« BRM224京都200km本番前日 | トップページ | BRM224京都200km 当日2 初ブルベは・・・DNF »

2013年2月27日 (水)

BRM224京都200km 当日1 初ブルベは、雪ブルベ

ブルベ当日!
前日は早めにベッドには入りましたが、なにかと落ち着かずTwitter見たりとか
天気予報見たりとかしてました。
で、当日の天気がちと・・・滋賀の琵琶湖近くが雪っぽい。
しかし、午後には降水確率が30%になっているようなので、とりあえず
大丈夫かなぁと思っていたのですが・・・まぁこれが後々大変なことにwww
6時前にホテルをチェックアウトしてホテル前で暗い中自転車を組み立て。
寒いー等とむにん君と言いながら、取り付けたり畳んだりとしてました。
準備がようやくできて、まずは荷物を預けに宇治駅のロッカーまでいくとのこと。
私自身はもう自転車で持ってきているだけだったので、その時にコンビニに
寄ろうと決めていました。
駅横に合ったコンビで、前日にも買ったんですが小さいアンパンと、ヴィダー
インゼリーとかを購入。飲み物は前日に小岩井のミルクコーヒーを買っていまし
たので何も買わず。
で、スタート位置に向けて出発して・・・あ!途中でコンビニで筆記具を買うのを
忘れていました。
ブリーフィングで変更点が合った場合とか注意点とかの書き込みをするために
買おうと思っていたのをすっかり忘れて・・・まぁ、今回はなんとかなるか。
スタート位置まで大体5kmの道のりを走っているうちに雪がちらつき始めました。
おいおいおい。走っていく山の方の雲も真っ黒で分厚い。えぇぇ・・・大丈夫か
これと思いつつスタート位置到着。


13022401


13022402



7:00位に着いたので、7:30出発組のブリーフィングをしているところでした。
で、ブルベの受付。その際「コース変更があります」と、変更部分のキューシート
を渡されました。
どうやら予定のコースでがけ崩れがあって危険ということ。
水曜日にそれが起きたそうなので、私が試走した時の大きめの岩とかあのへんも
前兆では合ったのかなぁ。
変更のルートをみてみると、1つめのチェック(山甚)まで2012年の
ルートを走るようになったようです。なるほど、それならまぁ大丈夫大丈夫。
どっちも試走で走ってるもの!!!と楽観視。
集まっている自転車を眺めたり、トイレ行ったりとしているうちに、雪も落ち
着いて、晴れ間が見えてきたのでちょっと一安心してました。
しかし、8:00組みのブリーフィングの時、「滋賀の辺りは吹雪です!」と。
えぇぇぇ・・・ほんとに?大げさなこと言ってるのではと思ってたんですけど
ねぇ・・・。
それと・・・はい、すいません。スタッフのかた。私がキューシート読み違ってました。
T字路を曲がらず直進で横断歩道を横断・・・ですね。うう、すいません。
スタート直前で、1月にbaruさんが大阪来られた際にそうそうたるキャノボの
面々の集まりに寄せていただだき、このブルベ参加するんですよお聞きしていた
犬速さんと出会えてご挨拶。
ブルベ初参加・・・と仰ってはおられますが、ええ、もうスタート時にちぎられて
そのままゴールまで出会えないんだろうなぁと予想してまして。ゴールのジョイ
フルでまた挨拶出来ればいいなと思っていました。
さて、そんなこんなでスタート時間となりチェックを受けてスタート。
すぐ前を走っていた人達の後ろについて橋を越します。
ここで、ちょっとポタナビのセンサーがへんなことになりスピードとケイデンスの
反応がなくなりました。もう一つのGPSサイコンではケイデンスとれていたので
なんだろうと思いつつちょっといじっていたんですが直らず、仕方ないのでそのま
まで走り始めました。
センサーの調整をしている間、先ほどの人たちとは離されたんですが、しばらくす
ると追いつきました。少々ゆっくりのペースで走っておられたのですが、山のあたり
までは、そのままついて行くかと。
そして後ろからすごいスピードで追い抜いていった人が一人・・・あれ?犬速さんだよなぁ。
コース間違いとかされたのかな。山城大橋のところとかそのまま行ったのかな。
しっかし、はえぇええええ。あっという間に見えなくなってしまいました。
そしてしばらく走り、傾斜が出てきたかというとこで追い抜いて前に。
後ろのむにんくんが付いてきていることを確認して、少しペースアップをしつつ
坂を登って行きました。
307号から府道62号へ入り、少し登った後で下り!
登り坂では遅いからスピードさせるとこは出していくという考えだったので突き
当りの茶畑があるとこまではスピードを出して・・・さて、ここからいよいよ
本格的な峠に入っていきます。
一度は走った道。最後のあたりはほんとうに辛いけど、それまではまぁ登れなく
なはいということで13km/h程度で走って行きまして・・・ってあれ?
むにんくんがだいぶ後ろに。少し止まって待っていると、追いついてきた
むにんくんが「ねれさん、速いですよ!!!」と。えぇ~、そうかなぁ。
でもまぁ確かに、気づかないうちに最初は速く走ってしまっているいうのもある
だろうし、スピードセンサーじゃなくGPSの速度センサーに頼っているからなぁ。
「さっき追い抜いた人たちもゆっくりだったのは、山があるからかねぇ」と話
ながら少しペースを遅めにして、再度登坂開始。
しかしやはり最後の辺りはダメだ!・・・降りて押そう。むにんくんも辛そうに
押して歩いている。「もうちょっとで頂上だよ!」と言って先に頂上へ。
追いついてから頂上で一休み。しばらくするとぞろぞろと後から他の参加者も到着。
「ここ辛いですよねぇ、まったく!」と言い合いってから、さぁダウンヒルだ!
ここのダウンヒルは本当に怖い。傾斜が急なのもあるが曲がりも急。
そして、何箇所かその曲がり角の部分がアスファルトではなくコンクリートと
なっていて、気をつけないとほんと危ないのだ。
ブレーキをギュッと握りつつ慎重に降りていく。やはりコンクリートの所で若干
タイヤが滑る時があってすごく怖かった。
そんなこんなで途中まで降りると、速度出して降りることが出来るようになるの
で、そのまま第一チェックの山甚まで。


13022403


峠の上での天気は問題なく、山甚辺りだと陽も照っていてとても良い感じ。
チェックを受けながら、やっぱ雪はたいしたことないんだろうと並べてある桜餅
とか大福とか買うかとか悩んだりしてチェック完了。
チェック後は、次の登りが待っていますが、途中まではゆるい傾斜を長い時間
走るといった感じで良い陽気も手伝って気分よく走っていきます。この辺りから
向かい風が気になるようになって来ましたが、風向き的に中盤以降追い風になる
風向きだったので余計気分もよく走れました。
途中数人とトレイン組む感じとなったので、ある程度の所で前に出て走ったんで
すが・・・速度出してないつもりが、いつの間にか引き離してしまったようで
あらら、まずかったかなぁと。
しばらく走っていると先のチェックの山甚でお茶の葉を買っておられた年配の方と
もう一人にすいっと抜かれました。
向かい風と登り坂で少々疲れ気味でしたし、まぁ速度がwww追いつけないですよ。
試走時、土道だったところも綺麗に舗装されていて、段々ときつくなってくる登り
や微妙なアップダウンも含め2個めの頂上を目指し・・・やぁっと着いたぁ!!!
この頂上でも天気はよく、ダウンヒル途中に写真を。


13022404


1回目の試走時に写真を撮った場所で、再度ぱちり。
うん、綺麗だ。
足を休ませつつ下って行き・・・・って、前にでたむにんくんが最後のあたり
からすごい速度でかっ飛んでいく。足が若干売り切れ状態の私も遅れないよう
必死でついて行く。おいおい50km/hこしてんで。
信号の所で追いついて、若干このへんは曲がり道とか多いので、注意しつつ
引いてもらってPC1を目指します。
試走時も町並みが良かった伊賀街道から旧伊勢街道辺りを走る、走る、走る。
うーむ、観光している余裕が無いなwww
そうして着いたPC1。
12:00に着いたので、ほぼ1時間の余裕ができている。2回めの試走と同じくらいだ。
有人チェックなので、チェックをしてもらってコン便で補給食を購入。
この時点で朝バッグに入れていたいわゆる薄皮アンパンを10個食べ切っていたのだ。
パンはカバンに詰めて、おにぎりを喰らい、ボトルにポカリ詰めて・・・さぁ出発だ!
ここでも晴れて青空も見えている。寒さも問題なし。足も変なことにはなっていない。
更に今回は2人というのもある、ふふふ・・・貰ったな。とこの時点では考えていたのです・・・・

|

« BRM224京都200km本番前日 | トップページ | BRM224京都200km 当日2 初ブルベは・・・DNF »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/56852019

この記事へのトラックバック一覧です: BRM224京都200km 当日1 初ブルベは、雪ブルベ:

« BRM224京都200km本番前日 | トップページ | BRM224京都200km 当日2 初ブルベは・・・DNF »