導してもらって向かいます。
抜け道へそれるとき「そこからちょっと登りがあるんで」とさっとダンシングを始めたと思ったら一気に置いて行かれました。
はえーーーww速いよママン!と必死に追いかけようにも脚がついてこないw
少し行った先で待っていただいてましたw
車の少ない道を選んで伊勢原の駅まで。

Img_0071

駅についてから並んでぱちりと。
喋りつつちょっと手伝っていただきながらも輪行準備をしてお別れしました。
荷物をコインロッカーから回収して、まずは本厚木まで行ってそこからロマンスカーで新宿まで。指定席の一番後ろが撮れたので自転車はそこにおいて安心安心。
・・・で、終わればよかったんですが予約を取っていたホテルへチェックインの時間の電話をした際に私の勘違いで予約が取れてなかったことが判明。
そこから偽748Rさんにかなり助けていただきなんとか亀戸のホテルが2泊とれました。
あの時の次々とホテルの空きがなくなっていく状況はホント怖かったw

ホテルにチェックインしてから一旦汗を流して、そこからちと外へ。

Img_0073

ビール!!!

Img_0074

餃子!

Img_0075

タンメン!

関西にはないというか王将の天下であるため馴染みがなさすぎる日高屋さんでささやかな祝杯です。
ビールがねぇ・・ほんとに美味しくてねぇ・・・まさにビールクズw
餃子は王将のほうが上かなぁ、ラーメンは日高屋のほうがいいと思うな。
その後はホテル帰ってすぐに就寝でした。

走行データ
途中までケイデンスが取れてなかった!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月16日 (水)

10月1日 ぜかましちゃんに会いに舞鶴鎮守府へ

今、嵌っているゲームに艦隊これくしょん(略して艦これ)とうのがあります。
私は6月くらいのちょうど新規提督の登録ができなくなる直前あたりからやり始めたのですが、のんびりとやっているのであんまり艦娘達も育ってないですw
その当時からすると、ユーザー数が20万突破ーとか、ええ!?もう25万人!とかいうものすごい勢いで伸びて今では100万人を越してるのがちょっと信じられないですねw

さて、その艦これ。ブラウザゲームだけではなくメディアミックス展開もあちこちで始まっていて来年にはアニメにもなるとか。
初めてのアンソロジーコミックも出ていて、その広告ポスターが各鎮守府、横須賀・呉・佐世保・舞鶴・大湊に貼られることになりました。
期間は9/26・27~10/2・3まで。
元々私は京都の海側、舞鶴に近い方の出身でして舞鶴に貼られるキャラクターは当然駆逐艦。
艦これのなかでも一番人気なキャラ島風でした。
そうなると、もうこれは行くしか無い!10月入っても暑いような状況でしたが天気は悪くなさそうだし10/1に決行することに決めました。

当初住んでいる大阪から池田、山越えをして亀岡>園部>綾部と行くコースを考えましたが、10/26にあります京都400kmブルベのコースの下見も兼ねて、スタート地点の嵐山から綾部までの行きのコース、綾部から舞鶴まではブルベの帰りのコースを逆向きに走っていくことに。
朝というか夜中に起き出して京都へ向かいます。
京都へはまぁ定番の府道14号から国道171号線へを走り、大山崎からは脇の西国街道へそれて北に走り嵐山まで。

Img_0039_2

阪急嵐山到着です。

Img_0038_2

そして今日のお供は、天龍ちゃんと龍田さん・・・いや、うん、天龍ちゃんのほうが姉なんだがどうしてもそういう呼び方になるよねw

駅そばのコンビニで補給をして、まだ暗かったですがすぐに明るくなるだろうと思ってスタート。
住宅街や寺の側の道を通るとすぐに登りになります。その辺りはまだ民家というか宿?的なとこもあってまだ明るかったんですが、3kmあたりの137号線が合流するところで50号線は左の該当も民家もない山道へと入っていきます。
・・・本当に灯りが何もない細い山道を走るわけです。少しだけ登りかけたのですが、さすがに怖くなって一旦引き返しました。
少し明るくなるまで待つかと思ったんですが、待つ場所で適当なとこがなかったので一旦駅まで戻りました。
駅のところで30分ほど待つとやっと少しだけ明るくなってきたので、再度走り始めます。
今度は問題なく登れる明るさでしたのでそのままヒルクライム!・・・・しかし3.8kmあたりの斜度がきついところは登れず押して歩きます。
とはいっても300mほど行くと一旦下りですので小さなトンネルをくぐってダウンヒルー。下ったところからは左に京都の観光名所の一つ保津峡およびトロッコ列車の線路を見つつ走ってまた登ります。

