« 百億の魔女語り3 なんでこんなに不思議な妹ばかりなの? (ファミ通文庫) 著:竹岡 葉月 | トップページ | うちの会長は荒ぶる虎猫に似ている。2 (HJ文庫) 著:空埜一樹 »

2011年6月 4日 (土)

ひきこもりの彼女は神なのです。2 (HJ文庫) 著:すえばしけん

・・・あれー?亜夜花がむっちゃデレてる。
ううむ、1巻末でここまでデレた状態だったかなぁ。
とりあえず一番に気になったのがそこでしたが、住人のほとんどが神様という特殊な学生寮で暮らし始めた天人が、とある騒動の調査を頼まれて調査をしていくわけですが、その際にまぁ・・・なんだ、うん痛いね。すごく痛いw
”《紫電の堕天使》牙龍院煌夜”とか、その必殺技名とかwwwwww
そして敵役として途中までアウトローっぽくてかっこ良かった彼がその作者でして、義妹もこれ喚んだときどう思ったのやらw
今回の主題としては、兄妹の絆ってとこですかね。上の兄妹も、戦神姉妹の兄も、そして亜夜花の兄も。神話でも兄妹神というのは数多くいますしネタ的には面白い部分です。それぞれの正体的なとこも含めてwほんと世界の神様とかゴチャ混ぜだなぁ。
特に戦神姉が・・・ブラコンすぎますね、ええwww

ひきこもりの彼女は神なのです。2 (HJ文庫)
すえばしけん
ホビージャパン
売り上げランキング: 319

|

« 百億の魔女語り3 なんでこんなに不思議な妹ばかりなの? (ファミ通文庫) 著:竹岡 葉月 | トップページ | うちの会長は荒ぶる虎猫に似ている。2 (HJ文庫) 著:空埜一樹 »

HJ文庫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/51849447

この記事へのトラックバック一覧です: ひきこもりの彼女は神なのです。2 (HJ文庫) 著:すえばしけん:

« 百億の魔女語り3 なんでこんなに不思議な妹ばかりなの? (ファミ通文庫) 著:竹岡 葉月 | トップページ | うちの会長は荒ぶる虎猫に似ている。2 (HJ文庫) 著:空埜一樹 »