« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月25日 (木)

マルタ・サギーは探偵ですか?4 恋の季節 野梨原花南 富士見ミステリー文庫

な、なんだってーーーーー!!!

な、急展開な最後に驚きです。
大部分が、いつものマルタ・サギーであり、やっといろいろと
マリアンナにアプローチを仕掛けて、こっ恥ずかしい展開になって
いるのですが・・・・・・裏のメイン話であるカード戦争でこうなるとは
思いませんでした。
ううむ、続きが気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オオカミさんとおつう先輩の恩返し 沖田雅 電撃文庫

嵐の前の静けさといいますか、つなぎのための短編集っぽいつく
りですね。

まぁ、いろいろありますが・・・・なんといっても、今回は最初
のカラーイラストでも衝撃の、ももちゃん先輩ですな。
とにかく、あの胸!胸!胸!に埋もれて死ねるならと、とりまき
の人たちの熱い思いに賛同してしまいます。
そういうとこに注目させておいて、さらっとこの特殊な地域と学
校のことについて説明がなされていて、自由ではあるが管理され
た世界での管理された生活という歪であり、やさしい世界という
のがなんとも・・・・。そして、近くの不良高にいたおおかみさ
んと昔何かあった感じの少年、羊飼い。さてさて、次巻からなん
ともきなくさい話になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

れじみる。 藤原祐 電撃文庫

レジンキャストミルクの短編集でして、本編のシリアスな引きと
比べて軽いノリで読めます。

・オープニング入学式
まだまだ機械のような硝子と、それをなだめつつ学校に行かせよ
うとする晶との対比でかわいいです。
そして、芹菜の母親の態度もあいかわらずで・・・愛されてます
ね硝子。

・デートDEデートDE遊園地
なんだかんだいって、浮かれている硝子の話ではありますが、も
う一方のキャラ 殊子と姫のコンビがいいですね。
冒頭の漫画でのにやけた殊子がなんともw
それにしても・・・・・姫はやはりMな感じですな

・どきどき☆お弁当WARS
レジンキャストミルクで一推しなキャラ、蜜が活躍する話ですw
もう最高の弄られキャラですな、蜜は。そして、その蜜に対して
懐いている里緒の言動もいいですし、気づかずに神経逆なでして
挑発してしまった硝子もw
料理する蜜に、おびえるお母さんのイラストも笑えてしまいます。
まぁ、その弁当に込められた想いの部分でちょっとほろりとして
しまいますが。

・夏祭りセンチメンタル
夏祭りでの里緒と迷子の子供の話です。普通の人の固体認識が出
来ない里緒と、そんなこと関係なくはしゃぐ子供の対比が良かっ
たですね。里緒のセンスが光る浴衣とかもw
そして・・・・・・”ぶつもり”のとこでもう笑えて笑えて。
”おいでよ ぞくぶつのもり”DSでどっか出してくれないかなぁw

・ナツヤスミ・パニック
うむ・・・・・・・できておる。
白スク!白スク!白スクゥゥゥゥウウウウウウウ!!!!
個人的には、やはりスクール水着には貧乳だとおもうのですよ。
まぁ、海辺で本当にそんなの来た娘がそばにいると逃げますが。
嫉妬する蜜もなんともかわいいし、キャラが生き生きした話では
れじみるのなかで一番ではないでしょうか。
そして、最後での芹菜と硝子の会話・・・・・・いろいろ芹菜の想いと
いうのが現れてますね。

・保険教師のいけない休日

ネア GJ!
話の大筋は、もう最後のとこでどうでもよくなります。
うむ、里緒にはやっぱ猫ですな。あんな格好で甘えられたら、
もう、もう!!
しかし・・・・・・うさぎのほうは、硝子だとちと胸が、ね
うさぎは、やっぱり胸が大きくないと映えないと思うのですよー

| | コメント (0) | トラックバック (1)

断章のグリムⅢ 人魚姫・上 甲田学人 電撃文庫

後書きでも書かれてはいますが、三巻目にしてもうグリム童話か
ら離れてますねw
今回は、まとめ役の鹿狩さんの過去と関わる話でありまして、な
かなか重たい話になりそうなのですが・・・・・いきなり今回も
グロというか、視覚イメージが怖そうな状況を書いてますねぇ。
人魚姫という事で、泡になって消えるから、泡で溶けていく皮膚
とか、洗面所で溶けた上での濡れた髪がからまってくるとか、と
にかく気持ち悪い描写です。
しかしこの上巻だけでは事態が余り進んでおらず、下巻の発売が
楽しみではあります。鹿狩さんがどういうふうになるのかも興味
がありますし、早く出て欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

くじびき勇者さま 2番札 誰がお荷物よ! 清水文化 HJ文庫

ん~、微妙。
この人って、こんなにラブコメ書くの下手だったのかなぁ。
まぁ、富士見で書いていたらじアンとかもそれほどw
まだ2巻目で、それほど話も進んでいませんし、まぁこれから
どう展開させていくのかですね。
ネタ的にはいろいろ面白いとは思うんですよ。くじびきと信仰の
事とか、メイベル達の旅の目的であるドラゴンと病の解決をどう
するのかとか。
初期の気象精霊記みたいなノリでいければ面白くできるかもです
ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イチゴ色禁区2 秋の神具の奪いかた 神崎リン 角川スニーカー文庫

いろいろ問題点はあるけど、1巻がお気に入りな話で角川の新人
のなかでは結構期待している人です。
2巻では、その問題点といいますか・・・・あまり強調しないほ
うが良い所を余計にだしてて、なんだかねぇ。
スネデレとかいう言葉を作ったりとかその辺はおいといて、亜美
とのやりとりとかコミュニケーションのやりかたを押さえ気味に
して、言葉でこちらがにやにやするような感じにしたほうが良い
とは思うんですけどね。
2巻の話としては、まぁありきたりでしたが、ちょっといろいろ
あの世界といいますか一族の役目のとこで伏線が出てきまして、
どう膨らませていくのか楽しみではあります。
中心にいた孫娘も・・・今後あの偉そうにするのがどうなるやらw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天仙物語 豊野穂稀 集英社スーパーダッシュ文庫

この作品も「戴天高校勝利部」と同様、賞はとってませんが最終
選考までのこり、そしてデビューとなった流れです。
・・・・作品の安売りはレーベルの価値を下げるだけなんですが
編集者はどう思ってるんですかね。
とりあえず、おもしろくない。キャラも、文章も。
いろんなとこが空回りしてて、滑ってばかりです。
この作品が620円という価値があると、出版・編集が本気で
思っているならちょっと別部署にでも行って考え直したほうが
いいくらいではないでしょうか。
作者にしてもあとがきを読んでも・・・おちゃらけているけど
そこがまたおもしろくなくて腹立たしく感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

戴天高校勝利部 夏希のたね 集英社スーパーダッシュ文庫

ん~・・・変な部に弱気な主人公が入って個性的な部の仲間と
困難に立ち向かう っていう話は、昨今のライトノベルの王道的
な流れになっちゃいましたが、だからこそ本当におもしろくない
と陳腐な作品として、誰の記憶にも残らない作品となります。
あとがきで書かれているのですがこの作品は作者のデビュー作で
あり、賞を取ったわけではないが、編集からの誘いで作品を出す
ことになったようです。曰く「キャラがたってるね」と。

・・・・・・そうかぁ?

今時、このくらいの作品ならそこらへんにいくらでも転がってま
すよ。キャラの魅力だけで話や文章の拙さをカバーできる程度で
さえなってないと思いますけどね。
主人公が勝利していく過程なんて、本当にお粗末な解決策ばかり
ですし、なよなよした主人公の女装だなんて同人誌のネタでしか
ないようなのをやっちゃってますし。
最後の勝負やその真相にしてもねぇ・・・・。
もう少し、いろんなとこを練りあげていけるようになれば、そこ
そこの作品を書けるようになるかもしれませんので、編集と一緒
に頑張ってほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀月のソルトレージュ ひとつめの虚言 枯野瑛 富士見ファンタジア文庫

「てくてくとぼく」を書かれた人なんですが・・・なんかこれも
同じ感じになりそうだなぁと。
「てくてくとぼく」は主人公コンビが旅立ち、続きがありそうで
でも出てないという作品でして今回もそんな感じです。
そこそこおもしろい話でしたので、惜しいんですけどね。
今作では、キャラの掛け合いとか魅力もうまく出せてますし、と
りあえず3巻程度まで出してくれれば割と評価がいい作品となる
気がします。
やはり、幼馴染たるアリスがいいですねぇ。鳶に油揚げさらわれ
そうになっててかわいそうなんですけどw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クレイジーカンガルーの夏 誼阿古 GA文庫

なんといいますか、私よりもう少し上の年代の人にとってすごく
懐かしいというような話ではないかと。
田舎というようなとこに住んでた人だとなおさらそう思うのでは
ないかな。
そして、子供と大人・近所・親戚そのへんの、微妙な関係とか
気持ちとかが、いい感じに出ています。
そういう話なので、おもしろいという感じではありませんが、
落ち着いて読める作品だと思います。
この作者の次の作品、どんなのを出してくるかが興味深いかも。
同じ方向性のは、ちょっと難しいとおもいますし、まったく違う
方向性のものを書けるか?という不安もあるような文章ですし、
さて・・・どうなんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

今年も当サイトをよろしくお願いいたします。

昨年12月は、あまり更新しておりませんが、1/17後に一気に更新いたします。

ちとNifのほうでいろいろ障害がねぇ・・・・まぁ早くなんとかしてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »