« リニューアル | トップページ | 桜庭一樹読書日記 桜庭一樹 東京創元社 »

2008年5月 1日 (木)

七姫物語 第五章

前の巻から1年半以上経ってましたので、実際どうなってるのかと
思ってましたけど、いやはや相変わらずいい出来です。
四宮と和解し、前巻でもなんとなく仲良さげにしてた二人ですが、
今度は五宮・六宮との交流が冒頭から始まってます。
四都市同盟であり、四宮の姫さんなどはちと不愉快というか気がか
りではあるみたいですが、まぁ姫宮は象徴であり政治等に口を出す
存在ではないから、そこは政治家と商家が決めたらどうしようもな
いですね。
おまけにあの二人はああいう事するしw
そして、一宮と二宮の本格的なぶつかり合いの中で、中央から流れ
てきた戦闘集団を率いている新キャラの登場。なにやら深い因縁も
あるようで、これからどう関わってくるのか楽しみではあります。
一宮の姫さんは、今回は自分が考える流れに持っていけないもどか
しさとかがよく出てます。力があるとはいっても、やはりそこは
姫宮でありなかなか簡単に物事は運べないということなんでしょう。
最後の二宮の姫さんとの対面でのやりとりは、名場面ですねw

七姫物語 第5章

著:高野 和
参考価格:¥ 704
価格:¥ 704
OFF : ()

|

« リニューアル | トップページ | 桜庭一樹読書日記 桜庭一樹 東京創元社 »

電撃文庫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/41054652

この記事へのトラックバック一覧です: 七姫物語 第五章:

« リニューアル | トップページ | 桜庭一樹読書日記 桜庭一樹 東京創元社 »