« ぼくと魔女式アポカリプス2 水瀬葉月 電撃文庫 | トップページ | 連射王 (上)・(下) 川上稔 メディアワークス »

2007年2月 8日 (木)

ゆらゆらと揺れる海の彼方7 近藤信義 電撃文庫

6巻からの続きではなく、帝国の始まりといいますか、シグルド
が成り上がっていった七皇戦争の話となります。
本編では病弱な后妃エレオノーラが、元気で破天荒な小娘として
義勇軍を元々旗揚げしたギュンターにまとわり付いている姿がい
いですね。シグルドはそのギュンターの幼馴染であり、誘われて
義勇軍の中核メンバーとしていまして、戦略とか智謀を駆使した
参謀の役目で、ギュンターを助けてます。
物語の導入部として、病床のエレオノーラが「ギュンター」と、
言ったことからシュニッツラーがオスターデに昔のことを語ると
いう流れなのですが、その中でギュンターのことを触れてはいけ
ない存在のように言っています。また、この巻だけ見てるとエレ
オノーラはギュンターに懐いてはいるのですが、シグルドのほう
にはそれほど興味を持っていません。襲われたシグルドを庇った
事で病弱になったというエレオノーラの過去とか、最後に戦果を
あげて昇進した義勇軍のリーダーとしてギュンターではなくシグ
ルドが任命されたとかいうあたりでなにやら、いろいろな事がこ
れから起きそうな気がします。
本編のほうも待ちどうしいですが、こちらはこちらでおもしろい
ので、クオリティを落とすことなく書いてほしいです。

|

« ぼくと魔女式アポカリプス2 水瀬葉月 電撃文庫 | トップページ | 連射王 (上)・(下) 川上稔 メディアワークス »

電撃文庫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/13835066

この記事へのトラックバック一覧です: ゆらゆらと揺れる海の彼方7 近藤信義 電撃文庫:

» ゆらゆらと揺れる海の彼方 7/近藤信義 [ラノベ365日]
ゆらゆらと揺れる海の彼方 7近藤 信義 メディアワークス 2007-01-06by G-Tools 【シグルド。18歳。小さな村の青年に過ぎなかった彼は、幼馴染のギュンターと共に義勇軍を結成する。しかし、素人同然の彼らは戦場にいても出番すらないような扱い。だが戦況は一変し!?】 ..... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 00時12分

« ぼくと魔女式アポカリプス2 水瀬葉月 電撃文庫 | トップページ | 連射王 (上)・(下) 川上稔 メディアワークス »