« 暗闇にヤギを探して 穂史賀雅也 MF文庫 | トップページ | ナポレオン6 長谷川哲也 少年画報コミックス »

2006年10月 1日 (日)

黄色い花の紅 アサウラ 集英社スーパーダッシュ文庫

第5回スーパーダッシュ文庫小説新人賞 大賞受賞作です。
表紙と、中カラーイラストで紅花が主人公だと認識して読み始め
ると、その紅花よりも白石奈美恵のほうがいかにも主人公っぽく
活躍していて紅花は、ただ守られるだけという流れだったので
あれれ?と思ってたんすが、なるほど中盤からの紅花の成長話で
あり、序盤で奈美恵が言っていた事と最後での紅花の成長後に
寂しさを感じている事で、表の主役と影の主役という対比もうま
く書けています。
そして、この本は銃が好きな人には結構たまらない話ではないか
と思います。いろいろ知らないと解らない単語だらけでそこを不
満に思う人もいるでしょうがw
そして、紅花の銃選びのくだりでは・・・うむ、憧れの人と同じ
ものを持つというのは、定番ながらも熱くなりますね。
脇を固める人々も、最初から奈美恵や紅花を導く先輩であり、兄
であるような黒田。また、奈美恵の親友であるあづみなど魅力あ
るキャラが、紅花を通してみた時に非常に味のある存在となって
います。特に・・・・あづみさんの百合っぷりにちょっとw
ただ、その分敵方の存在が見えて無く、また途中で余計な存在ま
で絡んできたためにあいまいになってしまっています。
まぁ、そこは紅花の成長話という見方をすればあの程度がちょうど
いい感じであり、そこよりも最後の父親との対決というのを重要
に見せている事で良しとするのでしょう。
あとがきでのエピソードはちょっと笑ってしまいました。
こういうことが出来る人なんだから、コミカルな話を書かせても
いけそうですね。

027134830000

|

« 暗闇にヤギを探して 穂史賀雅也 MF文庫 | トップページ | ナポレオン6 長谷川哲也 少年画報コミックス »

集英社スーパーダッシュ文庫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/12110750

この記事へのトラックバック一覧です: 黄色い花の紅 アサウラ 集英社スーパーダッシュ文庫:

» [アサウラ] 黄色い花の紅 [booklines.net]
府津羅組の一人娘である紅花が狙われていると言う連絡を受けて、便利屋の工藤商会の一員である奈美恵は、抗争場へと向かった。無事合流する事ができたものの相手の数が多く、銃撃戦となっては勝ち目がない。逃げるた...... [続きを読む]

受信: 2006年10月 1日 (日) 20時03分

» 黄色い花の紅 [Alles ist im Wandel]
伏線を張り巡らせて意外な展開で驚かせる、というおもしろさは無いが、 スムーズにストーリーを追わせ、その成長を楽しませるという点で非常に秀逸。 [続きを読む]

受信: 2006年10月 2日 (月) 01時42分

« 暗闇にヤギを探して 穂史賀雅也 MF文庫 | トップページ | ナポレオン6 長谷川哲也 少年画報コミックス »