Img_0041_2


Img_0042


Img_0043

2回めの登りは9.3kmで440mくらい登りますので平均斜度4.7%という数字だけ見れば大したことはないんですが、さすがにずっと登りでまたコースの9kmあたりに斜度のきついところがあってなかなかに体力削られます。

Img_0044

そこを超えると下りになりますが、ちょっと斜度がキツイ下りですので注意して降りて行きましょう。
斜度がきついところを抜けると世木ダム>日吉スプリング>通過チェックのある和知>綾部まで回復しつつ走れる楽なコースです。

Img_0045


Img_0047


Img_0049

日吉駅の少し手前に美味しいパン屋さんがあるようなんですが開店時間には、この辺りを通らないので諦めないと仕方ないですね。
さて春先にあった京都の200km・300kmブルベなんかも最初に山を登らされますので条件的にはまぁ同じといえば同じなんですが、スタートしてからすぐに山道に入って行くのでまずコンビニとかそういうお店が無いため、ハンガーノックにならないよう少し準備をしておいたほうがいいかと。
私は嵐山駅の側のコンビニで定番のアンパンと家から持ってきたヴィダーインゼリーをフロントバッグに入れていました。
そしてトイレ。コンビニとかがないと結構な問題なのですが、こちらは日吉あたりからはJR沿線沿いを走るので、駅の近くに行った時に済ませておくのが賢いかと思います。

この日はとりあえず綾部の手前で舞鶴方面へ。
ブルベのコースとしては丹後半島から舞鶴を通って綾部、そこからは行きのコースを逆向きに走ってゴールの嵐山を少し過ぎたあたりのジョナサンへと行くので、綾部からはブルベコースの逆向きを舞鶴まで走ります。
とはいっても、帰りにまた舞鶴から綾部まで走ってくるので、あまり気にせず先を急いだんですが、この日はそれなりの強さの北東の風。向かい風でなかなかスピードも乗りません。
10月なのに気温は高く、また日差しも強いので暑さに弱い私は、休憩を何度かしつつ走ってました。
また舞鶴までは道路の舗装があまり良くない所が何箇所かあって、そこはガタガタと振動を抑えこまないといけないわ、スピードでないわでちと難儀なところです。
そうこうしているうちに西舞鶴駅の前を通過。
なんか見覚えあるなという感じがしたらもう駅の前の通りでして懐かしいと思いつつ時間を確認すると、10時30分くらい。5時30分位に出発してまぁ予定通りの時間です。
でもお昼を食べるに早い時間なので、先に東舞鶴までしまかぜを見に行くかどうするか悩んだんですが、11時からすぐに食べていくほうがいいかと、お昼を先にしようと予定していたお店に。
舞鶴といえば海軍さんの鎮守府。そのため、肉じゃがなんかが名物だったりするんですが、個人的に日本海の魚を久々に味わいたかったので魚里さんへ向かいます。
しかし、ここで11時開店であろうと勘違いしていたためお店の前まで行ってやっと、海鮮系の食事は仕入の兼ね合いで12時から提供となっていて、泣く泣くまた元の道に戻って東舞鶴駅を目指しました。
東舞鶴駅まで行く道は2通りあるんですが、坂を登りたくなかったのと、やはり海を見たかった。

Img_0050

うーみーだーーーー!!!
海岸線をぐるっと回ってから東舞鶴駅を目指して南へ。
少し走ると、左手に舞鶴鎮守府が見えてきます。

Img_0051

ネット越しですが、パチリ。
本格的に見学したい場合は、土日や祝日に来ないと中に入れません。

Img_0052


Img_0053

そして赤レンガ記念館ー
ううむ、いいね。やっぱりこの雰囲気
そんなことをしつつ東舞鶴駅に到着。

駅の待合室で少し休んでから、入場券を買って改札を通りポスターを探し・・・あ。
改札から奥の階段のところで3脚に1眼レフを付けて反射で自分の姿が写らないようにしつつ写真をとっている方がいらっしゃいました。
まぁ・・・そんなとこで写真撮るのなんて目的一つしか無いわなぁw
「こんにちわ~」とご挨拶をしつつ、少し艦これ話をして「お先にどうぞ」と言われたので先に写真をぱちりと。

Img_0054

ぜかましちゃん!!!
写真を撮ったらそそくさと退散。
ちょっと手前の階段から改札に向かっていた学生さんの目が痛かったの・・・
さて、目的は果たしたしお昼ごはんですよ!
同じ道を通って西舞鶴まで戻り魚里さんまで。
今度は良い時間で中もそれほど混んでませんでした。
頼んだのはびっくり海鮮丼。
冷たいお茶もいただいて、すぐに飲み干しておかわりを頂くと気を使っていただいたのか、大きめの急須で持ってきて頂きました。いや、ほんとにありがたかった。すごく暑かったので。
しばらくして・・・

Img_0055

びっくり海鮮丼!!!
お味噌汁と、貝の殻に乗った漬物も付いています。
たまり醤油らしきタレを掛けて・・・頂きます!

・・・大変おいしゅうございました。
久々に日本海の魚を堪能して、さぁ、大阪まで戻るか!とお店を出ました。

西舞鶴からの帰路は途中までは行きと一緒ですが、下山あたりで大阪方面へのルートへ切り替えます。
とりあえず綾部まではブルベの下見と思って注意しつつ走ったんですが、途中までの斜度はそんなに無いですがだらだらとした登り坂と、その後の舗装の悪いガタガタ路がやはり辛い。
風としては追い風になるから楽になるかなと思っていたんですがそれほどでもなく、車が増えて走りにくい状況でした。
それでもなんとかスピード出せるとこでは出して、行きと同じくらいの時間で綾部まで戻ってきて、そこからは平坦路っぽいけど若干登りという感じの道が続きます。
そして午後になってますますひどくなる日差しと暑さが体に堪える。
ソルティライチの美味しさに助けられながら、道の駅和知まで着いてちょっと一休み。

ここから別の道へ抜ける予定でしたが、少し前の大雨の時の影響で現在は通行止め。
ポタナビで他の抜け道を探しつつ道端を見ると、近所のおじさんらしき人が瓢箪とか栗とかを売ってられたので、おみやげにいいかなと思って栗を購入。
うん、大きくていい栗なので嬉しいのは嬉しいんだけどね、おじさん。サービスされると帰りの峠の上りが辛いんだよ・・・。
しかしそんなことは言えない小心者の私ですからにこやかに受け取って、フロントバッグの中に。この1.3kgの栗が後々本当に重くのしかかってきます。
栗を購入したあと、少しウロウロとしてから一旦橋を渡るしか無いということが解り、橋を渡ってから行きは走ったトンネルを回避して脇道にそれてループになった道を回って先へ。
結局トンネルの出口で合流はするんですが、やはりトンネルは気を使いますからねぇ、あまり通りたくはないです。

そして下山あたりからは、段々と大阪方面へ。
このあたりでもう夕方になっていっていたため、池田の手前の山を夜に登るのは嫌だなぁと思いつつ急いでいたんですが、まぁさすがに疲れも合ってスピードもあまり出ません。
何箇所か小さな峠を超えつつ妙見山あたりまで戻ってきた時には体はへろへろになってました。
そこからはまぁ基本下りですので、重力に引かれるまま降りて行って池田まで帰ってきた時はちょっと涙でそうでしたw

そんなこんなで家の近くまで帰ってきたら、おなかがすいたので、やはりロングライドのあとはラーメンだ!と福ちゃんラーメンに。

Img_0056

チャーシュー麺と半チャーハン!
心のなかでうめぇうめぇと言いながらあっという間に完食。
もう動きたくないとわがままを言う脚を叱咤して家まで帰りました。

今回の走行データ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに

随分と間が空きました。
前の記事が夏コミとは・・・どれだけ暑い時に走ってないかということですねw

実際のお話夏コミ以降だと淡路一周1回と、これからアップします京都400kmブルベの少しの試走兼舞鶴まで。
やっちゃばフェスに行くついでの2箇所と言ったふうでして。
淡路以外は全て10月入ってからwまぁそれでも今年の10月はものすごく暑くて走りに行くには少々ねぇ・・・。
それに週末ごとに台風が来る感じだったり、大きな勢力の台風が来てまずい!と思って紀伊600kmブルベをDNSしたとたん熱帯低気圧に変わって600mブルベ参加していたら問題なく走れていたとか。
なんか・・・いいことないねぇw私が参加するブルベはほんと天候が悪くなる。

来週末の京都400kmはいい天気だといいんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »