« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月30日 (土)

須磨浦公園 花見

今週初めはどうなるか心配でしたが、気温が温かいままで桜の開花に間に合いました。
花見用のお酒はもう用意してたので、食べ物とかを色々買って須磨浦公園へ。
場所取りをしてくれていた、むにんくんに挨拶しすぐ側に咲いていた桜をパチリ。

Img_0816


今回の参加メンバーは4人で、少し開始時間を遅い感じにしていたのですが、私は少し早く来たので、メインのお酒を開ける前にビールでむにんくんと乾杯!

Img_0817

注いだビールはヴェデット・エクストラホワイト。
爽やかで美味しいビールです。

そして、ちょっと腹を満たすためのピロシキを開封

Img_0818


先日のブルベの話とか、ロングライダース3.0やろんぐらいだぁす!を見せたりと自転車の話で盛り上がっていると、こちらへ向かってくる らいむさんの姿が。
新しい食べ物とお酒、そしてお茶も持ってきていただいたのでピロシキ以外の食べ物も開封し本格的に酒盛r・・・いえ、花見の開始です!

Img_0819
京都大安の漬物 春キャベツと赤かぶ
芦屋軒の牛肉の佃煮
コロッケ、唐揚げとかの揚げ物。
いかなごの釜揚げ
焼き豚2種

ヴェデッド以外に買ってきた明石ビール2本も開けて良い感じに。
そうして、らいむさんが持ってきたお酒も・・・

Img_0820

明石酒類醸造株式会社の”どぶろく”です。
非常に飲みやすくて、美味しい!
甘くて・・・これで度数高ければ、かなり危険なお酒ではありますが、度数は5%。
なるほど、それならまぁ大丈夫か。

陽も高くなってきて、暖かくて・・・ごろりと転がって寝るときっと気持ちいいはず・・・
美味しいもの食べて、お酒呑んで うう幸せだ。

そうこうしていると、最後のメンバーも近くまで来てるとのこと。
じゃあ、開けちゃうか、と、私の買ってきた菊姫山廃吟醸平成9年度仕込を開けます。

Img_0822

むにんくんとらいむさんにも呑んでもらって、いろいろと品評。

そして、最後のメンバーも到着し、まだ開けてなかった食べ物も開けてわいわいと。

Img_0823


それは、私のお稲荷さんだ!
・・・4月13日にようやく公開ですねぇ、HK

その後は、食べて呑んでだべってと、久々にゆっくりとしました。

陽も落ちてきて寒くなってきたのもあって解散に。
帰り際、桜の写真を1枚しか撮ってなかったのでちょっとパチリ。


Img_0824

Img_0825

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

島田商店 菊姫 山廃吟醸 平成9年度仕込

今週末に花見の予定の為ちょっといい日本酒を探しに行くかと出かけて来ました。

途中の神崎川沿いの一角だけ桜が満開状態になっている箇所があったのでちとぱちりと。

Img_0798

Img_0800    
Img_0802
ここだけ少し全体的に開けているので、陽当りがいいからなのかなぁ。
さて、そこからまた走りお店の近くに来たのですが開店まではまだだいぶありましたので、近くの公園 靭(うつぼ)公園でぼーっと。

この公園の桜はまだ4分咲きな感じ。
でも、少し離れて一本あった枝垂れ桜は満開状態でした。

Img_0805


2013032601


少しゆっくりしてから季節的にそろそろ終わりになる寒ブリ丼を食べに、本町にあるお店、ゆげしまさんへ。
開店直後にお店に入ってブリ丼を注文。

2013032602
生姜うどん付きです。
ブリ丼はうん、美味しい。かかっているタレもいい味を出してます。
ですが、写真ではちょっとわかりにくいかもしれませんが量が少ない。
少し大きめのご飯茶碗くらいの量なので、さすがにこれは少ないなぁ。
うどんがあるからとは言っても物足りません。
なので食べ終わってお店でてからデザートを求めて少し走りまして・・・


Img_0807

プリンの店プーサンの季節限定 いちごプリン!
蓋を開けて・・・ふむ色も香りもイチゴらしいところはない。
味は・・・あれ?イチゴの味がしない。
はて?何がイチゴなんだろうと思いつつ 底のほうを探ると、出た!

2013032603

底にいちごの果肉と練乳。いちごミルクだ!
うまうまと、お昼を食べに公園に来ている会社員とかの横でプリンを食ってました。

プリンを食べたあとは、今日のメインの目的。お酒を買いに島田商店へ。
島田商店さんは日本酒の中でも古酒・熟成酒にこだわりを持たれているお店さんで、以前 月桂冠の昭和51年秘蔵古酒なんかを買ったりして、醸造アルコール添加をした日本酒のイメージを大きく変えてくれたところなんです。
基本私は吟醸酒でも純米ばかりしか飲みませんが、古酒・熟成酒に関しては美味しいものになるという例を上の秘蔵古酒とかで見せていただいたので、こっちには悪いイメージはなくなっています。
さて、お店に入って店員さんと花見で使う四合瓶で面白いのないかねぇと相談しつつ、見て行きました。
秘蔵古酒の話とかもしてたので、まず薦められたのが同じ月桂冠の京月華。
仕込み水を使わずにお酒で醸した貴醸酒というものでして、珍しい上に美味しそう。
しかし、7000円を超す値段でして、花見でというにはちょっと高い。
で、他のとかも色々見て・・・決めたのが菊姫山廃吟醸 平成9年度仕込。

Img_0813
Img_0814    
菊姫 山廃吟醸というだけならば、特に珍しいものではないですが、平成9年度仕込みというのが肝。
つまり14年熟成の熟成酒となります。
少しだけお店で舐めさせてもらったんですが、菊姫のお酒といえばいかにもお酒らしい味がするのがですが、それが実にまろやかに香り高くなっています。
古酒となると紹興酒っぽい味に近くなったりもするのですが、そういう方向性ではなく、あの菊姫の高いお酒 菊理媛のような方向の味になっています。

Img_0815
瓶の裏をみて・・・製造年月日が2013年3月となっていたので、ちょっと心配になってググったりwww
平成9年度仕込のお酒を製造販売するのが2013年3月ということですな。

Img_0808

島田商店
大阪市西区立売堀3丁目5番1号
AM9:00~PM7:00(土曜日は6:00迄)
日祝定休


花見のお酒を買った後、このまま帰るにはちと早い時間ということもあり、久々にAmazingCoffeeRosterへ。
不定休のお店なので休みじゃなければいいなぁと思いつつ向かいました。
お店の前の路地へ入ると看板が出ていたので、今日は営業していると判明。
今日はお店の中には誰もお客さんはおらず、ちょっとゆったりとされてそうだったので、一杯珈琲を店内でいただくことに。
カウンターの3席しかないので、タイミングがねぇwww
さて、今ある豆の中で見たことなかったのがグァテマラとパナマ。
パナマといえば最近の珈琲豆の中で品評会でもてはやされているゲイシャという種類の名産地ですが、置いてあるのはあえてゲイシャではない豆。
これを注文です。
お店では元々マシンで淹れておられまして、そこからフレンチプレスで淹れるようになって、最近はペーパーで淹れることも考えているというお話でした。
珈琲はこの淹れ方というのが多彩という部分も非常に面白い。
味の好みや豆の性質でも、どの淹れ方がむいているとかもあったりで奥が深いです。
そんな事や、エアロプレスとか最近の流行りの淹れ方。関西各地のお店の事とか色々とお話をして盛り上がりました。
淹れていただいたパナマは、柔らかな酸味でさっぱりとした味といったとこでしょうか。
味の好みは酸味の少ない物というのは変わっていませんが、嫌っていた嫌な酸味と最近のフルーツ系に例えた酸味とは別物というのが、こういうのを飲み始めてなんとなくわかってきました。
いつまでもだべっているわけにもいきませんので、豆を買ってお店を出ました。
買った豆は下の3種。

Img_0810

Img_0811

Img_0812

グァテマラは豆としては特に珍しいものではないですが、シングルオリジンの豆を販売ということでやってこられて、そろそろブレンドに挑戦しようかという事で仕入れたそうなのです。ただ、単体の豆としてこのお店においてある物では一番万人受けするバランスの良い味だったので単体販売もしているとの事。
そう聞いちゃうと興味がでてきたのでこれも購入しました。

AmazingCoffeeRoster
大阪府大阪市福島区大開1-4-6
不定休

hutte8to8さんにもちょっと顔出していこうかと思ったんですが、表に自転車が並んでなくて・・・お休み?
じゃあ、そのまま帰るかと。家路へ。
今日は風が強くて天気は良かったですが肌寒い一日でした。
ううむ、暖かくなってくれないと週末の花見がぁ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

GOKAN 完熟苺のモンブラン 完熟こころ苺のタルトレット

この時期の旬の果物といえば苺。
毎年各お店から新作や定番のケーキが出たりしてまして、アローツリーのあまおうタルトなんかはもうとても美味しいですね。
で、今日はGOKANへちょっと物色に。苺の季節になってからまだみてなかったんです。

栗とかさつまいも。林檎なんかが主力だった生ケーキが苺を中心としたものに変わっていて、やっぱり色的にも映えますね。
そんな中買ったのが2つ。

Img_0792


完熟苺のモンブラン
ピンクの苺クリームがとても美味しそうで、まずこれに決めました。
土台は周りをホワイトチョコでコーティングしたブッセのようなふんわりしたもの。
その上の中心に白餡、そして生クリーム、で一番上に苺クリームとなっています。
各クリームどれもも美味しいし、上に乗った苺も言うまでもなく甘くて瑞々しくて美味しい。
中心の白餡は食べててちょっとした驚きも有りましたが舌触りがとてもいい。



Img_0796


完熟こころ苺のタルトレット
完熟イチゴがたっぷりと盛られた、赤い色が映えてて一番目を引くものでした。
メインの苺は味もいいし、そして香りもとてもいい。
そのたっぷりと盛られた苺を食べつつ周りから剥がし、出てくるのが生クリームの下にカスタードクリーム。このカスタードクリームの美味しさは抜群です。舌触りもなめらかでとても美味しい。
タルト台もさっくりの外側に、中は・・・マジパンぽい?それにベリー系が少し混ぜてあります。

どちらも美味しくて、あっという間に食べてしましました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春までもう少し

今日はBromptonで通勤。朝早く出て服部緑地の梅を見て来ました。
もう季節的には少し遅いんですがまだちょっと残っていました。

Img_0780

Img_0781  

Img_0784

Img_0785

桜はまだまだ。

でも今年も綺麗な花を見せてくれそうではあります。

そして通勤途中の淀川区民センターの桜はもう咲いていました。
ここのは早咲きなのか、去年も早くに咲いていたんですよねぇ。

Img_0787


Img_0789

Img_0791


一番下の写真で奥に見える枝垂れ桜はまだですが、あれは去年綺麗に咲いていて今年も楽しみです。
しかし・・・全てオートで撮ったんですが、うーむ曇り空のためか色が悪い。
マニュアルで調整しないとやっぱダメですなぁ。
面倒くさいからあまりやりたくもないんですけどw 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

BRM316京都300kmブルベ 当日2

PC2を出てからゆるい上りから始まり徐々に徐々に斜度が上がっていきます。
風もずっと向かい風で、速度も上がらずきつい。
でもPC2で2時間近い余裕ができていたので、PC3までで1時間くらい使い潰すくらいのゆっくりで行けばいいよねと終始20kmを下回りつつも確実にペダルを回していきます。
そんなか、ポタナビの走行距離とキューシートの距離がだいぶ合わない感じになって来ました。
もうそろそろトンネル無いといけないんだけど・・・と、むにんくんに確認すると、18kmくらい距離が違ってきている。なんでだー!!と思っていたんですが、ポタナビの記録を確認すると納得。PC2のとこあたりでなんか変にGPSの信号が取れなくなって変な場所に行ったことになってる。ぐぬぬ・・・。
まぁもうポタナビの距離は当てにならんなと、概算で距離を計算して、確認はむにんくんのGARMINに任せようと走って行きました。
そして、一つ目の山を越してまた登って行き・・・日没に間に合うかどうかであった写真を撮るポイントの関ケ原古戦場あたりまできました。
写真を撮れるくらいの明るさはありましたが、補給も兼ねて写真が撮れない場合のチェックポイントとなるローソンで買い物をしてから向かいます。飲み物が切れていたのもあってちょうどよかった。
おにぎりとGreenDAKARA、あと羊羹を買って写真ポイントへ。

Img_0772

ちょっと自転車が立てかけにくかったwww
この辺りからはもうライトを点灯させて、ナイトランの開始となります。
ここからは最後の峠。またじっくりじっくりと登っていきます。
途中、むにんくんがなんか変にお腹空いてるかもと言っていたので、じゃあ何か腹に入れておいたほうがいいよ!と薦めたんですが・・・これがあんなことにつながろうとは。

ここを登っている途中、最初の方の山で軽く登って行かれていたマウンテンバイクの人とまた出会いました。
少し話しつつ登って、やっぱり途中でついていけなくなりましたがw

うーむ、マウンテンバイクでブルベかぁ。すごいなあ。
で、やっと登りが終わったーーーーーー!
この辺りからはずっと下りで少し風も弱くなっていたのもあり速度上げて行きました。
もう、心のなかはカレー!カレー!カレー!とばかりに。
市街地近くになった所で前を走っている人は・・・あ、マウンテンバイクの人だ。
「追いつきましたー!」とちょっと挨拶をして、後ろを走って行きました。
このマウンテンバイクの方が、走る速度も早いんですが信号待ちの調整がものすごく上手い。
信号で止まらずに速度調整して、青になるかすぐ変わるよう走られる方でした。
便乗して私達も信号待ちに引っかからずに走っていけました。
そして、PC3・・・見つかりにくいとはスタッフが言っていたんですが、やはり見逃してしまい、少し戻ったところ(コースを走っているときは右側)にPC3のカレーショップがありました。
カレーを食べるつもりで、お店の中を見ると席は開いているよう。
自転車をしっかりロックして、さぁカレーを!!!
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
カレーが売り切れだとぅ!!!!!!


もう俺のお腹はカレー腹になっていたというのにどうしてくれよう。
仕方ない。ここは、元々地元の名物であたりをつけてた近江ちゃんぽんを食べに行くか。
むにんくんを誘って近くの近江ちゃんぽんのお店 ちゃんぽん亭総本家へ。
店前でしっかりと地球ロックして入店。
席に座ってぐったりとしながら、近江ちゃんぽんを注文。
しばらくすると・・・キター!


Img_0773


長崎ちゃんぽんと違ってスープは白く濁ってないし、それに結構な脂!
ずるずると麺をすすって味わいます。
名物っていうほど、なにか特徴のあるもんでもないかなぁとふと前を見ると、むにんくんはほとんど手を付けていない。
どうしたの?って聞くと、ちと食べるのは無理とのこと。ううむ、脂っこいしこの疲れでは胃が受け付けないのかなぁ。とりあえず無理して食べることだけはやめておいたほうがいいと思ったのでそれを伝えて、私はずるずる、ばくばく、うん、ごちそうさま。
・・・・よく考えると目の前で自分が食べれないのにこんなふうに食べちゃったのは、ちとまずかったかも。あー・・・うん。次の時は大盛り食べような!

お店でしばし休憩し体を休めます。
PC3到着時点で1時間50分の余裕ができていて1時間くらいは十分余裕をとっても大丈夫なのでゆっくりと。
20時になったのでお店を出て再びコースに復帰して走り始めます。
もう後ゴールまでおおよそ100km。
まずは琵琶湖の湖岸沿いに走ってPC4を目指します。
街灯がない区間が多く、明るいライトがないとか、ライトのトラブルがあると怖いとこですね。
ひたすらに走る、走る、走る。この頃になると体感的には30km/hくらい出しているようで実際は22km/hくらいしか速度は出ていません。
でも追い風基調で気分的には楽に走っていけました。

この辺りからはずいぶんと、むにんくんにひっぱってもらったのでいやー助かった。
夜ということもあり、なかなかに景色も変わらず距離の感覚が狂ってきます。
途中一箇所注意すべきところがありまして、去年の京都200kmとか走った人には分かるんですが、PCだったコンビニから湖岸沿いの脇道に入るところがあるんです。
ナビに従っていけば問題なかったはずなんですが、やっぱり気分的に何か焦りというか早く終わって欲しい等気持ちがあったんでしょうね。途中少し止まってむにんくんにコースの確認をしました。ルートは間違ってなく、問題の箇所はもう少し先ということでしたので良かったと再び走り始めました。
コンビニの脇から脇道へと入り、本当の湖岸沿いのアップダウンが続く街灯のない道を走ります。
ここで、むにんくんはヘルメットにつけていたライトとサブライトを点灯。
ほほう、明るい。あのヘッドライトはいいなあ。他にもつけている人結構いたし。
そんなことを考えながら、二人くらい道を走って行きました。
アップダウンも少しすると下りだけになっていき、人里の明かりを早く見たい気持ちが焦りを産みますがここに来て事故っても馬鹿らしい。じっくりと安全に進む事を心がけます。
湖岸沿いからぬけて25号線に入ります。
昼間から夕方だとクルマやトラックがすぐ側を通って行く怖い道なんですが、さすがに土曜の夜遅く。さすがに車も少なかったので、車道を安心して走ることができました。
ひたすら走り・・・PC4がナビのマップ上に出てきた!「もうすぐPC4だよ!」と思わず声がでました。



22:44分 PC4到着。
時間的余裕をちゃんぽん食べてわりと減ったはずが、元の1時間50分に戻ってる。
おお!すごいすごい!
これであとゴールまで53kmくらい。いやー、もうほんともらったね。
むにんくんからもあとずっと時速8kmで走っても間に合いますよと返事が。
少し元気戻ったかなと思っていたら、ちゃんぽん食べに行った時、本当にお腹いっぱいだったらしい。
その前の坂でお腹すいていた感じだったのは、胃が消化遅れてたっぽく、そこへソイジョイを突っ込んだものだからよけい消化のタイミングが遅れてちょうどあのあたりでお腹いっぱいだったそうな。ううむ、変な感じだという話はしてたからなぁ・・・うう、私があの時食べるの薦めなければ。すまんのぉ。
私もだいぶ気分的にも楽になったし、最後のひと踏ん張りということで、ヴィダーインゼリーエネルギーと唐揚げ棒でカロリー補給。
そしてちょうどライトを点灯して5時間くらいだったので新しい電池と交換。
周りには同じブルベに参加している人で仮眠をとっている人も。
その中でぐったりしていたのが、あのモールトンの人。私達より先に着いていいたし、すごいなぁ。でも、流石に疲れがピークなのかなと。

準備も整いさて、出発!
また湖岸沿いをずっと走っていきます。
地図で見るとほぼ南に真っ直ぐなんですが、実際はぐねぐねと走っている感じなんですよねぇ。
琵琶湖大橋有料道路近くのイオンモール草津が見えると琵琶湖ももう終わり。
琵琶湖は走っているといつ終わるんだという気分になるので、ここでまたひとつ気分が軽くなりました。
そして町中から川沿いにそって走っていきます。
最後の通過チェック ファミリーマート大石はっとり店の手前に激坂がありまして、そこは押して登るよと事前に言っていまして・・・実際その場所に来てもやはり乗って上がれる気分にはなりませんでした。
二人押して上がっている横を、数人のライダーが乗って登っていきます。
最初の山でも思いましたが・・・ホント登れる人はすごいと思います。
頂上まで歩いてさあ下り。ここからチェックポイントまではほぼ下ったままです。
コースから少し外れているファミリーマート大石はっとり店は、ナビがないとちょっと見逃しやすいですから気をつけないといけませんね。

チェックポイントには日付をまたいだ0時30分くらいに到着。
もう補給はあまり考えなくても良かったんですが、川沿いを走っていてだいぶ冷えてきたので温かいものを。
肉まんと温かいお茶を買って補給。
目標は2時くらいかなと言って、さぁ、ゴールへ向かいます。
ここからは山の間を縫って走りますがほぼ下り基調。楽なものです。
でもここからは寒さという敵が急にでてきました。気温はむにんくんのGARMINでは0度。
川沿いが特に冷え込んできててとても寒くなっていました。
そこをもうスピードがなかなか出ない足で25km/h維持しつつ走って行きました。
街灯もない真っ暗な道を下るというのはわかっていたので、私もヘルメットにつけたクノッグのライトとGENTOSのサブライトをつけてより遠くより広く視界を確保してから走ったんですが、それでもやっぱり怖かったところはありましたね。

そうして・・・やっと宇治に出た!街中かへ戻って来ましたよ!
平等院鳳凰堂の傍を通り、最後の坂を登って行き・・・いやまぁ途中から押して歩きましたが、頂上からまた下って細い道を走り、歩き、そしてまた道を自転車に乗って走る。
この頃になるともうすぐゴールだという気持ちでなんか変にハイになってました。
そして・・・ゴール到着!!!
時間は2時3分。18時間3分でゴールです!
温かいコーヒーの飲みながら、ここまで走ってくれた自転車に感謝をしてました。

そして、最後のチェック箇所のジョナサンへ。
店裏の金網に地球ロックして入店。
レシートとブルベカード渡してチェックしてもらい、メダルはもちろんいります!と1000円支払いました。
そして、ゆっくりと席に座り・・・PC3で食べれなかったカレーを注文wwww


13031603


カレーを食べながら、同じくらいにゴールした人達と話しながらだべっていました。
始発の出る時間を見越して店を出て輪行で帰ったんですが、家に帰って風呂入ってすぐに寝ました。というか、風呂入っている時寝落ちしかけたんですよねぇ、あぶないあぶない。

とにかくブルベ300km制覇!!!
やったぜ!


・・・・3週間後あの暗峠がある 大阪200kmだけどなー


走行データ 16日 17日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)

BRM316京都300kmブルベ 当日1

さて、ブルベ当日!

天気は雲ひとつ無い快晴。まさにブルベ日和です!
まずホテルからスタート地点へ向かいます。
距離は7kmほどですが、体が温まってない状態でしたのでちと寒い。
日が十分に浴びれる場所を走るまでちょっと不安になってたりしました。

スタート位置にはわりと早くに到着。
エントリーはできたんでエントリーすると、ブルベカードとコース変更のキューシートが。
どうやら、BRM224の時とは逆に犬打峠を走るコースから大正池の側を走るルートに変更みたいです。

Img_0767


他の参加者の自転車をとかを見て回ってみると・・・おお!アレックス・モールトン!
小径車でもまさかモールトンで参加とは。ううむ、素晴らしいw
他には、銀色のフレームに赤い文字でSHIMANOロゴが入った自転車とかも。
SHIMANOってフレームまで造ってたっけ?とむにんくんと話してました。

トイレに行ったりしてだべりながら待っていると8:00組のブリーフィングが始まりました。
キューシートを持って説明を聞きます。
序盤のコース変更の事や、関ヶ原での写真撮影。PC3のカレー屋、最終ゴールのコンビニがいつものとこと違うことなどが説明されブリーフィング終了。
大正池周りのコースはBRM224の2回めの試走の時に走っていて、とりあえずは大丈夫だとは思いましたが、やはりルートがナビされないのはちと不安に。

少ししてチェックが始まったので並んで自転車のチェックを受けて、さて走りだし・・・!
「ねれさん!サドルカバーが落ちましたよ!」
あふん。信号渡ったとこで止まって、また変わるの待って拾いに戻りました。
うう、最初かなんか不安なことに。
その後は前も通った道。小さなトレインを組みつつ走っていきます。
途中でばらけたりしながら、先頭になったりしていきまして、コースが変わった交差点を間違いなく直進。
そして、田舎道っぽいとこに入っていき、試走の時に一度迷った箇所の近くに。
変更されたキューシートには、24号線を直進しすぐ左折して200m先の曲がり角(日立の看板の電気屋)を右折とありまして、あそこ200mもあったっけ?と思ってたんですが、コース事態は間違わずに通過。
しかし、24号線手前の信号で後ろにいた人が着いてきていない。だ、大っ丈夫だよなぁ?と不安にかられつつ・・・少し行った先のとこで、あれ、ここ真っ直ぐか左かどっちだろと止まって悩んでいると後ろから「左だよー」と後続の人達が通過して行きました。
慌てて私達も追いかけます。
このへんから山岳に入っていくのもあって、日が昇って暑くなってきたため上着を脱ぐ人があちこちに。
私たちは山に入ると日が陰る事とダウンヒルのことも考えてそのまま走って行きました。
斜度はそれほどきつくはありませんが300kmの長丁場のことも考えて、あまり速度を出さずに登っていきます。
道の横を走る川は綺麗ですがまぁ季節はまだ春には遠いのか、枯れた景色が続きます。
でも、ふとした時にホトトギスの鳴き声が。ゆっくりですが春は近づいてはきてるってことですね。
さてつらつらと登って行きますが、頂上付近のところはぐっと斜度も上がってなかなかに難敵。きつくなったあたりで自転車から降りて押して行きました。超常までそんなに距離ないですしね。
でもその横をぐっぐっと力強いペダリングで登っていく人達。
ううむ、すごいなぁ。あんなふうに登れるようになる日が来るんですかねぇ。
押して歩きつつ足と心拍を回復させて、さてダウンヒル!。
ここから第一チェックの山甚ではほぼ下りっぱなしです。

下りきった先の突き当りを右に曲がると山甚が見えました。

13031601


13031602


自転車を止めてチェックを受けます。
今回PC1までは93kmはあるので、補給食をどうするか考えてましたが、アンパンを5個だけ買って、ここの山甚で桜餅を購入することを決めていました。
BRM224の時結構美味しそうだったんですよねぇ。
チェックを受けて桜餅3個買って1個だけ食べていきます。
うむ、良い香り。中の餡子も美味しい。
むにんくんも草団子を食べて補給中。少し休んで、さぁ再出発です。

ここから2個めの山を下るまでは、先日のコースとほぼ一緒。
ゆっくり行くべと思っていると、前に出たむにんくんが加速。
って 速いよ!着いて行くのがなかなかにきつい。
微妙な登り坂を結構な速度出して走っていきます。
途中で何とか楽にはなりましたが、ううむ、この先大丈夫か、俺w

天気もよく、風もあまりないのどかな田舎道をずっと走っていきます。
いいなぁ・・・これだよ、これ。これがブルベだよ、うん。
雪の中走るなんて、正気の沙汰じゃないね!
でも、ちょっと暑くなってきた私はここでウインドブレイカーを脱いでクールダウン。
そうこうしているうちに、だんだんと購買がきつくなってくるところへ差し掛かってきます。
この登りが長くて、心が折られかけるんですが、ゆっくりと登って体力温存です。
登って行ってる途中、先日のBRM224に参加して時間ギリギリで完走できたという人に出会いました。
あの状況の中走りきったなんてすごいなぁと、本当に感心します。
そして・・・頂上!!!
前回は少し休んでから降りて行きましたが、今回はそのままダウンヒル。
ぐねぐねと降りて行きまして、ちょっと登って車が多かったのが怖いとこでした。
そして高速ダウンヒルができるとこでまた50km/hを出してかっ飛んでいきます。
下りきった先、前回は橋を渡って行きましたが、今回はそのまま道なりに進み、25号線をずっと行く感じになります。
柘植駅のあたりから山道へ入り、登って・・・うわ、下りちょっと砂利道だ。
タイヤが少し心配でしたがなんとか走りきって、後は下り。ちょっとしたトレインを組みつつ降りて行きました。
そして、関宿へ。ここの街並みは本当に趣があって、しかも結構な長さの宿場町。
いいねえ。楽しいねぇ。と、そんななか一つのお店の前に、古い前輪だけが大きい自転車が!おお!っとむにんくんはすかさす写真撮ってました。
そんな街並みの中を抜けて・・・PC1到着!

Img_0769

Img_0768

ここまでで、おおよそ1時間程度の余裕。
ここではソーセージパンとポカリ900mlを購入。
おお、いいペースじゃねぇ?と話しつつ、手早く補給等を済ませて出発。
トイレが混んでたので少し先のコンビニでトイレを済ませてPC2へ向けて走り始めます。
しかし、この辺りの上りが辛い。アップダウンが続くので余計嫌な感じなのです。
そして、風が出てきたなかなかに進みにくくなっても来ました。
306号線へでてからは、そんな上りはなく、1月にこの辺りにある椿大神社へ初詣に来た時に通ったルートでもあったので、ちょっと気分が楽に走れました。
ただ・・・Bromptonでコケた場所に近づいてきた時だけは、ちょっとねww
風とかに耐えて北上し、進行方向が変わって追い風になってからは少しスピードを出して、PC2はまだかーまだかーと・・・見えた!!!PC2へ到着です!


Img_0770

Img_0771


風にだいぶ苦しめられた割りには、ここまでで2時間近くの余裕ができてました。
体感的には、この区間が一番疲れた気がします。
疲れたーといいながらも気分的にも余裕が出てきて、天気も良いままだしこりゃ完走はもらったなと話していました。
ここでは、チョコバーとおにぎり。そして暑くなって飲み物の消費が激しかったので、またポカリ900mlを。先程もそうでしたがボトルに入れれるだけ入れて後は飲み干します。
そして、上の写真の左側にあるのが、スタート地点で見かけたモールトン。私達よりも早く出ていたので、ここで追いついていたんですね。

さぁ、ここから中盤の山岳。ここを抜けてPC3あたりまでいけば、もうほとんど坂なんて無いんです!
そしてPC3のキーマカレー温玉のせを食べるんだ!!!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

BRM316京都300kmブルベ 前日

前回の京都200kmブルベは残念ながらDNFとなりましたが、今回は序盤と後半はほぼ同じコースを走る京都300kmに挑戦です。
宿は前に夕食をとった鳥せい本店のそばにあるホテルを取りました。
11時くらいに家を出て宿まで自走。
前回とは違うルートで淀川の東側にある13号線を走って行きます。
道幅は2車線あるところが少ないですが、車が171号線よりもぐっと少ないのでずっと走りやすいです。
伏見へはこちらのルートが近いですし、京都行くときも伏見あたりから1号線を北上するだけでいいので、今度からこっち走るかなぁ。
追い風ということもあり速度ものって走ることができ13時前にはホテルのそばまで到着。
お昼をどうしようかと思っていましたが、思い切ってちょっと調べていたお店まで行くことに。
もう少し東北方向に進み、やってきたのは


13031501


加藤屋 伏見にぼ次郎です!
魚介系スープで次郎っぽいけど、盛りは次郎ほどではないというラーメン屋さんですwww
お店に入り食券を買ってカウンターへ。
でもこの時はお客さんが少なかったので、おばちゃんが食券押したボタンを見てすぐに注文を厨房へ通してました。
おしぼりやお冷はセルフサービスとなっており、カウンターの後ろから取ってきます。
出来上がり近くになるとおばちゃんが「野菜とかは?」とか聞いてこられます。
野菜、ニンニク、脂はマシにしても値段一緒となっています。うん、いかにも次郎インスパイア系っぽい


13031503



にぼ三郎(大盛りのこと) 野菜マシです!
ちなみに、油そばは森@@という名前になります。
麺は極太でもっちりしている感触は良い。
味は・・・うん、まぁ美味しい。しかし、極旨!!とかいう感じではないですなぁ。
そして、盛りも次郎ほどではない。
特徴のある上に乗っているかりかりになった煮干しはなんともいいアクセントになっています。
ちょっと残念感はあるなぁと思いつつ手早く食べてお店を出ました。
幻の中華そば加藤屋 伏見にぼ次朗
京都府京都市伏見区深草西浦町4-56-1
11:30~15:00
18:00~22:00
月曜定休



ホテルに向かうにはちょっと早い時間なので一箇所寄っていくかと思い少し走ります。
BRM224の時に京都からホテルに向かっている時にちらっと見えた看板に見覚えがあって、帰ってから調べてみるとやはり思っていたお店でした。

13031502



さつまいもの専門店 いものはやしです。
狭い路地で小さい地味なお店なのでなかなかに見つけづらいですが、ここのさつまいもを使った焼き芋やスイートポテトはとても美味しいという。
焼き芋は鳴門金時の他に安納芋まで扱うようになっていたようです。
まぁラーメン食べた後ですし、すぐにまた鳥せいにいきますので夜食用にスイートポテトを購入。


Img_0751



スイートポテトといっても大学芋ですな。
外はかりっとしてますが、飴でかたまったという感じのカチカチ感ではなく、甘く、中はホクホクで美味しい!
暑くなってからはいものソフトクリームとかが良いみたいです。
いものはやし
京都府京都市伏見区深草直違橋2-413
9:00~19:00
日曜定休



さて夜食も購入したことですしホテルへ向かいます。
ホテルに付いたのは2時くらいでしたが、にこやかにもうチェクインできますよーと迎えて頂きました。
自転車をどうするか悩んだんですが、雨が降るよほうではなかったので、外の駐車場の片隅に置かしてもらうことに。
厳重にロックして、道側から見えない感じにしてチェックイン。
しばらく部屋でゆっくりしているとむにんくんより連絡があり、下のロビーで待ち合わせて鳥せいさんへ。
そのまま向かっても良かったんですが、伏見の辺りは色々と面白いところもあるので少し回り道しつつ行きました。


Img_0752


Img_0754



寺田屋です。
寺田屋事件というと私が覚えてたのは坂本龍馬が襲われて逃げたという事件だったんですが、ちょっとググってみると2つあるようですね。
文久2年の薩摩藩尊王派鎮撫事件と、慶応2年伏見奉行による坂本龍馬襲撃事件。
しかも新撰組が絡んでたようにも記憶していたんですが、これは間違いで、そういう説もあったがどうやら違うようです。
ちょっと写真とか撮って、川沿いを進みます。
そして、右手に見えてきたのが月桂冠。そこは喫茶店?いやお酒飲めるから・・・なんだろうw
表に出ていた看板のメニューを見ていると、「どうですか?」と声をかけてきた人が。
ありゃ、店員さんか誰かかなと思ったら、どうみても自転車に乗った近所のおじいさん。
えらくフレンドリーに話しかけてこられて、色々と面白いお話も聞けました。
このおじいさん、こういう歴史的な話が好きなのか昔から近所の年寄りに話を聞いてきているそうで、月桂冠の建物は周りが鳥羽伏見の戦いで焼けてなくなったのに、焼けずに残ったんだよとか。
あとで調べてみると確かに。しかし月桂冠(笠置屋)の創業って1634年て。鳥羽伏見が1867年だからそこまでででも創業200年は経ってるんですなぁ・・・いや、すごい。
今の本社があの鉄筋の建物でとか、社長宅があそこにあってとかも教えていただき非常に興味深かったです。
この月桂冠のお店も寄っていくかどうか悩んだんですが(アイスクリームに日本酒かけていただくのもあったりしたので)、そんなにいくつも寄れないので鳥せいへ。
さすがにまだ3時過ぎだったのでお店にはすぐ入れてお酒と焼き鳥とかを注文。


Img_0755



お酒は冬季限定のたれ口。
袋から絞った状態そのままのお酒。
おつかれ~と一口・・・うん、美味しい!
前に飲んだ生原酒はこのたれ口を一度だけろ過したもので、それと比べると少し味が濃い。
うひひ、美味しいお酒飲むと顔がにやけてきます。


Img_0756


おやどりの叩き


Img_0757


だし巻き玉子


Img_0758


焼き鳥(たれ) えっと・・・まぁ つくねとかそのへん?www


Img_0759


鳥ハラミの土手煮


Img_0760


鳥コロッケ


Img_0761


鶏そぼろ丼(味噌汁を粕汁へ変更)


翌日のブルベの行程とか色々と話し込みながら大いに呑んで食べました。


鳥せい本店
京都府京都市伏見区上油掛町186
11:30~23:00(L.O.22:30)
月曜定休(祝日・12月は営業)


入った時間が早かったので、お店を出てもまだ外は明るかったです。
ですのでもうちょっと観光しつつ帰ることに。
月桂冠に先ほど寄ったので、今度は黄桜の方へ向かいました。
黄桜のとこには清酒工房や麦酒工房。物販とかもやってるカッパカントリーなんかがあります。


Img_0763

Img_0762

Img_0764


物販の所で売ってある物を見て、色々買い込みたくなったんですが・・・翌日はブルベそんなの持っていける余裕はないです
1万5000円の特別醸造の15年古酒なんかはほんと、自宅へ送る手配まで考えましたwww
今年の花見に確実に行けそうなら買っても良かったんですけどねぇ。
作っているビールや、酒粕を使った飴とか、京都らしい漬物とかも売ってあります。
そしてその横にはギャラリーがあります・・・河童の。
CMには使ってたけど、なんでここまで河童推しなんだ?あれか?社長が河童の血でも引いているんか?などと馬鹿話をしながら少しうろうろとしてました。
昔の酒を作っていた器具とかの展示を見てから黄桜を後に。
さてどうするかねぇと帰るかもう少しうろつくかで、鳥せい行く前に出会ったおじいさんが言ってた石碑だけになった土佐藩邸跡を見に行くかと。


Img_0765

Img_0766


・・・もうこれだけでしかわからないのかぁ。ううむ、なんとも残念な気がする。
京都は史跡いっぱいですが、やっぱりなくなるのもいっぱいありますな。
さて、これで観光は終わってホテルへ。
あすは朝6時に下でとむにんくんと確認して部屋に入りました。
色々忘れ物がないように準備して、夜に いものはやしのスイートポテト食べて早めに就寝。
300km・・・完走できるかな。


走行データ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

ファミマ 初音ミクde桜ノ歌キャンペーン

ファミマの初音ミクキャンペーン第2弾といいますか、春のキャンペーンぽい 初音ミクde桜ノ歌キャンペーンが始まっています。
コラボ商品の発売や、キャンペーン商品を買ってグッズに応募とかになります。
まぁ、グッズの応募に関してはローソンで散々な目に合っているので・・・今回もコラボ商品を買えるだけ買うかと。

現在(3/9時点)で買えるのはまだちょっと少ないですが、朝に会社近くのファミマ寄って見ました。
で、買ったのは下の2点。後は店頭になかったのですが・・・うーんまぁ朝出てなかっただけと思いたいですね。

Dsc_0007


苺クリームパンは、苺クリームがそんなに苺苺してない優しい味・・・といってしまえばいい感じに聞こえますが、物足りないと思う人が多いかも。美味しいのは美味しいんですけどね。
モンブランは、さすが朝から食べるのはというので冷蔵庫へ。おやつの時間にでも食べよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドミノ・ピザ初音ミクコラボ (Domino's feat 初音ミク)

ドミノ・ピザと初音ミクがコラボしたキャンペーンが始まっています。

初音ミクの箱で持ってきてくれたり、3/10までですが記念割引クーポンを配っていたり。
都内では初音ミクの痛バイクまで走るとか。
というわけで頼んでみました。
とはいっても、上のOHPのリンクで確認していただければ分かるんですが、iPhoneアプリで注文というものでして・・・アンドロイド端末は持っているんですがiPhoneやiPadは持ってない私は注文することが出来ない!!
うぉおおおんと嘆いていたらiPadmini持っている同僚が残業していたので、アプリをインストールしてもらって注文してもらうことにしましたwww
注文時、ドミノピザのオンラインアカウントが必要にもなりまして、それは私のアカウントでログインして注文。
このアプリで配達状況もわかるというのでみてみると・・・ふぉおおおおお
Dsc_0002

歌が流れ始め、画面の上の所で状況がわかるようになっています。
状況が変わると歌も違う歌になりまして、なかなかに凝ってる。
しかも、それぞれの歌は微妙にピザに関係した感じになっていて面白いw
しばらくして配達中となりもう少し待っていると、届きました!!!


Dsc_0003

今回はLサイズ!Mサイズだと又はこのデザインが違いまして・・・また頼まないとなぁ。
そして、アプリの中の機能として箱を映すと・・・


Dsc_0004

ライブが始まった!!!
AR機能で映していまして、Lサイズの箱だと大きいので結構色んな角度で楽しめます。
ううむ面白い。

もちろん、中身もちゃんと食べましたよ、ええ。

Dsc_0005

同僚と食べるというのとLサイズというものあってあまり自分の好みを求めませんでしたが、やはりチーズたっぷりのピザが欲しい。
Mサイズの時は・・・くくく、チーズたっぷりで頼んでみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

ポタナビ新商品 SGX-CN710 発表

ポタナビの新商品 SGX-CN710-W, SGX-CN710-B が発表となりました。
今のところの情報だとマイナーバージョンアップのようで、現行のCN700と違いは無さそうです。
ソフト的な違いは、ソフトのバージョンアップで同じようになるみたいですし。
起動や画面切り替えの早さ、スポットやルートの登録数増加、200km以上のルート案内とかできるようになっていると、変えてみる価値もあるかもですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ユーハイム阪神百貨店 神戸牛のミートパイ 煮りんごとろりのアップルパイ

会社から出る間際にちとカツ丼の話が出まして、画像とか見てて・・・今日はカツ丼だ!と大阪第二ビルにあるとあるカツ丼店へいったんですが、ちと期待はずれだったのでひさびさに阪神百貨店でなにか買うかと寄って来ました。
初めはパン屋でいくつかハードパンを見てたんですが、今ひとつピンとくるものがなくて、チーズやオリーブなんかを売ってる方に出た後、いつも気になりつつ手を出してなかったユーハイムのミートパイのお店へ。
定番の神戸牛のミートパイ、そして100年前ビーフカレーのミートパイと大井肉店のすき焼きミートパイの他、甘いパイとして煮りんごとろりのアップルパイがありました。
アップルパイは季節によっていろいろと違うものがありまして、今回のはオーソドックスなアップルパイな感じ。ということでこれに決めた!と購入。

Img_0744

写真では箱は一つですが、アップルパイには匂いが移りやすいのでということで詰める際に別の箱に入れていただけます。
でも、箱とか包み紙の名称は”神戸牛のミートパイ”ひとつだけwww
アップルパイの箱のには赤いシールが張ってあるのでそれで判別はできます。
さて、レンジで少し温めていただきます。
暖めている時、アップルパイの香りがふわっと広がって・・・うぉお 期待できる!

神戸牛のミートパイはそのままだとちょっと味が薄めに感じますが、おやつと考えるとこのほうが色々と応用が利きます。
味はもちろん美味しくて、玉ねぎの甘味と肉の味がたまりません。

アップルパイは、うん、文句なしに美味しい。
パイのパリパリ加減も、りんごの甘さもとてもとても美味しい。
これからは新作出たらやはり買っとくべきだなぁと。
樽珈屋さんのワイルドとともにいただきました。
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »