« 5/5 境界線上のホライゾン 交通広告AR | トップページ | 小豆島ポタ 後編 »

2013年5月15日 (水)

小豆島ポタ 前編

GW過ぎて休みの日ともなると、ツイッター上で自転車クラスタの人達があちこち出かけて行ってまして・・・仕事でこもっている私はうらやましい!と。
AACRを月末に控えて休みがこの月曜日と火曜日しかなったので、最終調整のために100kmを走っておきたいと思ったのですが、どこに行くかが問題でして。
淡路島は走る距離はいいんですが、輪行とか淡路島を走るための準備とかがめんどくさい。
京都方面はなんか目的が見いだせなくて、琵琶湖一周はなぁ・・・と考えていて、そうだ!先日むにんくんが行った小豆島なら三宮まで走ったらフェリーだしちょうどいいじゃないか!と。
夜遅い時間帯なのに、むにんくんに電話して「明日小豆島行かないかい?」「ちょっ、え?」というやり取りをして小豆島ポタ決定です。
まぁ急に決めたものだからどこに行くとかも全く決めず、観光ポイントもほとんど調べずにでした。
夜中に起き出して三宮まで自走。
おおよそ2時間ですので3時には出発です。
夜中の道路、特に2号線は走りやすくて40km/h出して走れることもしばしば。気温もちょうどよく、いや、気持よかったぁ。

さて、三宮から神戸港方面へ下り、フェリー乗り場で・・・ああ、はいはいそっちなんですね、案内の係員の人に聞いいてチケット売り場でチケット購入。あそこは購入の申込用紙もっとわかりやすいところに置くか、案内を大きく出しておいて欲しいとこですねw
むにんくんはすでに乗船しているとのことで、私も乗船。

Dsc_0053

おお!広いー。
今日の朝便は、少ないらしく確かに車もあまりありませんでした。
端っこの停める場所に自転車を置くと、係員の人が固定してくれます。
そして上のデッキへ。


Dsc_0054

寛げる場所も結構広くて、3時間の片道航海中もゆったりと過ごせそうです。
むにんくんにポテチもらいながら、色々話をししてる間に出稿。

Dsc_0055

出稿してしばらくすると、明石海峡大橋が見えてきます。

Dsc_0056


その下をフェリーはくぐっていきます。

一緒に走るのは実際久々でして、小豆島のことや次のAACRのことなんかを話していると、見えてきました小豆島。
坂出港に近づいていった時・・・なんだ、あれ?と、でかいトゲトゲ鉄球の上にトカ・・・ドラゴン?
なんか、いま瀬戸内の各島で瀬戸内国際芸術祭というのをやっているらしく、島のあちこちにそういった現代アートがあるらしいです。

港について、さぁ出発!

Img_0989


Img_0990

港から出てすぐのところに大阪やというごはんやさんがあり、ひしお丼とかで結構名が通ってるというのは、事前に少し調べていた時に知っていたんですが

Img_0992


Img_0993

奇妙なお店で有名じゃないのか?とw

まだ、朝の9時でしたしとりあえず通りすぎて先を急ぎます。
坂出港からすぐのところに、島のなかでも一番の見所というか観光地と思われる醤の郷があります。
昔から小豆島は醤油の作成で有名な所で、幾つもの醤油蔵もあります。
このへんは、同人誌になるのですが醤油手帖というものにも記載してあって、調べれば調べるほど面白いところになるかと思います。

坂出港から少し坂を登ったところにある、お稲荷さん

Img_0994

それは私のおい・・・いえなんでもないですw

そこあらまた少しの坂を登って曲がり、下り入ったところ当たりから醤油というかもろみ?の香りがしてきます。
さすがは醤の郷。そして、むにんくんが前に行った時に美味しかったという、つくだにソフトをいただきに少し寄り道。

Dsc_0058

美味しい!
いや、なんというか甘いという味ではないんです。なんとも不思議な出しというか・・・うん佃煮の味?w
しかし、それがなんとも美味しい。
ソフトクリームに添えてある星形の昆布もポイント高いですねw
本業はもちろん、つくだに屋さんでしていろんな佃煮が置いてあります。
前に来た時にあった農林水産大臣賞をとったというそぼろ煮をむにんくんは探していたのですが、この時にはなかったので買えなかったのですが、調べてみると確かに農林水産大臣賞を受賞している。美味しそうだなぁ。

Img_0995

つくだにや 岡田武市商店
香川県小豆郡小豆島町古江 甲26-1
平日:9:00~18:00
土日祝祭日:休日

さて、つくだにソフトを食べたあとは、時間的にいろんなお店とかマルキン醤油記念館とかの観光スポットを回るのは今ひとつだなぁということで、先に小豆島一周して時間的に1,2時間余るはずだから、そこから醤の郷を帰りのフェリーの時間まで観光しようということになりました。

海岸線を道沿いに走っていきます。
天気も良くて、海岸線から見える海とか島々とかホント綺麗で、走っているのがほんとうに楽しい。

Img_0998


Img_0999


Img_0997

そして、走っていると目についた看板、オリーブ園
小豆島は醤油でも有名ですが、オリーブでも有名でしてこれは寄らねばとむにんくんと、坂を登っていきます。
しかし、最初は大したことの坂でしたがだんだんときつく・・・10%超えしてるように。
距離は短かったんですがきつい坂でした。


Img_1000


Img_1003


景色がとてもいい!
オリーブ園の販売所に入ってみると、ほうほう、いろんな商品がありますな。
オリーブサイダーとかオリーブソフトなんかは暑くなってきた体にはとても美味しそうでしたが、さっきつくだにソフト食べたしと思って我慢をして、おみやげとしてオリーブ醤油とオリーブキャラメルを購入しました。


Img_1050


Img_1052


オリーブ醤油はまだ試していませんが、オリーブキャラメルは結構美味しくてなんとなくメロンの味がするキャラメルでした。
そして出ようと思った所で見つけたのが・・・

Dsc_0061

醤油サイダー!!!
いや、これは、もうネタとしていっておかねばと、私は姑息にむにんくんを煽ってw試してもらいましたw
一口飲んで「うん、醤油ですね」という感想が、どんな味かを物語っていますが、私も少しもらって・・・「うん、醤油だね」とww
瓶の注意書きには、真似をして醤油を飲まないようにというように書かれていたのがなんともw
オリーブ園の周りにはオリーブを使った料理を出してくれるレストランや、オランダ風車のレストランとかもあって景色も合わせてなかなかに面白いところです。あーこういうところに助成を連れてくると受けるのかなぁ・・・リア充め!爆発しろ!
オリーブ園のレストランで出してくれる、オリーブ牛ハンバーガーは結構興味が。また行った時に食べたいものです。

さて、オリーブ園を出てからは西へ。
狭い海峡を見に行くか、それとも西の海岸線へ行かずに山側へといき、むにんくんもまだ見てない小豆島大観音を見に行くかどっちにするかだったんですが、みたことのない大観音を見に行くかということで山側へ。
結構上りそうだなぁとは思っていたんですが、これが本当にw
ゆっくりと登って行って、まだ大観音見えないねぇと思ってぐねぐねと進んでいると・・・見えました!


Img_1005


写真ではあまりわかりにくいですが、結構な大きさです。
淡路島のあれとくらべても遜色が無いくらい?こっちはちゃんと整備されていて綺麗ではありますが。

Img_1007

大観音下までいける登り口。

Img_1008

その横にあるマスコット?てきなの・・・いや、怖いよ!www
まぁ、さすがにそこまでは行かずに道なりに頂上へ。
ここからはすぐ頂上でして、そこからダウンヒルー!
ダウンヒル途中に見える景色はすごく良くて、周りの島々や、オリーブやレモンを名産にしてることもあって、うん、地中海っぽい。

Img_1009


Img_1010


Img_1012


Img_1013


Img_1014


景色を楽しみつつ下って行くと、その途中に、ロールケーキを売ってるところがありました。
看板もあまり目立たなく、人通りもないし周りも商店が集まっているとこでもない。
はて?こんなところに?と逆に興味がわき、お昼近いのもあって寄ってみるかとお店へ。
受付?には誰もいらっしゃらず、呼び出しのボタンがありました。呼び出してロールケーキの大きさとか聞くと、普通のが1つだと大きそう。細巻き?のにするかと思ったんですが、まだ解凍できてないのですぐ食べれないですがと・・・よし、じゃあ普通の太いのいっておこう!
レモンといもとありまして、どちらも小豆島産を使われています。
また、小麦粉も香川県産国産小麦「さぬきの夢2000」を使われていて、うん、これはいいw
その場で食べるのはちょっと大きさ的に難があったので、ちかくの道の駅「大坂城残石記念公園」まで、行ってからいただくことにしました。

中村縫製有限会社
香川県小豆島郡土庄町屋形崎甲1372-1

本業は縫製会社なんですねぇw


道の駅に着いて、まずは中の写真を。

Img_1018


Img_1016


大きいなぁ・・・これを昔は人力で運んだりしてたんだなぁと感心。
そして、飲み物を買ってさっそくロールケーキを頂きます。

Img_1020


Img_1021


ほほぅ、美味しい!
スポンジの部分はふんわり柔らかで、中のクリームはレモンの香りと味がとても良く、本業が縫製会社なのにねぇとw
半分に割って分けて食べたんですが、それなりの大きさがあったにもかかわらず、ふたりともぺろっと食べきれました。

少しそこで休憩していると、一人のローディが入ってこられました。
今日はじめて他のローディ見たねぇとむにんくんと言っていると、近づいてこられ「こんにちわー」と。
この出会いで、これからの小豆島ポタが劇的に変わることになりました。

|

« 5/5 境界線上のホライゾン 交通広告AR | トップページ | 小豆島ポタ 後編 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/57385920

この記事へのトラックバック一覧です: 小豆島ポタ 前編:

« 5/5 境界線上のホライゾン 交通広告AR | トップページ | 小豆島ポタ 後編 »