« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月20日 (月)

覇者の魔剣 抗いし者たちの系譜 三浦良 富士見ファンタジア文庫

最近頻発している地震により、地中より出現した魔剣。その時に
居合わせた魔物によるとサラとおなじ魔力吸収の力があると・・・
今回も、謀略ありきの話です。まぁとはいっても謀臣とされる人
達は警戒して動きはしませんが。
サラとラジャス、また前の巻での事もあり、異能の持ち主が今まで
目立ってましたが、普通の人の活躍というか中心に話が進んでいく
ので新鮮で面白かった。ハイエルさんちょっと応援したくなりまし
たよw
いつの日か覆すために雌伏し、耐えて耐えてと思っていたのが、
ああいう結末になり、また自らが教師として育てた主君にああも
裏切られたようなことをされる心情が良くかけてました。
さて、今回の恋愛少女サラですが、うーんなんとも複雑なw
その複雑で、なんとも甘い心情を持ったサラがこのときばかりは
なんともかわいく思えてしまいます。
ラジャスは、そんなことは一切考えていませんが、相手と対等に
それ以上になろう、輝こうと切磋琢磨してる感じで、サラが強大
なうちは、他の事は目に入らないから、まあ成功してるといえば
成功してますかねぇw
さて、根本的な頻発している地震の対策うんぬんというとこで、
ほ~初代魔王なんて女性が。
な~んか、あやしい台詞をちらちら言ってるし、次巻も楽しみで
すな。

027234410000

| | コメント (0) | トラックバック (3)

Black lagoon6 広江礼威 サンデーGXコミックス

怖い教会だw
エダの無法っぷりも、あのばーさんもなんともなぁw
そして、それに喧嘩を売ってしまう形になったあのおっさんかわ
いそうに。
ロックもなんだかんだいいつつ付き合うとこが毒されてますねw
アニメで先に見てたのもあって、ちょっと新キャラとかの声が
そのまま頭で再生されました。
ん~・・・・・ばらばらにされるのはいやだなぁ

そして、きましたよ!!!
誰もが待ち望んでいた、ロベルタさん再登場です!
のっけから、あの当主の前でなんともかわいい姿を・・・・
そして、復讐の徒となってからは、やはりあのキレたロベルタさ
んの怖さがw
ロックたちのとこにも、そのことで連絡が入ってきたりで、あ~
酒場の主人・・・・・かわいそうに。
今回ロベルタさんだけかと思っていたら、新しいメイド!
しかもスパッツですよ、お兄さん。うむ・・・いいアングルだ。
さてさて、またすごい事になりそうだ。

027240270000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォーソルティアの風 藍原みつと 電撃文庫

特殊な力をもった少女、その少女と出会う主人公。
空に浮かぶ浮遊大陸、それを狙う軍、そして空賊。
なんだかなぁ、あのアニメを思い出してしまいます。
直情系主人公と勝気な少女という組み合わせも食傷気味ですし
また、最初の出会いの部分でちょっとそれはないんじゃない?と
いうとこがあったので、後が楽しめませんでした。
中盤から明らかになるSFっぽい設定内容も穴だらけですし、話
の練りがたりませんねぇ。

027232310000

| | コメント (0) | トラックバック (3)

殺×愛5 風見周 富士見ファンタジア文庫

なんとも後味の悪い方向に密がふらふらと行ってしまいましたね。
途中での高天原先輩の説得のとこは、なんか台詞とか立ち直り方
がすごく読んでて恥ずかしかった。
そして「あの人」のためにと想いを否定していたのを認めてサク
ヤに素直に向かいあう密も、個人的な感想からすれば、あの人へ
の思いを貫いて欲しかったと思ったりしました。
その意気消沈している密を元気付けようとして旅行に誘った来夏
とのやりとり・・・・その時に街で起こっていることが読者には
解ってますから、なんとももどかしいし、またしっかりとしない
密に苛立ちが募ります。
高天原先輩や、同級生達、そして・・・・あの!あの!

にゃみちゃんまで!

一番のお気に入りキャラだったのに~~~~
うう、怒涛の展開でひきとなっていて・・・さてどうなりますやら

027137590000

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月13日 (月)

いぬかみっ!11 有沢まみず 電撃文庫

薫探しが話の根底にありまして、序盤その事でいろいろあります。
まぁでも、久々にあの犬神達のやり取りが見れて、良かったです
ねぇ。前巻の漫画部分の説明もありますがw
そういう薫の犬神達と別に、啓太側は、作中でもたゆねが言って
いたように啓太がもててますね・・・・ええ、まったく。
誤解ではありますが、仮名さんにまでw
ともはねと、カヲルの妹対決(?)や、
先に、啓太のとこにもどっていた、フラノとてんそう。この二人
も、ここにきてキャラ立てがなんとも。フラノは乳だしますし
てんそうは・・・そうですかそんなあざとい。だがそれがいい!
フラノなんかは、啓太と割といいコンビになりそうですね。話相
手として啓太も結構お気に入りになっているみたいですし。
そして・・・なでしこが。うーん、薫一筋だからこそここまでと
いうのがあり、又、前の騒動のときから一番怖い犬神となってま
すね。しかし、薫が帰ってきた後、他の犬神とうまくやっていけ
るのかなぁ。ごきょうやとかは特に警戒してまともに話せるよう
になるまで時間かかりそうだけど。

027232260000

| | コメント (0) | トラックバック (3)

我が家のお稲荷さま。6 柴村仁 電撃文庫

電撃hpの連載分を集めた感じでしょうか。
まぁ一つの話の完結にはなってるので違和感はないです。
そして昇のハーレムもちゃちゃくと・・・・この人は、そういう
天然な人だとはわかってはいつつも、周りに・・ねぇw
見所としては、やはりクー&コウのミニスカ姿や、コウのいじら
しく、かわいいとこですね。うむ・・・いい娘だ。

027232330000

| | コメント (0) | トラックバック (5)

ボクのセカイをまもるヒトex 谷川流 電撃文庫

この巻は、脇役達を中心に話が進んでいます。
その中でも、やはり石丸くんでしょうかねぇ・・・可哀想なのか
格好良いのか判断に悩みますがw
そして、委員長・・・あなたはそんな妄想の人だったのですか!w
いい味だしてるのは確かです。
あと天使がやっとお目見えですね。ただ、主要人物の前には出て
きてはいないので、本編ではまだ出番はなさそうです。
見所としては、個人的に一押しなメイドの人のラウンドガール姿
とか、きわどい水着姿とかですね。うむ、あの人の胸はいい!

さて、2巻まででいろいろ推察してた事なのですが、この巻で少
し意見を変えないといけないかな。勘ぐったりしてた部分は、た
だ単に、そういう読者とのやり取りを意識した描き方をしただけ
で他に意味もなさそうですねぇ。
そうなりますと、個人的にあの手法といいますか書き方はどうに
も好きになれません。また、元々本編自体は面白くないと思って
ますので・・・・うーん、読み続けるかどうか悩むとこですね。

027232320000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

みなみけ+今日の5の2桜場キャラファンBOOK 桜場コハル KCデラックス

みなみけと、今日の5の2のキャラファンブック・・・そのまま
ですねw
でも、これでいろいろ見分けにくい、みなみけのキャラを整理で
きるかも。3姉妹の周りのキャラ配置も載ってますし。
それにしても・・・・今日の5の2はいい作品でした。
特にあの、体重計乗るのに脱いだあの眼鏡っ娘がーーーー!

027238610000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みなみけ3 桜場コハル ヤングマガジンKCスペシャル

また人が増えて・・・本当に誰が誰やらわからなくなってきた。
高校生・中学生・小学生の描きわけができてないので、判断がし
にくいったら。
それ以外では、あいかわらずのなんともいいようのない微エロさ
が、たまりません。
特に、マコトがコタツに隠れてるとこなんて想像したらもう!!
あの中の匂いとか、、カナのあけっぴろげなパンツとか、トウマ
のエロっぽい反応とか、たまりません。
新キャラのトウマと藤岡の仲睦まじい光景とか今まで自分がいた
ポジションをトウマにとられて、嫉妬しているチアキがかわいい
です。
あと、ハルカになんというか、男の・・・・むむ、これは一大事
ですぞ。しかも微妙にツンデレ風味ですね。

027238510000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

助けて秋吉くん! 関野帆乃佳の場合 不破 悠 HJ文庫

主要キャラと大筋のストーリーについては、良くも悪くも既存の
作品によくある話ですが、それにしても文体・表現・言動などが
ここまで面白くなくすように書けるとは思いませんでした。
それにこの手の話的に普通はもう少し幽霊と実体との対比をして
同じ二人ということで扱うものなんですが、あまりに幽霊のほの
かに比重を置きすぎな感がありますね。
実体の帆乃佳の扱いがどうにも・・・これ嫌われると思うんです
けどねぇ。
それ以外の部分でも作品をよりおもしろくなく読む気をなくさせ
るようなことが多々あります。
特に作中のでてくるアニメである”グレンダム”です
これのことに関するうんちくとか描写や説明が多すぎです。
HJはホビージャパンが母体であることは周知の事でり、作品も
そういう分野のことを出すのは理解も出来ますし、だからこそ
HJ文庫の魅力となる部分ではあると思いますが、やり方や程度
ってもんを考えなさいと言いたい。あの量の露出、またその作品
についてキャラがいろいろ言ってる部分など読者側が共感したり
することなんでできません。むしろ痛い目で見ることになります。
主人公もその”グレンダム”のプラモデルと作るのが趣味で学校
にも持ってきて休み時間や授業中にまで作ってたりしてるのです
が・・・・いや、それ周囲がどう見るかなんて、普通理解できる
と思うんですけどね。
作者は自称高校生だそうで、高校生だったらこの程度の出来でも
仕方ないかみたいに済ませてもらえるとでも編集共々思ったんで
しょうか。それともこの作品の出来はそれほど良くなくてもこの
作者は将来面白いものを書けるという要素がどこかあったんで
しょうか?
私の個人的な意見では作品自体の出来も発売できるようなもので
はないですし、面白いものをかけそうな要素も見当たりません。

027138430000

| | コメント (0) | トラックバック (3)

王子に捧げる竜退治 野梨原花南 コバルト文庫

主人公の貧乏貴族の娘ドリーがなんともいじらしくも格好良いで
すね。
同作者人気のシリーズだった”ちょー”シリーズからも、スマー
トやら魔王やらがでてきてますし、ちょっとにやりとするやり取
りも合ったりで楽しめます。
物語の全体的な雰囲気といいますか流れがその”ちょー”シリー
ズの後半にあった獣耳の娘が冒険する巻があるのですが、それと
似通った感じもします。あれも、こういう風に不幸な娘さんがい
ろんな人と出会って、いろんな事を経験し、成長していく話なの
で、好きでした。
ただ、それはいいんですが、恋愛部分に関しては、ちょいとねぇ。
前半の王子に対する反発がある分、成長したドリーがあっさりと
許してくっつくのもなんだかなぁと。

027231220000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

薔薇のマリア6 BLOODRED SINGROOVE 十文字青 角川スニーカー文庫

今回もまた、なんともグロくてどうしようもない世界の話になっ
ちゃってますな。
それにしても、贄の住人を書いているときの文というのが本当に
生き生きとまぁw
やっとzooのメンバー。ジョーカーも含めて勢ぞろいしますが
みんなすごいなぁ・・・そのなかでも一番は、あれですな・・・
髭のすごさがwみんな筋肉で解決してますねぇ・・・・。
ジョーカーも強くて、トマトクンと髭とためをはれるようなんて
人間の枠から外れてますよw
そして・・・今回 ノリつっこみも自虐的ギャグも戦闘でも冴え
に冴えていた彼が・・・・えっと 嘘・・・嘘ですよね?
途中でマリアと買い食いしているシーンでのやり取りなんかすご
く良かったのに。みんなからもいろいろ白い目で見られるときも
多々ありますが、仲間の事一番気にしているのはZOOのメンバー
の中では一番だったとも思うんですけどねぇ・・・・うう最後の
シーンは涙が(TT

027231370000

| | コメント (0) | トラックバック (2)

円環少女4 よるべなき鉄槌 長谷敏司 角川スニーカー文庫

まったくこの人は・・・・ロリ、姉、巨乳、不思議娘ときて妹ま
で属性に入れてしまいますか。
しかも、この巻。地味ですが存在感があるのがメイゼルの同級生
にして優等生な委員長の眼鏡っ娘 寒川紀子ですね。
ああ思うきずなもどうかとは思いますが、まぁメイゼルが言って
るように、先天的マゾヒストというのは・・・彼女みたいなのを
いうんでしょうw
そして、ハウゼンの仕掛けた計略やら、神のためだけであった
神音体系の上級騎士エレオノールと新しい神音体系の部隊に入っ
たリュリュ達との断絶といい、また波乱が。
なかなか飽きない手法でネタを提供して話を作ってくれます。
今回メイゼルの戦闘というのがなかったので次巻でまた見れると
いいですね。

027231390000

| | コメント (0) | トラックバック (5)

ストーンヒートクレイジー 三上康明 集英社スーパーダッシュ文庫

なんともしっくりこない話ですな。
主人公の熱血馬鹿さ加減とか、わけありで転がり込んで住み込ん
でいる友達とか、初っ端に知り合う娘とかはまぁ構成要素として
はいいんですが、それを繋げている話がぐだぐだでどうにもねぇ。
主人公は、嫌ってたけどすごい才能持ってるなんて話もなんか
ぱっとしませんし。特に初っ端に出会った娘がいろいろ立ち回る
言動力になる理由とか、主人公に説教っぽく言うせりふとかの根
拠になる部分とかどうにも、弱すぎですしね。
最後 友達を迎えに行くシーンにしても、あれの性別が動向なん
てたいした理由もないし、そもそもそんなに本編で活躍も何もし
てないのに、最後にヒロインの座もっていかれたーと思うような
感じですし・・・まぁ、精進していい話を書けるようになっても
らいたいものです。

027243460000

| | コメント (0) | トラックバック (3)

デトロイト・メタル・シティ2 若杉公徳 ジェッツコミックス

ゴー、トゥ、DMC! ゴー、トゥ、DMC!
2巻もさらに暴走しているクラウザーさんでして、もうこれは
感想を書いて伝わるようなものではない。
買え!親をSATUGAIしてでも買うんだ!

しかし・・・クラウザーさんも相当なものだとは思うけどそれよ
り狂ってるのがやはりカミュと社長ですな。
特に消火活動が終わるまでずっとドラムたたき続けてるカミュは
絶対おかしいよ!

027144250000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

機工魔術士12 河内和泉 ガンガンWINGコミックス

北斗と晴彦を別空間に逃がして対峙しているベルとカリオストロ
というとこで、前巻の引きでしたが、そのベルが表紙です。
うむ・・・・表紙も本編中でもいいね。

この下乳が!!

カリオストロと途中で出てきたパルケラススとの戦闘とか、パル
ケラススに忠告された後のユウカナリアの心情とかはるひこ対す
る言動とか、見所はいっぱいあるのですが、そのへん全部この
けしからん下乳の前に霞んでます。
そして、弟を探すために契約をした北斗のねーちんこと香子の
パワルフコンビ誕生がまたおもしろい。
ねーちん小さいのに、胸結構大きいんですよね・・・・

027145670000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

E’S14 結賀さとる ガンガンファンタジーコミックス

戒 覚醒。
まぁ、それでしょうか。いろんな事が解り、あちこちガルドを
中心に事態が急速に動き始めてます。
この話のずっとなぞであった光流と戒の過去とかも。
この巻の表紙はマリアと勇基なんですが、本編中でもなんかいい
感じで、特に勇基がマリアの事をいろいろ気にかけたりしてとこ
は、にやにやとしてしまいます。
そして、明日香は戒を探していろいろと・・・このお嬢さんも
行動力が勇基と同じくらいやっぱありますなぁ。
マキシムやら、アシュラム側の意図ももう少しで明らかになりま
すし次巻楽しみです。

027145640000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ZOMBIE-LOAN7 PEACH-PIT ガンガンファンタジーコミックス

閉じ込められてしまった、両チームですが、いきなり仲間割れと
いいますか、戦ってますなぁ。そして久しぶりにヨミが登場。
どんどんと追い詰められていくのに、さらにチカに同族食いの
症状がでて、それを解決しに行く途中でもまた・・・・。
まぁ、なんとかそこで反撃に出ちゃいますが。みちる活躍ですな。
そして、脱出しようとしているメンバーでもいろいろと、問題が
でて・・・うむこういう熱い展開はいいですね。

027145650000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まじかるストロベリィ4 まつもと剛志 ジェッツコミックス

相変わらず苦労人のニコたんですな。
その御主人たる日夏は光太の家に招待されて、まぁなんともいい
雰囲気ですな。早くくっつけばいいのにと思いますなぁ。
そして、後半には新しい妖精が登場。ニコとは別の意味で苦労人
の金髪キャラで・・・・あ~、頑張ってねとw
それにしても、なんですか。日夏&ニコのコンビはほんとにいい
ですな。

027144290000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

○本の住人1 kashmir まんがタイムKRコミックス

変でオタクな兄を持つ苦労人の小学4年生の眼鏡っ娘妹がなんとも
よいです。
その妹の同級生達もまぁ、変わったのばかりで、特にハーフの
金髪ツインテール娘がなんともパワフルでおかしくてw
サッカーねたでの「@@くん ふっとんだー!」とか笑いました。
兄の編集さんは普通の人っぽくて、時々ほろりとさせてくれるよ
うな人なんですが、まぁあの兄の編集やっているうちに本の感性
はどうにも変に染まっていったみたいですなw

027146450000

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »