« Bass Pale Ale(バス ペール エール) | トップページ | 六甲ポーター »

2009年5月13日 (水)

オオカミさんととっても乙女な分福茶釜 沖田雅 電撃文庫

全編、御伽学園大文化祭の話となりますが、時系列に沿っては書かれてないので
その話毎に一旦時間をリセットして読む方がよいですね。

最初は、りんごさんと宇佐見美々さん 二人の腐れロリのよるおむすびころりん対決です。
・・・乳酸菌ですか。
いや、まぁ・・・・ねぇ?
そりゃこの話のように、かわいい女子高生が握ってくれたおにぎりにその娘の手の
乳酸菌がついてて、それを体内に取り込むことができるんだぜ!というのなら良い
んですが・・・もう他の手作りや手作り風のお握り食えなくなりますよ?w
むさいおっさんが、ち@こ握ったような手で握ったお握りについた乳酸菌とか・・・ねぇ?
えっと、気持ち悪い話はおいといて、ここでの亮士くんとおおかみさんのやりとりが
なんともこっぱずかしい。そして、手をつなぐとこまでいってなくて、デートもしてない
とかいう伏線が後で・・・くくっ
2話目はタイトルの"とっても乙女な分福茶釜"にあたります、田貫さんのお話です。
あ~・・・少し前にどっか話でありました、「体は女だが心は男、でもガチホモなので
男が好きだから傍目問題ない」とかなら良かったんですけどw
田貫さんがしている努力とか、性根というのは元が男だからこそ・・・かと。実際
ニューハーフの人の方が、女性よりも仕草とか女性らしい事は多いらしいですからねぇ。
いやぁいい乙女です。
3話目は、2話目で女装することになった亮士くんのつながりからくる話でして、
ここでいろいろと懐かしい面々が出てきます。章のタイトル通り”あの人は今”です。
で・・・亮士くんと大神さん 文化祭デートですなぁ・・・いやぁ、若いね!青春だね!
そして、にゃんにゃんにゃん・・・と・・・。
4話目は障害物競走なALADDINに参加することになった亮士くんと大神さんの
話ですが、まぁ、いろいろあって、最後、手を・・・・。

まぁおもしろいのはおもしろいのですが、作者による天の声で大神さんがかわいい!
とか書きまくるのは、ちょっと・・・読む気がどんどん失せてきます。もう少し抑え
めにしてほしいものですね。

オオカミさんととっても乙女な分福茶釜 (電撃文庫)

著:沖田 雅
参考価格:¥557
価格:¥557
OFF : ()

|

« Bass Pale Ale(バス ペール エール) | トップページ | 六甲ポーター »

電撃文庫」カテゴリの記事

コメント

え、これって亮士くんのヘタレとかっこいいギャップを楽しむシリーズじゃないの!?

投稿: ふみ | 2009年5月17日 (日) 18時10分

もちろん、そうですとも!w
あとりんごさんの黒さと・・・・

投稿: Nere | 2009年5月17日 (日) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/45004635

この記事へのトラックバック一覧です: オオカミさんととっても乙女な分福茶釜 沖田雅 電撃文庫:

« Bass Pale Ale(バス ペール エール) | トップページ | 六甲ポーター »