« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月 1日 (金)

ソフィアの正餐会 クラッシュ・ブレイズ 茅田砂胡 CN-Fantasia

今回は、満足行くおもしろい話でした。あの一般人になれない奴
らで、学園生活をという当初の目標だった感じでしょうか。
戦闘で強い!とか特殊能力で死んだけど二人の絆で帰ってきまし
たとかは余りにやりすぎて飽きてましたから書くならこういう路線
でいって欲しいものです。
それにしても、シェラがいいなぁ。あの説教というか怒っている
とこなんかもう、最高w
イラストでの髪の長いシェラも久々に見れて良かった。

027345080000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バタフライ5 相川有 バーズコミックス

最終巻です。
で・・・あ~なるほど、そういう話だったのか、と。
ちょっとこの最終巻で詰め込みすぎなとこはありますが、盛り上
がりはしました。
しかし・・・やっぱりアゲハは女の子でいてほしかったーー!!
地味に恋愛フラグたてまくりのあれには、むかつきもw

027238280000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PARTY1・2 阿部秀司・内田早紀 イブニングKC

2巻の表紙に惹かれて買ったんですけどね・・・ちょっと失敗
だったなぁと。
主人公の眼鏡っ娘の魅力が表現できてないといいましょうかそれ
ほど惹かれなかった。
貧乏だった女の子が実は大金持ちの血筋で~ということで始まる
話はいくらもありますし、その大金持ちのとこでの縁者が変な人
ばかりというもあるにはありますが、そのやってることとか設定
とかもうちょっと押さえ気味にして書けていれば、良かったかも。

  026803050000027239180000

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ノエルと白亜の悪夢 菊池たけし・F.E.A.R.富士見ドラゴンブック

キャンペーンも中盤を過ぎ、だんだんと物語の中心部分に迫って
きてます。ノエルの両親、特に母親の事とか神殿と神竜の事とか
いいですね。これぞファンタジーな話に。
みっしょん05はシティアドベンチャーで、しかもトランが毒に
犯されている状況での時間制限付き。話の中心はエイプリルの過
去のつながりで情報部第13班との戦闘ともなります。
シティアドベンチャーをダンジョンっぽく構築してのプレイでし
て、なかなかにおもしろいなーと。しかしまぁ・・・なんといい
ますかエイプリル格好良いですな。個人的にはカラーイラストで
のトランとノエルのあれが、いいシチュエーションでした。
みっしょん06は、あのギルドスキルのやりとりがもうw
戦略変えないのはGMの心意気ってものですけど、どうしても笑
えてしまいますw
そして・・・終盤一つの悲劇が。いや、なんといいますかね、す
ごく格好良いんですよトラン。本当に。
強大な敵に対峙し、仲間を信じて時間を稼ぐ。
GMとの言葉のやりとりや、その後の戦闘なんかも手立てをつくし
スキルを使用し・・・・ただ、最初の一手の選択が。
またノエル達も必死で、力丸さんがまた今回はいい目を出したりし
て・・・でも、ここぞのとこでGMのクリティカル。
物語的にいえば、その後のトランの元に行こうとするクリスとエイ
プリルのやりとりや、クリスが神殿と決別するところとなんかすご
く良いんですが、プレイヤーとかGMにしてみるとなんともやりき
れないでしょうねぇ。最後のとこでGMのきくたけさんが書いてお
られましたが、トランがノエル達のとこに行くか行かないかという
判断をするところ、トランの戦術一手目のミス、GMのクリティカ
ルこのうちのどれか1つでも違っていたら、こういう結果にはなら
なかったんじゃないかと。GMとしてトランがノエル達のとこに
行くだろうと思っていたのが、その前の村が取り囲まれているとい
う状況説明をしたがために、トランが村の人のために残ることを選
び、もう少しうまく誘導できなかったかとか、まぁ結果論ではあり
ますが、この辺は、それがTRPGの醍醐味であり、GMの考えど
おりやプレイヤーの思うとおり、またやり直しがきかないという部
分で緊張感が出るわけですからねぇ。
さて、次からですが、どうなるんでしょう。物語りも終盤ですし、
3人で行くのか、それとも新キャラで行くのか。こういうときは、
今回出てきたあのトランの育ての親?の人とか使っても面白いとは
思うんですが、力丸さんがねぇ・・・今回ショック受けてるので、
そう安易にするのもどうかという。まぁGMの力量の見せ所です。

027137670000

| | コメント (0) | トラックバック (1)

メイド☆マシンガン  ありや

う~ん、ちょっと評価に困りますね。
日々の日記形式といいますか、そんな語り口調でメイド喫茶に勤
める娘さんの、努力と根性の話?
最後のほうの展開は、急すぎて付いていくのが大変ですがw
日々の話に関しては、中盤から後半にかけてのメイド喫茶の裏話
みたいなとこは、おもしろいかも。店の中の動線やら接客態度や
らとまぁ、普通の喫茶店でも、お店でも当たり前のことではあり
ますが、客としてはあまり気づかないとこの事も喋ってたりで
今度行くときに気をつけてみてみるとおもしろいかもしれません。

027314200000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麗しき巡礼の姫 黄金の魔女が棲む森  麻木未穂 TOKUMA NOVELS Edge

”黄金の魔女が棲む森”では、お堅い騎士と子作りをしようとす
る主人公兼ヒロインのやりとりとかおもしろかったんで、今回は
どんな話なのかなとは思いましたが、この巻では主人公がおとな
しくその子作りのやりとり部分が無くて、また妖精っぽいのに操
られてる感じがでなんかずっと違和感がありました。
ただ、あの福隊長いいですな。会話が面白いです。お堅い騎士の
蕎麦にはああいうのがいてこそバランスが取れるというものです
ねぇ。

027306330000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダナーク魔法村はしあわせ日和 都から来た警察署長 響野夏菜 コバルト文庫

なるほど・・・まぁ割とありがちな話ではありますね。
あの署長を狙ってこれからもいろいろくるんでしょうかねぇ。
最終的に、兄代わりだったと言っていたあの人がというのがある
んでしょうけど、正直それまでおもしろい話を続けていけるのか
不安かもですね。
東京S黄尾シリーズ以前ではシリアスな話。東京S黄尾であの
ぶっとんだ話を書かれていた人が、これではどういう方向に持
っていくのか。設定とキャラだけ考えると東京S黄尾のような
のにはなりにくいかなと思うので、次巻どうなりますやら。

027231240000

| | コメント (0) | トラックバック (1)

お隣の魔法使い 不思議は二人の使い魔 篠崎砂美 GA文庫

相変わらず、ほのぼのゆったりと、隣の魔法使いツクツクさんと
メアリー嬢のちょっと変わった日常が書かれています。
それに関しては、結構楽しんでいるんですけど、ん~ちょっと
日本に由来することが多すぎかなと。まぁ、その住んでいる場所
はどこというのでもないどこかという感じですし、遠い東の国の
と言っているから雰囲気は壊してはいないんですが、やはり欧州
あたりを思い浮かべてしまうので、そこに浴衣着て蛍狩りとか
温泉とかそういうのを頻繁に出されるとどうにも・・・。
後書きで、作者がのんびりとはしてるけどいろんなとこに伏線と
かあるんですよと書かれてまして、今のとこ私はその辺全然気づ
いてないんですが、これからの展開とかで何か起きるんでしょう
かね?まぁ、何かちょっと起きてくれないと飽きてしまうくらい
の展開ではあるので期待はしたいです。

027233210000

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »