« ひきこもりの彼女は神なのです。2 (HJ文庫) 著:すえばしけん | トップページ | カバディ7 1 著:小野寺浩二 »

2011年6月 4日 (土)

うちの会長は荒ぶる虎猫に似ている。2 (HJ文庫) 著:空埜一樹

学園を牛耳る《生徒会》との対決に備え、まずは戦力を強化することにした武人たち《裏生徒会》の面々。彼らはさっそく《鬼》の異名を持つ剣道部員の隠塚宗吉を勧誘するが、バッサリ断られてしまう。
そして裏生徒会に剣道部一の才媛である紫咲桜花から、宗吉を剣道部に連れ戻して欲しいという依頼が、という粗筋です。
武闘派がいなくて、使えるといえば主人公の武人くらいな裏生徒会ですが、剣道部部長が生徒会副会長の静香であったがために、いろいろとあって剣道部と仕合をする事になります。
どうやって勝つか、宗吉の覚悟の在り方をどうするか、と武人の悪知恵の見せどころですが、最後はうまくまとめてましたが方法自体は今ひとつ納得がいかないかなぁと。
ですが、宗吉と桜花のやりとりとかそういうのが良いのでまぁOKにw
剣道部に戻ることとなった宗吉は結局裏生徒会には入りませんでしたが、な、なんだってー!!!
そうか・・・そういう事か!しかも巨乳とか!くっ、あざとい!あざといよ!作者め!

うちの会長は荒ぶる虎猫に似ている。2 (HJ文庫)
空埜一樹
ホビージャパン
売り上げランキング: 756

|

« ひきこもりの彼女は神なのです。2 (HJ文庫) 著:すえばしけん | トップページ | カバディ7 1 著:小野寺浩二 »

HJ文庫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/51851610

この記事へのトラックバック一覧です: うちの会長は荒ぶる虎猫に似ている。2 (HJ文庫) 著:空埜一樹:

« ひきこもりの彼女は神なのです。2 (HJ文庫) 著:すえばしけん | トップページ | カバディ7 1 著:小野寺浩二 »