« 恋の話を、しようか 三上康明 ガガガ文庫 | トップページ | Houegaarden Grand Cru(ヒューガルデン グランクリュ) »

2009年6月22日 (月)

Baltika No.6(バルティカ No6)

P1000110

バルト海周辺や、スラブの国周辺で作られるポーターはバルチックポーターとかインペリ
アルポーターとよばれています。
真っ黒い色に、少しの甘さと洋酒のような薫りと味。
このバルティカNo6は下面発酵でラガービールとして作られるポーターでして、その
せいか、濃い味にもかかわらず飲みやすいです。
夏の暑さもあって、鰯の梅煮と共にいただきましたが、酸っぱさとビールの甘さと
とても良かったです。

|

« 恋の話を、しようか 三上康明 ガガガ文庫 | トップページ | Houegaarden Grand Cru(ヒューガルデン グランクリュ) »

食べて飲んで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/45415800

この記事へのトラックバック一覧です: Baltika No.6(バルティカ No6):

» バルティカNO6 [お酒ばかり飲んでるから!]
知らなかったんですが、ロシアはウォッカだけではなかったのですな。 寒い時期に暖かい部屋で冷凍庫から取り出したウォッカをク一とやるのも良いのですが、寒い日のロシアのビールもなかなかですなあ。酒好き...... [続きを読む]

受信: 2011年4月 8日 (金) 17時13分

« 恋の話を、しようか 三上康明 ガガガ文庫 | トップページ | Houegaarden Grand Cru(ヒューガルデン グランクリュ) »