« 北摂2 | トップページ | パイオニア ポタナビ予約 »

2012年2月19日 (日)

西へ

13日から3連休だったのですが、あいにくの天気で自転車で出歩けず土曜日に自転車で出撃してきました。
天気予報では外はかなりの寒さ。天気自体はよく昼頃には外は暖かそうだったので自転車で外に出たのですが・・・・やはり寒いw
まぁそれでも通勤で朝走るよりは暖かいんですけどね。
今回は北摂ではなく西へ。とりあえずの目的地は夙川にあるパン屋2件を目指します!
・・・だったんですが、それなりに走って園田競馬場あたりまできたとき道を確認しようとして、タブレットを家に忘れてきたことが発覚w
ナビがあればいいんですが、購入予定のパイオニアのポタナビが発売されてないので、タブレットでの地図確認が必須ではあったんですが、肝心のそれを忘れてしまいました。この時点で、もうこのまま帰ろうかなと思いましたが、行けるとこまで行ってみようとなんとなくの方向と道路標識を見ての走行に。
迷いながらも国道171号線沿いに走り始めてからは順調に行けました。
そして阪急今津線 門戸厄神駅あたりで踏切が渡りにくかったのと、阪急沿線沿いに夙川を目指せば間違いないかなと思い、少し南に行って西宮北口駅のほうへ。
西宮北口で踏切をわたり狭い道路をぬけようとして、横を見るとなんか見覚えのある屋号が。

P1000930_5

五穀七福というパン屋でして玄米やライ麦・亜麻仁などの五穀をつかったパンが有名なお店です。
寄る予定はなかったんですが、迷いつつ来たこの道にあったのも何かの縁ということで、寄ってみました。
イートインもあるお店だったので、入れそうだったら少しゆっくりするかと思ったんですが、狭い店内は満員状態。
しかたなくパンだけを買ってそのまま撤収。

P1000943

一番人気の店名がそのままついた五穀七福(右)とくるみの雑穀パン(左)です。
海洋酵母をつかった食パン”穀の七福”やクリームパンとかもとても魅力的だったのですが、このあとの予定もあって少なめに。
どちらのパンもとても美味しかったです。
五穀七福は素朴という言葉がぴったりくる感じで、でも五穀それぞれの味わいがとても美味しかったです。焼かないで少し食べて、そのあと焼いて食べましたが、焼いたほうが香ばしさも出て個人的には好みですね。
くるみの雑穀パンも素朴という味わいなのですが、くるみの香ばしさと生地の美味しさがとてもあって、日々のテーブルパンとして常備しておきたい一品です。あとで購入にした他のパンとトマトのポタージュスープとで食べたのですが、トマトの酸味ととても良く合いました。

五穀七福を出た後はまた西へ。
線路沿いの道をするすると抜けていき、最後ぐっと坂道を登るとそこが夙川駅です。
とりあえず、夙川駅についたのはいいんですが、目的のパン屋2件共に場所がうろ覚えです。
どうすっかなぁと駅で悩みつつ、自転車の写真を撮ってました。

P1000931

少しうろついて探してみようと駅から少し離れたところ、さくらロードの脇にお目当ての一軒目がありましたw


P1000937_2

CONCENT MARKETです。
お店の中は結構狭いのですがところ狭しとパンが並べてあり、奥ではパンを作ってるところが結構近くで見えます。
パンのジャンルとしてはハード系寄りでしょうか。それでいてリーンなものから菓子パンまでたくさんあります。


P1000946


P1000951


P1000954

買ったのは、以上の6点。
プレッツェル(上左)、木の実マロン(上右)
ミヤッコ(真ん中左)、栗のブリオッシュ(真ん中中央)、メロンパン(真ん中右)
ぶどう食パン(下)

実はこの記事のアップが遅れたのも、ここのパンの感想を全部書きたかったからですw

・プレッツェル
 香ばしさと歯ざわりがたまらない。
 なるほど、これはビールが欲しくなるなぁと思わせます。

・木の実マロン
 このお店の代表てきなパンだと思います。
 その名の通り、木の実と栗がゴロゴロと入ったパンでして、それらの香ばしさと甘さ、そしてパン自体の味がたまりません。パン自体はカンパーニュのような感じですね。

・ミヤッコ
 日本盛の酒粕を生地にねりこみ、またそこにオレンジピールをあわせたパンです。
 しっとり柔らかいパンを噛むとそこにオレンジの良い香りとピールの歯ざわりが・・・これは美味しい。
 朝にさっと炙って牛乳と一緒に食べるとまたたまらなく美味しいだろうなぁ。

・栗のプリオッシュ
 中央にどんとある栗の存在感。そして中にもタップリと入っていて、そしてところどころにある美味しい酸味・・・これはベリーのなんかでしょうね。それがまたいいアクセントになってとても美味しい。
 柔らかくふっくらとして、甘さは控えめなので何個でも食べられそうなパンです。

・メロンパン
 ちょうど会計を待ってる時に焼きあがった品でして、トレイに隙間がない状況ではありましたが、追加でのせてしまいましたw
 本当は焼きたてのところを近くで温かいコーヒーと一緒にいただこうと思ってたのですが、いい場所が見つからず家に帰ってから食べました。
 こちらも甘さは控えめです。上のクッキー生地もカリッと系ではありますが柔らかめで食べやすい。
 なんといってもパン本体の美味しさが際立ちます。クッキー生地が甘さ控えめだからこそ余計そう感じますね。

・ぶどう食パン
 晩御飯としてインスタントではありますが、トマトのポタージュと一緒にいただきました。
 そのままと焼いたのを食べましたが、どちらも美味しい。
 柔らかくむっちりとして、そして噛み締めるたびに小麦の味が口いっぱいに広がります。
 ぶどう自体も、とても美味しい。時々、干しぶどうが美味しくないぶどうパンなんかがありますが、あんなのとは比べ物にはならないですね。
 パンの耳部分も、デニッシュ型の大きさなので薄くて焼かなくてもパクパクと食べてしまえます。
 もちろん焼いたら、パンの香ばしさが際立ち、カリッとしてもちっとした感触がたまらない。
 翌日の朝にも、別のかぼちゃのポタージュと一緒に食べましたがどちらのスープにも合いました。


夙川での目的のパン屋はもう一見 アミーンズオーブンというところなのですが、ここは少しうろうろしたのですが見つけられませんでした。
そこもハード系のパンが美味しい名店なのでぜひとも寄りたかったんですけどねぇ。
そうこうしているうちにとうとう雪が降って来て、喫茶店に入ろうにもタブレット持ってきてない私はいいお店がどこにあるかわからない状態で・・・もうこうなったら三宮まで走って暖まるか!などと考え夙川を出ました。
夙川から西に向かうと関西の高級住宅地 芦屋あたりになりまして、このへんはお金持ちが多いためか道も広く作ってあり、舗装も綺麗にしてあってしかもあまり車が通っていない。アップダウンがそれなりにありますが走りやすい道でした。
少し西へ行った後、2号線まで降りて再び西へ。
三宮まで10kmだったのが8kmとかになってきましたが、この時点で時刻は16時ちかく。家を出たのが12:30でしたので、疲れてきたのもあって三宮まで行く気分がドンドンとなくなってきます。
阪急御影駅あたりまで来て踏ん切りがつき、駅近くにあるケーキの名店御影高杉で休憩して帰るかと思い、駅方向に向かい店の前まで来ましたが・・・人がいっぱいで入るのを諦めました。
近くにある、にしむら珈琲御影店もなんか人多いし・・・・。
もういいやと大阪へ向けて引き返しました。
でもここまで休憩らしい休憩なんかはしてなかったので、それもなんだかなぁと少しゆっくり目に走っていいお店ないかなと探してました。
そうこうしているうちにJRの摂津本山駅の交差点のところで、天然たいやきという文字が目に入りました。
天然たいやきのお店 なるとたいやき本舗岡本店で、暖かいたい焼きを購入し一息つきました。

P1000958

たい焼きでいう天然とは、焼き型がひとつのもので焼いたのを指しまして、食べながら焼いてるのを見て、なんか変に感心してましたw寒かったところに熱いくらいのたい焼きがとても美味しかったです。
しかし、ここで阪急岡本駅近くと気づいていれば・・・フロイン堂とか他にもいいお店があったのに。惜しいことをしました。

そこで少し休憩っぽいものをとったあとさらに東へ。
途中目に入ったのが”BIGOの店”という文字。

P1000940

ここもパンで有名なお店 ビゴの店 のサンドイッチをメインに扱う オ・ボン・サンドウィッチビゴです。
寄っても良かったんですが、まぁ、もう帰りたかったのもあって写真だけw
また今度よることにしましょう。

ここらへんからは、来た道をそのまま戻るように走ります。
が、途中でどこか道を間違えたのか結構迷ってしまい、伊丹空港の北側の道を戻るような方向に。
本当は南側を通らないと大分回り道になるんですけどね・・・・。
そんなこんなで戻った時には18時を過ぎてました。
走行距離はおおよそで60km。翌日はちょっと筋肉痛がw

|

« 北摂2 | トップページ | パイオニア ポタナビ予約 »

自転車 食べあるき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/54027679

この記事へのトラックバック一覧です: 西へ:

« 北摂2 | トップページ | パイオニア ポタナビ予約 »