« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年11月28日 (月)

封仙娘娘追宝録 刃を砕く復讐者 下 ろくごまるに

026043820000 富士見ファンタジア文庫

 封仙娘娘追宝録 刃を砕く復讐者 下

 ろくごまるに

 

 

待ち望んでいた新刊がやっとでましたー!!!!

作者の人のいろんな事情により、ほんとここまで伸びちゃったのですが、でも無事発行されて良かったです。

そして、ろくごまるにさんもそこまで復帰できたことがほんとにうれしい。

さて、本編ですがこれは前巻を一度読んでからのほうがいいですね。

話の流れとかキャラとか忘れちゃってますし。

で・・・・・・あぁうう殷雷がぁ(TT

これ、やっぱり前の巻での話と同じようになっちゃうのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆにこん 子安秀明

026043780000 富士見ファンタジア文庫

 ゆにこん1

 子安秀明

 

 

ジャンプ系の小説で2冊ほど出されている作家さんです・・・・・・が!!!

よくもまぁ、こんな作品出せたものだなと。

富士見編集部はいったいどういうつもりでこれの出版をOKだしたのやら。

絵さえそれっぽいのつけてればOKだと思ってるんですかね、まったく。

確かにそれでだまされて買う人はいるでしょうが、あとあと自ブランドの評価を下げることだとなんでわからないのかなぁ。

まぁ、とにかく、絶対買わないほうがいいです。

読む価値なんて全く無い駄作中の駄作です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狗狼伝承 天涯少女・シノ 新城カズマ

026043810000 富士見ファンタジア文庫

 狗狼伝承 天涯少女・シノ

 新城カズマ

 

 

もうすっかり、このシリーズ忘れてたんですけどねぇ・・・・とにかくこれで完結です。

さすがに4年は開きすぎで、どんな話で止まってたのかも忘れてたわけですが、読み始めて徐々に思い出して・・・・うーん、も少しなんか盛り上がりが足りんなと。

最後は大団円で終わるにしろ、最後のほうでの話の盛り上げどころがほしかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Black blood brothers 4 ブラック・ブラッド・ブラザーズ倫敦舞曲 あざの耕平

026043770000 富士見ファンタジア文庫

 Black blood brothers 4 ブラック・ブラッド・ブラザーズ倫敦舞曲

 あざの耕平

 

 

吸血鬼ジロー誕生編です。

時代背景の色濃さと、大日本帝国海軍好きにはちょっとにやりとするキャスティングですかね。

そしてカーサやケリーなど本編でおなじみのメンバーも出てきて、今まであまり実態が見えなかった賢者イヴもちゃんと出てきます。

あ~こういう性格だったのねwしかもボクっ娘ですか。

あと・・・・・イギリスはフィッシュアンドチップスはおいしいんじゃなくて、それしかまともに食べれるものが無いという話なんですが、どうなんですかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネコソギラジカル 青色サヴァンと戯言遣い 西尾維新

026044640000 講談社ノベルズ

 ネコソギラジカル 下 青色サヴァンと戯言遣い

 西尾維新

 

 

ようやく、戯言シリーズも最終巻です。

他ではけっこういい評価受けてるようですが、個人的にちょっとこれはいただけないなぁと。

なんかね、前の巻とかからずっと世界の終わりだ何だといってたのに、急にスケールがちっちゃくなったなと思うんですよ。

赤き制裁と橙なる種での決着も、こう・・・・なんともしっくりこない。

それ以外では、エピローグでのいろんなことは ああ良かったなぁと思うわけですがw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

殺x愛1 風見周

026043790000 富士見ファンタジア文庫

 殺x愛1

 風見周

 

 

巻数が数字の上では1ですが、実際はこれの前に0巻が出てるので、実質2巻目になります 。

卒業式に殺されるために生きている主人公と、それを殺すために恋愛状態にならないといけない転校生と、そのへんのやり取りがなかなかに味があります。

これをどう決着つくようにもって行くのか、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その本、持ち出しを禁ず 十月ユウ

026043800000 富士見ファンタジア文庫

 その本、持ち出しを禁ず

 十月ユウ

 

