« ボクのセカイをまもるヒトex 谷川流 電撃文庫 | トップページ | いぬかみっ!11 有沢まみず 電撃文庫 »

2006年11月13日 (月)

我が家のお稲荷さま。6 柴村仁 電撃文庫

電撃hpの連載分を集めた感じでしょうか。
まぁ一つの話の完結にはなってるので違和感はないです。
そして昇のハーレムもちゃちゃくと・・・・この人は、そういう
天然な人だとはわかってはいつつも、周りに・・ねぇw
見所としては、やはりクー&コウのミニスカ姿や、コウのいじら
しく、かわいいとこですね。うむ・・・いい娘だ。

027232330000

|

« ボクのセカイをまもるヒトex 谷川流 電撃文庫 | トップページ | いぬかみっ!11 有沢まみず 電撃文庫 »

電撃文庫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/12669107

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家のお稲荷さま。6 柴村仁 電撃文庫:

» [柴村仁] 我が家のお稲荷さま。6 [booklines.net]
自分のお店(洋菓子りーぶず)にお客さんがまるで入らないと、土地神である恵比寿の元へ相談に来たのは、岩薙と名乗るツクモガミの女性だった。味はたしかなので、まずは無理やりでも客を引っ張り込んでしまえと考え...... [続きを読む]

受信: 2006年11月13日 (月) 14時30分

» 我が家のお稲荷さま。6 [読了本棚]
冬休みのある日。クーとついでに巻き込まれたコウはミニスカのコスチュームに身を包み、人助けとタダでケーキを食べる(byクー)為にケーキ屋さんの客引きをしていた。同じ頃、高上家の長男・昇は黒尽くめの人物に「やほ~」と声を賭けられて鈴ノ瀬の町を案内させられていた―..... [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 18時58分

» 電撃文庫・11月の感想3 [詠み人知らず]
■柴村 仁×放電映像『我が家のお稲荷さま。?』  ★★★☆☆ 冬休みのある日。人助けと無料ケーキを目的に、ミニスカのコスチュームに身を包み、 ケーキ屋さんの客引きをするクーとコウ。一方その頃、昇は見知らぬ黒ずくめ... [続きを読む]

受信: 2006年11月21日 (火) 23時35分

» 我が家のお稲荷さま。〈6〉 [ライトノベルっていいね]
我が家のお稲荷さま。〈6〉 著者 柴村仁 イラスト 放電映像 レーベル 電撃文庫  ライトノベルの一つの完成形かな?  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。  クリックありがとうございま... [続きを読む]

受信: 2006年12月 7日 (木) 19時33分

» 我が家のお稲荷さま。(6) [Alles ist im Wandel]
我が家のお稲荷さま。 6posted with 簡単リンクくん at 2007. 1. 6柴村 仁〔著〕メディアワークス (2006.11)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 不満点は唯一つ! 佐倉さんの出番少なすぎるよ! ちくしょう……凄く期待していたのにっ! ..... [続きを読む]

受信: 2007年1月 6日 (土) 23時58分

« ボクのセカイをまもるヒトex 谷川流 電撃文庫 | トップページ | いぬかみっ!11 有沢まみず 電撃文庫 »