« 淡路島一周(150kmコース) | トップページ | 神農祭 »

2012年11月21日 (水)

浪速製餡 chi-chai anman

Dsc_0005

昼食で外に出て帰ってくると、会社のビルの前に見覚えのある車が。
夏にたい焼きアイスを移動販売をしていたお店ですが、今度はあんまんを売り出したようです。

浪速製餡というあんこを作っているところが母体でして、季節柄こちらにシフトということなんでしょう。
Dsc_0006

Dsc_0007


基本は 小倉・白・抹茶・お芋の4つ。
今日はそれに栗とかぼちゃの6種類がありました。
味は・・・うん、美味しいんですが、まぁ普通のあんまんです。
タイトル通り小さいあんまんで一口で食べれますが、値段が150円。はっきり言って高い。
丁寧に1個ずつ包装してくれますが、この包装とか手間とかに掛かる金をもっと減らして値段下げないと、まぁリピーターはこないでしょう。
包装を剥がす際も包装に皮が持っていかれ、せっかく入れた焼印も見えませんw
そして下に蒸す時にも取りやすいよう紙がひっついているんですが、これが包装をはがして食べてからやっと、なんかゴワゴワするというようにして気付く始末。
前にデパートやスーパーの過剰包装っていうのが問題になったこともありましたが、それとはまた別の意味で問題ですね。
味はいいんですけどねぇ・・・

|

« 淡路島一周(150kmコース) | トップページ | 神農祭 »

食べて飲んで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/56160220

この記事へのトラックバック一覧です: 浪速製餡 chi-chai anman:

« 淡路島一周(150kmコース) | トップページ | 神農祭 »