 

うん、面白いんじゃないかな。読み終えた時、素直にそう思えました。

厳格な図書部長・月詠は異界司書という裏の顔を持ち、異界図書の回収をしている。そして、そこに本好きの新入生が・・・というので、主人公はその本好きの眼鏡っ娘であるとこが個人的に評価したいw

押さえるとこは押さえている作品なのでこれからどう盛り上げていくのかが楽しみなシリーズです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シグルイ5 山口貴由

026047360000 チャンピオンREDコミックス

 シグルイ5

 山口貴由

 

 

虎眼流への復讐が進む中、やっと伊良子が姿を現します。

しかし、この巻はやはり牛股と藤木、そして虎眼先生のかっこよさがひかります。

特に牛股は頼れる兄貴分としても、一人の剣士としても見せ場があり、巻末のほうでの、星流れを使うところは必見です。

次の巻では多分、藤木の片腕とか虎眼先生とかが殺されちゃうんだろうなぁ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハヤテのごとく4 畑健二郎

026050010000 小学館

 ハヤテのごとく4

 畑健二郎

 

 

100万部も突破し、今のサンデーの中で一番勢いがある漫画じゃないかと思われるハヤテももう4巻。

3巻のごたごたの収束と、そして学園性格の始まり部分です。

そっか・・・・ここまでまだ冬休みの間だったんだw

で、この巻の見せ場はやっぱりマリアさんでしょうか。

あれだけ、不人気不人気と、同じメイドのあの人にさえ負けていたマリアさんのまぁ見せ場でしたが、多分これでもまだ人気上がらんのだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月14日 (月)

ボクのセカイをまもるひと 谷川流

026041440000 電撃文庫

 ボクのセカイをまもるヒト

 谷川流

 

 

あとがきを見ると、今回は、ちょっと違うものをというので好きに書いたそうなのですが・・・・

うーん、この巻だけでは判断しづらいですが、ずっとこんな調子の話だとなんだかなぁ、と思ってしまいます。

学校を出よう!が結構好きだったのですが、この本では並列世界は出てくるもののちょいとまだ目立ってなく、ただ侍とか軍人っぽい娘と、無邪気なロリロボットの組み合わせが、弱気で平和主義者な主人公にまとわりついてる作品としか感じないので、「こんなのは新人の勘違いしてる作家に書かしとけ」と言いたくなるのですよ。

2巻以降、変わるといいなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終わりのクロニクル6(上)(下)

026041500000026041510000 電撃文庫

 終わりのクロニクル6(上)(下)

 川上稔

 

 

胸!尻!きゃっほう!!

とまぁ、表紙が小躍りするくらい良いのですが、問題は中身。

前巻、全竜交渉が大詰めを迎えつつあったときに来た軍との衝突。そこから各GとTOP-Gとの問題を含めいろいろ今回は見所ありです。

過去に何があったのか、伏線がどうつながるのかこのへんは読んで、そしておもしろがってください、楽しんでください。

各キャラともに成長した姿が見られる中で、なんか情けなかった飛場少年も6巻の最後のほうでは頑張ってくれてます。

そして・・・・・ここでひくかぁ!!!!!

う~来月発刊とはいえ7巻が待ちどうしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 9日 (水)

神様ゲーム 2 カミハナニヲエラブベキ 宮崎柊羽

026041290000 角川スニーカー文庫

 神様ゲーム 2 カミハナニヲエラブベキ

 宮崎柊羽

 

 

神様ゲームの2巻です。

1巻はそれなりに面白かったのですが今回はどうかな~と。

悪くはないんですけど、いまひとつぱっとしないという感じでしょうか。

抽象的な表現の多様と、そして決め所での多加良の勢いで押し切るとこは結構好きではあるんですけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムシウタbug 3rd 夢狙う花園 岩井恭平

026041240000 角川スニーカー文庫

 ムシウタbug 3rd 夢狙う花園

 岩井恭平

 

 

こっちの話も、いろいろ本編とのキャラが出てきたりで興味深くなってきてます。

今回は、大食い・侵父の姿さえも・・・・。

でも!一番の見所は、やはり霞王の過去話ですね。

いやー・・・・おぜうさまであったとは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成武装正義団 山口貴由

025956160000 SPコミックス

 平成武装正義団

 山口貴由

 

 

山口先生の漫画!ひゃっほう!!!!

とまぁ喜んで読んでみれば・・・・うわぁ・・・・

要はいじめられっこが逃げ出して、新天地で強くなって武装してたとこに、昔のいじめっ子がちょっかい掛けに来てやられる話です。

しかし、相変わらず悪役のほうはとんでもないのばっかりで、どれもこれも人間じゃありませんw

最後・・・なんかボスというか番長みたいなでっかいのがすごくあっさりやられるのもなんだかなぁと(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みなみけ2 桜庭コハル

026048240000 ヤングマガジンKCスペシャル

 みなみけ2

 桜庭コハル

 

 

今回の2巻ですが・・・どうなんでしょうねぇ?

もともと「5の2」が売れたのも、小学生のちょっとH漫画というのが受けたからで、パンチラもプラチラも少ないような桜庭コハルの漫画はなかなかに売るのは厳しいかと。

それと、人物がなんかこう・・・・わからなくなってきてる。

特徴とかがそれほどでない人だし、判断ができないんですよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キョウハクDOG’s1 シャア

025952170000 電撃コミックス

 キョウハクDOG’s1

 シャア

 

 

ふむ・・・なるほど。

基本はおとなしい娘(どじっ娘)と、不良のうんぬんという話ですかね。

でも、怖いだけで不良というわけではない狂犬が、忠犬ハチ公みたいな娘に主従関係を結ばれて脅されて言うことを聞いていて そのうちに・・・・という。

けっこう面白い作品でしたが、この本を読む前にこれを読んでおいたほうが良いでしょう。

話の流れというか世界観が非常に近いので

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

寿司

10/30(土) 久しぶりに、食べ放題の寿司屋に行ってきました。

店に入ると、普段17:00くらいなら十分余裕があるはずが、今日は予約でいっぱいとの事。

ただ、18:30まででいいならということで入りました。

で、早速注文。

前までは日本酒のメニューがなかったのですが、それが出来てました。

やはり、いろいろ聞く人が多かったんですかね。

051029_17120001 手取川

 ちょっとわかりにくいかもしれませんが下の受け皿もこぼれそうなくらい入ってます。

 

 

051029_17220001 上から、烏賊・ハマチ(?)・まぐろ・鯖・海老・玉子

 今回の光物は鯖でした。

 相変わらずどれも美味しい。

 

051029_17160001  いつも、サービスで出される、手巻きです。

 

 

051029_17380001 鯛とサーモン

 脂ののったサーモンが舌の上で溶けます。

 

051029_17410001 ウニとイクラ。

 今回 このイクラは美味しかった。

 

051029_17340001 蟹味噌とイクラの追加

 蟹味噌は定番で酒にあう美味しい品です。

 

051029_17440001 トロ

 今回特別に入ったトロをまわしていただきました。

 いや・・・これは、口では表せないくらいの美味しさです。

051029_18020001 貝柱

 塩とレモンでいただきます。

 

051029_17540001 え~・・・・蒸穴子だったのですが、われを忘れてすぐ食べたため(3人とも誰も躊躇しなかった)に空の皿だけw

 

051029_18300001  追加で頼んだ(食い放題メニューなら追加料金かかりません) うなぎ(左上)、蒸穴子(右上)、サーモン(左下)です。

 蒸穴子はいつも追加で頼みますね。

 

 

051029_18110001 寿司の他にもおいしいものがありまして、そのうちの一つ、鯛のアラ炊です。

 甘辛く煮た鯛の骨周りが美味!

051029_18250001 夏から晩秋にかけてにしかないメニューで土瓶蒸です。

 液体が酒にあうなんて~と、感動した一品です。

 

とまぁ1時間半でこれくらいを飲み食いいたしました。

寿司の定番としては、秋は秋刀魚があります。

また、一品メニューとして、鯛の香味揚もほんとに美味しい・・・というか外れなのは食べたこと無いかなw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »