« BRM316京都300kmブルベ 前日 | トップページ | BRM316京都300kmブルベ 当日2 »

2013年3月18日 (月)

BRM316京都300kmブルベ 当日1

さて、ブルベ当日!

天気は雲ひとつ無い快晴。まさにブルベ日和です!
まずホテルからスタート地点へ向かいます。
距離は7kmほどですが、体が温まってない状態でしたのでちと寒い。
日が十分に浴びれる場所を走るまでちょっと不安になってたりしました。

スタート位置にはわりと早くに到着。
エントリーはできたんでエントリーすると、ブルベカードとコース変更のキューシートが。
どうやら、BRM224の時とは逆に犬打峠を走るコースから大正池の側を走るルートに変更みたいです。

Img_0767


他の参加者の自転車をとかを見て回ってみると・・・おお!アレックス・モールトン!
小径車でもまさかモールトンで参加とは。ううむ、素晴らしいw
他には、銀色のフレームに赤い文字でSHIMANOロゴが入った自転車とかも。
SHIMANOってフレームまで造ってたっけ?とむにんくんと話してました。

トイレに行ったりしてだべりながら待っていると8:00組のブリーフィングが始まりました。
キューシートを持って説明を聞きます。
序盤のコース変更の事や、関ヶ原での写真撮影。PC3のカレー屋、最終ゴールのコンビニがいつものとこと違うことなどが説明されブリーフィング終了。
大正池周りのコースはBRM224の2回めの試走の時に走っていて、とりあえずは大丈夫だとは思いましたが、やはりルートがナビされないのはちと不安に。

少ししてチェックが始まったので並んで自転車のチェックを受けて、さて走りだし・・・!
「ねれさん!サドルカバーが落ちましたよ!」
あふん。信号渡ったとこで止まって、また変わるの待って拾いに戻りました。
うう、最初かなんか不安なことに。
その後は前も通った道。小さなトレインを組みつつ走っていきます。
途中でばらけたりしながら、先頭になったりしていきまして、コースが変わった交差点を間違いなく直進。
そして、田舎道っぽいとこに入っていき、試走の時に一度迷った箇所の近くに。
変更されたキューシートには、24号線を直進しすぐ左折して200m先の曲がり角(日立の看板の電気屋)を右折とありまして、あそこ200mもあったっけ?と思ってたんですが、コース事態は間違わずに通過。
しかし、24号線手前の信号で後ろにいた人が着いてきていない。だ、大っ丈夫だよなぁ?と不安にかられつつ・・・少し行った先のとこで、あれ、ここ真っ直ぐか左かどっちだろと止まって悩んでいると後ろから「左だよー」と後続の人達が通過して行きました。
慌てて私達も追いかけます。
このへんから山岳に入っていくのもあって、日が昇って暑くなってきたため上着を脱ぐ人があちこちに。
私たちは山に入ると日が陰る事とダウンヒルのことも考えてそのまま走って行きました。
斜度はそれほどきつくはありませんが300kmの長丁場のことも考えて、あまり速度を出さずに登っていきます。
道の横を走る川は綺麗ですがまぁ季節はまだ春には遠いのか、枯れた景色が続きます。
でも、ふとした時にホトトギスの鳴き声が。ゆっくりですが春は近づいてはきてるってことですね。
さてつらつらと登って行きますが、頂上付近のところはぐっと斜度も上がってなかなかに難敵。きつくなったあたりで自転車から降りて押して行きました。超常までそんなに距離ないですしね。
でもその横をぐっぐっと力強いペダリングで登っていく人達。
ううむ、すごいなぁ。あんなふうに登れるようになる日が来るんですかねぇ。
押して歩きつつ足と心拍を回復させて、さてダウンヒル!。
ここから第一チェックの山甚ではほぼ下りっぱなしです。

下りきった先の突き当りを右に曲がると山甚が見えました。

13031601


13031602


自転車を止めてチェックを受けます。
今回PC1までは93kmはあるので、補給食をどうするか考えてましたが、アンパンを5個だけ買って、ここの山甚で桜餅を購入することを決めていました。
BRM224の時結構美味しそうだったんですよねぇ。
チェックを受けて桜餅3個買って1個だけ食べていきます。
うむ、良い香り。中の餡子も美味しい。
むにんくんも草団子を食べて補給中。少し休んで、さぁ再出発です。

ここから2個めの山を下るまでは、先日のコースとほぼ一緒。
ゆっくり行くべと思っていると、前に出たむにんくんが加速。
って 速いよ!着いて行くのがなかなかにきつい。
微妙な登り坂を結構な速度出して走っていきます。
途中で何とか楽にはなりましたが、ううむ、この先大丈夫か、俺w

天気もよく、風もあまりないのどかな田舎道をずっと走っていきます。
いいなぁ・・・これだよ、これ。これがブルベだよ、うん。
雪の中走るなんて、正気の沙汰じゃないね!
でも、ちょっと暑くなってきた私はここでウインドブレイカーを脱いでクールダウン。
そうこうしているうちに、だんだんと購買がきつくなってくるところへ差し掛かってきます。
この登りが長くて、心が折られかけるんですが、ゆっくりと登って体力温存です。
登って行ってる途中、先日のBRM224に参加して時間ギリギリで完走できたという人に出会いました。
あの状況の中走りきったなんてすごいなぁと、本当に感心します。
そして・・・頂上!!!
前回は少し休んでから降りて行きましたが、今回はそのままダウンヒル。
ぐねぐねと降りて行きまして、ちょっと登って車が多かったのが怖いとこでした。
そして高速ダウンヒルができるとこでまた50km/hを出してかっ飛んでいきます。
下りきった先、前回は橋を渡って行きましたが、今回はそのまま道なりに進み、25号線をずっと行く感じになります。
柘植駅のあたりから山道へ入り、登って・・・うわ、下りちょっと砂利道だ。
タイヤが少し心配でしたがなんとか走りきって、後は下り。ちょっとしたトレインを組みつつ降りて行きました。
そして、関宿へ。ここの街並みは本当に趣があって、しかも結構な長さの宿場町。
いいねえ。楽しいねぇ。と、そんななか一つのお店の前に、古い前輪だけが大きい自転車が!おお!っとむにんくんはすかさす写真撮ってました。
そんな街並みの中を抜けて・・・PC1到着!

Img_0769

Img_0768

ここまでで、おおよそ1時間程度の余裕。
ここではソーセージパンとポカリ900mlを購入。
おお、いいペースじゃねぇ?と話しつつ、手早く補給等を済ませて出発。
トイレが混んでたので少し先のコンビニでトイレを済ませてPC2へ向けて走り始めます。
しかし、この辺りの上りが辛い。アップダウンが続くので余計嫌な感じなのです。
そして、風が出てきたなかなかに進みにくくなっても来ました。
306号線へでてからは、そんな上りはなく、1月にこの辺りにある椿大神社へ初詣に来た時に通ったルートでもあったので、ちょっと気分が楽に走れました。
ただ・・・Bromptonでコケた場所に近づいてきた時だけは、ちょっとねww
風とかに耐えて北上し、進行方向が変わって追い風になってからは少しスピードを出して、PC2はまだかーまだかーと・・・見えた!!!PC2へ到着です!


Img_0770

Img_0771


風にだいぶ苦しめられた割りには、ここまでで2時間近くの余裕ができてました。
体感的には、この区間が一番疲れた気がします。
疲れたーといいながらも気分的にも余裕が出てきて、天気も良いままだしこりゃ完走はもらったなと話していました。
ここでは、チョコバーとおにぎり。そして暑くなって飲み物の消費が激しかったので、またポカリ900mlを。先程もそうでしたがボトルに入れれるだけ入れて後は飲み干します。
そして、上の写真の左側にあるのが、スタート地点で見かけたモールトン。私達よりも早く出ていたので、ここで追いついていたんですね。

さぁ、ここから中盤の山岳。ここを抜けてPC3あたりまでいけば、もうほとんど坂なんて無いんです!
そしてPC3のキーマカレー温玉のせを食べるんだ!!!


|

« BRM316京都300kmブルベ 前日 | トップページ | BRM316京都300kmブルベ 当日2 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

PC1~PC2区間の向かい風は極悪でしたねえ!
あの辺、ねれさんに引いて貰ってなかったらちょっとヤバかった。
関が原辺りの坂と同じくらい辛かった覚えがあるんですが、あとでコースマップの高低表を見たら全然低いし緩い・・・。
中盤のあの辺りが一番苦しかったデス。

投稿: むにん | 2013年3月18日 (月) 23時09分

だよねえ。あそこだいぶ苦しかった気がする。
でも高低差はあんな感じ。ううむ、他に何か原因があったのかのぉ

投稿: Nere | 2013年3月19日 (火) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/56983435

この記事へのトラックバック一覧です: BRM316京都300kmブルベ 当日1:

« BRM316京都300kmブルベ 前日 | トップページ | BRM316京都300kmブルベ 当日2 »