« うちの会長は荒ぶる虎猫に似ている。2 (HJ文庫) 著:空埜一樹 | トップページ | 七姫物語〈第6章〉ひとつの理想 著:高野 和 »

2011年6月 8日 (水)

カバディ7 1 著:小野寺浩二

武士道かぶれのハーフ(母親がインド人)北斗クシャトリアが部活荒らしの円谷まどかに誘われ、そして癖のある部員とともにカバディ日本一を目指す漫画です。

生徒会が部活を認めるための条件

もし地区予選で負けることあれば即廃部。刀も粗大ゴミ生きだ

死合での驚愕の事実!

カバディは、あんまカバディ言ってない!

振りかかる試練!

デブは・・・デブはカバディやっちゃいけないのかよぉおおおおお!!!!(男子88kg以下規定による)

その逆境を跳ね返す・・・ぬるさ

じゃあ6人制でやりましょうか

等々、非常に面白いw
カバディそのものの訳の分からないルールとか、マイナーゆえのアバウトさとか。
そして、北斗が時々語る漢の言葉
まさに、小野寺さんの熱い漫画です。
帯の逆境ナインを描いた島本和彦の言葉も、熱い。

カバディ7 ①
小野寺浩二
メディアファクトリー (2011-05-23)

|

« うちの会長は荒ぶる虎猫に似ている。2 (HJ文庫) 著:空埜一樹 | トップページ | 七姫物語〈第6章〉ひとつの理想 著:高野 和 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/51891313

この記事へのトラックバック一覧です: カバディ7 1 著:小野寺浩二:

« うちの会長は荒ぶる虎猫に似ている。2 (HJ文庫) 著:空埜一樹 | トップページ | 七姫物語〈第6章〉ひとつの理想 著:高野 和 »