« BRM224京都200km 当日1 初ブルベは、雪ブルベ | トップページ | BRM224京都200km DNFその後 »

2013年2月27日 (水)

BRM224京都200km 当日2 初ブルベは・・・DNF

PC1を過ぎてから若干登りつつ東へと走ります。
試走の時、この辺りが結構きつかったんですよね。
山で足が売り切れているし、休憩して少しだれているし、ご飯食べてお腹重たいしと。
今回は山で無理してないせいかそれほど辛くはなく、風が結構きつかったので
そんなに速度出さずに走って行きました。
そして先ほどのPC1で補給はしてましたが、トイレが混んでいたので2012年の
PC1であったコンビニでトイレにしようと思って走ってました。
そこまではアップダウンが続くので結構きついんですが、できるだけ下りの速度を
生かして登りをクリアしていくことに。
コンビニについて、むにんくんに自転車を頼みトイレへ。
うむ、軽量化完了。
これでここからのアップダウンが少し楽になるさ。
自転車のところまで戻ると、一人の参加者とむにんくんが話していました。
乗っているうちにサドルが緩んで降りてくるということで調整をされていましたが
自転車歴が長いベテランの方ということ。しかもVIVALOの日下さんが
独立前の時に、作ってもらったこともあるという・・・ほほうそれまた。
少しお話をさせていただき、坂はもう嫌だァと言ってるむにんくんに「まだ
まだアップダウンはあるよん」と言いつつ出発。
登り坂で相変わらず私が少し先行気味なので、気づいいてペースを落としつつ
走って行きました。
200kmだと私が走る速度で走りきれるんでしょうが、むにんくんがやって
いるのは息切れしないヒルクライム。
きっと距離が伸びた時、あの走りができないといけないなぁと。
このへんから風向きが逆になって楽になるかなと思っていたんですが、やはり
向かい風。そして走っているうちにドンドンと天気が悪くなっていきます。
そして・・・雪がかなりひどくなっていきます。
グラスについて視界が悪くなるし、ナビについてルートが見えにくくなるし
一番は、寒くて体が動かくなっていきます。
この辺りでは数人の方と一緒に走っていまして、しばらくして先頭に出た時に
速度を速くしたわけではなかったんですが・・・またむにんくんと二人状態に。
ううむ、いかん。これではただの寄生だ。気をつけないと。
そんなことを思いつつ、天気が・・・天気が、どんどんひどくなってスタッフ
が言っていた吹雪ですというのが現実に。


13022405


八日市の街中を抜けて、2個めのチェック(三方よし)の前で、しばし農家の
倉庫の軒先を借りて、休憩。
カバンにはびっしりと雪が付着している。
・・・このまま走るのはちとなぁ。とりあえず雪が小ぶりになったのと見て
チェックまで走ることに。
チェックに着いて、とりあえずチェック後に天気の具合とかをスタッフに確認
すると、かなり厳しい状態。
名古屋から来られていた人ももうDNFして帰られたそう。
DNF・・・可能性の一部として考えてはいましたが、それが現実的に。
しかし、ここまで130km走ってきたし初ブルベがDNFというのは、ちと
避けたい。でも外を見ると先程よりもひどくなっていく天気。
外に出て空を眺めてどうするか考えていると、スタッフが雪球を作って遊んでいる。
くそう!!!
この時点でもう15:00は過ぎていてこれから道も暗くなっていくがPC2あたり
まで行くと天気は良くなっているというお話を聞いて、なんとか県道25号の
あたりまでは行こうと、むにんくんを説得して出発。
しかし、出てすぐの衣笠山トンネル手前で、こんな状態。


13022406




あはははは・・・。い、いやきっとトンネルを抜ければマシになっているはず!!!
だめでしたー
試走の時に高速巡航できると喜んでいた道を、雪と風に遮られながら20km/hくらいで走っていく。
途中、もう寒さでダメですというむにんくんになんとかお願いして県道25線まで。
そこまで行って雪が小振りになっていればなんとか・・・・・・


13022407



うん、だめだ。
県道25号を少し走り見つけたコンビニへ避難。
むにんくんは寒さでもうだめっぽい
私はまだ走れる。
PC2までいって天気がマシになっていればなんとか時間内完走もできるだろう。
しかし、PC2までの15km程この雪の中を路側帯が狭くトラックも多いこの道を走っていけるか?
歩道は広く逃げるれるとこも多いが段差が結構ある。
もうすでに16:30。本当に陽が落ちて真っ暗になってくるところを走っていくには怖い。
1回めの試走の時同じ時刻で雨の中走って行きそれは身に沁みてよくわかっている。
ブルベとは大人の自転車遊びだ。怪我や風邪とかの病気になることがわかっているのにやるものではない。
ロングライダースなんかで読んだ記事のいろんな文が思い出される。
時には走るよりもリタイアするほうが勇気がいる。本当にそのとおりだ。
コンビニから出てきたむにんくんに暖かい珈琲をもらいつつ
「うん、DNFしよう」
初ブルベにして、雪ブルベ。そしてDNF・・・・でした。


走行データ

|

« BRM224京都200km 当日1 初ブルベは、雪ブルベ | トップページ | BRM224京都200km DNFその後 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/56852249

この記事へのトラックバック一覧です: BRM224京都200km 当日2 初ブルベは・・・DNF:

« BRM224京都200km 当日1 初ブルベは、雪ブルベ | トップページ | BRM224京都200km DNFその後 »