« ファミマ 初音ミクde桜ノ歌キャンペーン | トップページ | BRM316京都300kmブルベ 当日1 »

2013年3月18日 (月)

BRM316京都300kmブルベ 前日

前回の京都200kmブルベは残念ながらDNFとなりましたが、今回は序盤と後半はほぼ同じコースを走る京都300kmに挑戦です。
宿は前に夕食をとった鳥せい本店のそばにあるホテルを取りました。
11時くらいに家を出て宿まで自走。
前回とは違うルートで淀川の東側にある13号線を走って行きます。
道幅は2車線あるところが少ないですが、車が171号線よりもぐっと少ないのでずっと走りやすいです。
伏見へはこちらのルートが近いですし、京都行くときも伏見あたりから1号線を北上するだけでいいので、今度からこっち走るかなぁ。
追い風ということもあり速度ものって走ることができ13時前にはホテルのそばまで到着。
お昼をどうしようかと思っていましたが、思い切ってちょっと調べていたお店まで行くことに。
もう少し東北方向に進み、やってきたのは


13031501


加藤屋 伏見にぼ次郎です!
魚介系スープで次郎っぽいけど、盛りは次郎ほどではないというラーメン屋さんですwww
お店に入り食券を買ってカウンターへ。
でもこの時はお客さんが少なかったので、おばちゃんが食券押したボタンを見てすぐに注文を厨房へ通してました。
おしぼりやお冷はセルフサービスとなっており、カウンターの後ろから取ってきます。
出来上がり近くになるとおばちゃんが「野菜とかは?」とか聞いてこられます。
野菜、ニンニク、脂はマシにしても値段一緒となっています。うん、いかにも次郎インスパイア系っぽい


13031503



にぼ三郎(大盛りのこと) 野菜マシです!
ちなみに、油そばは森@@という名前になります。
麺は極太でもっちりしている感触は良い。
味は・・・うん、まぁ美味しい。しかし、極旨!!とかいう感じではないですなぁ。
そして、盛りも次郎ほどではない。
特徴のある上に乗っているかりかりになった煮干しはなんともいいアクセントになっています。
ちょっと残念感はあるなぁと思いつつ手早く食べてお店を出ました。
幻の中華そば加藤屋 伏見にぼ次朗
京都府京都市伏見区深草西浦町4-56-1
11:30~15:00
18:00~22:00
月曜定休



ホテルに向かうにはちょっと早い時間なので一箇所寄っていくかと思い少し走ります。
BRM224の時に京都からホテルに向かっている時にちらっと見えた看板に見覚えがあって、帰ってから調べてみるとやはり思っていたお店でした。

13031502



さつまいもの専門店 いものはやしです。
狭い路地で小さい地味なお店なのでなかなかに見つけづらいですが、ここのさつまいもを使った焼き芋やスイートポテトはとても美味しいという。
焼き芋は鳴門金時の他に安納芋まで扱うようになっていたようです。
まぁラーメン食べた後ですし、すぐにまた鳥せいにいきますので夜食用にスイートポテトを購入。


Img_0751



スイートポテトといっても大学芋ですな。
外はかりっとしてますが、飴でかたまったという感じのカチカチ感ではなく、甘く、中はホクホクで美味しい!
暑くなってからはいものソフトクリームとかが良いみたいです。
いものはやし
京都府京都市伏見区深草直違橋2-413
9:00~19:00
日曜定休



さて夜食も購入したことですしホテルへ向かいます。
ホテルに付いたのは2時くらいでしたが、にこやかにもうチェクインできますよーと迎えて頂きました。
自転車をどうするか悩んだんですが、雨が降るよほうではなかったので、外の駐車場の片隅に置かしてもらうことに。
厳重にロックして、道側から見えない感じにしてチェックイン。
しばらく部屋でゆっくりしているとむにんくんより連絡があり、下のロビーで待ち合わせて鳥せいさんへ。
そのまま向かっても良かったんですが、伏見の辺りは色々と面白いところもあるので少し回り道しつつ行きました。


Img_0752


Img_0754



寺田屋です。
寺田屋事件というと私が覚えてたのは坂本龍馬が襲われて逃げたという事件だったんですが、ちょっとググってみると2つあるようですね。
文久2年の薩摩藩尊王派鎮撫事件と、慶応2年伏見奉行による坂本龍馬襲撃事件。
しかも新撰組が絡んでたようにも記憶していたんですが、これは間違いで、そういう説もあったがどうやら違うようです。
ちょっと写真とか撮って、川沿いを進みます。
そして、右手に見えてきたのが月桂冠。そこは喫茶店?いやお酒飲めるから・・・なんだろうw
表に出ていた看板のメニューを見ていると、「どうですか?」と声をかけてきた人が。
ありゃ、店員さんか誰かかなと思ったら、どうみても自転車に乗った近所のおじいさん。
えらくフレンドリーに話しかけてこられて、色々と面白いお話も聞けました。
このおじいさん、こういう歴史的な話が好きなのか昔から近所の年寄りに話を聞いてきているそうで、月桂冠の建物は周りが鳥羽伏見の戦いで焼けてなくなったのに、焼けずに残ったんだよとか。
あとで調べてみると確かに。しかし月桂冠(笠置屋)の創業って1634年て。鳥羽伏見が1867年だからそこまでででも創業200年は経ってるんですなぁ・・・いや、すごい。
今の本社があの鉄筋の建物でとか、社長宅があそこにあってとかも教えていただき非常に興味深かったです。
この月桂冠のお店も寄っていくかどうか悩んだんですが(アイスクリームに日本酒かけていただくのもあったりしたので)、そんなにいくつも寄れないので鳥せいへ。
さすがにまだ3時過ぎだったのでお店にはすぐ入れてお酒と焼き鳥とかを注文。


Img_0755



お酒は冬季限定のたれ口。
袋から絞った状態そのままのお酒。
おつかれ~と一口・・・うん、美味しい!
前に飲んだ生原酒はこのたれ口を一度だけろ過したもので、それと比べると少し味が濃い。
うひひ、美味しいお酒飲むと顔がにやけてきます。


Img_0756


おやどりの叩き


Img_0757


だし巻き玉子


Img_0758


焼き鳥(たれ) えっと・・・まぁ つくねとかそのへん?www


Img_0759


鳥ハラミの土手煮


Img_0760


鳥コロッケ


Img_0761


鶏そぼろ丼(味噌汁を粕汁へ変更)


翌日のブルベの行程とか色々と話し込みながら大いに呑んで食べました。


鳥せい本店
京都府京都市伏見区上油掛町186
11:30~23:00(L.O.22:30)
月曜定休(祝日・12月は営業)


入った時間が早かったので、お店を出てもまだ外は明るかったです。
ですのでもうちょっと観光しつつ帰ることに。
月桂冠に先ほど寄ったので、今度は黄桜の方へ向かいました。
黄桜のとこには清酒工房や麦酒工房。物販とかもやってるカッパカントリーなんかがあります。


Img_0763

Img_0762

Img_0764


物販の所で売ってある物を見て、色々買い込みたくなったんですが・・・翌日はブルベそんなの持っていける余裕はないです
1万5000円の特別醸造の15年古酒なんかはほんと、自宅へ送る手配まで考えましたwww
今年の花見に確実に行けそうなら買っても良かったんですけどねぇ。
作っているビールや、酒粕を使った飴とか、京都らしい漬物とかも売ってあります。
そしてその横にはギャラリーがあります・・・河童の。
CMには使ってたけど、なんでここまで河童推しなんだ?あれか?社長が河童の血でも引いているんか?などと馬鹿話をしながら少しうろうろとしてました。
昔の酒を作っていた器具とかの展示を見てから黄桜を後に。
さてどうするかねぇと帰るかもう少しうろつくかで、鳥せい行く前に出会ったおじいさんが言ってた石碑だけになった土佐藩邸跡を見に行くかと。


Img_0765

Img_0766


・・・もうこれだけでしかわからないのかぁ。ううむ、なんとも残念な気がする。
京都は史跡いっぱいですが、やっぱりなくなるのもいっぱいありますな。
さて、これで観光は終わってホテルへ。
あすは朝6時に下でとむにんくんと確認して部屋に入りました。
色々忘れ物がないように準備して、夜に いものはやしのスイートポテト食べて早めに就寝。
300km・・・完走できるかな。


走行データ

|

« ファミマ 初音ミクde桜ノ歌キャンペーン | トップページ | BRM316京都300kmブルベ 当日1 »

自転車 食べあるき」カテゴリの記事

コメント

私と合流する前にもこんなに食ってたんですかw
もはや疑う余地もなく、ねれさんのスタミナの源はその消化能力ですよ。
普通の人が有酸素運動を延々続け、毛細血管を増やして脂肪を燃やせる身体を作るのに、胃腸からの吸収分だけで長距離を走れてしまう。
これはゼッタイ才能です。

投稿: むにん | 2013年3月18日 (月) 23時25分

食べ続けないと、ハンガーノックに直ぐなる体・・と言うのもなんだなぁwww

投稿: Nere | 2013年3月19日 (火) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/56982109

この記事へのトラックバック一覧です: BRM316京都300kmブルベ 前日:

« ファミマ 初音ミクde桜ノ歌キャンペーン | トップページ | BRM316京都300kmブルベ 当日1 »