« ドラグーン・デリバリー 竜の背はまごころを運ぶ HJ文庫 佐々原史緒 | トップページ | 富士桜高原麦酒 ピルス »

2009年9月23日 (水)

オクトーバーフェスト!!

連休ももう終わりですね・・・仕事いきたくない-w
連休中は、この時期のドイツで行われるビールの祭典オクトーバーフェストにあやかって
友達と酒宴だなんだで結構飲みました。
いやー、遊びに行くはずだった交通費の分を全部つかっちゃいましたからねぇ。
少しずつ説明とか書き足していきますが、とりあえず写真のみアップ

P1000164 P1000161 P1000163

宴会の主役はビールですが、メインとして三田牛のすき焼きです。
少しくらい長く煮ても柔らかいままの旨い肉が、ビールに合います。
そして今回来た友達にお土産で頂きました生ハム、これも美味しい。
(他にも、合鴨のローストとかいろいろと・・・・)
ビールは右上のがオクトーバーフェストビアであるハッパープショール。
下のが、アンカーオールドフォグホーンです。
ハッパープショールは2L瓶でしたので注ぐのが大変でしたw

P1000205

オクトーバーフェストはドイツのビールの祭りで、世界中から600万人以上の人が集まり
2週間にわたって消費されるビールは500万リットル以上と・・・なんともw
この期間に出されるビールがオクトーバーフェストビアと呼ばれる特別なビールです。
この祭りではミュンヘンにある6つの醸造所がテントを張りそこでビールを飲ませます
(実際の雰囲気は下の動画を)。その醸造所とはシュパーテン・アイグスティナー・
ポーラナー・ハッカープショール・ホフブロイハウス・レーベンブロイです。
その中のハッカープショールの2L瓶がこのビールです。
味は、いかにもドイツらしいびしっとホップの苦みが効いたピルスナー。
日本のビールの原型ともいえる味でグビグビといけます。
これを・・・あのでかいジョッキでのむんだからなぁ・・・いやはややはり日本人とは
体のつくりが違うと思わせてくれますw

P1000189

おなじみ富士桜高原麦酒のヴァイツェンとラオホです。
本当はこの休みに間に富士桜高原麦酒のオクトーバーフェストイベントに行きたいと
思ってたんですが、9/26からなんですよねぇ・・・なんともw
来年はちゃんと予定を合わせて行きたいものです。
ヴァイツェンは前にも何回も飲んでますのでいまさら説明いらずかな。ラオホの方も
一度紹介はしてますので。今回は他にも燻製ビールを買ってまして飲み比べたんですが
やはり、ここのラオホはさほど燻製薫りもくせもないので飲みやすいんですが・・・
ちと物足りないw

P1000184

ノルウェービールで先日紹介しました裸島と、#100です。
どちらもヌウグネ社の品ですが裸島は紹介済みですのでおいときまして、#100の方を。
ブルワリーで100回目に仕込んだもので、当初はブルワリーの仲間内だけで楽しんでいた
のを正式に販売するようになったビールです。
すこし重たい感じで味わい深いです。裸島は苦くそして甘かったですが、こちらはビールら
しいビールで爽やかに飲めます。
ビールではそれほど有名でないとこがこう言うのを作るんですからあなどれないですね

P1000195

大山Gビールのバーレワイン2008とアンカーオールドフォグホーンです。
この二つはいわゆるバーレワインと呼ばれるもので、直訳すると大麦のワイン。
アルコール度数が高く、甘く薫り高く複雑な味わいのビールです。
この味が、今回の肉料理にはぴったりでした。また、夏は爽やかでグビグビいけるビールが
よかったですが、秋になって少し涼しくなり脂ののった魚とかの美味しい食べ物が増えてく
るとこっちの方が良いですね。
写真では1本ずつですが、消費したのは2本ずつですw

P1000197

ベデットとエッケンベルガーフォッフェンクニッグです。
これも、何回か飲んで紹介してますが、同じような味のビールでは飽きが出るので買いました。
爽やかに、さっと飲めるようなものとしてどちらもぴったりかなと。
ピルスナーということで、ピルスナーウルケルとフォッヘンクニッグと悩んだんですが、
個人的にこちらの方が好きなんですよね。値段も良心的ですしw
こちらも2本ずつ購入しました

P1000198_2

ファロックヘザーエールと登別地獄燻しビールです。
ヘザーエールはスコットランドのビールで、夏に収穫したヘザーの花を使い、特徴のある薫り
の辛口のビールです。濃い味の料理に合いますかね、これは。
登別地獄燻しビールは、蝦夷麦酒の製品でなんといってもスモーク臭のあるラオホです。
上で紹介してる富士桜高原麦酒のラオホよりもはっきりとした燻製香は癖になるかもw
こういう薫りに特徴のあるビールもおもしろいですよね。

P1000192

リンデマンのフルーツビール2種で、ピーチとフランボワーズです。
まぁこれは、毎回の事ながらほんと・・・ジュースですw
ビール飲みたくてこれを飲む人はいないでしょうね。でもおいしいんですよねぇ・・・・

P1000208

ビール以外に買ってきたりお土産としてもってきてもらった日本酒です。
左から、奥播磨下村酒造場 生酛純米 生 誠保(じょうほ)
    菊姫 吟
    はざま酒造株式会社 恵那山 大吟醸
です。
誠保は、すっきりとした味で薫りと味は強くそして若いという感じです。
吟は、菊姫の濃厚旨口はのこしつつまろやかですっと入っていく感じです。
これを3年寝かせた黒吟となるともっと味が濃く美味しくなるんですが・・・高いw
恵那山は高貴な辛口と銘打ってあるそのまま、すきっとした味わいと舌に広がる味わいが
すばらしいお酒です。
これらの消費・・・どうしようw

今回のビールもまたすべてASAHIYAさんで購入。いつもお世話になりますw

ちなみに下は本物のオクトーバーフェスト

|

« ドラグーン・デリバリー 竜の背はまごころを運ぶ HJ文庫 佐々原史緒 | トップページ | 富士桜高原麦酒 ピルス »

食べて飲んで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/46288987

この記事へのトラックバック一覧です: オクトーバーフェスト!!:

« ドラグーン・デリバリー 竜の背はまごころを運ぶ HJ文庫 佐々原史緒 | トップページ | 富士桜高原麦酒 ピルス »