« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月27日 (木)

天使のレシピ 御伽枕

いくつかの恋愛話が集まった・・・と言えばいいんでしょうか。それだけならまだ読めたのかもしれませんが、そこにちょっと不思議要素を加えて出来を悪くしたのがこの本の内容となっています。

まぁ、一緒にするなといわれるかもしれませんが、死神のバラッドを悪い方向に捻じ曲げたようなものを想像していただけると良いかと。

恋愛のかけらっぽいものを落としたから・・・云々という理由付けで恋愛している二人にへんなことがおきていく(いる)のですが、その話の内容がどうにも収まりが悪いというか、おもしろくない。不思議要素を付け加えたらなんでもいいというわけではないでしょうに。

026581350000_3 電撃文庫

 天使のレシピ

 御伽枕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いぬかみっ! 9 ハッピー・ホップ・ステップ・ジャンプ! 有沢 まみず

9巻とはなってますが、短編をあつめた外伝です。

本編がああいう終わり方をしてるので、この巻でのお気楽な部分は懐かしくも、なんかちょっと釈然としない部分も有る複雑な感じでした。

思えば、このシリーズも1巻を読んだときは、私だいぶ辛い評価をしたものです。

ようこが主人公を一方的にやっつけてしまってて、また主人公もどこがかっこいいのがわからなくて、どうにも面白く思えなかったんです。

それが2巻以降、心のオアシスてきななでしことか、かわいいともはねとかでてきて、またちょっと主人公のかっこいいとこも見ることが出来て楽しむことが出来ました。

これからも短編とか出していくのなら、その中の一つくらいは書き下ろしで、主人公のかっこいい話とかも載せて欲しいものです。

026581350000_1 電撃文庫

 いぬかみっ! 9 ハッピー・ホップ・ステップ・ジャンプ!

 有沢 まみず

| | コメント (0) | トラックバック (1)

マルタ・サギーは探偵ですか? a collection of s.2 野梨原花南

短編集の第2弾です。

探偵Mとドクトル・バーチでの二人と、マルタとマリアンナとしての二人。

この退避がこの短編集ではよくでてるかも。

特に、デートに誘われてほほを染めるマリアンナとかがもうたまりません。

そんなマリアンナを心配する周りの関係者達の反応がw

そして今回もジョセフ犬は、かわいいです。

 

026581350000 富士見ミステリー文庫

 マルタ・サギーは探偵ですか? a collection of s.2

 野梨原花南

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

ファントム 本田透 規格・監修

026689680000_s ファントム 本田透 規格・監修

 大人向けの萌え・ライトノベル雑誌

 コラム・対談等

 

 

さて、この本というか雑誌なのですが、「電波男」を書いた
本田透が企画し大人向けのライトノベルと萌えに焦点をおいた
コラム等を掲載した雑誌です。

この勘違い野郎どっかいけば?

この雑誌に載ったライトノベルとは名ばかりの駄文は、
本田透が言うような筋に沿ってるんでしょう。
キモオタが馬鹿にされ社会から唾棄される+エロ+その結果
2次元にしか理想はないですよというのばかりで、またそれを
文章力も何もないのが書くわけですから、当然、駄文ばかり
となります。
ポピュラーな、メイド・ネコミミ、ゲームとかアニメ・漫画で
流行った言葉や2ちゃんねるの言葉。そういうのを詰め込めば
いけるよ、いけるとでも言ったんじゃないでしょうか。
見事にはずしてどうしようもなくなってます。

例えばですが、掲載されている一つにメイド喫茶がでてきて、
そこで主人公が「オレンジペコ」と頼みます。そして、それを
持ってきたメイドが勘違い発言をした主人公に「オレンジペ
コって~」と薀蓄を語るんですが、まさにそれがわかってない
発言でして。
まず、オレンジペコっていうものについてですが、これは紅茶。
しかも、同じ名前で意味というか物が全く違います。
紅茶のことをあまり知らない人が思い浮かべるのは、トワイニ
ングというメーカーのオレンジペコというブレンド茶であり、
本当の意味でのオレンジペコというのは葉の形状または等級を
指します。
上から

TGFOP
GFOP
FOP
OP

このような等級があり、なにもつかないのがオレンジ・ペコー
となります
また形状をあらわすのが

OP
BOP(ブロークン・オレンジ・ペコー)

でOPを細かくしたのがBOPとなります。
OPもBOPも等級的には何も差がないのでTGFBOPなんか
ももちろんあります。
あと形状ではD(ダスト)・F(ファニングス)のティーバッグ
に使用してるすごく細かくしたものもあります。
一般的にDやFまでいくのはあまり質のいい紅茶じゃないものです。
長くなりましたけど、このへんの知識を踏まえてその駄文を読む
と如何に的外れなことを言ってるのかがわかります。

「柑橘系の香りが~」という主人公に対して、「オレンジペコ
って葉の等級のことなんです」と答えて、そのあとちょっとした
名称の説明をしてるんですが、そもそもの問題として紅茶を葉の
等級のみを指して頼むことはまずありえません。
ダージリンのOP・アッサムのOP・ディンブラのBOPという
頼み方ならまだ理解できますが。
ちょっと知ってるということで使おうとして、現実にありあえない
事になって失敗してるようなのを書かせてるから、余計ライト
ノベルというジャンルがだめになっていくのを理解して欲しいも
のです。

最近はそういうことをまともに出来ない編集者が増えたというか
レーベルが増えて低俗な編集者ばかりになってそんな状況に
陥ってしまってます。
ただでさえそんな状況なのに、まともに編集も出来ないような
この本田なんてのを頭にすえて監修なんて無理に決まってます。
さて、そのなかでまともに読めたのは、山本弘「地獄はここに」
神野オキナ「絶対安全ミカサ荘」・木之本みけ「ネコミミリア」の
3本くらい。さすがに曲がりなりにも商業作家としてある程度書い
てる2人は大丈夫でした。コラムと対談では倉田英之との話は割と
おもしろかったですが、みさくらなんこつとの対談は・・・痛々しい。
こんなのに人が集まって雑誌を出せたよなぁと感心はします。

上でも書いてますが、掲載されている小説を読むと主人公(主人公格)
は必ずキモオタとかオタと周りから評されてる人物で、そして、その
彼らの言うことは萌え=エロ(SEX)の事ばかり。
2次元のほうがいいよと言いながら、現実に対するものすごい憧れと
こだわりをもってる、この本田という人物のまさに妄執が固まった
オナニー雑誌です。
彼の考える大人のライトノベルっていう定義は、エロが中心になるみ
たいですね。
その上で、それを体験できないキモオタの主人公を書く・・・・と。
萌え=エロなんて、少なくとも、あの世界をわかっている人ならまず
やらない似て否なるものである。
そのこだわりを一般人が理解できないからマスコミとか一般雑誌がやる
萌えとかの勘違い特集とかに現れてるんですがねぇ。
少なくとも、こんな雑誌の中で紹介されたものなんて買いませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

準抱き枕

060405_21590001_1 表面

 

 

 

 

060405_21570001  特典テレカ

 

 

はぴねす!準抱き枕 届きました~

いやはや、長い2ヶ月だった。

で、実物の手触りなのですが・・・・ふむ、なるほどモフモフしてると言うか良い手触り。

!こ、これがスク水素材というやつか!?

これで、また部屋のスペースが・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マリア様がみてる くもりガラスの向こう側 今野緒雪

026461310000_2 コバルト文庫

 マリア様がみてる くもりガラスの向こう側

 今野緒雪

 

 

「だから。いいのよ、私は」

この一言じゃないでしょうか。瞳子に振られた祐巳を気遣う周囲に遠くから見守ってるように言う祥子様が、正月に祐巳と薔薇達、そして瞳子を小笠原邸に呼ぶことをしたときに言った「私はあなたのお姉さまだから」「だから。いいのよ、私は」。なんかこういうのを見ちゃうとほんと良い姉妹になったなぁと思うわけで。

ただ、個人的な意見と言うか感想として、これ以上引っ張ると、瞳子と祐巳とのからみとかがなくなって寂しい気がするのと、そろそろ祥子様の卒業が控えてるので、そっちを盛り上げてほしいというのもあるので、次くらいで収めてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彩雲国物語 藍より出でて青 雪乃紗衣

026461310000_1 角川ビーンズ文庫

 彩雲国物語 藍より出でて青

 雪乃紗衣

 

 

新作書下ろしを含めた短編を収めた外伝です。

この外伝で異彩を放つのはやはり藍龍蓮でしょう。

ただその奇天烈な行動と言動の中にある影月と秀麗に対する友情がこの巻でけっこう感じられます。

そして、「初恋成就大奔走!」での、秀麗・春姫・柴凛達の恋模様と言うかなんというか・・・いろいろ想う話じゃないかと。

そして書き下ろしの「心の友へ藍を込めて」は、茶州をさる直前の秀麗達の話で、これはちょっとほろりとくるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レディ・ガンナーと二人の皇子 下 茅田砂胡

026461310000 角川スニーカー文庫

 レディ・ガンナーと二人の皇子 下

 茅田砂胡

 

 

相変わらず、こういう女性感というかなんというか・・・ちょっといい加減にすれば?と

だからといって、憎まれ役側の認識に賛成と言うわけではないですが。

そして、いつもの調子でいつもの流れに。

お父さん・・・・苦労しますねw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

円環少女3 煉獄の虚神 長谷 敏司

026578920000_2 角川スニーカー文庫

 円環少女 3 煉獄の虚神

 長谷 敏司

 

 

とうとう認めたな!このロリコン!

と思わず言ってしまった話ですw

前巻の引きがあんな風にメイゼルが出て行ったので、どうなるかな~と思ってましたが、なんかよけいに甘くなっただけという感じに流れていきましたw

そして作者の趣味ではいった水着シーン・・・ふっ、ぺたにはぺたの良いとこがあるのですよ。

いろいろ陰謀というか殺伐とした世界で、頑張って欲しい二人です。

そして・・・・最後はかっこよくしめたあの御仁!惚れたw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薔薇のマリア 5 SEASIDE BLOODEDGE 十文字 青

026578920000_1 角川スニーカー文庫

 薔薇のマリア 5 SEASIDE BLOODEDGE

 十文字 青

 

 

新章プロローグといったとこでしょうか。

舞台が、サンランド無統治王国の首都エルデンからジェードリに。

そして、この巻では主人公側があまりでてこない。ジェードリ内の抗争イタリアンマフィアっぽいのとイカレタ宗教との戦いがメインとなってます。

マリア一行の動きは・・・あ~まぁ彼女の寝起きがかわいいとw

次巻からどんな話になるやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »