« ペンギン娘1 高橋てつや 秋田書店 | トップページ | さよなら絶望先生 第7集 久米田康治 講談社 »

2007年3月28日 (水)

ハヤテのごとく!10 畑 健二郎 小学館

ひな祭り終盤!
まぁ、なんといってもヒナギクのかわいさに尽きますね。
マリアさんと、ヒナギクという両手に花っぽい展開にこれから
なっていってほしいものです。ナギは・・・・・・まぁ、それ
なりにがんばってもらえば。
そして、意外なとこで芸達者な咲夜さんでして、勉強でも、料理で
もいい仕事してますな。
この巻の途中で、連載100回を越し、予告(?)どおりにナギ
の漫画が載せられましたが、まぁ・・・・・・ナギよりも伊澄の
がヤヴァイですね。

|

« ペンギン娘1 高橋てつや 秋田書店 | トップページ | さよなら絶望先生 第7集 久米田康治 講談社 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/14442644

この記事へのトラックバック一覧です: ハヤテのごとく!10 畑 健二郎 小学館:

» ハヤテのごとく [ハヤテのごとく]
あらすじ 公立高校に通う平凡な高校1年生、綾崎ハヤテは、非常にギャンブル好きで放蕩癖のある両親を支えるため、バイト漬けの毎日を送っていた。しかしある年のクリスマスイブ、1億5000万円の借金を作った両親は、ハヤテに全ての借金を押し付けて消えてしまった。 借金を取り立てるヤクザに押い回され困りきったハヤテは、近くの公園にいた少女を誘拐して一攫千金を目論むものの、恋の告白と勘違いされるような脅し文句を少女にかけ... [続きを読む]

受信: 2007年4月 2日 (月) 16時40分

« ペンギン娘1 高橋てつや 秋田書店 | トップページ | さよなら絶望先生 第7集 久米田康治 講談社 »