« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月29日 (木)

ポタナビ 11月29日バージョンアップ

今月もバージョンアップですよ!!

詳細はここを見ていただくとして、まず、パワー値の表示及びラップでの数値管理が割と詳細にできるようになりました。
ポタナビはポタリング向けの商品という位置づけなのに、良い感じでトレーニングとかにも使えるように機能追加してくれていってます。
サイクルナビでの総走行距離や月別の走行距離の表示。
マイルートやマイスポットの転送手順の簡略化など、今回も頑張ってくれています。

個人的にはマイルートでの標高表示や、マイスポットの整理機能を早く追加してほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月28日 (水)

シュトーレン

さあ、もうすぐ12月。
ということで、くりすます菓子シュトーレンを焼くことに。
粉300g計算で今回は作ります。

結構大雑把ではありますが材料的にはだいたいこんなもの。

強力粉(春よ恋)    200g + 20g
スーパーバイオレット 100g
ドライイースト  6g
牛乳      90g
発酵バター 100g
砂糖      40g
玉子(M2個弱)  80g
塩        2g
シナモン    適量
カルダモン   適量
ミックスドライフルーツ(ラム酒漬け) 250g
ナッツ類  50g
マジパン  140g

仕上げ用
無塩バター 80g
グラニュー糖 40g
粉糖  適量

といったとこです。
発酵バターは作る数時間前に冷蔵庫から出して柔らかくしておいてください。
レンジでチンをして溶かすのはできるだけやめておいたほうがいいです。
パンの発酵モードとかで溶かさずに柔らかくしておいてください。
そして玉子もできれば冷蔵庫から出しておいてください。冷たいのはあまり良くないです。
マジパンは売ってあるのでもいいですが、自分で作ってもすごく簡単なので、作って一晩置いておきました。

ここからの説明は、うちではパン作るときにパンニーダー使っているのでそれに準拠した流れになります。
強力粉80gとドライイースト、少し暖めた(35℃)牛乳を入れて5分のニーディング開始。
玉子とかバター、後で入れるミックスフルーツのラム酒漬けの水分が多いので、いつものパンづくりよりは固めです。

Img_0391

5分のニーディングの後、10分ほどそのまま休ませておきます。
10分たったら、残りの粉全て(+20g以外)と玉子、砂糖、塩、シナモン・カルダモンを入れて10分のニーディング開始。
といっても、すこし混ぜた後、まだ粉がまとまってないうちから、やわらかくしたバターを何回かに分けて投入していきます。

Img_0392

4、5分ニーディングしても結構生地がゆるめなら、少し粉を足してください。
7分ニーディングした時点で、ミックスドライフルーツとナッツ類を何回かに分けて投入し、またここで残りの粉20gも投入。
フルーツが生地に練りこまれない感じでしたらすこしニーディング時間を伸ばしてください。
ニーディング終わったのがこちら
Img_0393

ここからボウルに移してもいいですし、オーブンの発酵機能等で1時間半ほど発酵させます。成形してから2時発酵の時間をとるのであれば1時間弱の発酵で成形して1時間2時発酵でいいと思います。

Img_0397

それなりに膨らんでます。
これを打ち粉をした台に取り出し2つに生地を分けて成形。
成形は四角く広げた後に、マジパンを置いてから1/3当たり上から生地をかぶせていきます。

Img_0398

今見ると、もうすこし広げずに厚く成形したほうが良かったかも。
これを180℃に余熱したオーブンで30分焼きます。

Img_0399

Img_0400

焼き上がり。
焼きあがる少し前に溶かしバターを準備しておきます。
そして熱いうちにとかバターを塗ってその上にグラニュー糖をかけます。
粉糖に余裕があるならこの時点から使ってもいいとは思いますが、溶けるのであまりお薦めはしません。

Img_0401


このまま冷まして、その後粉糖をたっぷりと振りかけます。

Img_0402

後はラップに包んで、来週からちまちまとクリスマスまで食べていくのです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月27日 (火)

北摂ヒルクライム練習コース

先日の淡路一周でも痛感したのは上り坂にめっぽう弱いということでした。
オダックス近畿の2013年ブルベコースが先日公開されて、今年も京都や神戸の200km,300kmは結構な上りがあります。

ということで上りを練習せねばということで北摂ヒルクライムの練習コースを走ることに。
そのことをむにんくんに言うと一緒に行くということで箕面駅で待ち合わせて行って来ました。
本来のコースはこの通り
しかしスタートから箕面駅までの部分は今回は行かないで一周して戻ってくることにして出発。
箕面駅から五月山の登り口までは下り基調ですので楽でした。
Dsc_00011
そして麓の仏像前で写真を撮って登り始め。
最初から平均勾配10%の激坂が!!
いやもうね・・・無理です。
この間の淡路島一周の水仙郷でさえ足つかずに登れて、ちょっと自信つけたんですが、そんなものすぐにへし折られました。
ちょっと登っては休んで、そしてちょっと登って休んでと・・・

Dsc_00021

100mほど登ったとこにある展望台でパシャリ。
ハイキングとして登ってこられてるお歳を召した方々も結構おられて、その人たちとなんか抜きつ抜かれつ登って行ったりでした。

Dsc_00061

そしてひたすら続く上り坂。ちょっと勾配が緩くなったと思ったらすぐに又きつくなって・・・そして昨日の雨で濡れた道脇の落ち葉の上でタイヤが滑ってすごく怖い!!!
休みつつ登っているうちに何回かこけましたし・・・。


Dsc_00031

箕面の山は今も紅葉が見頃で、見ている限りは綺麗なんですよ・・・ええ。
そんな中をむにんくんと二人「まだかよ!!」「また上りがァ!!!」とか言いつつ登っていきます。
そんななか見つけたのが・・・


Dsc_00071


えっと、ノープロ・・・グレム?
うん、、そっか。まったく残念な頭してる人だ。

ゴルフ場脇を過ぎ、五月山霊園の所でもうこれで頂上だよねと言って、まだまだ続いていた上りに愕然として・・・なんとか一番上らしくとこまで登ってきた。

Dsc_00081


少し雨もぱらついて、日も影って気温が5度くらい。さすがにもう寒く寒くて。
さぁこれから下りだしとは思いましたが、ウィンドブレーカーは着ずに行くと・・・また上りが。
少し登ったとこで道を間違ったことに気づきましたが、もう今日はこの山降りたら戻りましょうということにしてたので、ついでに上まで登りますか?とむにんくんが聞いて来ましたがもう降りましょうと。

Dsc_00091

ダウンヒルはもう、ほんとにね・・・寒かったよ!!!!
やっぱりウィンドブレーカー着とけばよかったと後悔しました。
しかし、峠ではなく山はほんとに・・・つらかった。
また来年リベンジをしよう。

さてこれから戻ってどうするかねぇということでお昼食べてないし、全国で唯一ケンタッキーフライドチキンのバイキングがある箕面の小野原店へ向かうことに。
171号線をずっと東に向かってつきました。

Dsc_00111


日本のKFCが一番の儲け時と考えているクリスマス向けにもうデコられてます。
中はバイキング目的の若い人がたくさん・・・しかも男と女とかで。
くそう!!リア充め!!今年のクリスマスも中止にしてやろうかっ!!!
そんなことを思いながらレジでバイキングの代金を払って席へ。
バイキングの料理用に1プレートとドリンクバー用のグラスが最初に渡されます。
後は、スープとかのマグカップとかはいる人だけ取れるようになってますね。

Dsc_00101

へろへろになった状態とはいえ、そんなに食べれないですねぇ・・・やっぱり。
3ピースに骨なしのチキンがひとつ。ビスケットとポテト。そしてちょっとのサラダとパスタ。
あとドリンクを何杯かおかわりして、あとはぐてっと休憩。
1時間での時間制なのでぎりぎりまでゆっくりとしていました。
今日の反省やら、京都200kmの試走は今年中にしておきたいねなど話してましたが、時間になってお店を出て、また箕面方面へ走ります。
途中で私は自宅方面へ南進。
むにんくんと別れて帰ってきました。

うーん今日はホント反省しきりの日でした。

今回の走行データ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

一芳亭 ~ FAT!FAT!FAT!にて

三連休出勤の代休初日ですが生憎の雨。本来なら自転車でウロウロしたいとこでしたが、しかたがないので電車で色々用事を済ましてくることに。

難波から南海電車の南側出口からでて日本橋方面へ。
お昼ごはんを久々に一芳亭で食べることに。
雨が結構降ってる中お店に入ってシュウマイ定食を注文。
まだお昼前だったこともあって私が入った時には人は殆どいませんでしたが、どんどんとお客さんが入ってきます。
さすが、焼売の名店。鶏唐揚げも美味しいんですよこのお店。
そんなに待たずに焼売定食登場。
1353897532176

ご飯はもちろん大ですよ!!
ふわふわでジューシーな焼売はご飯にとても良く合います。
この皮が玉子なのが特徴で、これもいいんですよ。
すぐに食べ尽くして、お店を出ました。


一芳亭本店
大阪市浪速区難波中2-6-22
11:30~20:00
日祝休


次に向かったのが道具屋筋。
先日ひびが入っていたのか愛用していた平皿が割れたので新しいのを買いに。
平皿と鉢を購入して、難波方面へ戻ることに。
高島屋の菓子・惣菜売り場の奥(南側)にある、製菓材料等が揃っている富澤商店さんへ。
去年初めて焼いたクリスマス菓子のシュトーレンが、そこそこの出来だったので今年も焼くことにして、その材料を買いに来たのです。
ドライフルーツのラム酒漬けは、既に2週間ほどつけてあるのが準備してありまして、あとは強力粉やらナッツ類、粉砂糖、アーモンドプードルなんかを買い揃えました。
ふふふこれでまた焼いてからクリスマスまでちょっとずつ食べていくのが楽しみに。

さて買い物の用事というのはこれで済んだのですが、このまま帰るのはちょっと早い。
ということで、先日ツイッターで はにべあ子さん(秋葉原のグルメ同人誌を書いてられる方です)が「最近パンケーキの目につくようになったな。ブームきてるのかな」等おっしゃられてまして、そういえば江坂にもパンケーキ専門店できてたしなぁと思っていたのです。
江坂まで戻ってそこに行っても良かったんですが、せっかく難波まで出たしと思い、パンケーキが美味しい喫茶店FAT!FAT!FAT!を目指すことに。
もう名前からして、良い感じなお店なわけですがwww
その前にその付近でまだ行ったことなかった自家焙煎珈琲のお店「赤い実コーヒー」にてコーヒー豆を購入。
Img_0390

思ったよりもこじんまりしたお店だったんですが、何種類かある中からコスタリカとマンデリンをチョイス。
袋を通してもコーヒーのいい匂いがあたりに広がります。
そしてFAT!FAT!FAT!に向かおうと思った所、土砂降りの雨。少し雨宿りできるところで休んでから向かいました。

FAT!FAT!FAT!の場所は割りと大通りからは入ったところでわかりにくく、私がお店に行った時にお客さんは一人。そのお客さんも常連さんっぽく、すぐに出ていかれました。
テーブル席に座らせてもらい、パンケーキとコーヒーは3種類の中からこけしブレンドを選択。
しばらく待っているときました!!!

1353904989987


1353905072367


コーヒーがなみなみとwww なんかうれしいですなw
パンケーキもそれなりの大きさのが4枚でジャムか蜂蜜を選べるのですが、ジャムを選択。
国産小麦粉、朱玉の玉子、発酵バターをこだわって使ったパンケーキはふわふわでとても美味しいです。
ジャムも、色からしたらブルーベリーなのですが味はあまりブルーベリーっていう感じもしなく上品な甘さで私はすごく好みでした。
コーヒーもすばらしい。苦味とか酸味とかとても好みにあって美味しいコーヒーでした。
メニューも手書きで、他のタルトとかの焼き菓子、サンドイッチとかきっと美味しいんだろうなぁと想像できます。
十分堪能してお店を出ました。
きっとまた来よう。

FAT!FAT!FAT!
大阪府大阪市中央区材木町3-14 ハイツ材木町1F
8:00~19:00
平日の3のつく日休み

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

きみとあさまで3(下)

最近本の感想は、読書メーカーの方に書いているのですが、この きみとあさまで は境界線上のホライゾンBD/DVD特典のためこっちに。

Img_0381




川上さんもツイッターで書かれてましたが、普段髪の毛でなかなか見えないネイトの尻!
うむ!いい尻だ!
そして今回もボリュームいっぱ・・・・

Img_0382


ページ数は271ページ。もう特典とかいうものではなく普通のラノベのページ数となってますwなんかケースのサイズもその為に変わったとか何とか・・・

内容としては今回は、双嬢に持っていかれた感はありますが、浅間もしっかりと成長していく感じで。良いですな、良いですな。

Img_0383


ゆりんゆりんしてる・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神農祭

今日は会社の近くの神社 少名彦神社(神農さん)の神農祭です。

Img_0378


あいにくの雨模様の中、それでも人通りは多かったです。
そして昼食がてら屋台の幾つかを物色。


Img_0380    

津山ホルモンうどん
広島焼き
ベビーカステラ
です。

B1グランプリで有名になったB級グルメがこういう祭りの屋台とあってるんでしょうね。他にも焼きそばとか、肉を焼いたのとかそういう系統がいくつかでていました。
もちろん定番のりんごあめやら焼きとうもろこし。大阪ではよくみるたこせんべいとかもありましたが、お腹にたまるものをというので上のチョイス。
津山ホルモンうどんは期待してなかったわりに、ホルモンがわりと入っていたのと絡めてあるタレが美味しかったのがよかった。
ベビーカステラでは上の買った店ではないんですが、大阪は堂島の一二三屋の屋台が2件ほど出していました。
神農祭が終わるとほんと年末がせまってきたという気がします。
年をとるに連れ1年が早い。
今年は自転車にはまった年ですが、来年はブルベ参加とかまぁ引き続き自転車に傾倒する予定になるかな。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

浪速製餡 chi-chai anman

Dsc_0005

昼食で外に出て帰ってくると、会社のビルの前に見覚えのある車が。
夏にたい焼きアイスを移動販売をしていたお店ですが、今度はあんまんを売り出したようです。

浪速製餡というあんこを作っているところが母体でして、季節柄こちらにシフトということなんでしょう。
Dsc_0006

Dsc_0007


基本は 小倉・白・抹茶・お芋の4つ。
今日はそれに栗とかぼちゃの6種類がありました。
味は・・・うん、美味しいんですが、まぁ普通のあんまんです。
タイトル通り小さいあんまんで一口で食べれますが、値段が150円。はっきり言って高い。
丁寧に1個ずつ包装してくれますが、この包装とか手間とかに掛かる金をもっと減らして値段下げないと、まぁリピーターはこないでしょう。
包装を剥がす際も包装に皮が持っていかれ、せっかく入れた焼印も見えませんw
そして下に蒸す時にも取りやすいよう紙がひっついているんですが、これが包装をはがして食べてからやっと、なんかゴワゴワするというようにして気付く始末。
前にデパートやスーパーの過剰包装っていうのが問題になったこともありましたが、それとはまた別の意味で問題ですね。
味はいいんですけどねぇ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

淡路島一周(150kmコース)

ロードが来たら淡路一周に行こう!とオーダーした時からむにん君と言ってたわけですが、休みの都合や天候が悪かったりでやっと昨日行けました。
淡路島に渡るにはとりあえず明石港まで行って自転車も乗れるフェリー、ジェノバラインに乗るしかありません。
淡路一周の時間を考えるとできるだけ早い時間から走って後ろに余裕を持ちたいもの。
前日に明石辺りに泊まることも考えましたが、やはり土曜日はどこもいっぱいで、尼崎発の始発で輪行していくことに。
家を3時50分に出て尼崎に向かっている途中、少し雨がぱらついてきました。
ええぇ、今日は晴れじゃなかったんかい!とか思いながら少し急いで向かいます。
そして、4時30分には尼崎に到着。
自転車のタイヤ外して、エンドバー付けて、タイヤ結んで輪行袋に入れてとやるわけですが、事前に何回か練習はしてましたがやはり手間取り大体20分くらいかかってしまいました。
準備ができたら改札を通ってホームへ。少し待ってから着いた始発に乗って明石まで。
専用車両に乗って、一番前の手すりのところへ自転車を固定しておきます。できるだけ邪魔にならないように、そして盗まれないように・・・。
明石までは座ってうつらうつらしつつ行ったわけですが、始発なのに結構人が乗って来ました。まぁ週末で遊んでいる若者どもが多かったわけで・・・くそうリア充め。
明石について駅を出たとこのバスターミナルの隅で組立です。
練習時にも手間取ったんですが、前輪を固定する時そのまま奥で固定してしまうと、ブレーキシューにあたってしまう角度になるので少し調整して入れないといけないためその調整に手間取りました。
なんとか組立て、輪行装備をロッカーに入れようと思ったんですが、コインロッカーがなかなか見つからず待ち合わせの時間にも近づいたため断念し、フロントバッグに突っ込んで行きました。
明石駅からはジェノバライン乗り場はすぐ近くなので、ローディーが数人居た乗り場のところで自転車を降りて周りを見てもむにん君の自転車も姿も見えなかったのですが、先に切符買うかと発券機のとこに行くといました。


Img_0336


Img_0337


寒いねーと挨拶をしながらすこし暖かいものを飲んで待っていると、自転車の乗り込み案内が開始され他のローディたちとぞろぞろと移動。
少しすると、フェリーが到着。後ろの自転車おけるところから乗り込みました。


Img_0338


Img_0339


そして自転車を周りの壁のとこへ紐で固定。そのまま自転車と外にいて話しながら淡路島へと向かいましたが、海がなかなかに荒れていて結構な揺れが。フロントバッグから物が落ちないように慌ててしっかりと閉めました。
15分くらいで淡路島へと到着。


Img_0342


さて、淡路島一周開始です!!(写真は気合を入れてマッスルポーズする むにんくん・・・)
しばらくは多少風がありましたが平地でしたし車も少ないし最初だから元気もあってわりと飛ばして走っていました。フフフ、快調快調とか思ってロングライドの罠にはまりつつあったんですが、同じフェリーに乗っていたいかにも走りこんだ感のあるおじいちゃんライダーと何度か抜きつ抜かれつしているうちに、これはいかん。ロングライドで目指すのはあんな感じに淡々とぽペースを守って走ることだよ!等とむにん君と喋りつつ少しペースを落として海岸線を気持ちよく走っていきます。
そして、淡路島といえばここ!
Img_0343



Img_0344


Img_0345
この世界平和大観音といういかにも怪しげなスポットは外せません。
そしてその横にある十重の塔。
ここも外はあんな感じで一見立派ですが、実はハリボテで中は上まで吹き抜けだそうで・・・。
観音像ももうぼろぼろで外壁が剥がれたりして何時倒れてもおかしくないとかなんとか。ただ持ち主はもう亡くなっていまして、みよりもなく今権利がどこに行っているのか解らなくて行政も手が出せないまま放っぽいてあるそうです。
うーん、こんなんが倒れてきたら自転車乗ってても逃げるの一苦労ですよ。
観光とちょっとした休憩をした後すぐにまた走り出します。一日晴れという天気予報だったんですが分厚い曇り空。日差しもあまり差さなくて、うーん今日一日大丈夫かいなと。
そうして走るうちに、むにんくんからちょっと面白い喫茶店があるんで開いてないかもしれないけど行って見ませんか?とのこと。もちろん即OKして後ろから着いていきます。
周回ルートからは外れない途上にその喫茶店はありました。看板とかがなんともwww
実際の店鋪は小道を中にはいった先にあったんですが・・・うん、すごいねwww



Img_0347

兵庫県淡路市生穂1604 発明工房内
11:00~17:00

むにんくんの説明によると、なんか芸術家の人が始めたお店らしい。
たしかに妖しいオブジェがいっぱいある・・・


Img_0349


Img_0351


Img_0353


Img_0352


駐車場っぽいところにあるオブジェとか、建物の裏にある廃工場っぽいものとか、宮崎駿の世界に出てきそうな窯?みたいなものとか・・・味があります。
お店は11時からでしたので寄るのは残念ながら又の機会として先へ。
海岸線をずっと走り洲本を過ぎて少しすると、淡路島のなかの難関が待っています。
手前のコンビニで補給と休憩。朝出る時にバナナ一本と明石港でのミルクティー以外は何も摂ってなかったので、おにぎり2個とコーラ、水分補給のためのポカリを購入しついでトイレを済ませました。
おにぎりとコーラはここで摂り、ポカリはボトルに移して、さぁ第一の難関水仙郷攻略へ。
Img_0355


事前のルート確認で解ってはいましたが、1.6kmで平均勾配8%・・・だと・・・・。
むにんくんには「ゆっくり行こうぜ」と試験前の学生のように予備線を張って走りだした彼についていきます。
すぐにきつくなる勾配、そして上へ上へと続いていく道が山で先の先までは見えない状態に、元々坂道を走りこんでない私の体はすぐに悲鳴を上げます。
シッティングできつくなるとダンシングに切替て、体重で落とし込みながらジリジリと登り、呼吸はゼーハーゼーハーとまぁなんというかひどい状態www
それでもなんとか、登り切って・・・え?この先下ってすぐまた40mの登りがあるの!?この時このまま来た道を下って帰ろうかと本気で思いました。
そうしてすこし下ったところにあるのが、ナゾのパラダイス。
探偵ナイトスクープで紹介されたこともあって興味も惹かれます。


Img_0361


Img_0357



ここの少し手前にある入口のほうが目立っているのですが、この日はそちらからは入れませんでした。
水仙郷もこの場所でして、もしかすると水仙が咲いてるかもということでしたが・・・


Img_0358



Img_0360



ここ下って更に登ってくることは考えたくありません。ということで先へ進むことにwww
また少し下った後、二度目の登り。またひどい状態になりながらも着いた頂上・・・感慨深いとか思う前に、とりあえず自転車に寄りかかってへたり込んでました


Img_0363



よく登ってきたよなぁ本当。
さてここからは一気に下ります。疲れた体を休めながら下ハンドル持ってブレーキをかけつつ下っていきます。
下ったところで海岸線を走り見えてくるのが、モンキーセンター。


Img_0364



この猿の看板・・・水仙郷を走ったら誰もがむちゃくちゃ憎たらしい思うことでしょう。人がひぃこら登ってるとこで、ニヤニヤしながら「あと10kmだよ!」とか抜かして心を折りに来る畜生です。
この辺り海岸線をずーっと西向きに走っていくわけですが、この日は向かい風。ポタナビで風速も出るのですが7mくらい吹いてる時もあって結構辛い。
そしてあまり代わり映えしない景色の中平坦な道を走るのが飽きてきました。そんなことをむにんくんに言うと「大丈夫ですよ!もうすぐ楽しい時間が待ってます!」とのこと。
その時きっと淡路四天王がこんな会話をしてるはずだと。
水仙郷「・・・・・・」
福良兄「水仙郷がやられたようだな・・・」
福良弟「フフフ・・・奴は淡路島の中でも最弱」
うずしお「数時間も持たないとは、やはり標高だけの淡路党の面汚しよ・・・」


Img_0366


そうしてやってきました、福良の難所。ここは1.1kmで8%の勾配。
・・・帰りたい・・・この坂を登って行く事を考えると先ほどの水仙郷の苦しさが蘇ってきます。
「大丈夫です。一番の難所はあの水仙郷のはず・・・」との言葉に、だま・・・いえ勇気づけられ、むにんくんの後を必死で追いました。
足が、足がぁああああ。速度も7km/h以下になることも多々でてきて、ダンシングで体重かけてなんとかカーブを曲がりきった先の、上りにまた絶望しというのを何回か繰り返し・・・なんとか足をつかずに登り切ることができました。
いやもうね、やりきったー!という気分でしたよ。頂上で少し休憩し「いやーなんとかね。登れたねぇ。」等と内心得意げに話していたわけですが「福良はもう一つ坂があります」という言葉に、突き落とされ絶望感がじわじわと。
とりあえず下りがしばらく続くのでーと下り始めて、少しすると平地区間。もう一つの登りはなく「勘違いだったかなー」と言われて「いやいやいい勘違いだよ、うん」と返してしばらく平地を走った先、あれ・・・なんかすごい勾配の坂が見えるよママン。
標識が示す値は1.1kmで9%。さっきの登りよりひどいじゃねぇかぁあ!!!!
水仙郷、福良兄で使った足をほとんど回復しないうちに、この福良弟の激坂。途中何度も足をつこうかと考え、勾配が緩くなって平坦なところが見えた時点での「まだ登りますよー」との言葉に絶望しつつ、最後の曲がり角を登った先に見えた頂上に光を見て残った力を振り絞りギリギリ登りきりました。
後で話を聞くと、ここまでの登りできっと私が坂の途中で休憩をするだろうとむにんくんは思っていたらしく、そうなったら自分も休憩して登れるから良いかと考えてたそうなんですが、私は私でむにんくん休憩しないかな、休憩しようよ、頼むから休憩提案してくれーと心のなかで叫びながら必死でついていってたわけです。
意地の張り合いというのには、到底及ばない志の低さかもしれませんが、こういうのがあるからこそ複数人で走ると思っても見なかった距離が走ることができるということになるのかも。
坂を登り切ったあとはざーっと下って休憩。
アイスクリームの美味しいところがあるとのことで、左足のふくらはぎが痙攣して軽く攣った感じになった足を休めます。
白いおしゃれなお店はそんなに大きくないですが良い感じ。
奥の席に座り、とりあえず飲み物として私は桃のヨーグルトドリンクを注文。
アイスはカウンターのところで注文するのでカウンターのところで、おすすめの一つ栗と紫芋のダブルを注文。
アイスクリームではなくジェラートですね、これ。しかし他のも種類がたくさんあって美味しそうでした。
そうして席に戻り二人でぐったりしてるところに、キターーーーー!!!
Img_0368


Img_0369


うむ、冷たい!甘い!美味い!火照ってカロリー消費した体に染み渡ります。
この時ちょうど12時くらいでして30分くらい休憩していたのですが、お昼の食事とか私達と同じように休憩に寄ったローディやバイカー等で賑わって来ました。
さすがにもう出るかとお会計してお店を出ました。
G.エルム (G.ELM)
兵庫県南あわじ市福良甲1530-2
10:00~20:00
買ったポカリがなくなったので、近くのコンビニで少し補給し、昼食予定の道の駅うずしおへ向かいます。
少し市街を抜けて山側に入ったんですが、山に差し掛かるところから激坂。生まれたての子鹿のような走りでジリジリと登っていきます。
途中、面白いところがと止まったのがここ。


Img_0370


なんでも、不法投棄をやめさせるためにこんなのを置いているそうなのですが・・・まぁなぁ日本人なら祟られそうな所にゴミ捨て無いしな。
しかし、この文字はなぁ・・・他になんかあるんじゃないかとwww。


Img_0371


そうしてまた坂をのぼ・・・・こんな辛い事した後本当にお昼食べれるんか等と考えながら登っていきます。
途中、で左に折れ下っていった先にあるのが、道の駅うずしお。
ここでは淡路島牛丼とか淡路島バーガーが食べれるのです。
しかし、日曜日ということもありドライブやツーリング、サイクリングに来たひとでいっぱいで、席に案内されるまでも案内されて注文してからも結構な時間待たされました。
そうしてきたのが、ここの淡路島牛丼「淡路牛一尺丼」


Img_0372


牛丼だけではない、淡路島の特産品も入ったなかなかの一品。
本来なら私も全て平らげるのですが・・・後のことを考えて、牛丼と肉の部分だけにしておきました。
なぜかって?
むにんくんが一度目の淡路島でこの店に来ていなかった理由として、店に向かうために左に曲がるとこからの坂を下って、食べた後またその坂を登って帰ってこないといけないのは辛いということで寄らずに先を急いだそうです。
店から分岐のところまでで約1.5kmで60mの登り。そこから激坂でもう少し行かないと頂上につきません。そんなところをご飯食べた重たい体で登るのは・・・ねぇ?
まぁ、ご飯待っている間十分な休憩はできたので良かったのは良かったです。
さてそして最後の難所を超えに走り始めます。
体が・・・重い。うぉおおお、なんだこの重さはぁあああ。段々とむにんくんの姿が遠くなっていきますが、足がもう。呼吸も乱れてそうしているうちに背中が痛くなってきました。姿勢が悪いとか呼吸がとか色々原因はありそうですが、この痛みでホント心が折れそうになりつつ、なんとか登りきりました。
いやね、獲得標高とか勾配とかの問題ではなく、最後に来るところが一番きついよ!!!!
しかし、攻略しました。ええ、淡路四天王クリアですよ!!!
そこからはほぼ下りで、多少アップダウンが続きましたが平地まで降りてきて海岸線を走っていきます。
もう後はほぼ平地ですし楽なもんですよ、ということでしたが・・・ボスが、ボスが待っていました。
前半の海岸線でも中盤の平地のとこでもここまでずっと向かい風だったんですが、その時はまだ元気もあってあまり問題視はしてなかったのが、ここにきてつかれた体にムチを打ちます。
平均4、5mの向かい風で、東に進路がずれた時だけ少し楽になりまはしましたが、走る速度が20km/h以下になることもしばしば。
途中、さすがにむにんくんも辛そうで少しの間だけ先頭を変わりましたが、その後は私も前に出るだけの気力もなく、ずっと引っ張ってもらいました。ありがとう!むにんくん!
この西側の海岸線、時刻的にも天気的にもサンセットの名前の通り、綺麗な夕焼けになってはいたんですが、写真を撮ろうとかそんな事を考える余裕はなくひたすら無心にペダルを漕いでました。
さすがにこのあやしいとこは逃さなかったですけどねwww


Img_0373


淡路城はまぁいい・・・いいが、あの奇っ怪なオブジェはなんだあああ!
淡路島は本当謎の多いところです。
この西側なかなかにコンビニとかの休憩場所がありません。
2回ほどお店のとこで休憩しつつ岩屋を目指して走りまして、暗くなってきたのでライトを点灯。
むにんくんはドゥーサンのA2、私はキャットアイの540RC。共にかなり明るいと評判のフロントライトだ。
事実暗くなった道も、遠くも近くも明るくてらしてくれ、ちょうど向かい風が収まった区間街灯のない暗い中を高速走行しても全く問題ない。
そんな中 アナゴを焼いてその場で食べさせてくれるところがあるとのことで、そこ寄ってみるかという話をしていたのですが私達が着いた時にはもう終わっていました。
次の機会にはぜひとも食べたいとこですね。
そして、すっかり日が落ちて暗くなった道を走る・・・走る・・・走る。
東向きで追い風になった最後の方は30km/h巡航で岩屋まで目指して「残り10kmきったあたりから明石大橋が見えるはずですよ」と聞いていたとおり綺麗にライトアップされた明石大橋が見えてきて・・・とうとう着いたー!!!
朝の7:20位に出てから到着が18:00。10時間40分くらいでよく走りきりました。
ジェノバライン乗り場すぐ近くの評価高いという寿司屋へ入り、お疲れ様会。
おまかせで握ってもらいました。


Img_0376

うめーーーー!!!!
お腹が空いてたとかそういうのをはずしても、たしかに美味しい。
左の一番上にあるえんがわや、真ん中二番目の生のアナゴとかとてもとても・・・。もちろん煮穴子も穴子自体がすごく美味しいんでしょう後味が素晴らしかったです。
鮨を食べた後、ゆっくりしたかったのもあってもう一品頼むかと思って、隣の席の人が頼んでいて美味しそうだったうどんを注文。うん、これも上品な味で美味しかった。

源平
兵庫県淡路市岩屋925-22
11:00~20:00


港についてそこで別れて私は明石駅へ。
もたもたと輪行袋へ自転車を入れて電車に乗って帰りました。
日曜日の夜遅くでしたので人も少なく何とか輪行装備が他の人のあまり邪魔ににならずに帰れたのは良かった。
しかし、後半はたしかに名物っぽいところはなかったですが、前半と比べてあまりに写真の数とかが違うwww
そんな余裕なかったものなぁ。
帰った後は少し荷物を片付けて風呂入った後はすぐに睡魔が・・・・おや・・・す、みなさい


今回の走行データ(帰ってからケイデンスセンサーとリンク取れてなかったことに気づきました)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

明石ロングライド

自転車が来た!ということは、ロングライドをやらねばならないのです!
元々この自転車も、ブルベ用としてロングライド向けに設計していただいているので試走には往復100km程度で丁度なのです。

ということで、朝早くに家を出て一路西へ向かいます。
ビンディングシューズを履いての走りなので、できるだけ大通りを通りたいのですが、なかなかいい道がねぇ。
とりあえず夙川あたりからはいい道になるので楽に。
私がこだわって要望したアルテグラdi2。使えば使うほど確かにこれの効果がわかります。シフトの回数が明らかに多くなりますね。
そしてチューブレスのタイヤ。少し圧を少なめにして走ったのですが、うん、振動とかの伝わり方が全然違います。漕ぎ出しもなめらかで、少々シフトが重くても全く問題ありません。

そんなこんなで、いろいろ確かめながら途中で速度出してみたりして三宮に。
定番のにしむら珈琲で休憩です。

Img_0312

珈琲はコスタリカとちょっと食べ物としてシナモントーストを。
少しばかり休憩して、明石へ向かいます。
このあたりから、ビンディングにもなれてきて、バッチンバッチンとつけ外ししながら走りまして、うん、もう少しペダリングに慣れて調整できるとたしかにこれなしだとペダルが回しにくいなぁと。

須磨から塩屋にかけてですが、だいぶ道路工事が進んでいて前に行った時と比べても明らかに走りやすくなってて、車線が少なくなっている長さが短くなってました。早く全部終わってほしいものです。

Img_0314

明石海峡大橋と
やはり海が見えるとテンション上がります。
もう少し進んで大蔵海岸あたりから海側をゆっくりと走りました。

Img_0315

Img_0316


で、集合場所の明石駅に到着。
すでにM氏とL氏は到着していて、今回の目的地M氏が気になっている寿司屋へと向かいます。
明石魚の棚商店街の中にあるので、商店街の側に自転車を止めてお店へ。
・・・が、しかし、今日は予約のお客さんだけで今日はいっぱいとのこと。
むぅ、ならば仕方ないと、その近くにある寿司屋に入ったのですが・・・これがなんとも。
作りおきのシャリを使った量も大したことがない寿司でして、すぐに食べきってしまいました。この後どうする?とかいう話を少しして、近くにあるうどん屋に行こうかということになりまして、L氏に場所を教えていただいて、バイクを取りに行ったL氏より先行して私とM氏が自転車で向かいます。
ここで、威力を発揮したのがポタナビ!マップをスクロールして指定の位置を目的地に設定すると、先日アップデートされた機能でルートがマップ上に引かれます。おお!これだよ!これがナビというものだよ!とうれしがりながらお店に向かいました。

お店について側の鉄柵に自転車を繋いでいると、L氏が到着。
3人でお店はいると、お店にはお客さんが誰もいなくて空いていました。うーむ昼時なのにと思ったのですが、評判はいいということで、私とL氏が鴨せいろ、M氏がザルうどんを注文。メニューはざるうどんと、ざるうどんつゆ三昧、そして鴨せいろ。それにいなり寿司がありますが、それだけ。自信があるということなんでしょう。

Img_0317

鴨せいろ(大盛り)きたーーー!!!
いやもうね、うどんも細麺ながら滑らかで腰もちゃんとあって美味しいんですが、この鴨と汁がむっちゃくちゃ美味しい!!!
あっという間に平らげてしまいました。

Img_0318

うどん処 はな川
兵庫県神戸市西区玉津町上池337-5
土日祝日のみ営業

この店舗は横に製麺所がありまして、どちらかというとこっちが本業なんでしょう。
Img_0319


さて、ここからどうすっかなということで、M氏がRE:PRODUCTSPROJECT(VIVALOの総受け元)のに用事があるということでご一緒することに。
そこでL氏が「山越えで!!」と言ったがために・・・山越えで板宿のお店まで向かうことに。
いやね。私の自転車坂道対策としてコンパクドライブとかギア軽いのを採用していたのですが・・・うん、もう坂無理。心拍も190越してへろへろになったところで下り坂。ふぃー楽だーと思ったらまた上り坂。ううう、心が折れる。
後半はずっと下りで、なんとかお店まで到着。
注文していたブレーキはまだ着ていなかったようで、少しいろんな話をしてから、帰りがけにフレーム作成のお礼を言って表で少しいろいろと品評を。少しお話をしてからお客さんが来られたので撤収することに。
いつものごとくsaitasaitaで休憩するかーと向かったんですが、生憎今日は日曜日でおやすみ。
仕方ないので三宮まででて、朝行ったにしむら珈琲でまた入店。
今度はブレンドとケーキを。

Img_0320

13日に行く予定にした淡路一周のこととか話しながらまったりとして解散しました。
解散後は一路自宅を目指します。
日が落ちて少し寒くなったので、ウィンドブレイカーを羽織ってペダルを回して・・・家が近くなって油断したのか、裏通りのところでやっちゃいました。
ええ、立ちゴケです。ビンディングシューズを履いたら誰もが一度は体験する、立ちゴケ。
道路の右側にコケたんですが、幸い車は着ていなくてよかったです。
しかし、前を歩いていたおばちゃんとかの注目が・・・は、恥ずかしいいいいいい。
うう、気をつけねば。
そしてなんとか帰宅。もう疲れたぁあああ

今回の走行データ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

VIVALO オーダーフレーム

8月後半に大阪のHutte8to8に注文しましたVIVALOのオーダー自転車が、やっと・・・・やっときました!!

Img_0308_2


Img_0300

フロント周り
フロントキャリアとライトホルダーがこだわりどころですかね。


Img_0297

そしてこの自転車の一番の売りどころ?コンポーネントをアルテグラDI2で
フレーム下にツール缶用のボトルケージをつけてます。


Img_0305

di2の電池。これがなくなると・・・シフトが変えられませんwww

Img_0306

充電状態を知らせてくれる機器


Img_0301

サドルはBROOKSのSWIFT


Img_0304_2

ペダルはクランクブラザース

Img_0303

ホイールはアルテグラWH6700にHUTCHINSONのインテンシブ25cを履かせてます。


Img_0310

マウンタでポタナビともう一つGPSロガーを取り付け

Img_0311

クランク周り
Img_0298

フロントバッグはオルトリーブのバッグ

まぁ注文してから色々とありまして・・・やっときた自転車だからこそ愛着があります。
ブルベに使うロングライド用として設計していただいてまして、さあこれがどうなることやら。
とりあえず明日、明石まで試走。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハナミが帰ってきた!

先日購入したビーチクィーンシリーズ浅間智の電撃スペシャルバージョンで、ハナミの顔に塗料の汚れが着いていた件で、電撃に問い合わせるとメーカーのWAVEへ問い合わせて送ってくれとのことでした。
ハナミをWAVEへ送ったのが遅れて10月30日で、今日11月2日には綺麗なハナミが送られてきました!

Img_0294


送り返されてきたのが思ったよりもかなり早くて、WAVEさん素早い対応ありがとうございました。   
これで、パーフェクトに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BISCUITERIE BRETONNE の焼き菓子

大阪は梅田の阪急百貨店のリニューアルが先日やっと終わりまして、長らく閉鎖してた通路とか売り場が開放されました。
注目の地下階でのお菓子や惣菜の売り場については、かなり面白くなっているようで、今日行ってみましたが、本当に人が多くて大変でした。
で、本当の目的はハッピーターンのコンセプトショップだったわけですが・・・並んでいる人をみて、「1時間30分待ちです~」と店員さんが言っているの聞いて、「うん、無理」と引き返しました。
でもそのまま買えるのは悔しかったので、ざっと回って美味しそうだったBISCUITERIE BRETONNE の焼き菓子を購入。

Img_0292

・フィナンシェ(左上)
・マドレーヌ(左下)
・クイニーアマン(右下)
・ガレットブルトンヌ(右上)
・カヌレ(真ん中)
です。
樽珈屋のコスタリカをハリオV60で薄めに淹れて一緒に~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »