« クジラのソラ01 瀬尾つかさ 富士見ファンタジア文庫 | トップページ | 黄色い花の紅 アサウラ 集英社スーパーダッシュ文庫 »

2006年9月28日 (木)

暗闇にヤギを探して 穂史賀雅也 MF文庫

序盤、主人公の周りの家族や友達が出てきて、ノートを食べられ
た”ヤギ”さんとの不思議な文通(?)をやってるとこから、中盤
にかけては、まぁ良かった。
やさしくてチョット変な物好きの甘甘お姉さんや、着ぐるみが
普段着のツンツン幼馴染。そして、生徒会長。
この辺のキャラが、なんといいますかキャラ小説として定番では
ありますが、イラストの雰囲気も手伝って魅力があったのですが
終盤、いきなりあんな展開で終わられたのではどうしようもない
だろう。
終盤手前で、幼馴染の嫉妬とか、それに対する先輩の諦観じみた
羨望とかといいねたが転がってるのを全部放ってああいう風にま
とめてしまったのは、ラスト付近ので作者が書く気が失せたとか
締切りがとか、そんなので駆け足にそうしたとかそんなふうに
邪推してしまいます。
あと、まぁ精神的な病気と、自称妖怪を比べるのはどうかとは
思いますが、同じように紙といいますか、書いてある物語しか
味わえない少女がでてくる野村美月著の”文学少女”シリーズ
がありまして、それは非常に出来が良く、また先に出している
こともあって、今こういうのを読むと、なんか似てるから嫌だ
なと思えてしまうのもありますね。
とりあえず、最後までちゃんと盛り上げて書けるようになって
ほしいものです。

027130340000

|

« クジラのソラ01 瀬尾つかさ 富士見ファンタジア文庫 | トップページ | 黄色い花の紅 アサウラ 集英社スーパーダッシュ文庫 »

MF文庫」カテゴリの記事

コメント

ども、こちらでは初投降ですねー。
さて、私も貴重な暇を費やしてこの本、読んでみたのですが・・・・・・いやあ、なんというか、ほぼねれさんと同じ感想になってしまいましたねぇ。
前半の落ち着いていて、ほのぼのっぽくて、そこはかとなく緊張感もありそうな雰囲気は良かったのに・・・
あと、これも指摘の通りですが、類似ネタを使って遥かに出来のいい小説が選考してたのは、確かに不運ではありますね・・・

投稿: まつちよ | 2006年10月 5日 (木) 22時37分

お、こちらではお初でw
終盤の展開によってはそれなりに面白い作品になりそうだったので、まぁ残念ですね

投稿: ねれ | 2006年10月 6日 (金) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138219/12067790

この記事へのトラックバック一覧です: 暗闇にヤギを探して 穂史賀雅也 MF文庫:

» [穂史賀雅也] 暗闇にヤギを探して [booklines.net]
草加合人のノートが破れられいた。いったい誰がと思ったら机の中に手紙が入っていた。 「ごめんなさい。おいしかったです」 ということは、手紙の主が食べたということだろうか。まるでヤギのようだ。 変な気分だ...... [続きを読む]

受信: 2006年9月28日 (木) 08時47分

» 暗闇にヤギを探して [Alles ist im Wandel]
ラストのぶった切りには少々物足りなさを感じますが、 余韻を与えるという意味ではこれはこれでアリかな、と。 [続きを読む]

受信: 2006年9月29日 (金) 01時29分

» 暗闇にヤギを探して [積み本倉庫]
◎ 暗闇にヤギを探して        (著・穂史賀雅也 / イラスト・シコルスキー / 集英社SD文庫)   MFの第2回ライトノベル新人賞"優秀賞"受賞作ですね。 うん、面白かったです! 何とも言えない... [続きを読む]

受信: 2006年9月30日 (土) 00時12分

» 風子がアルルゥに見えるのは僕だけですか【暗闇にヤギを探して】 [ラノベなPSP]
[http://www.bk1.co.jp/product/2713034 暗闇にヤギを探して] 紙を食べる女の子という、なかなかに目新しい設定で面白かった。 また、そういう突飛な設定をほのぼのとした(どっちかっていうとありがちな)ラブコメで包むことで、読み手に受け入れやすくしているようで、さらに好感を持てた。 キャラクターに関しても、物語の雰囲気とイラストがマッチしていて個人的にはツボでした。 &#..... [続きを読む]

受信: 2006年10月 4日 (水) 14時07分

» 暗闇にヤギを探して/著:穂史賀雅也【MF文庫J】 [字遊室]
 やっぱり小説は面白いなーと思ったわけです。  タイトルがネタそのものになってるのでキャラについてはあまり触れられないのですが。だからちょっとしたあらすじも言えない、みたいな? まあ、ヤギさんっていう人間がいて、その人が主人公の文字が書いてある紙を食べてしまうのですよ。あれ? だれかなだれかな、と話は進んでいくわけです。  正直強引なところが複数あり、そこは不満でした。生徒会長の食事状況にしてもそう。最後の猫にしてもそう。着ぐるみ少女にしてもそう。終わり方にしてもそう。  ほかはま... [続きを読む]

受信: 2006年10月16日 (月) 17時33分

« クジラのソラ01 瀬尾つかさ 富士見ファンタジア文庫 | トップページ | 黄色い花の紅 アサウラ 集英社スーパーダッシュ文庫 »