« 狼と香辛料3 支倉凍砂 電撃文庫 | トップページ | 付喪堂骨董店 “不思議”取り扱います 御堂彰彦 電撃文庫 »

2006年10月13日 (金)

彼女は帰星子女4 上野遊 電撃文庫

ま、大団円ですね。
出て行った絹を想っての心情や、行動の描写とか立ち直る過程と
か、良かったと思います。やっぱり友情をからめての話を混ぜて
欲しいのはありますしね。
終盤での、奪還作戦とそのどたばたでの互いの行動とかも定番と
はいえ良い感じだったと思います。
ただ私個人としては、絹をそんなに好きではないんですよね。
また、対抗馬としての幼馴染の娘も絹よりは良かったんですけど
途中でのいろんな事でなんとも魅力がなくなった感がありまして
恋愛円内の対象外にいる眼鏡っ娘が一番良かったなと。
その上で、絹を想って落ち込んだりしている主人公を冷めた感じ
で見ることしか出来なくて楽しめなかった。文とかその辺を見て
うまく書けてるかなと思ってはいますが、楽しかったかと言われ
ると個人的には否と言うしかないです。

027186380000

|

« 狼と香辛料3 支倉凍砂 電撃文庫 | トップページ | 付喪堂骨董店 “不思議”取り扱います 御堂彰彦 電撃文庫 »

電撃文庫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/12264206

この記事へのトラックバック一覧です: 彼女は帰星子女4 上野遊 電撃文庫:

» [上野遊] 彼女は帰星子女4 [booklines.net]
二週間ほど入院していた望が、やっといつもの生活に戻れると思った矢先に、姉から聴かされた言葉は残酷なものだった。 「……出て行ったわ」 前の日に交わした他愛も無い会話を最後に、絹は芹沢家を出て行ったのだ...... [続きを読む]

受信: 2006年10月13日 (金) 12時08分

» 彼女は帰星子女(4) [Alles ist im Wandel]
シリーズの中での最終巻、としてみると十二分におもしろかったのですが、 これ一冊だけで見るとちょっと盛り上がりに欠けるかな、という印象。 [続きを読む]

受信: 2006年10月13日 (金) 12時34分

« 狼と香辛料3 支倉凍砂 電撃文庫 | トップページ | 付喪堂骨董店 “不思議”取り扱います 御堂彰彦 電撃文庫 »