« 疾走する思春期のパラベラム 深見真 ファミ通文庫 | トップページ | マリア様がみてる 大きな扉小さな鍵 今野緒雪 コバルト文庫 »

2006年10月 7日 (土)

ねじまき博士と謎のゴースト 樹川さとみ コバルト文庫

短編集っぽい流れでいくつかのエピソードが書かれています。
そのなかでも、エスメラルダが家に滞在している時の話が好きで
すね。なんといってもリーがかわいい。そしてそれを見た博士の
態度が・・・・博士のほうが子供ですなぁw
さて、これからどんな風に話を進めるのか、ですね。日記のよう
にただつらつらと毎日の話にしていくのか、リーの親探しとかを
はさんでいくのか。楽しみです。

027136000000

|

« 疾走する思春期のパラベラム 深見真 ファミ通文庫 | トップページ | マリア様がみてる 大きな扉小さな鍵 今野緒雪 コバルト文庫 »

コバルト文庫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/12178765

この記事へのトラックバック一覧です: ねじまき博士と謎のゴースト 樹川さとみ コバルト文庫:

» ねじまき博士と謎のゴースト [Alles ist im Wandel]
博士もリーもどちらも可愛すぎる。 特に四章終盤からの二人のやりとりはにやにやが止まらない。 なんだかんだで仲のいい二人め。 [続きを読む]

受信: 2006年10月15日 (日) 03時04分

» ねじまき博士と謎のゴースト/樹川さとみ [ラノベ365日]
ねじまき博士と謎のゴースト樹川 さとみ 集英社 2006-10by G-Tools 【リーのために雇った家庭教師メアリー。“動物に育てられた”というリーの自己紹介に面食らった彼女は、他にも多くの謎を持つアレックス邸に不気味さを覚えてしまい・・・】 きみひとりを死なせるぐらいな..... [続きを読む]

受信: 2006年10月21日 (土) 03時13分

« 疾走する思春期のパラベラム 深見真 ファミ通文庫 | トップページ | マリア様がみてる 大きな扉小さな鍵 今野緒雪 コバルト文庫 »