« PEdALEDサイクリングキャップ | トップページ | ANIPOV »

2013年2月14日 (木)

BRM224京都200km試走(2013正式ルート)

2/14はなんの日かって?

は?バレンタインデー? なにそれ。おいしいの?

ばっかやろう! パンターニの命日だろうがっ!!!
チョコだと?ははは、わかってるよ!そこまではずさないさ。

補給食はチョコに関連したものってことだろう?
ということで本番近くになってしまいましたがBRM224京都200km(2013年正式ルート)の試走に行って来ました。
結果は11時間30分で完走。
詳細はまた後日



追記
前回試走したのは2012年度のルートでして、2013年度正式ルートからは結構変わっています。
だから本番前に試走しておきたかったのと、ちゃんと完走したという経験が欲しかったんですよね。
結局本番10日前という直前になってしまいましたが、先週辺りから天気予報を見ていて天気や気温、そしてなんといっても風が強くないということで、もうこの日しか無い!と。
今回の新装備として、以前の反省を踏まえて大容量かつ1.5Aや2A出力できる大容量バッテリーと去年のサイクルショーでシマノが展示していた新しいSPDシューズを購入して挑みました。
前と同じく自宅から自走して34kmを2時間弱でスタート位置まで。
スタート位置についてからスマホを忘れてきたことに気づく私・・・ううむ、大丈夫か。
6:30スタートとして少し休憩とトイレを済ませて出発。
まずは以前ひっかかった橋のとこ。キューシートでは横断歩道を渡りと書いてありますが、横断歩道なんて見えません。
左側から道を挟んでの橋の歩道まで、その方向の信号が青の時渡るか、歩道橋を使うというのが正解になるかと思います。
そして橋の歩道を徐行しつつ渡りきった所で、右折してぐるっと回りこんで22号線へ。
そこからは峠の方まで迷うところはあまりないと思いますが、2012年ルートでは渡った山城大橋は渡らないということ。その前の十字路を直進します。
そして65号線のとこで左折し井手町役場方面へ。この井手町役場あたり注意が必要です。橋をわたって道を横切り坂を曲がりながら降りた後、2つ目の道へ右折して入ります。
坂を下りながらというのと1つめが小さい道なので見逃しやすいので。
実際私は間違えて次のとこを右折してしまいました。まぁすぐ気づいて戻りましたが。
さて、登り開始です。
車はほどんど来ないですが、道幅が狭いので注意しつつ登って行かないと、坂道で速度出せなくてコントロールしにくい時ですからこけたりして危ないですしね。
この峠は、私でだいたい13km/hで登っていけましたが頂上の手前がグッと斜度がきつくなってましてさすがにそこは後のこと考えて無理せず降りて歩きました。
頂上からは一気に下りなのですが、途中まで落石に寄る大きな石とかが道に結構ありましたので注意して走る必要があります。スピード出していてコケたら洒落になりません。
下ったつきあたり左からの道の合流地点の右側に、通過チェックの喫茶店があります。お店の前に自転車スタンドがあり、これは、ブルベイベント用に設置したのかそれともいつもなのかな?
通過チェックを過ぎた後は、すぐ前の交差点を左折し府道5を走っていきます。
このへんは前回の試走でも走った道ですし登り坂ではありますが斜度もきつくなく長閑な風景を見ながら走っていける楽しいところかと。
ただ、36.4km地点から600mほどアスファルトではなく土道となってました。砂利道ではなく土を踏み固めたような感じですので私の25Cチューブレスタイヤでも問題なく走れましたが、ちょっと注意は必要ですね。
2つ目の峠の頂上まではほぼ以前走った道ですが、45km地点すぎの住宅地の間を抜けるところは道を間違いやすく、キューシートにもこのへんは何も記載ないので事前に自分でチェックして補足説明入れておいたほうがいいと思います。
特に住宅地を抜けて下りに入る手前で左折する箇所は、間違って一つ手前のを曲がると行き止まりになっています。
少しのアップダウンをしつつ頂上を目指しやっとついたーー!!
前回は、山を降りた後からPC1までハンガーノック状態になりかけていたので、1つ目の山から走りつつ補給食を少しずつ摂ってました。
飲み物は小岩井のミルクコーヒーにしてカロリーと水分補給、そしてカフェインも補給できて、補給食のパンが食べやすい飲み物ということで。
今回、補給食を随時摂ってハンガーノックにならないという事と、休憩をPC以外ではできるだけとらないようにするということを心がけて走って、山の頂上まで休憩なしで走ることができました。これはちょっとした自信になります。
でも、2つ目の峠の頂上ではさすがに少し止まって補給食と飲み物を落ち着いて取りました。
そうそう補給食ですが、冒頭で書きましたように、せっかくなのでチョコレート関係を中心にというようにして、いつもなら薄皮アンパンにするところをチョコレートクリームパンに。
あとは今年のバレンタインの義理チョコネタで広告をかましたブラックサンダーと、明治のストロベリーチョコBOXをフロントバッグに入れてきました。
しかし、うん、チョコレートクリームパンのチョコが喉に絡んで今ひとつだし、明治のストロベリーチョコBOX大きさはいいんですが、一つ一つの包装紙を剥がしつつなので食べにくいwww。やっぱり薄皮アンパン最強といったとこですかねぇ。
さてダウンヒル開始。今回は天気もよく道の状態も悪くなかったのでそれなりにスピード出して降りていけました。
そして降りてからPC1までのルートが2012年の時とは違ってきます。
大和街道を走って、コンクリート(色が違ってるので曲がる場所はすぐわかります。)の道を走ってる時は、町並みとかが趣があってとても楽しいんです。
ただ、商店街の生活道路っぽいとこなので前をゆっくり走る車に遮られると躱しようがなくてちょいと難儀します。
そしてここはちょっと注意なのですが、キューシートにもある67.6km地点のT字路は「伊賀街道から信号を渡って一旦163号線に出てほんの少し走り、左斜めに伸びている小さい道へ入っていく」というのがわかりやすい説明になるかと。
そして川沿いに走りしばらくするとPC1になります。ただ、PC1は真泥大橋北詰の交差点を左に曲がらず直進したとこですので注意してください。
PC1に到着したのは10:38分。
6:30分発で7:00出発の際のクローズ時間が11:56分ですので30分の差を考えても45分くらいの余裕。
コンビニでトイレを済ませてポカリとおにぎり、そして補給食としてチョコレートのパン関係を探すと・・・適当なものではランチパックのチョコがあったんですが、バレンタイン用なのかチョコとチョコにプラスした4つの味が入ってるゴーリーキーの写真が表に。剛力彩芽は大っ嫌いな私なんですが仕方ないのでこれを購入。
そして自転車へ戻りおにぎりモグモグしたりポカリを入れたりナビの充電開始したりとしていたら20分過ぎていました。

慌てて出発したんですが、さすがに山で足を使ってPC1で休憩した後の斜度は緩いですが上りになっているのと、そこが終わった後のアップダウンの連続は、コースとしては面白いんですが体力的には非常に辛い。
体力を結構削られつつ、2012年ルートのPC1だったコンビニのところへ出て直進。
そこからは一度通った道です。しかし下り基調のとこも向かい風でなかなかスピードに乗れません。まぁ個々は足を回復させようとペダルを回すことを心がけていきました。
前回の試走で工事中だったりしたところはさすがにコースから外されていて、速度のこと以外は順調に走っていけます。天気もよくこの頃にはもう上に着てたウインドブレーカーは脱いでいました。
さて、PC1からPC2まではおおよそ80km。ちょっと体力的なことも考えて半分の40km走ったら少しだけ休憩しようと思っていました。案の定暖かくなったのも会って水分補給が頻繁になってボトルの中身のヘリが早いです。
八日市の町中に入った所で自販機で飲み物を買って、ランチパックを空けつつ少しだけ休憩。あ、このランチパック結構美味い。林檎味が混ざってるのがいいなぁ。
で、ちょっとこのあたりから右足のふくらはぎが痙攣しつつ走ってたのでもんだりストレッチも少しだけしておきました。

ここから少し走った先の122.6m地点で、県道52号を左折し衣笠山トンネルへ向かうところを忘れずに。調子よく走ってるとまっすぐ行きかねないです。
また衣笠山トンネルの少し手前126.5km地点にクイズポイントがあります。”クイズに答えるかもしくは五個荘の町並みと自分のバイクを撮影すること”らしいですのでちゃんと忘れずに寄りましょう。
衣笠山トンネルは、必ず歩道を走ったほうがいいです。
車道は狭くて後ろから車に煽られます(車もセンターポールがあるので自転車追い抜けないんです)。前は私車道を走ってとても怖い思いをしました。


今回は忘れずに手前で歩道に入り、トンネル入る前にライト点灯をして突入。
トンネル内は風もなく下り基調で結構スピード出せますが暗いのと歩道は狭いのであまりスピード出さないほうが安全ですね。
さてトンネルを抜けて後は前回かなりの向かい風に苦しんだんですが・・・今回はさほど風は強くない!やった!狙い通り!
そして、2013年ルートは琵琶湖の方まで行かずに526号線のところで左折します。
ここから県道25号線出るまで道幅広く車も殆ど来なくて舗装もいい平坦な道が4kmほど続きます。ええ、向かい風が強いという状態でなければここは高速巡航できます。私でだいたい33km/hくらいで走っていけました。
この道から県道25線に出て行く135km地点辺りは、曲がる位置とかわかりにくいので事前にチェックしておくほうがいいです。
突き当りの橋の手前にある細い横道に入り、少しだけ直進した後、あぜ道っぽい道へ左折してください。
その道を直進すれば県道25線へ合流出来ます。
ここからPC2までは道なりに進めばOKなのですが、路肩が狭いとことかが多く、ある程度見切って歩道を走るようにした方がいいです。
歩道も結構平坦で、綺麗な感じなのが続いていますから、特に横風が強いとかトラックが多いとかいう場合はためらわず歩道へ。
あと、できるだけ陽が高いうちにこのへんの道を走って琵琶湖の最後辺りまで行っておきたいというのが、路肩の状況や歩道の状況がわかりやすいという理由。これが走っていると結構違ってきます。
さて、この日は平日でしたので参考になるかどうかわかりませんがトラックは比較的に少なかったです。横風はなかったですが車はやっぱり結構走ってまして、先ほど書いたように路肩の幅と歩道の舗装状況を判断しつつ走っていました。
そして14:55分にPC2到着。クローズまでの余裕が大体2時間弱できていました。もうこうなると時間内完走は確実なので大分気分が楽になります。
そしてトイレと補給を済ませて足早に出て行ったんですが・・・・ここでナビのラップ設定をするのを忘れてまして、結局記録できたのがLAP1だけという。なんともしまらない。
しばらく走り、琵琶湖の最後から町中に入ったあたりから、路肩なんて無い上に車がいっぱいで歩道を走るしかない状況に追い込まれます。
幸い歩道はほぼ平坦でアスファルトではないので、少しがたがたしますが綺麗に舗装はされていますので走りやすいです。
ただ夕方5時くらいになると人やママチャリが多くなってくるので、なるべく陽の高い内に通過しておきたいとこです。
市街地を抜けて京滋バイパスをくぐったあたりからは車道が走れるくらいにすいてきててスピードを上げて次の通過チェックポイントを目指します。

181km地点の坂を下ったとこのT字路は右へ。キューシートに書いてない上に通過チェックポイントのところと勘違いしやすいので注意が必要です。
通過チェックポイントのコンビニ(ファミリーマート大石はっとり店)へ向けて左折するT字路の手前には、住宅地を登っていく激坂があります。
前回は足をついていて、今回はもう途中からから歩いて登ることに決めていました。それなりの距離あるので終盤にきてここは本当にきついです。

そして下り坂を降りた後のT字路は左折してファミリーマート大石はっとり店で通過チェックを受けてください。
T字路からお店まで300mほどありますので注意が必要です。

16:25分に通過チェック。
ここ折り返して先ほどのT字路へ戻り宇治の方へ抜ける道へ。ここからは日が沈むと街灯もない真っ暗な道が続きますので明るいライトが必要になります。
この日は明るいうちに走っていけたんですが、ちと向かい風が強くてスピードが乗りませんでした。
また基本下り基調となりますし車もあまり来ないのですが、前回の試走のときも舗装工事があちこちで行われていて、一方通行の工事信号に結構な足止めをくらいます。
頑張れば10時間台でいけるかも!と思いつつ走っていき、前回の試走の時にナビがルート表示されなくなって間違った道へ進んでしまった194.7km地点の宵待橋で、今回は間違えずに右側の宇治方面へ曲がりほっと一息。
しかしそこでまたナビのルートがまた途中で切れていました。
え?え?今回は途中から大容量のモバイルバッテリーつないでいてずっと充電が問題ない状態でしたし、実際に充電は足りてる、
なんでだーー!!と思って距離を見ると200km手前・・・そういえば前も200kmくらいの所でルート切れてたよなぁ・・・・


あ!あぁぁぁぁああああ、そうだ、そうだよ!ポタナビは一つのルートが200km以内しかルート案内されないんだった!!!

ルートラボからのGPXデータ取り込みの時は、全く問題なく取り込めているし、ポタナビのサイクルラボでマイルート確認した時も、最後まで問題なく表示されているから気づかなかった・・・うぅ、あの時はお前のせいにしてごめんよぉポタナビちゃん。
そうとわかれば、今回は前回の反省点のうちの一つキューシートやコマ図を持ってきてるのでそれを見て走れます。気を取り直して道を進み平等院鳳凰堂通過。って、え?あの地味なのが?道からだと全くわかりませんでした。
そして一方通行の道を抜けて信号を左折し・・・くおぉおお坂道がきついいい。カムループス通りへ入り更に登って、やっと下りだー!!と思ったのですが、キューシートでの案内が随分先だったので、下りの途中でちと道間違えたかと不安になり少し戻って、ドリンク補給しつつ再度道確認。道が合ってたのでまた下って行きました。
そして突き当りを左折して直ぐに右折。
ここは少し行き方がややこしいのと車に注意しつつ少し行くと、歩道通行のみのトンネルあるのでそこは押していきます。
抜けてからは真っすぐ行ってマクドナルド右手に見えた所で、マクドナルド敷地内に入り、道を渡って西へ直進。

そして・・・やっとついたぁあああああ!!!!

ゴールは18:01分。大体11時間30分で走れました。
道間違えたりとか、後半のナビのルートの件でのロスはありますが、通過チェックとかクイズポイントの時間を考えるとこんなものかと。
PC2での2時間の余裕を保ったままこれたのは本当に良かった。もちろんこの日は天候に恵まれていたという一番の条件はありますが本番もこんな感じで走れたらいいなぁ。



今回の反省点
まずナビのルートの件。これは今回の試走をやっていないとわからなかった。
GPXデータを2つに分けて登録すれば問題なく運用できるので、これで解決させよう。
途中からかなりの頻度で足が痙攣起こしていた。
もちろん普段から鍛えるということが大切だろうけど現時点ではそれ以外で何かしら対処を考えなければ。
まぁ何にしても本番前に色々わかってよかった。時間ない感想もできましたし。
※上でのコース距離については、ルートラボもルートでの距離またはキューシートでの距離を記載しています。

BRM224京都200m 2013年正式ルート


今回の走行データ

|

« PEdALEDサイクリングキャップ | トップページ | ANIPOV »

自転車」カテゴリの記事

コメント

>11時間30分
おお、これはいける!
24日はいけるでぇ!!

投稿: むにん | 2013年2月15日 (金) 10時18分

今回は本当に天候や風とか条件が良かった。
24日もこんな感じならねぇ

投稿: Nere | 2013年2月15日 (金) 23時10分

詳細レポ大変参考になります。
自分のQシートに追記させて頂きます。
前日に私は高槻京都ホテルに宿泊し、当日朝5時頃集合場所目指し出発します。
お目にかかれたらと思います。

当日は天候に恵まれ、皆様無事完走できますように(^o^)/

投稿: kizen777 | 2013年2月16日 (土) 06時27分

どうも拙い説明で申し訳ないです。
是非現地でお目にかかれたら嬉しいです。赤いVIVALO乗ってますので。
ほんと、天候に恵まれてみんな完走出来ますように!

投稿: Nere | 2013年2月16日 (土) 09時03分

長いっスw

というか、これを間違えずに走り抜かないとダメなんですよね。
ブルベは私は全く知識が無いのですが、距離もさる事ながら正確さも必要。
天候とか風とかも影響する事を考えると大変だ。(;´Д`)

ブルベなど夢のまた夢状態ですが、私も自分のペースで精進します。

投稿: 偽748R | 2013年2月16日 (土) 14時38分

できるだけややこしくないようにコース設定はしてくれてるんですけど、やっぱりいろいろありまする。
まぁ私みたいな人間にとってはナビ無いとどうしようもなくなってしまう。というかナビあっても間違うこと多々ですからねぇ。
天候はこちらで操作できない以上、もう祈るしか無いですねwww
当日雨とかだったらもう・・・

投稿: Nere | 2013年2月16日 (土) 14時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/56766371

この記事へのトラックバック一覧です: BRM224京都200km試走(2013正式ルート):

« PEdALEDサイクリングキャップ | トップページ | ANIPOV »