« GUNSLINGER GIRL8 相田裕 電撃コミックス | トップページ | ダークエルフの口づけ2 川人忠明 富士見ファンタジア文庫 »

2007年4月10日 (火)

その本、開くことなかれ―戒書封殺記 十月ユウ 富士見ファンタジア文庫

今回の戒書は「真理の解」という、定期的に現れるが、現界するの
が30分程度、しかし、その詠む人の真理をもたらす一級の戒書で
して、読破だけでなく副館長も同時に回収にあたります。
当然絡んでくる読破の兄、述ですが、ううむなんかこの人万能すぎ
な気もしますねぇ。後半明らかになる述が読破に渡した、読破を
守るためのもの。いつも読破が持っているあの黒い本ですが、うう
む強い。「死書」という名がぴったりの代物です。
今回、その述と読破の過去のやり取りがたくさん見ることができ、
また、そのやりとりのなかで読破の複雑な想いとかがわかってきま
すからいい感じです。
そして、述のお気に入りになりつつあった綴りですが・・・・・・
あ~そういう展開できますか。なんかそういう「力」という命名で
はなく、なんか知らないがトリックスター的な感じでいてほしかっ
たんですけどね。
そして、この作品で恋愛部分を一手に引き受けてると言ってもいい
睦美さんが今回なんともいじらしい。
心配でお見舞いとか行きたいのに、読破が言うであろうこととか
考えて頑張って一人で業務(?)を続ける彼女は、嫉妬深い女とい
うマイナス面が目立ちがちであった部分とは違う顔を見せることが
できたのではないでしょうか。
最後、解決し一応役職(?)があがった綴。
話はここで一区切りだそうで、綴が微妙に活躍するような軽い話を
早く見れればいいなと思います。

|

« GUNSLINGER GIRL8 相田裕 電撃コミックス | トップページ | ダークエルフの口づけ2 川人忠明 富士見ファンタジア文庫 »

富士見ファンタジア文庫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/14631764

この記事へのトラックバック一覧です: その本、開くことなかれ―戒書封殺記 十月ユウ 富士見ファンタジア文庫:

» その本、開くことなかれ―戒書封殺記 [ライトノベルっていいね]
その本、開くことなかれ―戒書封殺記 著者 十月ユウ イラスト 藤丘ようこ レーベル 富士見ファンタジア文庫  館長がいいキャラだった。  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。  クリック... [続きを読む]

受信: 2007年4月10日 (火) 19時15分

« GUNSLINGER GIRL8 相田裕 電撃コミックス | トップページ | ダークエルフの口づけ2 川人忠明 富士見ファンタジア文庫 »