« ポタナビ(SGX-CN700) クレードル・アタッチメント交換 | トップページ | 劇場版まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語 »

2013年10月29日 (火)

BRM1026 京都400km

先に言っておきます!BRM1026京都400km完走しました!!!
前回の紀伊半島600kmを台風が近づいてきたからDNSしたけど、結局大したことなくて十分走れたということからなんとか悔しい気持ちを晴らしたかったし、今年最後のブルベを来年につなげるためにもぜひとも走りたかった。
まぁ過程の部分ではいろいろ課題がでまくって反省しきりなブルベでしたが、結果としては満足かな。


前の週から規模の大きい台風27号が週中辺りに来るという予報があり、またすぐ前の週に来た台風で伊豆大島とかに大きな被害が出ていたので、そもそも走れるのか?という不安でいっぱいでした。
月曜日くらいになると週中予定だったのが週末あたりに上陸という話とともに台風28号も来る、そして台風が分裂したり、さらに北に低気圧があったりとかもうわけがわからない状態にw
木曜日辺りでやっと台風27号が日本の下側を通って近畿地方にはあまり影響がない、28号も影響があるとしても関東方面だけという状況となって一安心でした。
しかし、ブルベ前日は雨予想。当日も降水量は少なそうですが確実に何処かで降ると思われるということで雨装備は必須ということなので、今回初めてモンベルのゴアテックスサイクルレインジャケットを導入です。
まぁ・・・高くて上着しか手を出せてないんですが。
前日は雨雲レーダーを見つつ2時くらいに一時的に雨が止みそうだったので、準備をして雨がやんだところで近くの阪急の駅まで移動。
そこから輪行で嵐山まで。乗り換えの時に階段を乗り降りしないといけなかったのが、微妙に辛かったですw

嵐山について輪行を解いて走り始めようとした時に偶然にも雨がやんだ状態でさっとホテルまで移動です。
ホテルの前辺りから降り始めましたが、なんとかあまり濡れずにホテルイン。ホテルの奥の駐輪場に安全に置かせていただきこれで自転車も一安心で休めます。
部屋で少し荷造りをしてから晩ご飯と次の日の補給食とかを仕入れに出たんですが、晩ご飯を食べてる時にボトルを忘れたことに気づいて、慌てて京都の自転車屋では有名なきゅうべぇさんへ嵐山電鉄に乗って向かいました。

Img_0116

なんとかボトルを購入して、ホテルへ戻る途中のドラッグストアでアミノバイタルとかブドウ糖とかを購入。
ホテルに戻ってからは風呂に入って早くに休みました。


さて当日、8時出発ではありますが早めに出て7時には嵐山駅に到着。
7時スタートの人達のブリーフィングや車検が始まってて、ぞくぞくと出発されてました。

Img_0117

スタートまで余計な荷物をコインロッカーに預けたりトイレ行ったりとして、受付とブリーフィングへ。
コース自体の変更はなく、というかもしかしたら通行止めになってるかもとかいう状況w
ま~なんとか大丈夫でしょうということで、車検も済ませてスタート待ち。
ツイッターで少しやりとりをさせて頂いてた、ぽてとさんも走られるはずだったので乗られている自転車を探していてそれらしき人はいたんですが・・・小心者の私は声をかけるまでに至らずw
そんなこんなで、さてスタート!空模様は怪しいけど雨は降っておらず、最初の峠を越える時の心配が一つ減りました。

10月1日に綾部、西舞鶴のコースまでを試走がてら走った経験があったので、どこらへんでどんな坂が来るかはわかっていたので、激坂区間は押して歩きました。
その横を軽快に走られていく人ばかりで不安になりましたが、今の自分にとって個々と足使ってもいいことはないとわかっていたので我慢です。
保津峡からの長い上りと途中の激坂区間も同様に押して歩くほうがいい時は押してあるき、ダウンヒルでは足を休めて重力に任せたまま降りて行きました。
そして、最初の通過チェック ローソン京丹波升谷店へ到着。前の通過者が買っていったのかおにぎりとか手頃なパンはなく、飲み物と肉まんを購入して手早く補給後出発。この先何があるかわからない以上ゆっくりしてる暇などないのです。
ここからPC1の福知山までは少しのアップダウンはありますが基本下り。ボーナス区間です。
ダウンヒルの防寒も兼ねてきていたレインジャケットを暑くなってきたんで脱いだんですが、脱いだ途端に降りだす雨w
慌てて来て再度走りだすとまた止んで、少し様子を見てまた降らなくなったと思ってん脱ぐと降り出す始末・・・いいよ!じゃあずっと着てやろうじゃないか!
少しジッパーを下げて空気入れるとだいぶマシだからそれで走って行きました。


Img_0120


そしてPC1のローソン福知山篠尾新町店へ到着。
この時点で1時間の余裕が出来ていました。
ここではおにぎりと温かいお茶を購入。
PC1では結構な人が休憩をしてまして、その中にはあのチーム亀太郎の方々が。
「いやー今回はグルペって決めてるから、色々食べるよ~」という余裕の発言。その中のお二人は綾部あたりから福知山まで前をずっと走ってられた方でして、私が出る少し前にPC1を出発されてました。
福知山からは峠を超えつつ日本海側を目指します。その前に皿そばで有名な出石を通るコースでして、ブリーフィングでも今野さんが京都400kmなら出石そばと蟹は食べないと!と、キューシートにも書いてあるくらい強調されてますw
先ほどのチーム亀太郎の方々も、先行して食べててと言われてどっか入られたんでしょうかね。その出石の少し前で前に出たのでわからないんですが。
ですがこのあたりから、台風の置き土産的な強烈な北風が、西に向いた出石の前辺りからはいい天気になりまして道路も乾いて軽快に走って行けたんですが、また北に向きを変えると途端に速度が落ちます。
そんな状況でしたので出石のとこでそばを食べるかどうか悩んだんですが、さすがにまだ100kmも走ってないし1時間程度の余裕ではその気分にならなくて、食べるのは香住の蟹と決めて先を急ぎました。
そして豊岡を通過。元々京都の北側出身の私にとって豊岡まで京都市から自転車で来たっていうだけで、ほんと遠くまで来たなぁと感じてました。
また長くはないですが峠を越して・・・日本海へでたーー!!向かい風がひどいーーーーwww


Img_0121


少し内陸側へ戻りトンネルを通ってまた海側へ出た香住海岸あたりでパチリ。
多分この時にとっておかないと帰りには、暗くて撮れないと思ったんですが、まぁ正解でしたね。
かに料理とかの看板があちこちに出て、そのお店の前に止めてある自転車数台を羨ましく横目で見ながら、PC2道の駅あまるべへ急ぎます。
トンネルと登りを過ぎて降って・・・着いたああああ!

Img_0122

売店が18:00までなので、急いで買い物。
といってもなにか特徴的なものがいいなぁと思ってると、目に入った黒豆アイスと黒豆モナカ。

Img_0123

黒豆モナカを買って自転車まで戻り、黒豆モナカーとツイートすると、「ねれいどさん?」との声。
ん?と思ってみると、スタート時点でぽてとさんじゃないかと思っていた方で私もすかさず「ぽてとさん?」とw
横でツイートしてたのですぐわかったそうで、ちょこっと話してました。
ただ、この時雨が強くなってきまして、屋根がある場所まで避難。
一応2時間の余裕ができてたので、雨がやまないかなと少し待っていましたがなかなかやまず、他の方々も道の駅の中で休憩してられました。
この時、有名な餘部鉄橋の写真でもとっておこうと思ったんですが、もう暗くて全く見えませんw
あー・・・早く雨やんでーー!!!と祈ってると、他の方は雨装備を着込んだり装備を付け直したりで雨の中走っていく準備を着々と進めていかれてました。
「まぁこういうことしてると、雨止むんだけどねーwww」という話をして少しするとほんとに雨が止みましたw

それを見て私も出発。
路面は濡れたままでしたが、雨は止んでいてレインジャケットの上だけで問題なく走れました。
辺りはもう日も落ちて真っ暗。本格的なナイトライドの開始です。
PC2道の駅あまるべは170km地点。そこからは折り返しで一旦佐津まで戻り、日本海側を通って丹後半島方面へとなります。
海側からの強烈な風、そして暗闇の繰り返されるアップダウンに時々ぱらついてくる雨という気力が削られる区間となり、香住の蟹をなんていう余裕はどこにもなくw
特に城崎温泉あたりからの雨には辟易。雨で濡れて気温も下がって寒くなるし、時々トンネルとか商店の軒先で雨宿りをしつつ走って行きました。
いろいろと体力的にも回復したかったので2つ持ってきてたアミノバイタルを1個使用。
久美浜まで出たときは、やっぱりこのへんまでは丹後半島という地元っぽい意識があったのでちょっと気分が楽に。

Img_0124

久美浜湾を手早く抜けてPC3ローソン網野へ到着!
ここでもまたぽてとさんと、すれ違いw私が先に出てそのうち抜かれたり、雨宿りしたりとかで前に出たり後になったりしてるようです。
おにぎりとドリンク。そして眠気対策&カロリー補給としてコーラを。肉まんを食べつつコーラを飲み干します。
それと、一応ライトの電池も交換。色々手こずっていたためか時間の余裕はできず2時間弱の余裕。ライト点灯から5時間程度ということで、これから先の適度な交換ポイントがないのでここで交換です。
網野からは丹後半島。経ヶ岬のクイズポイント、伊根、天橋立、宮津という、18年くらい居た地元という感じのとこを走るわけで・・・気分が楽なとこも、丹後半島のアップダウン、特に伊根あたりのきつい登りは知っているので若干重苦しく・・・。
真っ暗な中を走って行くのは、初めてではないですがこの辺りから斜度がよくわからなくなってきて、時々下りだーー!と思ってると若干の上りだったとかあったり、北風で荒れた海から波が道路まで飛んでくる時があったり。クロモリの私にとって塩水は天敵!やめてーーー!!と車が来ないのをいいコトに真ん中へ寄って走って行きました。
時々見えるきれいな半月の月。これが風も少なくて綺麗に晴れた夜空ならもう少し良かったんでしょうが、そんなのを楽しむ余裕もなく、アップダウンでドリンクの消費が激しくてドリンク補給のために自動販売機のとこで止まってることが多くタイムロスもだいぶあったのではないかと。
また、この辺りではあまりブルベ参加者にも会わなくて、民家も街頭もない、車もこない。はっきりいって怖かったですw
それでもえっちらおっちらと走ってクイズポイントの、トンネルに到着。ここを抜けた先にあるトンネル脇の文字を確認ということで、確認してブルベカードに書き書き。
さぁ、経ヶ岬まで来たなら後は南方向に走るから、追い風になるぜ!と、走り始めたのはいいんですが・・・うん、ここに来ての登りはキツイよ・・・。
なんども降りて押して歩きます。
そのうちになんか、ライトが急に暗くなってきました。はて、さっき電池交換したのにと思ったんですが確認する余裕がなかったので、予備ライトを点灯。頭のライトも常時点灯に切り替えて走っていきました。
何度もアップダウンを繰り返し、まだ見覚えのあるとこは出てこないな・・・おかしいな、まだかな?まだかな?と走っていくうちに、長江という地名が!
ここからは本当に見知った道。もう特筆する登りはなく一気に宮津まで行けるはず!とペダルを回していきます。
日置海岸、府中、天橋立の中砂利道を通って文殊堂まで出たら、宮津高校に自転車で通っていた道で宮津まで。
ああ、あの頃安物だったけどロードでダブルレバーの乗って走ってたなぁ・・・ポジションとかその辺なんも考えなかったけど経験は無駄になってない!
24時間営業のマクド前で何台もの自転車を確認して、ああ、みんな仮眠摂ってるのかぁ・・・うう鈍足の私はそんな余裕ないですとパスして栗田峠へ。
そして由良の海岸線を走って由良駅が見えたときはちょっと泣きそうになってました。
駅の近くのミニストップが見えたので、甘いもの!ソフトクリーム!!!と思って入ったんですが、この時間帯はソフトクリームやってないとのこと。くっ、なんということ!ミニストップがソフトクリーム売らないでどうするんだよ!と思いつつでかいプリンを買って食べました。
先に寄られていたスタートから何度か会っているブルベ参加者の人とちょっとお話して、由良と次のPC4の場所西舞鶴が意外と近いということを話して再出発です。
この辺りは登りもなく風も影響がなく・・・ただ道路の舗装が悪いことだけが問題w
いや、舞鶴付近はほんと舗装が悪いんです。なんとかしてほしいものですねあれは。

Img_0125

そして最後のPC、PC4ファミリーマート舞鶴円満寺店へ到着。
やはり途中から追い風になったのが功を奏したのか2時間ちょっとの余裕と思いの他走れていたみたいです。
ここでメインライトの電池を再度交換。そうすると明るく点灯したので、事前に充電した電池を間違えたのか何かだったのか。
ぽてとさんが後から到着され、マクドで仮眠してたとのこと。それで28kmを1時間で走っちゃいましたと・・・速いw
そら私仮眠全く取らずに来ても追いつかれるはずだよ!w
肉まんとカフェインとカロリー補給のためミルクティを補給して出発。
しかし、出発してしばらくすると右膝の裏側外の腱が猛烈に痛み始めました。
ちょっとペダルがこげないくらいになったので、コンビニで休憩。とっておいたアミノバイタルを補給し、少しのマッサージ。そして記載はしてませんでしたが道中適度にとっていたブドウ糖を多めに摂取。
しばらくして少し痛みが和らいだので再び走り始めます。
しかし、痛みのため上がらないスピード、ちょっと上り坂でも押して歩くしかない状況に追い込まれます。
辺りはだんだんと明るくなってきて、ブルベの制限時間のことがちらついてきます。
ちょっとポジションを直してあまり痛くない位置でペダルを回してなんとか平地と降りでは、そこそこのスピードを出せるようになりました。
でもこのあたりを走ってる間は足の痛みも、まだ残り50kmはあるということも随分と重くのしかかって、完走できないんじゃないか?ここまで来て?DNFは・・・ダメダメ!という事ばかり考えてました。


6:26に最後の通過チェック到着。
ここでもまたぽてとさんとw
いやー見知った人がいるというだけでなんかすごく楽になります。今回それで結構気分的に助けられてるんですよね。ほんとうに感謝です。
ここでも先に私が出発。もう足の状況からして時間敵余裕はないと判断してできるだけ前に進むことだけを考えていました。
そうして、だんだんとゴールまで近づくんですが・・・ええ、スタートから最初の峠が2つあるんです。
復路から見ると1つ目の峠は、登りが斜度はそんなにきつくないんですが距離が長い登りとなって、できればここは走って登りたいと思ってたんですが、やはり無理でした。
ほとんどを押して登って斜度がきつくて悪路のダウンヒル。もちろんスピードなんてあまり出せません。
それでも何とか降って、2つ目。ここは斜度はきついけど距離はそんなにないはず!と思ったんですが、登ってみると意外とある・・・それでも一歩一歩進んで行き、最後の降りだーーーー!!!!
もうここからゴールまでは、登りも距離もない!時間は1時間の余裕。
ここに来てやっと完走できるという確信が持てて、気分がむちゃくちゃ楽に。
観光客の方や人力車を、余裕を持ってよけつつ走って行って


Img_0126


ゴール!!!!!
ゴールのミニストップでオレンジーナを買って祝杯です!

ブルベカードに時間を記載して、メダルもちゃんともらうようにして提出。
「はい、OKです。」の言葉が聞こえた時、少し泣きそうになりました。
26時間9分。2時間の余裕があったPC4から考えると大幅に時間を食いつぶしてのゴール。
膝が傷んだ、後半の登りを押して歩くしかなった、そんな自分の至らなさが浮き彫りになったブルベでした。
しかし!それでも400kmブルベを走りきったということは自分にとってはいい経験になったと思います。
来年に向けて対策を練ることもできますしね。


今回の走行データ1 走行データ2

|

« ポタナビ(SGX-CN700) クレードル・アタッチメント交換 | トップページ | 劇場版まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした&完走おめでとうございます!
前日の京都北部の雨量がハンパない事になってたんですが、土砂崩れ等無くて良かったですね。
ブルベのルートだけ針の穴を通すように無事だったとかw

膝裏が痛むという事は、恐らくサドルが高いのだと思われます。
私が膝痛になった時は2週間ぐらい安静にしてたら治りました。
痛みが消えても、すぐに自転車に乗ると再発したので油断せずじっくり休めるのが良いと思います。

投稿: むにん | 2013年10月29日 (火) 07時56分

ありがとー!
ほんとにねぇw今野さんのコースはそのへんが妙なことがあるからw
確かにサドル位置は今回変えてて、あのORTLIEBのLバッグをつけるためにサドルを結構下げて角度も前下りに設定したので、そのへんが悪かったかも。
まぁ、今年のブルベはこれで終わりだし!あとは来年のブルベエントリー峠が始まるw

投稿: Nere | 2013年10月29日 (火) 09時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/58473644

この記事へのトラックバック一覧です: BRM1026 京都400km:

« ポタナビ(SGX-CN700) クレードル・アタッチメント交換 | トップページ | 劇場版まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語 »